塗装業者様
【塗装業者様のファクタリング事例】ベストファクターの2社間ファクタリングで元請けに知られずに早期の資金調達に成功
logo
ファクタリング【即日スビード資金調達】

今回は、ベストファクターの2社間ファクタリングで早期の資金調達に成功された、塗装工事業者Mさんの事例をご紹介します。

Mさんは東京都内で営業されている、住宅の外壁・屋根塗装の専門業者様です。創業20年以上、取引先からは「少数精鋭の職人集団」と称されるほど、他社とは一線を画す仕事のクオリティーでお客様はもちろん、同業者からも高く評価されています。

最近になって住宅の塗装の需要は高まっていますが、反面、1棟あたりの単価は低くなっている現状があります。塗装業界の売掛金の支払いサイトは60~90日先が一般的で、小規模事業者は常にギリギリの資金繰りで営業されているようです。

塗装工事業 M様
  • 都道府県:東京都
  • 年商:非公開
  • 調達金額:60万円
  • 資金使途:先出しの費用
  • 調達方法:2社間ファクタリング

    塗装工事業者は先出しの費用がかかるうえに安い。入金が最長で90日かかることも多い

    四ツ柳
    まずは、Mさんの事業について簡単にご紹介いただけますか?

    Mさん
    東京都内で戸建住宅、アパート、マンションの外壁・屋根塗装を手がけています。職人4人の零細ながら、仕事のクオリティーはどこも引けを取りません。浮き沈みの激しい塗装業界で20年以上やってきた自負があります。大手ハウスメーカーから地元の不動産会社、大家さんまで、幅広くお付き合いいただいています。

    四ツ柳
    ありがとうございます。Mさんも含めた塗装業界は、現在どのような業況ですか?

    Mさん

    実は、最近は請負金額がかなり安くなってきているというのが、ウチを含めた零細塗装業者の悩みです。

    大手ハウスメーカーの下請けの場合は、私たちのような零細に仕事が降りてくるまで、3~5社ほど中間業社が入ります。そうなると、戸建て1棟あたり外壁と屋根の塗り替えで30万円もらえれば良いほうです。もちろん、その30万円には材料費も含まれています。仲間の塗装業者は、大手ハウスメーカーからの仕事が戸建て1棟あたり15万円だったと話しています。それでも通常18時までで切り上げるところを、19時までやることも多いです。

     

    四ツ柳
    1棟あたりの利益が15万円ですか?

    Mさん

    しかも、塗装業者は塗料の仕入れ費用、足場代、養生代、ガソリン代、人件費が先に出ていくわりに、入金はずいぶん遅い業種です。
    なるべく仲介業者を通さずに仕事を獲得できるよう営業努力はしているのですが……。


    四ツ柳
    資金の回収サイトについてはいかがですか?

    Mさん

    元請けが企業だと、工事完了の月末締め・翌月末払いになってしまい、最長で60日近くお金が入ってきません。さらに、大手企業が相手だと月末締め・翌々月末払いとなることが多く、最長で90日近くにもなります。工事が完了してすぐに支払いがあるケースはほとんどありません。

     

    四ツ柳
    先出しの費用がかかって支払いも遅いとなると、小規模の塗装業者ほどキツくなります。

    Mさん

    そのとおりです。本来であると戸建1棟あたりの外壁・屋根塗装は20~25人工(1人工=職人1人が1日がかりで完了する作業量)必要ですが、金額が30万円を下回ると仕事が請けられません。1棟40万円は欲しいところですのです。それでも仕事を請けざるを得ないときは、3回塗らなければいけないところを2回塗りにするとか、塗料にさび止めを入れないとかして、なんとか凌いでいる業者もいると聞きます

     

    受注ラッシュで先出しの費用が必要に。売掛金はあるが支払いはまだまだ先……

    四ツ柳
    Mさんが今回、資金調達に迫られた経緯を教えていただけますか?

    Mさん

    塗装業者は春・秋が繁忙期になります。とくに春は新生活ということもあって、3月くらいから受注が増えます。ウチもここが稼ぎ時と、不動産会社や大家さんからの依頼を積極的に受けていたら、手元の資金だけでは先出しの費用が準備できない状況に気づいてしまいました。

     

    四ツ柳
    先出しの費用は塗装業者が立て替える必要があるのですね?

    Mさん

    はい。塗装業者は1棟あたりの単価が低く、数をこなすしかありません。アパートなどの集合住宅の依頼は単価も大きくなりますが、その分、先出しの費用が必要になります。当時は売上を確保したいのに手元に資金がないというジレンマに陥っていました。


    四ツ柳
    ファクタリングを利用する前は、融資を検討されていたとお伺いしました。

    Mさん

    はい。急な大量発注に対応するために追加の融資を申し込んでみましたが、これまでの実績などを理由に融資を断られてしまいました。なるべく返済負担は残したくないので、金利の高いビジネスローンは諦めました。

     

    四ツ柳
    ファクタリングもすぐに申し込みをされたわけではなく、売掛先との関係で悩まれたとか。

    Mさん

    交渉して先月までの売掛金が早めに振り込まれれば良いのですが、元請けに対してこちらの立場はかなり弱いです。金額と支払日に同意して契約したのに、その工事完了後に「支払いを早めて欲しい」なんて交渉すれば、「あそこの業者は経営がヤバそうだから、発注は控えよう」なんて勘ぐられて、仕事を請けられなくなってしまうかもしれません。。

     

    四ツ柳
    そのような状況にある事業者の方こそ、ファクタリングを活用すれば数日で資金を調達することができ、先行仕入れにも対応できます。

    Mさん

    ええ。私どももインターネットで資金の調達先を探していたところ、ファクタリングを知ることになりました。調べてみると、売掛金を1ヶ月早く受け取れるということで、これこそ利用するべき資金調達だと思いました。。

     

    2社間ファクタリングの実績が豊富なベストファクターを選んだ

    四ツ柳
    弊社ベストファクターをお知りになった経緯を教えていただけますか?

    Mさん

    たまたま「ファクタリング」でインターネット検索して、上位に表示された3社のうちの1つがベストファクターでした。初めての利用だったので3社それぞれに見積もりを依頼しました。見積もりを申し込んだ翌日には、3社から回答をいただき、もっとも条件の良かったベストファクターに相談することにしました。

     

    四ツ柳
    ありがとうございます。Mさんは2社間ファクタリングを希望されましたね。

    Mさん

    はい。ウチにとって2社間ファクタリングが理想の資金調達だったことと、ベストファクターがその2社間ファクタリングの実績が豊富で、口コミの評価も高かったことが決め手になりました。

     

    四ツ柳
    2社間ファクタリングは売掛先に秘密で売掛債権を資金化できることが最大のメリットです。

    Mさん

    私たちのような零細の塗装業者は、元請けに対して立場が非常に弱いです。しかも業界が体質的に古いところもあって、大手でもファクタリングを知らない会社は少なくありません。説明を聞いたときに、取引先の同意が必要になる3社間ファクタリングは利用できないだろうなと思いました。

     

    四ツ柳
    実際の契約では、Mさんから2社分の売掛債権を買い取らせていただきました。

    Mさん

    2社以上の売掛金を買い取れるということで、大手ハウスメーカー2社の売掛金を現金化することにしました。全国的に知られている大手の売掛金だったので、初回契約ではかなり高く買い取ってもらいました。資金調達した60万円は、各種塗料の仕入れ費用や数ヶ月分の運転費用をまかなうことができました。

     

    コンサルで資金繰りを「見える化」できた

    四ツ柳
    実際に弊社のファクタリングをご利用になっていかがでしたか?

    Mさん

    申し込みをした次の日にはベストファクターと面談をして、その日のうちに現金が振り込まれていたのは驚きでした。正直、手数料は決して安くはなかったのですが、売掛金の本来の期日を待つまでに失っていたであろう受注のチャンスを掴んだと考えれば、妥当なコストだったと思います。

     

    四ツ柳
    また、Mさんには弊社の財務コンサルもご提案させていただきました。

    Mさん

    利用中は資金繰りに関するアドバイスもいただき、ウチの資金繰りが「見える化」できました。資金繰り計画表の作り方や応募できる補助金・助成金など、正直これまでは面倒くさくて避けていましたが、「どうして早くにやっておかなかったのだろう」と後悔しきりでした。ベストファクターの資金繰りのアドバイスがなければ、また資金不足で金融機関を駆けずり回っていたと思います。

     

    四ツ柳
    ファクタリングで先出しの費用を工面して、資金繰りも安定に向かっていると伺いました。

    Mさん

    利用期間は1ヶ月足らずですが、資金調達と資金繰りの悩みを一気に解決できたのは、ベストファクターを利用しなければ実現できなかったことです。

     

    売掛先に完全秘密の資金調達ならベストファクターの2社間ファクタリング

    塗装業界のファクタリング事例として、弊社の2社間ファクタリングで資金調達に成功されたMさんのケースを紹介しました。

    塗装業者や建設業者など、資金回収サイトが長期に及ぶ業界の方こそ、売掛債権の早期資金化が可能なファクタリングがおすすめです。

    「債権売却の事実を売掛先に知られたくない」というお悩みがある場合は、売掛先に完全秘密の2社間ファクタリングを提案いたします。

    2社間ファクタリングなら売掛先の同意が不要で、なおかつ最短即日の資金調達が可能です。

    私どもベストファクターはファクタリングによる資金調達のお手伝いのみならず、経営改善や事業再生を視野に入れた財務コンサルティングサービスも提供しております。

    資金調達や資金繰りでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

    [ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

    インタビュー記事

    interview article

    インタビュー記事

    請求書を最大98%買取ります
    img
    logo A社 B社
    手数料 2〜20%
    売掛金300万円の場合
    振込金額240〜294万
    15〜30%
    売掛金300万円の場合
    振込金額210〜255万
    7〜25%
    売掛金300万円の場合
    振込金額225〜279万
    申込方法 電話、WEB、出張訪問申込 来店申込 オンライン申込
    審査通過率 92.25% 70% 40%
    振込までの日数 最短当日 最短翌日 最短4日
    ファクタリング
    利用額
    30万円以上の売掛金が必要 50万円以上の売掛金が必要 200万円以上の売掛金が必要
    審査時の
    必要書類
    • 身分証明書
    • 入出金の通帳
    • (WEB通帳含む)
    • 請求書
    • 見積書
    • 決算書
    • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
    • 売掛先との契約書類
    • 発注書、納品書、請求書など
    • 身分証明書
    • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
    • 決算書(税務申告済の押印必須)
    • 売掛先との基本契約書
    • 売掛債権の因果資料
    • 入出金の確認事項
    コメント 柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。 審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。 銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
    お電話でのお問い合わせ

    img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

    無料相談はこちらから

    お問い合わせ