リスクと危険性

ファクタリングの4つのリスクと危険性・対処方法

ビジネスでの取引にはリスクはつきもの。今回は、ファクタリングの4つの危険性と、対処法を紹介します。
正しい知識でリスク管理することが大切です。

デフォルトリスク(債務不履行)

ファクタリングに限らず、企業間の取引で起こり得るリスクに「デフォルトリスク」があります。デフォルトリスクとは、倒産や吸収合併などにより債務不履行になってしまうこと。

デフォルトリスクへの対処法

債務不履行になってしまわないためには、常に取引先の経営状態を把握しておくことが重要です。催促しても支払われない、遅延が続く場合は早急に契約を解除・取り消し・売却額が多少下がっても債券を譲渡することがおすすめです。

過剰・不当返品

売却した商品を過剰・不当に返品されたり、リコールされることで売掛債権が減少することを「債券希薄化のリスク」と言います。商品の返金によって売上が減少するため、過剰に行われると倒産の恐れもあります。

過剰・不当返品への対処法

債券希薄化のリスクを回避するためには、返品率を把握しておくことが重要です。返品分は売上から外して考えることで、安定した経営が可能に。
もちろん、返品を減らしたり、不良品を減らす企業努力も必要です。

取引先からの信頼悪化

債権譲渡や担保を提供していることが取引先に知られうと、信用悪化につながる危険性もあります。

取引先の信頼悪化への対処法

債券を譲渡するときには、知られても問題ない取引先を選ぶことや、取引先への通知を行わないファクタリング方法をとることが大切です。
特に、新規の取引先や大企業は、信頼を失うと契約解除につながることもありますので、風評被害を防ぐためにも、ファクタリングの利用を知られるというリスクをどのように評価するか検討する必要があります。

悪質業者による詐欺

残念なことに、ファクタリング業者を名乗った悪質な詐欺も行われています。債券を担保にして法外な利子で金銭を貸し付けたり、回収できなくなると債券を取り上げるなど、悪質な手口が特徴です。

悪質業者による詐欺への対処法

ファクタリングを締結する前に、ファクタリング業者が信頼に値するのかしっかりと調査をすることが大切です。
少しでも疑問を持った場合は、絶対に契約するのはNG。詐欺グループの手口も巧妙化しているため、疑いすぎくらいで大丈夫です。自分の身は自分で守れるよう、弱みにつけ込まれないように注意する必要があります。

ファクタリングを利用する前には、以上の4つのリスクと危険性があることを理解した上で、リスクヘッジを行いながら利用することが重要です。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

インタビュー記事

interview article

インタビュー記事

請求書を最大98%買取ります
img
logoA社B社
手数料2〜20%
売掛金300万円の場合
振込金額240〜294万
15〜30%
売掛金300万円の場合
振込金額210〜255万
7〜25%
売掛金300万円の場合
振込金額225〜279万
申込方法電話、WEB、出張訪問申込来店申込オンライン申込
審査通過率92.25%70%40%
振込までの日数最短当日最短翌日最短4日
ファクタリング
利用額
30万円以上の売掛金が必要50万円以上の売掛金が必要200万円以上の売掛金が必要
審査時の
必要書類
  • 身分証明書
  • 入手金の通帳
  • (WEB通帳含む)
  • 請求書
  • 見積書
  • 決算書
  • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
  • 売掛先との契約書類
  • 発注書、納品書、請求書など
  • 身分証明書
  • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
  • 決算書(税務申告済の押印必須)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛債権の因果資料
  • 入出金の確認事項
コメント柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
お電話でのお問い合わせ

img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

無料相談はこちらから

お問い合わせ