売掛金とは 【早期現金化】ファクタリング取引の仕組みを解説

売掛金に関する基礎知識、および売掛金を早期に現金化するファクタリング取引の仕組みを解説します。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

ビジネスを進めていくうえで、売掛金や売掛債権は必要不可欠な資産であり、扱い方によっては資金繰りの課題ともなりうるものです。

今回は売掛金の基礎知識、および売掛金を活用した資金調達方法であるファクタリングを解説いたします。

売掛金とは

信用取引(掛取引)によって、商品やサービスを販売・提供した代金を受け取る権利(債権)のことを売上債権売掛債権と言い、そのうち受取手形でないものを売掛金と言います。

信用取引(掛取引)とは

信用取引とは企業間取引の支払い方法の一つで、商品の引渡し時には代金の支払いを行なわず、決められた期日に後払いで支払うことです。

代金が支払われるのは商品を引き渡してから1ヶ月~3ヶ月先となりますが、取引先に現金の持ち合わせがないときにも商品やサービスを売ることができ、なおかつ後払いにすることで商品の購入単価の増加も見込めるというメリットがあります。

すなわち、商品の引き渡しから代金が入金されるまでの期間に納入企業が保有する「支払日までに代金を受け取る権利」売上債権売掛債権代金そのものを売掛金と呼びます。

企業間取引には他にも前払いや現金取引などもありますが、いずれも主流ではなく、多くの企業が後払いの信用取引(掛取引)を採用しています。

売掛金の仕訳・会計処理

売掛金は掛取引の仕訳で使う勘定科目で、代金を後から受け取る権利があるため、帳簿上では「資産(流動資産)」に区分されます。

売掛金の発生

例:商品を100,000円を売り上げ(引き渡し)、翌月代金を回収する

借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額
売掛金100,000円売上100,000円

商品の引渡し時に資産科目の「売掛金」が増えるため、「借方」に記載します。

売掛金の回収

例:翌月に商品の代金100,000円を現金で回収した

借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額
現金100,000円売掛金100,000円

代金回収時に資産科目の「売掛金」が減るため「貸方」に記載します。

売掛金が資金繰りを圧迫する原因

掛取引によって売上が発生しても、売掛金が支払われるまでは商品の仕入れや製造のコスト、人件費などの運転資金が発生します。

売上はあるのに会社の資金繰りが厳しくなっている場合、その原因は「売掛金の支払いサイトが長い」「売掛金の管理に問題がある」の2点が考えられます。

売掛金の支払いサイトが長い

売掛金が入金されるまでの期間を支払いサイトと言います。この期間が長ければ長いほど企業が現金を調達できるタイミングは先延ばしになります。

当然ながら、売掛金が支払われるまでの間も事業の運転資金を捻出しなければならないため、未回収の売掛金が多い企業ほど厳しい資金繰りを強いられます。

売掛金の支払いサイトを短くするには、取引を開始する前に支払いサイトを短くするような交渉を行うことが重要です。

もちろん売掛先からすれば、支払いサイトはなるべく長いほうが資金繰りが楽になるため、商品の販売価格などを見ながら根気強く交渉することが求められるでしょう。

売掛金の管理に問題がある

売掛金の支払期日が過ぎているにもかかわらず、売掛先に連絡することなく放置している企業、あるいは未回収の事実すら把握していない企業もあります。

未回収の売掛金を放置したまま、万が一売掛先が倒産した場合、大きな貸し倒れが発生してしまいます。

貸し倒れのリスクを回避するためには、取引をする会社の信用力の調査を行うことや、取引先ごとに売掛金の管理台帳を作成することなどが挙げられます。

そのようにして売掛金の管理を徹底して行い、すでに支払い遅れの売掛金があれば早めに支払ってもらうよう交渉が必要です。

売掛金を活用した資金調達方法

回収前の売掛金を活用することで、早期にまとまった資金を調達することができます。

売掛金を活用した資金調達方法には「ファクタリング」と「売掛債権担保融資(ABL)」があります。

ファクタリング

ファクタリングによる資産変動

ファクタリングは回収前の売掛金をファクタリング会社に譲渡し、現金化する債権譲渡の取引です。

簡単に説明すると「数ヶ月後に売掛先から入金される予定の100万円債権)を、今すぐ95万円で買い取ってもらう(現金化)」と言えます。

借入金や負債を増やす融資と異なり、ファクタリングは売掛債権という資産を現金化する売買取引で、銀行融資などと比べても審査が緩く金利の負担もありません。

ファクタリングの審査では、利用者の返済能力や会社の規模よりも売掛金の信用力が重視されるため、債務超過や赤字決算、銀行リスケなどがある会社でもファクタリングなら資金調達ができます。

さらに、私どもベストファクターが得意とする2社間ファクタリングを利用すれば、売掛先への通知・承諾が不要、なおかつ最短即日の現金化が実現できます。

弊社の2社間ファクタリングは、売掛金30万円から買い取り、業界最低水準の手数料2%秘密厳守で資金調達をしたい中小企業・個人事業主の方から高い支持を得ています。

売掛債権担保融資(ABL)

不動産や保証人を持たない中小零細企業であっても、流動資産を活用すれば資金調達ができます。

売掛債権担保融資は、企業が保有する商品在庫、原材料などの流動資産を銀行や信用金庫等の金融機関に担保として提供、融資を受ける資金調達方法です。

ただし、同じ売掛金活用のファクタリングとは異なり、ABLは融資取引です。

ABLの審査では、不動産担保融資と同じく担保として提供する資産の価値と利用者の返済能力が重視され、債務超過や赤字決算など融資の審査で不利とされる要素があれば、融資を受けられない可能性があります。

売掛金の早期現金化で資金繰りを改善

会社の売上として計上される売掛金も、入金されなければ資金繰りを圧迫してしまいます。

厳しい資金繰りを強いられながら売掛金の支払期日を待つくらいなら、早期に現金化して事業資金に回すほうが得策と言えるでしょう。

私どもベストファクターは、ファクタリングによる最短即日の資金調達・財務コンサルティングのプロとして、お客様の資金繰りの課題を早期に解決、本来の事業に注力して企業価値を高めていただくご提案をいたします。

資金繰りや資金調達でお悩みの方は、電話・メールにてお気軽にご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ