でんさいとファクタリングの違い

近年、パソコンやスマートフォンから債権取引が盛んに行われています。銀行が提供する「でんさい」はファクタリングとどのような関係があるのでしょうか。

「でんさい」とは

でんさいとは、「電子記録債権」の総称です。従来使われていた手形や売掛債権を電子化したものとして、近年注目を浴びています。

では、電子取引になるとどのようなメリットがあるのでしょうか。従来の取引は「紙ベース」で行われていました。紙で取引する場合は紛失や盗難のリスク、管理が難しいこと、印紙税の対象になることなどデメリットも多く存在したのです。

でんさいは銀行や信用金庫などの金融機関のシステム、でんさいネットを通じて管理が可能です。インターネットにつながったパソコンやスマートフォンがあれば、いつでもどこでも確認できるので便利です。

またでんさいの最大の特徴はひとつの債権を分割して譲渡できることです。

紙ベースでの取引を電子化することで、紛失や盗難のリスクをなくし、インターネット上で管理できるの便利で簡単になりました。また、印紙税も必要ないためコストカットが可能になりました。

つまり、従来の危険性を無くし、安全で便利、コストカットが可能になったものが「でんさい」なのです。

でんさいとファクタリングの違い

でんさい

でんさいは、全銀電子債権ネットワーク「でんさいネット」に加入する必要があります。

でんさいを利用するためには、でんさいネットに参加している取引のある金融機関を通じて手続きをする必要があり、その際に利用審査が行われます。

また手形と同様、2回の支払不能によって2年間の取引停止処分が科せられます。

ファクタリング

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社へ譲渡することで資金提供を受けるものです。

ファクタリング会社は、そのまま請求書の買い取りを行いますので、金融機関を介する必要はなく、手続きや審査等に時間がかかりません。

でんさいの取引の流れ

でんさいの発生

取引金融機関を通じて「でんさいネット」の記録原簿に「発生記録」を行うことで、でんさいが発生します。

でんさいの譲渡

取引金融機関を通じて「でんさいネット」の記録原簿に「譲渡記録」を行うことで、でんさいを譲渡できます。

でんさいは、必要に応じて債権金額を分割して譲渡することもできます。

でんさいの決済

支払期日になると、自動的に支払企業の口座から資金を引落し、仕入先企業の口座へ払込みが行われます。

でんさいネット」は支払が完了すると「支払等記録」を行い、これにより決済が完了します(口座間送金決済)。

また、手形と異なり、仕入先企業は支払期日当日から資金を利用することができます。

でんさいのデメリット

メリットばかりに思えるでんさいにはどんなデメリットがあるのでしょうか。従来の手形と同様に「黒字倒産」が考えられます。

手形は信用取引のため、担保や保証人なしに支払いの猶予を行っています。売掛金が発生してから、支払われるまでの期間はおよそ2ヶ月~3ヶ月ほど。この間に取引先が債務不履行状態になると、売掛金を回収することはできません。

実際、企業の倒産原因は「取引先の不渡りによる黒字倒産」が多いのです。損益計算書上では利益が出ていても、キャッシュフロー(現金)が不足することで、黒字にも関わらず倒産してしまうのです。

このような黒字倒産を防ぐためにも、ファクタリングを活用して、キャッシュフローを改善することが利用されています。売上はたっているのに、キャッシュフローが追いつかない場合にも、特効薬として使えます。
でんさいにより、一層利用しやすくなったファクタリング。会社を軌道に乗せるきっかけとして使ってみるのはいかがでしょうか。

[ 売掛金を高額で買取ります ]

ファクタリングの流れ
お問い合わせ