利用後の流れ(ファクタリングと巧く付き合う・資金繰りの向上のながれ)

ファクタリングで調達した資金の使いみち

ベストファクターをご利用のお客様の多くは、「すぐに使える資金が必要」という目的で弊社にご相談いただいております。

ご契約者様がファクタリングで調達された資金は、人件費外注費など必要経費の支払い、新規受注のための準備金など、事業用途であれば自由にお使いいただけます。

ただし、ファクタリングは融資や投資と同様に、「何のための資金を」「いつまでに必要なのか」という点に着目し、計画的・戦略的に利用する必要があります。

今後の事業展開を持たずにファクタリングを利用したばかりに、月次の営業にかかる費用をまかなうために再度ファクタリングする……。

これが常態化してしまうと、いつまでも資金繰り悪化のスパイラルから抜け出すことはできません。

資金繰り改善のカギを握る「ファクタリング手数料」

「ファクタリングで資金繰りの流れを改善」、そのカギを握るのがファクタリングの手数料です。

たとえば、100万円の売掛債権を手数料率5%で売却して95万円を調達するか、手数料率20%で売却して80万円を調達するかで考えれば、どちらが資金繰りに有利かは明白です。

100万円の請求書を売却
手数料調達額
5%95万円
20%80万円

ファクタリングの手数料率はお売りいただく売掛債権の粗利益率営業利益率と比較する必要があり、手数料率がこれらを上回る場合、ファクタリングに依存する体質かつ業績悪化から抜け出せなくなってしまいます。

手数料率によっては営業利益率がマイナス、つまり一時的に赤字となるケースがあります。これを黒字化するためには、売上アップ販管費削減を実現しなければなりません。

弊社はご契約者様の円滑な資金調達・経営の健全化にご協力させていただくために、ファクタリングに付帯して財務コンサルティングを提供しております。

ベストファクターの財務コンサルティングで資金繰りを安定化

ベストファクターはファクタリングのプロフェッショナルとして、ご契約者様の資金繰りを安定化させることに責任を持っています。

資金繰りを安定化させるためには、会社の財務体質を強化する必要があります。

弊社の財務コンサルでは、財務体質強化のカギを握る貸借対照表(バランスシート)を分析・管理することで資金繰りの安定化から経営改善の実行までをサポートいたします。

さらに、経営改善にとどまらず事業を成長させるために、売上や利益の「目標設定」、目標を実現するための「行動指針」を徹底的かつ具体的にご提案いたします。

実際に弊社のご契約者様の中には、黒字倒産寸前の状態からご利用6ヶ月目で資金繰りを劇的に改善、事業再生に成功された方もいらっしゃいます。

信頼性・安全性の高いファクタリング会社のチェックポイント

ファクタリング会社は、銀行等のように設立に営業許可や免許、登録などの規制が設けられていません。

つまり、悪徳業者や闇金業者がファクタリング会社を装い、詐欺まがいの活動をしている可能性も否定できません。

ファクタリングを利用するにあたっては、次のポイントをふまえ、信頼性・安全性の高いファクタリング会社をお選びください。

  • ホームページに会社情報が十分に記されているか
  • ホームページに実績や事例が記されているか
  • ファクタリングに関する情報を提供しているか
  • 直接面談を実施しているか

さらに、悪徳業者でなかったとしても、利用者さまの資金繰り改善や事業再生に責任を持たないファクタリング会社は優良とは言えません。

ファクタリング会社自体の利益だけでなく、利用者さまの会社の資金繰り改善と財政コンサル等を真摯に行うファクタリング会社を選ぶことが重要です。

ベストファクターはお客様のビジネスに合わせ、在庫リスク管理や経営の効率化によってデフォルトリスクを低下させることで手数料率を低減させ、顧客企業の事業機会への投資などを含め、ファクタリングによるビジネスの好循環を指向してサービスを提供しております。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ