即日ファクタリング

即日ファクタリング。ベストファクター独自の「即日調達」「少額対応」「格安手数料」のスピード資金調達ファクタリングサービスをご紹介します。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

「売掛金の回収が遅れて困っている」「人件費の支払いが難しい」など、中小企業の資金繰りや資金調達は事業継続の大きな課題です。借入や株式発行、補助金などさまざまな資金調達方法がありますが、眠っている売掛金を活用するファクタリングは、資金繰りに悩む中小企業の利用に適しています。

今回はファクタリングを利用するうえで最重要と言えるファクタリング会社選びについて、調達スピード・買取可能額・手数料の3つのポイントに焦点を当てて解説いたします。

即日ファクタリング利用するには

即日ファクタリングを利用するには必要書類の用意が要

ファクタリングの最大のメリットは「今日資金が必要」にお応えできることです。

即日ファクタリングを利用するためにはどうすればよいのでしょうか。

ファクタリングで即日資金調達をするためには、契約までに必要となる書類を揃えておく必要があります。

ベストファクターは、即日ファクタリングに力を入れているため、他社と比べてファクタリング契約の必要書類が半分程度と、少しでも利用者さまの負担を減らす体制を築いております。

ファクタリング審査書類

  1. 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
  2. 入手金の通帳(WEB通帳含む)
  3. 請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)

ファクタリング契約書類

  1. 納税証明書
  2. 印鑑証明書
  3. 登記簿謄本

これら書類が整ってさえいれば、審査から入金まで60分以内に実行することができます。

四ツ柳
必要書類を最短でそろえる方法についても、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ファクタリングはスピード調達と審査の緩さが利点

即日調達と審査の緩さ

わが国で主要な資金調達方法として利用される金融機関からの借入。「資金調達の相談は銀行に」という中小企業の方も多いのではないでしょうか?

借入は事業投資を目的とする場合には有効ですが、銀行や信用機関などの金融機関は投資による期待が見込めないつなぎ資金の調達資金繰りの改善には消極的です。

さらに、借入は利用者の返済能力が問われるため、すでに債務超過赤字経営をしている企業であれば審査の通過も危ぶまれます。一刻も早い資金調達が必須となる中小企業の資金繰りにとって、借入の利用はデメリットの方が多くなるでしょう。

一方、債権譲渡のファクタリングは運転資金の調達が対象のサービスです。ファクタリングの対象となる売掛金は、ビジネスをしているほとんどの会社が持っている「資産」であり、資産を売って現金を得る商取引の一種と考えられます。

ファクタリングによる資金調達は即日~3日以内と非常に早く、なおかつ会社が債務超過や赤字経営であっても審査に影響はないため、資金繰りに悩む中小企業にとってきわめて利用しやすい資金調達方法です。

即日対応ファクタリング会社を選ぶときのポイント

即日対応ファクタリング会社を選ぶコツ

ファクタリングを利用する際は、①資金調達までのスピード、②買取限度額、③手数料を考慮してファクタリング会社を選びましょう。

3つのポイントを比較検討することで、自社の資金調達目的にマッチした会社が見つかります。

即日の資金調達が可能か|ポイント1

人件費や外注費、材料費など事業の運転に欠かせない資金の調達を目的とする中小企業にとって、資金調達までのスピードはもっとも重要なポイントです。金融機関からの借入が3日~7日ほどかかるのに対し、ファクタリングは最短で即日の資金調達が可能です。

ただし、資金調達のスピードはファクタリング会社やファクタリングの契約の種類によって異なり、即日の資金調達を実現するためには「あらかじめ必要書類を揃えておく」「優良な債権を譲渡する」などの条件をクリアする必要があります。

弊社が得意とする「2社間ファクタリング」は、取引先に知られずに債権譲渡ができるだけでなく、最短即日の資金調達が可能というメリットがあり、多くの中小企業のお客様に利用いただいています。

少額に対応しているか|ポイント2

「あと30万円が調達できれば今月はなんとかやりくりできる」

ファクタリングを検討されている中小企業のお客様は、少額の資金調達を希望されることが多いのではないでしょうか?

ファクタリング会社を選ぶ際は、数十万円単位の少額利用に対応しているかどうかも必ずチェックしましょう。メガバンク系列のファクタリング会社は数百万円~数千万円単位の売掛金を買い取るところが多いのに対し、弊社のような独立系のファクタリング会社は数十万円単位の少額から対応しています。

弊社は30万円以上の売掛金から買い取りさせていただいております。

買取手数料はいくらか|ポイント3

債権の買取手数料もファクタリング会社を選ぶ際にチェックしたいポイントです。

2社間ファクタリング」は秘密厳守・スピード調達という利点がありますが、手数料の相場が10%~20%と借入の金利よりも高いため利用に踏み切れない中小企業の方も少なくありません。

ファクタリングの手数料は「売掛金の種類」や「売掛先の信用力」によって変動します。たとえば売掛金のある取引先(売掛先)が大企業や国の機関などで、倒産等のリスクが少ないと判断されれば手数料は安く抑えられます。しかし、売掛先が小規模の会社であっても長年にわたって遅延なく支払われてきた売掛金であれば、ファクタリング会社は高く買い取る=手数料が安くなる可能性は十分にあります。

弊社はお客様の売上債権を業界最低水準の手数料2%~で買い取らせていただきます。

即日・少額対応・格安手数料のファクタリングはお任せください

即日ファクタリング実績No.1

回収前の売掛金を活用してフェクたリングで資金調達をすることには、多くのメリットがあります。

数あるファクタリング会社のなかでも、私どもベストファクターは多くの中小企業のお客様にご利用いただいた実績があり、なおかつ事業の経営改善のためのアドバイス等もさせていただいております。

もちろん弊社の2社間ファクタリングは秘密厳守ですので、売掛先に資金繰りの事情や債権譲渡の事実を知られることはありません。

「最短即日」「少額対応」「格安手数料」で選ぶなら、ぜひベストファクターをご検討ください。

ベストファクターの即日ファクタリング

ファクタリングの最大の特長は資金調達の早さです。事業計画をしっかりと立てていたとしても不測の事態を避けることはできません。

「事業資金は会社の血液の様なものです。」と言われることもある通り、資金は常に循環させるだけのちょうど良い余剰を持つことと、その準備が必要です。

資金繰りには、資産・負債・資本を利用した3分類32種類の資金調達方法がありますが、資金調達の方法は状況に合わせて多様な選択を持っていることが会社にとっての強みとなります。

ベストファクターの即日ファクタリングなら、資金調達30万円~1億円以上の資金を即日調達することができるため、資金調達方法として、計画的・緊急を問わず、今多くの事業主さまより支持を得ています。

即日ファクタリングの関連記事
[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ