システム開発会社
【システム開発会社様の利用事例】3社間ファクタリング・2社間ファクタリングの併用で1,000万円の売掛債権を早期資金化
logo
ファクタリング【即日スビード資金調達】

今回は、ベストファクターで2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを併用して合計1,000万円の売掛債権を早期の資金化、大型案件の受注に成功されたシステム開発会社Rさまの事例をご紹介します。

Rさんは開業から3年の新規参入のシステム開発会社ながら、大手企業からも直接依頼があるほど質の高い仕事が評価されており、今まさに事業成長の過程にあります。

今回、大型案件の受注に際し、外注エンジニアの採用にかかる費用、およびプロジェクト終了までの当面の人件費を確保するため、ファクタリングで売掛債権を早期資金化したいとご相談にいらっしゃいました。

システム開発会社の資金需要にファクタリングがどのように応えるか、ぜひご参考になさってください。

システム開発会社 R様
  • 都道府県:東京都
  • 年商:約1.3億円
  • 調達金額:950万円
  • 資金使途:スタッフ増員のため
  • 調達方法:2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの併用

    大型案件を成功させて事業成長のチャンスを逃したくない

    四ツ柳
    まずはRさんの事業について簡単にご説明いただけますか?

    Rさん

    弊社は東京都下にオフィスを構える、スタッフ11名の小規模なシステム開発会社です。

    もともと中堅IT企業でエンジニアをしていた3名が独立して会社を立ち上げ、開業から3年で何とか形になっています。これまでに運送会社向け業務システム開発、営業管理売上システムなどを手掛けてきました。

     

    四ツ柳
    システム開発会社の資金繰りにはどのような課題があるのでしょうか?

    Rさん

    弊社のような小規模会社も含めたシステム開発会社は成果報酬型が多く、収入が不安定になりやすいというのが課題です。

    さらに、業界全体が慢性的な人材不足の状況にあり、人材確保も熾烈を極めています。人件費もますます高騰しているため、弊社もアウトソーシング化で対策を講じていますが、やはり資金繰りは常にカツカツの状態です。


    四ツ柳
    そのような状況にあって、Rさんに大型案件の依頼が舞い込んできたそうですね。

    Rさん

    はい。大手の取引先から大型案件の相談をいただき、弊社としては事業成長のチャンスと見て、ぜひとも案件を獲得したいと思いました。

     

    四ツ柳
    しかし、システム開発では資金回収サイトがどうしても長期におよぶため、開発中の資金調達に追われる会社も少なくありません。

    Rさん

    開発着手金として1/3の金額を入金していただけるようにはなったのですが、それ以降にかかる経費については自社負担となります。資金的に余裕がなければ、納品から入金までに資金が底を尽きてしまうなんてことにもなりかねません。

    資金の調達に時間をかけてしまっては、事業成長のチャンスをみすみす見逃してしまうことにもなりかねないので、スピーディーな資金調達が必須となりました。


    四ツ柳
    ファクタリングご利用前は、どのような資金調達を検討されていたのでしょうか?

    Rさん

    当初は銀行や日本政策金融公庫からの融資も検討していましたが、申込みから融資実行までには1ヶ月ほどかかることや、必ずしも融資希望額どおりの資金が借りられるとは限らないことがネックとなります。プロジェクトのスタートに間に合わないと判断して融資は選択肢から外しました。

     

    四ツ柳
    銀行や公庫は低金利で高額融資も可能ですが、どうしても融資実行までに時間がかかってしまい、早期の資金調達が必要なシーンでは利用を見送る方も多いですね。

    Rさん

    はい。

    またノンバンクから借りるという手もありますが、これも金利が高いことや返済負担が経費を圧迫することから見送りました。

    なるべく将来の資金繰りの負担にならず、なおかつスピーディーに資金調達できる方法を探していたところ、ファクタリングに行き当たりました。

     

    スピーディーに利用できるファクタリングは機動的な資金調達に最適

    四ツ柳
    ファクタリングについて、当初はどのような印象をお持ちでしたか?

    Rさん

    ファクタリングという言葉は知っていましたが、どんなサービスなのか中身についてはよく知りませんでした。日経新聞Webなんかでたまに見かける程度の知識量です。

    よくよく調べてみると、利用するにあたって入金前の売掛債権が必要で、担保・保証人は不要。1週間程度あれば資金が調達できるということで、これは検討の余地があると思いました。

     

    四ツ柳
    ファクタリングは2社間であれば最短即日、3社間でも売掛先の同意が得られれば早期の資金調達が可能という強みがあります。

    Rさん

    はい。今回のように急ぎで資金が必要になったときに機動的な資金調達が可能になるため、事業成長のチャンスをみすみす逃すこともありませんね。

     

    四ツ柳
    そこで、売掛債権を早期資金化して、進行中のプロジェクトの資金にあてようとお考えになったのですね。

    Rさん

    ええ。弊社には納品済みで入金待ちの案件がいくつかありました。ファクタリングで翌月~翌々月の入金を早期に資金化して資金繰りに回すことができるのであれば、ある程度の手数料は機会損失のリスクヘッジとして許容できますから。

     

    3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの併用で資金調達

    四ツ柳
    売掛債権の売却先として、ベストファクターをお選びになった経緯を教えていただけますか?

    Rさん

    ファクタリングの情報サイトなどをもとに、3社ほどファクタリング会社の候補を絞り、見積もりなどを比較した結果、ベストファクターに依頼することにしました。

     

    四ツ柳
    当初、売掛先の同意が必要な3社間ファクタリングをご希望でした。

    Rさん

    弊社としてはなるべく手数料の低い3社間ファクタリングを利用したいと考えていました。ですので、3社間ファクタリングの実績があって、手数料もなるべく低いことが大前提です。

    あらかじめ懇意にしてもらっている取引先にファクタリングの利用を相談すると、先方も弊社の資金繰りの事情を汲んでもらい、ファクタリングを快諾してくれました。取引先の同意を取り付けたので、これで3社間ファクタリングでもスピーディーに売掛債権を資金化できます。

     

    四ツ柳
    さらに、1件の売掛債権の売却では希望調達額に到達しないということで、弊社よりもう1件の売掛債権を2社間ファクタリングで買い取るという提案もさせていただきました。

    Rさん

    ベストファクターに3社間ファクタリングと併せて買い取ってもらうことで、手数料を安くすると提案してもらえたので、二つ返事で了承させていただきました。

    3社間ファクタリング、2社間ファクタリングともに5日程度で振込が確認でき、必要な分の資金を揃えることができました。

     

    外注スタッフを確保して無事に大型案件がスタート

    四ツ柳
    ファクタリングご利用後の状況について教えていただけますか?

    Rさん

    ファクタリングで調達した資金を使い、外注スタッフを採用するとともに、プロジェクト終了までの当面の人件費も確保することができました。

    フリーランスの優秀なエンジニアを採用できたため、問題なくプロジェクトをスタートさせることができ、ファクタリングには本当に助けられました。

     

    四ツ柳
    システム開発のように資金回収が長期に及ぶ業種において、ファクタリングは有効な資金調達であると弊社も考えております。

    Rさん

    そうですね。ファクタリングは、弊社のような急に資金需要が訪れるシステム開発会社の資金調達にぜひ取り入れるべきサービスだと思います。

     

    四ツ柳
    銀行融資や日本政策金融公庫の融資制度などは、低金利で高額の資金調達が魅力です。しかし、融資実行までに時間も手間もかかってしまいます。審査次第では希望通りの金額を融資してもらえるとも限りません。

    Rさん

    はい。なるべく事業拡大や設備投資など、事前に資金計画の立てやすい資金需要に回すべきだと思います。
    何より、業績によっては融資の審査に通らないこともあるため、収入が不安定な零細・中小企業にこそファクタリングを利用すべきではないでしょうか。

     

    四ツ柳
    ファクタリング会社は財務のプロによるコンサルもサービスとして提案しています。

    Rさん

    ストファクターの担当者の方には、資金繰り改善の具体的なソリューションの提案や、大型案件を受注したときに焦らずに資金調達ができるような体制づくりの提案など、弊社が弱かったところをカバーする提案をいくつもいただきました。

     

    四ツ柳
    今回ベストファクターをご利用になった感想を簡単に教えていただけますか?

    Rさん

    システム開発はとにかく売上入金が資金繰りを悪化させる原因となることが多いため、万が一のときはまたファクタリングで資金調達をしようかと思います。

     

    ファクタリングならいつでも資金調達のカードが切れる

    今回、ベストファクターのファクタリングをご利用いただいたシステム開発会社Rさんの事例をご紹介しました。

    IT系企業の多くは常時入金待ちの案件を抱えており、「もっと早く入金されれば資金繰りに困らないのに」という悩みを抱える会社は少なくありません。

    ファクタリングを利用すれば、1~2ヶ月先の入金を早期に資金化して、急な資金ニーズにも対応することができます。融資と違って決算書上に融資残高が記載されないため、銀行からの評価を落とすこともありません。

    ベストファクターは2社間ファクタリング、3社間ファクタリングともに実績が豊富で、法人・個人事業主や業種に関わりなくご利用いただけます。

    金融機関に融資を断られてしまった方や、低コストのファクタリングをお探しの方は、ぜひベストファクターにご相談ください。

    [ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

    インタビュー記事

    interview article

    インタビュー記事

    請求書を最大98%買取ります
    img
    logo A社 B社
    手数料 2〜20%
    売掛金300万円の場合
    振込金額240〜294万
    15〜30%
    売掛金300万円の場合
    振込金額210〜255万
    7〜25%
    売掛金300万円の場合
    振込金額225〜279万
    申込方法 電話、WEB、出張訪問申込 来店申込 オンライン申込
    審査通過率 92.25% 70% 40%
    振込までの日数 最短当日 最短翌日 最短4日
    ファクタリング
    利用額
    30万円以上の売掛金が必要 50万円以上の売掛金が必要 200万円以上の売掛金が必要
    審査時の
    必要書類
    • 身分証明書
    • 入出金の通帳
    • (WEB通帳含む)
    • 請求書
    • 見積書
    • 決算書
    • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
    • 売掛先との契約書類
    • 発注書、納品書、請求書など
    • 身分証明書
    • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
    • 決算書(税務申告済の押印必須)
    • 売掛先との基本契約書
    • 売掛債権の因果資料
    • 入出金の確認事項
    コメント 柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。 審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。 銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
    お電話でのお問い合わせ

    img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

    無料相談はこちらから

    お問い合わせ