ファクタリングの利用案内

編集:ベストファクター運営部

ファクタリングについて

ファクタリングは、支払い期日前の請求書(売掛金)を売却することで早期に支払いを受けられるサービスです。

請求書はベストファクターが買い取りますが、買取の際に一定の手数料がかかります。

欧米圏では古くから行われてきた商取引で、近年日本でも経済産業省等の「売掛金の利用促進」の公示より注目を集めています。

こうした売掛金の流動化施策として次の3つが例示されています。

 

売掛金流動化施策

  • 「売掛債権保証(取引信用保険)」
  • 売掛債権担保融資(ABL)」
  • ファクタリング

 

売掛債権保証(取引信用保険)

売掛債権保証(取引信用保険)は、もしも売掛金が支払われない場合にその一定額を保障するサービスで、あらかじめこの保険に加入しておく必要があります。

 

売掛債権担保融資(ABL)

売掛債権担保融資(ABL)は、売掛金を担保にして融資を受けるサービスであり、担保物が不動産等の現物ではなく、債権という無形物であることが特徴ですが、売掛先にABLを利用する事について通知する必要があります。また審査に時間がかかります。

 

ファクタリング

ファクタリングは、売掛金を売却するサービスですが、その最大の特長は、売掛先に通知することなく(2社間契約)、契約当日に現金を受け取れることです。

 

ファクタリングの種類は2通りあります。

  • 2社間ファクタリング(2社間契約)
  • 3社間ファクタリング(3社間契約)

 

2社間ファクタリング(2社間契約)

2社間契約とは、ベストファクターと契約者様との間のみでファクタリング契約を行うもので、売掛先にファクタリングを利用することについての通知をする必要がありません。

ベストファクターへの支払いは、売掛先よりを請求書の支払い受けた契約者様が、1営業日以内にベストファクターに引き渡します。

 

3社間ファクタリング(3社間契約)

3社間契約とは、ベストファクターと契約者と売掛先との3社間でファクタリング契約を行うものです。

ベストファクターへの支払いは、売掛先より直接ベストファクターに引き渡されます。

 

ファクタリングは2社間契約を利用される方がほとんどです。

その理由は、売掛先に通知することを望ましいと考えない契約者様が多い事と、3社間契約と比べて手続きが少なく入金までにかかる時間が早い事です。

 

売却できる請求書は、基本的には以下の物です。

  • 支払い期日前であること。
  • 売掛先が個人事業主以外であること。
  • 定期的に取引がある取引先であること。
  • 既に第三者に売却されている請求書でないこと。

 

これはファクタリング会社にとってのリスクに密接な関係があります。

ベストファクターは買い取った請求書について、その支払い期日になって支払いを受けられない可能性というリスクを負います。この支払われない可能性というリスクが、買取る請求書の手数料額の算定基準となります。

しかし、買取りができない請求書についても、契約者様1人ひとりの状況を分析把握し、買取を実施することもあります。

ファクタリングにはリスクがあります。

 

信用棄損リスク

ファクタリングのリスクは、売掛先に知られることで取引上の信用を棄損する可能性があることです。

ファクタリングの2社間契約であれば取引先への通知は行いませんが、売却した請求書について債権譲渡登記を行うことがあります。

債権譲渡登記の目的は二重譲渡の防止、つまり契約者様が売却した請求書をまた他のファクタリング会社に売却することを防ぐためです。

ファクタリング会社はファクタリングの申込について、二重譲渡されている債権でないかを確認するため、必ず法務局の登記原簿を参照します。

 

登記とアクセス可能情報

この債権譲渡登記は法務局で行いますが、法務局へ登記すると債権譲渡の事実が公開されアクセス可能情報となります。

アクセス可能情報とは、法務局よりその情報を取得したい第三者が居れば知られてしまうという事です。

完全に秘密を保ちたい契約者様に対しては、債権譲渡登記をせずにファクタリング契約を行うこともできますが、二重譲渡リスクという面よりファクタリング手数料が高くなる傾向があります。

 

ベストファクターの審査・契約について

ファクタリングには審査書類と契約書類があります。

ファクタリングの最大の特長は入金の早さですが、これらの書類が無ければ契約等をすることができません。

 

審査に必要な書類

  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
  • 入手金の通帳(WEB通帳含む)
  • 請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)

 

契約に必要な書類

  • 納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本

 

書類と審査の取扱

審査に必要な書類は、ベストファクターのWEBサイト上からアップロードできます。

ファクタリングが可能かどうかは書類が整えばすぐにご回答できます。

審査書類はごく限られた権限者のみが厳重に取り扱います。また書類送付後の審査非承認やお申込みのキャンセルについては、申込より1カ月後に破棄します。

審査後に債権の堅さ(リスク)を勘案し、買取額等をご案内いたします。

 

契約について

その後契約に移りますが、ファクタリング契約は必ず相対で行います。

理由は契約者様の事業をしっかりと認識・把握するためです。後述しますが、ファクタリングは主に資金繰りの安定を目的としたコンサルティングという側面を持つことがあります。そのため契約者様の組織文化や仕事の流れを知っておく必要があるのです。

契約には全国ご都合の良い日時に訪社・往訪させていただきます。その際契約書類が必要になりますのでご準備をお願いします。契約書捺印後、当日中に買取額を入金いたします。

 

ベストファクターへの支払いについて

2社間契約の場合、売却した請求書の支払い期日に契約者様が売掛先より支払いを受けたら1営業日以内にベストファクターの指定口座にご送金いただきます。

売掛先からの支払いが遅れた場合は、必ずご連絡ください。

 

ファクタリングが常に最良の資金調達とは限りません。

ファクタリングは一度使うと抜け出せないと言われることがあります。それは、月次の営業にかかる費用をまかうために再度ファクタリングが必要になり、これが常態化してしまうという事から起こる課題で、これは支払いサイトの長い取引先が多いほどそうした傾向が強まります。

資金調達は「短期」と「長期」を考える必要があります。

  • 短期的な資金調達は「お金を借りる」「資産を売る」「投資してもらう」です。
  • 長期的な資金調達は「支出を減らす」「収入を増やす」「利益率を増やす」「効率・能率を上げる」です。

 

ベストファクターのファクタリング

ベストファクターのファクタリングは、このうち「短期的な資金調達の資産を売る」と「長期的な資金調達」に関係します。
つまり短期的には売掛金という資産の売却で支払いをまかない、資金調達コンサルティングにより資金繰りを安定化させます。

このコンサルティングは希望者様にファクタリングに付帯するサービスとして無料で提供しております。

 

キャッシュフロー確保と資金調達法

会社運営にとって潤沢な使える資金はそれだけで強みになります。これを確保するための選択として、

例えば、

  • 支払い資金が必要な時には、融資とファクタリングが選択できます。
  • 支払い資金がすぐに必要ならファクタリング、1ヵ月後でよいなら融資を受けます。
  • 投資機会に投資する場合は、融資とファクタリングと投資を募るという選択ができます。
  • 投資機会が今ならファクタリング、1カ月後でもよいなら融資、より戦略的な資本を集めるなら投資を募ります。

このように、ファクタリングは「直ぐに使える資金が必要」という迅速な対応が必要とされるニーズに応える最良の選択となるのです。

 

ファクタリングの利用傾向

ファクタリングを希望される方の多くは、できるだけ早く現金を必要とされている方がほとんどです。
今必要とされる現金を用意することができないために、取引先からの信用を失うかもしれないという逼迫した状態にある方もいらっしゃいます。

こうした現金不足をカバーするファクタリングは、融資や投資と並び、より即日性の高い第三の資金調達と位置づけられています。

 

ファクタリングとの付き合い方

ファクタリングは、その後の返済や分配に責任を持つ必要がある融資や投資を受けるのと同様、うまく付き合っていく必要があります。
何のための資金をいつまでに必要なんかなのかという点に着目し、計画的・戦略的にこれらを実行していく必要があるのです。

ファクタリングを利用される企業様は中小企業が多く、事業展開の指針をお持ちでない場合もあります。

例えばファクタリング先進国である欧米圏では、コンサルティングサービスを行う会社も多く、ファクタリング会社が契約者様企業の事業の成長に貢献しています。

同様ベストファクターはファクタリングのプロフェッショナルとして契約者様の資金繰りを安定化させることに責任を持っています。

どんなことでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

ご利用案内

インタビュー記事

インタビュー記事一覧

[ 売掛金を高額で買取ります ]

ファクタリングの流れ
お問い合わせ