ファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社の選び方を、手数料サービスの違いに焦点を絞りご紹介させていただきます。

ファクタリングは経済産業省や中小企業庁、全国信用協会連合会などが利用を推奨している、正当な資金調達の1手段です。

広く知られる資金調達サービスになったものの、残念ながらファクタリングに関する知識やファクタリング会社の選び方に関する情報は未だ少ないのが現状です。

ファクタリング業は金融業とは異なり、事業開始にあたり法律上の厳しい制約がありません。
そのため、比較的に参入のハードルが低く、質の悪いサービスを提供しているファクタリング会社が存在するのが現状です。

認知度が高くないため、恐らく「どういった基準でファクタリング会社を選べばよいのか」と迷われる方もいらっしゃるかと思います。

本記事では、利用者様の会社と相性の良いファクタリング会社を選ぶ選考基準を手数料やサービスの違いという視点から詳しく解説して行きたいと思います。

 

ファクタリング会社を種類から選びたい方は以下をご参考ください。

2社間ファクタリングか3社間ファクタリングか

ファクタリングには「利用者」と「ファクタリング会社」の2社で契約を結ぶ 2社間ファクタリング と、「利用者」「ファクタリング会社」「売掛先(取引先)の企業」の3社で契約を結ぶ 3社間ファクタリング があります。

このうち、中小企業様に最も支持されているのは、2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングでは、売掛先(取引先)企業にファクタリングの利用を通知されることがないため「できるだけ早く資金調達はしたいが、取引先に知られて会社の信用を棄損したくない」という方に選ばれています。

当ベストファクターは2社間ファクタリングに特化したサービスを得意としております。

ファクタリング会社が買い取る売掛金の「最小・最大買取額」

ファクタリング会社によって取り扱い額が違ってきます。

最小買取可能額

数十万円の売掛金から取り扱いのある会社もあれば、数百万円の売掛金でないと取り扱わないというところもあります。

最大買取可能額

また上限金額についても1,000万円まで、1億円以上も可能など対応金額が違います。

ファクタリング会社によっては、資金調達を通じて バックオフィス サービスが提供されるケースもあるため、利用者様の企業規模に合わせたファクタリング会社を選択されるとよいでしょう。

ベストファクターでは30万円以上の売掛金からお取引をさせて頂いております。

ファクタリング契約の償還求償権の有無

ファクタリング会社によって、支払いの義務が異なる場合があります。

まず、最も利用されている2社間ファクタリングについて、お金の流れを確認させていただきます。

  1. ファクタリング会社→利用者様に売掛金の買取額(=売掛金ー手数料)をお支払い。
  2. 売掛先から利用者様に売掛金が入金される。
  3. 入金された売掛金を利用者様からファクタリング会社に引き渡して頂く。

2社間ファクタリングでは、ファクタリング利用前と変わらず利用者様が売掛金を受け取り、その後ファクタリング会社への引き渡しを行っていただく運びとなります。

ここで問題となるのは、売掛先が倒産・廃業などしてしまい、売掛金が利用者様に入金されない場合です。

ここで取り上げられるのが「償還求償権」というものです。

償還請求権とは
売掛先の企業の倒産や廃業などにより利用者様に売掛金が入金されなかった場合、ファクタリング会社が利用者様に対して支払いを請求できる権利のこと。

つまり「償還求償権あり」だと、売掛金が入金されなくても利用者様はファクタリング会社に約束していた売掛分の金額を支払わなければなりません。

多くの2社間ファクタリングでは、「償還求償権なし」となっていますが、中には「償還求償権あり」のケースもあるので慎重に確認してください。

ファクタリング手数料額が相場と比較して高くないか

ファクタリングの手数料は、3社間ファクタリングで1~9%、2社間ファクタリングで15~30%が相場となっています。

ファクタリング手数料の相場表
2社間ファクタリング15%~30%
3社間ファクタリング1%~9%

それは、2社と3社間ファクタリング手数料が異なるのは、ファクタリング会社の負うリスクが変わってくるためです。

3社間ファクタリングの手数料が低い理由

3社間ファクタリングであれば、債権譲渡登記 を行うとともに、売掛先から支払われる代金をファクタリング会社が直接回収しますから、売掛金が回収不能となるリスクは低く見積もることができます。

2社間ファクタリングの手数料が高い理由と裏事情

一方、2社間ファクタリングの場合は、「売掛先に知られずに利用できる」という点を考慮されるお客様も多いため 債権譲渡登記 をしないケースもあります。また、支払いについては、利用者様が売掛金を回収し、その後ファクタリング会社に引き渡す流れとなります。

二重譲渡が可能

債権譲渡登記をしないということは、もし利用者様が1つの売掛金を複数社に売却された場合、法的効力を持たせて「その売掛金(債権)は私が取得したものだ」と言う事ができません。

未回収リスクが倍

また万が一、売掛先や利用者様が倒産などしてしまった場合、利用者様に支払いの義務はなく、直接請求することもできないため、ファクタリング会社にとっては未回収リスクが高くなるという訳です。

手数料の変動要因

ファクタリングにかかる手数料はこうした契約形式の違いの他に、売掛先の信用度・利用者回数・償還請求権・売掛債権の額面・利用者の信用などが関わってきます。

法律上、ファクタリングの手数料はファクタリング会社に一任されているため、納得のいく手数料が説明されているか、妥当と思える範囲であるかを確認することが大切です。

2社間ファクタリングを主に取り扱っているベストファクターでは手数料5%~20%にて買取を実施しております。

手数料変動要因表
手数料に影響する事手数料が高い手数料が低い
①売掛先の信用低い高い
②契約の種類2社間3社間
③利用回数初めて2回目以降
④償還請求権無し有り
⑤売掛債権の額面低い高い
⑥利用者の信用低い高い

ファクタリング会社からの入金スピード

ファクタリングの魅力は、本来30~90日後にならないと入金されない売掛金を、利用者様の好きなタミングで現金化できるということです。

入金のスピードはファクタリング会社によって異なります。

3社間ファクタリングの場合、売掛先への通知や契約への同意の必要となるため、現金化までに数週間かかってしまうこともあります。

一方、2社間ファクタリングであれば審査完了次第、即日~1週間以内に買い取り額が入金されます。

ベストファクターでは、最短即日~3日以内の入金が可能です。

売却した売掛金の債権譲渡登記の必要・不要

先ほども少し触れましたが、債権譲渡登記 とは、「ファクタリング会社Aに売掛金を譲渡しました」と法務局の登記簿に記録することを意味します。

2社間ファクタリングでは、売掛金買取額(売掛金ー手数料)を利用者様にお渡しし、利用者様には後日売掛先企業から売掛金を回収し、ファクタリング会社に渡していただくお約束となっています。

二重譲渡の防止

もし、作為的でなくとも利用者様が「売掛金が入り次第、渡します」と、他のファクタリング会社と同じ約束をしていたらどうでしょうか。

これを 二重譲渡 といいますが、法律は同一の物や権利を複数人に譲ることを認めているのです(契約時に制限することが一般的)。

債権譲渡登記 はこうしたファクタリングの二重取引(二重譲渡)を防止するために役立てられています。

登記簿は閲覧可能情報

問題は、債権譲渡の登記簿は誰にでも閲覧可能な情報となっているということです。

取引先の信用調査で「債権譲渡の歴、譲受人(ファクタリング会社)」といった記録が知られてしまうことになります。

債権譲渡登記があるということが信用審査でマイナスポイントになることはないと言われていますが、それでも不安に感じる方がいらっしゃるのも事実です。

ファクタリング会社のなかには債権譲渡登記が必要となるケースもありますが、ベストファクターでは債権譲渡登記はかならずしも必要ありません。

債権譲渡なしのファクタリングも安心してご相談くださいませ。

バックオフィス(経理・資金繰りなど)サービスの有無

ファクタリング会社によっては、バックオフィス サービスを提供している会社もあります。

バックオフィス は、ファクタリングを利用される際のオプションとなることが多いです。

通常の業務では、売掛金がちゃんと回収できているか確認したり、もし遅れがあれば再請求が必要になったり、支払い遅延をどう処理するかなど、頭を悩ませる管理業務があります。

こうした猥雑な業務を ファクター に委託できるため、主ビジネスに集中することができるようになります。

バックオフィス サービスは、売掛金の管理だけを行うところと、経理全般を引き受けたり、財政政策の立案を行うファクタリング会社もあります。

ベストファクターでは、お客様がご希望されるすべての管理業務を無料でお引き受けさせていただけます。

取引方式に注意!担保付きの金銭貸借契約になってないか

ファクタリングは法律上、権利の譲渡(売買)にあたるため、金利は発生しません。

ただ、ヤミ金融業者や一部の悪徳ファクタリング会社では「ファクタリング」と謳っておきながら債権の譲渡ではなく債権を担保に入れることが前提となるなど、融資契約を求められたりすることもあるようです。

ファクタリングは、売掛債権担保融資(ABL)とは異なります。

債権を担保に入れるとなるとお金の貸し借り・融資ということになりますから、金利請求の対象となります。

後に法外な金利を請求されてトラブルになると言った事例も起きているので、十分に注意しましょう。

まとめ

ファクタリングは銀行融資などに比べると審査通過率が高く、「すぐに資金が必要」と言った際の資金繰りに大きく貢献してくれます。

ただし無数にあるファクタリング会社の中には相場とかけ離れた手数料を設定しているところや、ヤミ金融系統のところがあるのも事実です。

利用者様に合ったファクタリング会社を選ぶべく、ご紹介しました選び方のポイントを参考に検討して頂ければ幸いです。

ファクタリングの利用をご検討の際には、ぜひベストファクターにご相談ください。

ファクタリングをはじめとした資金調達方法について、また、利用者様の資金繰り改善のアドバイスなども無料にて行わせて頂きます。

いつでもお気軽にご相談くださいませ。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングの申し込みPC
他社との手数料比較表
ファクタリング手数料比較表
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取