支払い期日・サイクル

ファクタリングの支払い期日・サイクル

ファクタリングを行ったときには、どのようなサイクルで支払いが行われるのでしょうか。また、支払期日はどの程度が一般的なのでしょうか。

今回は商品やサービスの提供をしファクタリング利用をする企業A、企業Aの取引先企業B、ファクタリング会社をCとして説明いたします。

ファクタリングの支払いサイクル

ファクタリングは2社間、3社間、ABL方式などやり方は様々。そのため、支払いサイクルも異なることも。どのやり方が自社にとって一番いいのかよく検討して選びましょう。

2社間ファクタリングでの支払いサイクル

  1. 企業Aとファクタリング会社Cによる契約の締結
  2. ファクタリング会社Cから企業Aへ入金
  3. 企業Bから企業Aへ売掛金の支払い
  4. 企業Aからファクタリング会社Cへの返済

売掛金の支払いは、売掛金が発生してから2~3ヶ月程度後のことがほとんど。それよりも前に現金を手に入れられるファクタリングは、資金繰りのつなぎとして有効ですね。

一方、キャッシュフローがずれてしまうため、中期的に考えて利用する必要があるので注意が必要です。

支払が不要な場合

3社間ファクタリングを行う場合、取引先企業Bへ債権譲渡通知を行い、登記を行うことが一般的です。3者間ファクタリングでは、取引先企業Bから直接ファクタリング会社Cに代金が支払われるため支払の中継をする必要ありません。

ファクタリングの支払期日

ファクタリングにおける支払いが必要になる場合は2社間ファクタリングの場合です。

2社間ファクタリングでは、取引先企業Bから企業Aへの債務履行(代金の支払い)は、通常2~3ヶ月後に行われます。

ファクタリングをしているときは、売掛金が支払われる前にファクタリング会社から代金を前借りしている状態。そのため、債務者から入金された場合、すぐに支払うことが一般的です。

ファクタリング業者への分割払いは可能?

実は、ファクタリング業者への分割払いは賃金業法に抵触するため不可能なんです。
分割払いすると「前受金」となり、金利が発生するため、「貸付金」が発生していることに。

「分割払い可能」としているファクタリング会社は、闇金業者の可能性が高いので、注意してください。

ファクタリング業者にとって、2社間ファクタリングの条件が良いものや、3社間ファクタリングを得意としているところなど様々。重視したい部分や条件を見てファクタリング会社を選ぶことが重要です。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ