ファクタリングの疑問を徹底解説

ファクタリングの仕組みに関する疑問を、よくある質問からを参照してご紹介します。

私どもベストファクターでは、日頃よりお客様からファクタリングに関するご相談をいただいております。

まだまだ日本では資金調達の方法として浸透しているとは言い難いファクタリングですので、不安を抱える方が多いことも当然かと存じます。

今回は、そのようなファクタリングの仕組みに関する疑問をわかりやすく解説させていただきます。

お客様の資金調達や事業改善のご参考になれば幸いです。

「ファクタリング仕組み」関連記事

ファクタリングというサービスについて

ファクタリングってどんな資金調達方法なんでしょうか?なぜ注目されているのでしょうか?

ファクタリングは売掛債権という「後日支払いを受ける権利」をファクタリング会社が買い取り、その買い取り額をお客様の指定のお口座に入金させていただくサービスです。融資ではなく資産を活用した資金調達方法の1つとして、売掛金を現金化するファクタリングが注目されています。

 

ファクタリングをわかりやすく例えるなら、「(仕事の対価100万円としたとき)3ヶ月後か6ヶ月後に100万円の報酬を受け取れる権利をファクタリング会社に売却、手数料分を差し引いた90万円を即日~1週間以内に調達するサービス」と言えます。

後日支払いを受ける権利である、売掛債権という資産の代表格が売掛金です。

負債を増やして資金を調達する融資は、支払い期日や利息が会社の経営を圧迫するリスクをはらんでいますが、売掛金という資産を活用するファクタリングは支払い期日も利息もない真っ当な資金調達方法として、経済産業省も利用を推奨しています。

ファクタリングの審査について

 

 

 

銀行融資の審査に落ちたのですが、ファクタリングを利用することは可能ですか?

可能です。弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、基本的にファクタリングをご利用いただけます 。

 

ファクタリングは融資ではないため、銀行融資やビジネスローンの審査に落ちた方、税金等の滞納がある方でも回収見込みの売掛金をお持ちであれば、審査後最短で即日の入金が可能です。

さらに、ファクタリングによって売掛金を売却しても 信用情報 ※には登録されませんので、近い将来に融資や増資の審査を受ける場合も影響がありません。

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高といった客観的な取引事実が登録された情報です。支払いの遅延や債務超過があれば、融資の際の審査に不利となります。

審査に必要な書類について

ファクタリングの審査にはどのような書類が必要となりますか?

1.基本契約書
2.身分証明書
3.入手金の通帳(WEB通帳含む)
4.請求書
5.見積書など

 

以上の書類をご準備いただきます。

 

ファクタリングの審査で最も重要視されるのが、「売掛債権の種類」と「売掛先の信用力」です。

お客様ご本人の個人情報はもちろん、それらを確認させていただくための書類をご提出いただきます。

ファクタリング会社にとってのリスクは、万が一売掛先の企業が倒産等で債務不履行(デフォルト)に陥った場合に、買取代金の回収ができなくなることです。

そのため、私どもファクタリング会社はお客様の信用力よりも売掛先の企業の信用力の方を重要視するポイントにしております。

売掛先(取引先)企業との関係について

売掛金を売却したことが相手先の企業に知られたら、今後の取引が不利になりませんか?

弊社の「2社間ファクタリング」でしたら、お相手の企業様に売却事実を知られることなく資金調達が可能です。ファクタリングご利用後もこれまで通り、お相手の企業様から支払期日に売掛金が支払われます。

 

2社間ファクタリングの最大のメリットが、ファクタリングで売掛金を売却した事実を売掛先に通知せずに契約、資金調達ができることです。

ファクタリングの事実を売掛先に知られて会社の信用を棄損したくないお客様が、売却通知が不要な2社間契約を選択されています。

ベストファクターのお客様は中小企業が多く、なおかつ売掛金の売却を取引先に知られることを好ましく思われない方が多いため、2社間ファクタリングを利用される方がほとんどです。

ファクタリングの手数料について

2社間ファクタリングの手数料は高いと聞きましたが……

一般的に2社間ファクタリングの手数料は「20%~30%」とされていますが、私どもベストファクターは、2社間でも「5~20%」の手数料にて買い取りを行っています。

 

ファクタリングの手数料はお客様一人ひとりによって異なります。

先ほども解説したように、ファクタリング会社は売掛先の信用力を重視するため、売掛先が大手企業であったり、国や自治体の機関であったりする場合は手数料が低くなる可能性があります。

さらに2回目以降のご利用であれば、すでにお客様と正常にお取引ができているという事実があります。

ファクタリング会社にとっては、売掛金の未回収リスクが低いと判断でき、これも手数料が低くなる要因のひとつです。

私どもベストファクターは2社間の手数料相場よりも低い「2%~」の手数料でのお取引も可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

債権譲渡登記について

債権を売却すると登記が必要になるのではないですか?

ご安心ください。登記をせずにご利用も可能です。

 

二重譲渡の防止を目的として、通常はファクタリングの契約で債権譲渡登記を行います。

取引先などに通知するわけではありませんが、第三者でも閲覧可能な情報となることや、登記手続き自体に1両日かかるため、登記を希望されない方も多くいらっしゃいます。

私どもベストファクターではそのようなお客様に配慮して、登記をせずにファクタリングをご利用いただくことも可能ですので、ぜひご相談ください。

契約後に売掛先の企業が倒産等した場合について

ファクタリングの契約後に売掛金が売掛先から入金されなかった場合、利用者が代わりに支払わなければならないのでしょうか?

ご安心ください。当社がご提供する2社間ファクタリングは 償還請求権なし(ノンリコース)の契約ですので、万が一、売掛先が債務不履行(デフォルト)を起こしてもお客様に支払い義務は発生しません。

 

償還請求権」とは、売掛先の企業が倒産や廃業などによって売掛金が入金されなかった場合、ファクタリング会社が利用者(お客様)に対して支払いを請求できる権利のことを言います。

つまり「償還請求権なし」とは、売掛金が入金されなかったとしてもお客様に支払いの義務が発生することはなく、すべての損失はファクタリング会社が負うということです。

そのため、ファクタリング会社の負うリスクが大きい2社間ファクタリングでは、売掛先の企業の信用力が審査に大きく影響し、3社間よりも手数料が高めに設定される要因となっているのです。

まとめ

ファクタリングにまつわるご質問について、極力わかりやすくご説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

私どもベストファクターではファクタリングに関するご相談はもちろんのこと、資金調達や財務コンサルティングのプロとして、資金繰りや事業の改善に関わるご相談を承っております。

お客様皆さまに会社の事業成長も視野に入れたサポートをご提案させていただいておりますで、ぜひお気軽にご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングで資金調達
他社との手数料比較表
他社との手数料比較表最低2%
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取
お問い合わせ
インタビュー記事一覧