ファクタリングとは

ファクタリングを本当にわかりやすくご説明します

  • 01 ファクタリングとは、未回収の売り上げを売却することで、資金調達をする方法です。
  • 02 この未回収売上は売掛金と呼ばれ、資産ではあるもののその支払い期日まで利用することができません。
  • 03 3ファクタリングをご利用いただくことで、ベストファクターがこの売掛金を買い取ります。
  • 04 ファクタリングより、お客様は、期日前に使える資産を手にすることが可能です。
  • 05 ファクタリングで調達された資金は、最短当日中に銀行口座いご入金させていただきます。

ファクタリングの仕組み

ベストファクターの提供しているシンプルなファクタリングは、お客様のビジネスに悪影響をあたえません。
最短30分で承認されるスピード審査と簡単の手続きは、初めてファクタリングを利用される方からも支持を得ています。

ファクタリングの仕組み
2社間ファクタリングとは、ファクタリング契約の主体が「ファクタリング会社」と「利用者様」の2社のみで行われる契約で、売掛先の企業に知られることなくファクタリングができるという特徴があります。
売掛先に信用不安などのイメージを持たれてしまう心配がなく早期の資金化が図れるため、おもに中小企業様で活用されているファクタリング手法です。ベストファクターは早期の資金化を図る中小企業様に最も利用されている2社間ファクタリングを専門として、売掛先への配慮に重点を置いたサービスを提供しています。

2社間ファクタリングの流れは次の通りです

Step 01
自社と取引先との間で売掛金が発生
Step 02
自社とファクタリング会社間で売掛金の買取契約が成立
Step 03
ファクタリング会社から自社に買取金が支払らわれる
Step 04
自社が売掛金を取引先から回収
Step 05
回収した売掛金をファクタリング会社に支払う

仕事の対価として売掛金が発生

仕事の対価として売掛金が発生
普段の営業取引で、相手先との間に「後日代金を支払う約束」で契約をすることもあります。
この後日支払うという約束が売掛金です。

売掛金をベストファクターに売却

売掛金をベストファクターに売却
ベストファクターは、売掛債権を買い取ります。買い取りの際に5%~程度の取り扱い手数料を差し引き、最短当日中にご入金いたします。売掛期の支払期日にベストファクターにお支払い
ファクタリングとは
支払い期日に売掛金がお客様に入金されたら、ベストファクターにお支払いいただきます。「当日振込をご希望の方」「入金額を確認したい方」電話やフォームからお問い合わせください。
ファクタリングとは
3社間ファクタリングとは、ファクタリング契約の主体が「ファクタリング会社」と「利用者様」と「売掛先(取引先)の企業」の3社で行われる売掛金の早期資金化による資金調達法です。2社間ファクタリングとは異なり、売掛先の同意を得るため、ファクタリング会社が売掛先へ直接支払いの請求をできることが特徴です。
そのため、利用者様は売掛金の請求などの管理業務の負担が軽減されるというメリットもあります。手数料の安い契約として、おもに大企業のお客様が銀行系のファクタリング会社を利用されています。

3社間ファクタリングの流れ

Step 01
自社と取引先との間で売掛金が発生
Step 02
自社が取引先にファクタリング利用を通知、同意を得る
Step 03
自社とファクタリング会社間で売掛金の買取契約が成立
Step 04
ファクタリング会社から自社に買取金が支払られる
Step 05
取引先がファクタリング会社に売掛金の支払いを行う

ファクタリングのメリット、デメリット

ファクタリングは、売掛金を短期間で現金化できるメリットがあります。通常の売掛債権には、1ヶ月〜2ヶ月程度の回収サイト(期間)があるので、資金化するまでに時間がかかり、キャッシュフローが悪化してしまいますが、ファクタリングを利用することで、この問題を解決させることができます。
また、ファクタリングの多くは、償還請求権がないファクタリングが一般的なので、取引先(売掛先)が倒産して売掛金が支払えなくなったとしても、自社がファクタリング会社に支払う義務がありません。言いかえるとリスクなしで資金調達ができることになりますので、回収リスクがないのです。
その一方で、手数料が発生してしまうことから、本来、回収できるはずの売掛金の金額が減ってしまう点がデメリットとなります。
2社間ファクタリング
メリットメリット
2社間ファクタリングの一番のメリットは、取引先(売掛債権先)対して、売掛債権の譲渡・売却を知られずに済むことが挙げられます。これは、取引先への通知なしで、自社を経由してファクタリング会社にお金が流れる仕組みということです。
そのために取引先(売掛先)から自社が指定日売掛金を回収するので、相手にファクタリングを利用することが通知されません。その結果、自社が資金難で苦しむような信用情報に影響を及ぼさないのです。また、2者間でのファクアリング契約になるので、早期に現金化できる点のメリットと言えます。
デメリットデメリット
ファクタリング利用時に手数料がかかってしまうので、本来回回収できるはずの売掛金から金額が減ってしまうことや審査が厳しい点がデメリットとして挙げられます。
3社間ファクタリング
メリットメリット
3社間ファクタリングのメリットは、ファクタリング手数料が2社間ファクタリングと比べて安く、1%〜5%程度となっています。また、ファクタリング審査も通りやすい点があります。
デメリットデメリット
デメリットとしては、取引先(売掛先)に債権譲渡することが知られてしまうので、自社の信用問題になり、それ以降の取引に影響が出て来る可能性があります。また、取引先の同意が必要となるので、売掛金の元金化に時間がかかってしまうこと、デメリットになります。
資金状況の確認から資金調達までをサポート
ベストファクターでは、資金状況の確認から資金調達までをきめ細かくサポートしています。
審査〜契約がスピーディー
利用の可否について無料スピード審査を行い、お客様の売掛金の内容を専門スタッフはヒアリングによる確認を行い、スピーディーな審査を実現します。その後、必要書類の提出〜本審査、振込までの短期間で実施することができます。
書類審査については、本人確認書類(自働車運転免許証、パスポート)、入出金の通帳、取引先との契約関係書類(請求書、見積書、基本契約書)等が必要ですが、FAX・メール・WEBからの提示が可能です。
お問い合わせ
初めてファクタリングを利用するお客様でもでも、電話・インターネット問い合わせフォームにて簡単にお問い合わせ頂くことが可能です。

お電話でのお問い合わせ

フリーダイアル平日10:00−19:00
tel0120-772-898
contact
Webからの無料相談はこちら
img
30秒でわかる!
7つの項目に答えるだけで売掛金の買取手数料診断
簡易診断シミュレーター
簡易診断シュミレーターを試す