赤字決算におけるファクタリング審査

赤字経営の場合、銀行からの借り入れや社債発行などは難しくなってしまいますよね。では、ファクタリングでは赤字決算の場合どのような影響があるのでしょうか。

赤字でも原則問題にはならない

銀行で借り入れする際は審査が厳しく、前年度が赤字決算の場合審査に通らない場合がほとんどです。しかしファクタリングの場合は審査の基準が少し異なります。

銀行は長期的な借り入れになることがほとんど。そのため長期的に「回収可能なのか」を審査します。そのため、安全性や会社の成長性を見ているのです。
一方、ファクタリング業者は、もちろん回収の見込みを審査するのですが、「債権の存在」そして「債権が継続した取引なのか」を重視しています。
銀行と比べて短期的な取引のため、赤字決算だったとしても、取引先を含め、売掛金の信用性を審査していることが多いのです。

では、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは審査に違いがあるのでしょうか。

2社間ファクタリングでの審査

2社間ファクタリングでは、債務者からの入金後、ファクタリング業者へ返済することになります。そのため審査では「取引先の信用性(売掛金は支払われるのか)」そして、「利用者の信用性(きちんと返済するのか)」が重要視されます。

3社間ファクタリングでの審査

3社間ファクタリングでは、債権をファクタリング業者に譲渡するため「債権の実態」そして「取引先の安全性(支払われる見込みはあるのか)」が重要視されます。

取引先が信頼できるのかを判断する材料として、今前の取引期間や取引した回数も重要になることも。審査の際は、取引先との関係性や人となりをアピールすることもポイントです。

黒字でも審査に通らない場合

ファクタリングでは、そもそも売掛金を払う「取引先」の経営状態も審査します。そのため、自社が黒字決算だったとしても、取引先の信用がない場合は融資を断られることも。
回収が見込めないほど業績が悪化している、M&Aや事業譲渡をしようとしている場合は要注意です。

また、ファクタリングの審査は3期分の決算資料が必要。そのため、設立したての会社は書類を用意することができず、そもそも審査の対象にならないことも。
ファクタリング業者によっては、他の資料代用することも可能なので、交渉することがおすすめです。

審査中に不利になる事実が判明すると、信用が落ちて融資を断られることも。審査について不安な点がある場合は、審査前に相談しておくことがおすすめです。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ