手形割引とファクタリングの違い

手形の種類

今回は、ファクタリングと手形割引の違いについて紹介します。その前に、まず「手形」とはどのようなもので、どんな種類があるのかご存知ですか?

手形とは、ビジネスではよく使われる「代金の支払いを約束する証明書」のことです。手元に現金がないときや、一定期間を開けてから支払いをするときに、支払いを約束するために発行されています。

約束手形

日本で発行される手形の約90%以上が「約束手形」と呼ばれる種類です。2~3ヶ月程度後の決済を「約束」するために発行されています。

為替手形

通常あまり発行されていませんが「為替手形」という手形もあります。為替手形とは、手形を発行した企業に変わって第三者が支払いをする、委託形式の手形です。

企業Aが企業Bに代金を支払う場合、企業Aが銀行に為替手形を発行し、銀行が企業Bに支払う、という形で使われています。

手形割引とは

では次に「手形割引」について説明しましょう。手形割引とは「満期になっていない手形を第三者に譲渡し、現金へ換金すること」です。

手形割引を行うと、利息や手数料がかかるため、満期になったときよりも金額は減りますが、現金を即時に受け取れるというメリットがあるのです。

手形割引とファクタリングの違い

では、手形割引とファクタリングは何が違うのでしょうか。債券を早期に現金化するという共通の性質を持っていますが、じつは両者には大きな違いがあるのです。

その違いとは、債券不履行になった場合の責任。三社間ファクタリングは、債券そのものを譲渡するため返済の義務はありませんよね。一方、手形割引は債券不履行になった場合、買い取りを請求できる権利があるのです。

ファクタリングと手形割引は、返済の義務があるのかというのが大きな違いでしょう。

手形取引のデメリット

手形取引は、仕組み上3つのリスクが存在します。

1つめは「発行元が倒産し債務不履行になる」リスク。担保なしに、2~3ヶ月ほど支払いを待つため、債務不履行になるリスクがあるのです。

2つ目は「印紙税がかかる」こと。電子取引ではないため、税金によるコストがかかってしまいます。

3つ目は「詐欺などの犯罪のリスク」。高額商品を大量に購入して、代金を支払う前に会社を倒産させることで、商品をだまし取るといった詐欺も行われています。

近年では、不渡りや詐欺のリスクなしに、現金化が可能なファクタリングに注目が集まっています。手形割引が不安な場合は、ファクタリングを視野に入れてみるのもおすすめです。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ