ファクタリング会社選び
ファクタリングのスピード査定の活用法とは?即日現金化のポイントを解説
logo
ファクタリング【即日スビード資金調達】

ファクタリングのスピード審査で「利用可否」や「見積り金額」を検討して、最短即日の現金化を実現しましょう。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

中古品の買取専門店のホームページなどでよく見かける「スピード査定」。ファクタリング会社にもホームページや電話、メール、FAXにてスピード査定を受け付けているところは多いです。

「どのファクタリング会社と取引をすればお得か?」を判断するのに役立つスピード査定を活用し、即日の売掛債権の現金化を実現するためのポイントを解説します。

ファクタリングのスピード査定の活用法

ファクタリング会社のホームページには、取引前に無償のスピード査定、スピード見積りのページがあります。

スピード査定の依頼フォームでは、会社名や買取希望金額、翌月の売掛金額、電話番号、メールアドレスなどから「利用可否」や「見積もり額」を算出します。

必要項目を入力するだけでスピーディーな条件回答をしてくれるところもあれば、電話やメールで折り返しの連絡が来て、具体的な相談を進める流れになるところもあります。

スピード審査の結果、利用可否で「否」が出ることはほとんどないと考えられますが、たとえ「否」が出た場合でもファクタリング会社に直接電話することで利用「可」にするためのアドバイスが受けられるでしょう。

利用可否よりも重要なのは「見積もり額」です。あくまでも見積もりですが、ファクタリングを利用した際に「受け取れる金額」が「買い取ってもらう債権の金額」に対して低い場合は、調達した現金で資金繰りを改善できるどころか、今後もファクタリングに依存する体質になってしまうリスクがあります。

フォームに入力した買取希望金額に対して見積もり額がかなり低め(手数料高め)の結果となった場合、改めてファクタリング会社に電話、買取金額や手数料について相談しましょう。

また、見積もり額が納得の金額だった場合でも、別のファクタリング会社に見積もりを依頼したらもっと高く買い取ってもらえる可能性もあります。

振込スピードや信頼性、あるいは債権買取に付随する財務コンサルなどのサービスと併せて、自社が最も重要とするポイントに合致するファクタリング会社を選びましょう。

ファクタリングのスピード査定の入力項目

ファクタリングのスピード査定では、主に以下の項目を入力することになります。

入力が必須の項目
  • 会社名
  • 担当者名
  • 携帯番号
  • メールアドレス
  • 買取希望金額
入力が任意の項目
  • 人格(法人or個人)
  • 会社の所在地(都道府県)
  • 年商
  • 売掛金額

スピード査定を即日現金化につなげるポイント

スピード査定を利用する場合、即日の債権買取を希望される方が多いのではないでしょうか?

最短即日で現金化ができるのは、利用者とファクタリング会社の2社間で契約を結ぶ「2社間ファクタリング」です。

2社間ファクタリングを提供しているファクタリング会社を選ぶということを大前提として、あらかじめ審査や契約に必要な書類を揃えておくことが重要です。

ファクタリングの審査・契約では以下の書類が必要となります。

審査時に必要な書類
  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
  • 入出金の通帳(WEB通帳含む)
  • 請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)
契約時に必要な書類
  • 納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本など

さらに、ファクタリング会社によっては対面契約を条件としているところもあります。

ファクタリング会社の中には面談を実施して利用者の人柄を見てからファクタリングの手数料を判断する場合があるからです。

全国対応のファクタリング会社であっても自社とファクタリング会社の距離が離れていればそれだけタイムロスになるため、なるべく自社から遠くないところを選ぶと良いでしょう。

ファクタリング会社によっては「銀行営業時間外の現金手渡し」に対応しているところもあります。

ファクタリングのスピード査定についてのQ&A

ファクタリングのスピード審査に関する疑問について、Q&A方式でお答えします。

Q.スピード査定で「利用可否」となった場合、どんな原因が考えられますか?
A.ファクタリング会社の中には、買取金額や年商など利用条件を設定しているところもあります。スピード審査で利用可否となった場合は、利用条件に合致していない可能性が考えられます。
Q.審査から入金までのスピードが早い会社はどのようにして選ぶのですか?
A.「来店不要・Web申し込みができる」「最短即日現金化の実績がある」「必要書類が明確である」の3つの条件を満たすファクタリング会社を選びましょう。
Q.スピード査定では利用可でしたが、その後の審査に落ちないようにするためには?
A.ファクタリングの審査では売掛先の信用情報が重視されます。信用力が高く、これまで売掛金の支払い遅れがない売掛先の債権であれば、審査に通過する可能性が高くなります。 >>「ファクタリングの審査で重要視されるポイント」を詳しく見る

即日現金化ならベストファクターにご依頼を

スピード査定は申し込み前に利用可否や見積もり金額を検討できるサービスです。

とくに初めてファクタリングをご利用になる方は、スピード査定と合わせて、口コミ・評判なども参考に「スピード」と「信頼性」を兼ね備え、自社の資金調達目的に合ったファクタリング会社を選びましょう。

私どもベストファクターは、即座に利用可否を回答するスピード査定サービスを提供しております。

最短即日の現金化をご希望の場合は、手数料2%~買取金額30万円~の2社間ファクタリングをご提案させていただきます。

ぜひお気軽にご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

インタビュー記事

interview article

インタビュー記事

請求書を最大98%買取ります
img
logoA社B社
手数料2〜20%
売掛金300万円の場合
振込金額240〜294万
15〜30%
売掛金300万円の場合
振込金額210〜255万
7〜25%
売掛金300万円の場合
振込金額225〜279万
申込方法電話、WEB、出張訪問申込来店申込オンライン申込
審査通過率92.25%70%40%
振込までの日数最短当日最短翌日最短4日
ファクタリング
利用額
30万円以上の売掛金が必要50万円以上の売掛金が必要200万円以上の売掛金が必要
審査時の
必要書類
  • 身分証明書
  • 入手金の通帳
  • (WEB通帳含む)
  • 請求書
  • 見積書
  • 決算書
  • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
  • 売掛先との契約書類
  • 発注書、納品書、請求書など
  • 身分証明書
  • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
  • 決算書(税務申告済の押印必須)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛債権の因果資料
  • 入出金の確認事項
コメント柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
お電話でのお問い合わせ

img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

無料相談はこちらから

お問い合わせ

この記事が気に入ったらフォローしよう