「#第三の資金調達法」として支持を得るファクタリング

インタビュー
資金の調達源泉の多様化は、経営上の重要課題です。

欧米では古くから利用されているファクタリングですが、日本ではまだ歴史が浅く、第三の資金調達法とまで言われるファクタリングの理解が進んでいません。

資金調達は、①借入など負債を増やすものと、②投資など資本を増加させるものと、③資産を売却して資金化するものとがありますが、ファクタリングは③の資産の売却に該当します。

資産といえば、不動産や製品など実物資産ばかりが意識されますが、ファクタリングの対象は「債権」です。債権は事業経営上必ず発生するものですから、ビジネスをされているすべての方はファクタリングによる資金調達ができます。

では、実際に弊社ベストファクターをご利用いただいた事業主さまのインタビューをご紹介させていただきます。

インタビューの記事一覧
人材派遣業事業主様のファクタリング利用インタビュー
タクシー業事業主様のファクタリング利用インタビュー
防水屋事業主様のファクタリング利用インタビュー
運送業事業主様のファクタリング利用インタビュー
建設業事業主様のファクタリング利用インタビュー
製造業事業主様のファクタリング利用インタビュー
歯科事業主様のファクタリング利用インタビュー
デイサービス事業主のファクタリング利用インタビュー