勘定科目・会計処理方法

ファクタリングの勘定科目・会計処理方法

ファクタリングの勘定科目や会計処理方法をご紹介します。

ファクタリングの勘定科目と消費税

  • ファクタリング手数料の勘定科目は「売上債権売却損
  • ファクタリング手数料の課税区分は「非課税
  • 売掛金を売却して受け取った譲渡代金は「非課税

決算時の区分表示と勘定科目

  • 手数料の決算時の区分表示「営業外費用」
  • 手数料の勘定科目「売上債権売却損」

ファクタリングの仕訳

売掛金発生時の仕訳

取引先との通常の業務で発生した売上と消費税の仕訳け方。

借り方勘定科目金額貸し方勘定科目金額
売掛金1,000万円売上
(課税対象取引)
1,000万円

売掛金となった売上(本業の収益)は消費税課税対象です。

ファクタリング契約時の仕訳

ファクタリングの入金が契約日以後になる場合の仕訳け方。

借り方勘定科目金額貸し方勘定科目金額
未収金1,000万円売掛金1,000万円

契約から入金日までは未収金として扱います。

3社間ファクタリングでは契約と入金日にずれが生じることが多いです。

売掛金譲渡代の入金時の仕訳

契約後に、ファクタリング会社より譲渡代金(売却額)が振り込まれた際の仕訳け方と消費税について。

借り方勘定科目金額貸し方勘定科目金額
普通預金900万円未収金1,000万円
売上債権売却損
(非課税)
100万円

売掛金を売却して受け取った譲渡代金は「課税対象外(非課税取引)」となります。

ファクタリング契約と入金が同時の仕訳

2社間ファクタリングは最短即日の資金調達ができますが、この契約と入金が同時に行われる場合の仕訳け方と消費税について。

借り方勘定科目金額貸し方勘定科目金額
普通預金900万円売掛金1,000万円
売上債権売却損
(非課税)
100万円

契約から入金までに期間が無いことから、未収金扱いにする必要がありません。

ファクタリング手数料の経費・損金算入

下記に該当する場合、売上債権売却損は必要経費または損金に算入できます。

  1. 売掛金を買い取ったファクタリング会社が、その債権に係る権利を実質的な制約なしに行使できること。
  2. 売掛金の売却者が、売却した売掛金をその支払い期日前に買い戻す権利及び義務を実質的に有していないこと。

つまり、ファクタリング会社が買い取った売掛金を自由に第三者に売却譲渡ができることと、質屋の預け入れの様に売却した物をまた買い戻す必要がないことが、損金算入の条件となります。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ