ファクタリングの仕組み

ファクタリング取引の仕組みとお金の流れを表を使ってわかりやすくご紹介します。

企業間取引を行っている多くの会社では、物を売ったりサービスを提供した際に、直ちに代金を回収することは少ないでしょう。

月末締め翌月末払いといったように、多少なりとも売掛金が発生しているはずです。

例えば、売上は発生しているが、売掛先からの入金はまだ先という期間があります。

この期間が売掛債権として売掛金を保有している状態ということになります。

ファクタリングは売掛金を受け取る権利(売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで、売掛先からの入金を待つことなく、売上が確定している分の現金を先に受け取ることができる仕組みです。

後日、通常通りの支払日に売掛先から入金が行われた時点で、入金額をそのままファクタリング会社へ送金すれば、手続きは完了となります。

私たちにはあまり馴染みのないファクタリングですが、どのような利用方法があるのでしょうか。

それでは、経済産業省も推進している売掛金を有効活用した資金調達方法であるファクタリングの仕組みを詳しくご紹介させていただきます。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングは、すぐに現金が必要な際に選ぶ資金調達の方法の1つです。

売掛金 をベストファクターなどのファクタリング会社に売却譲渡することで、ファクタリング会社より代金が支払われます。

ファクタリングを利用することで、売掛金の支払いの約束期日前に現金を手にできることがこの仕組みの最大の特長です。

ファクタリング会社は売掛金を買い取る際に、ファクタリング会社の負うリスクに応じて、一定の手数料率を割り引かせいただき、その差額を入金させていただきます。

ファクタリングの入金例

売掛金所有額売掛金売却額手数料率即日入金額
1,000万円100万円5%(5万円)95万円

所有されている売掛金のうち一部だけを選んで売却することもできます。

融資とファクタリングの違い

融資とファクタリングは異なる制度です。

融資を受ければ負債額が増えますが、ファクタリングを利用しても負債の増加にはなりません。売掛金から現金へ、資産の勘定科目が変わるだけです。もちろん信用情報にも影響は与えません。

資金調達の資本構成の違い

融資とファクタリングはどちらも審査が行われますが、審査のポイントは異なります。

融資の場合は、借り手の信用が問われますから、信用情報機関への照会が行われます。

一方でファクタリングは売掛金の支払いがきちんと行われるかがポイントですから、利用企業の経営状態は考慮されません。

わかりやすくするために、融資とファクタリングの違いについて資本構成の変化の違いをご紹介します。

融資による資金調達

資金調達時
資産の増加負債の増加
現金:100万円短期借入金:100万円
返済時
費用の発生と資産の減少負債の減少
現金:-105万円短期借入金:-100万円
支払利息年利5%:ー5万円

負債を増やすことで現金を得られますが、返済時には利息を付けて支払いをする必要があります。

ファクタリングによる資金調達

資産の減少負債の変動なし
売掛金:-100万円-
資産の増加負債の変動なし
現金:95万円
支払手数料:-5万円
-

ファクタリングは手数料がかかりますが、負債ではありませんので、利息がつかない資金であり返済の必要がありません。

審査のポイントの違い

後日返済を受ける立場である融資機関資産を買取るだけのファクタリング会社とでは、審査のポイントが異なります。

審査方式が異なるということは、契約や入金までのスピードにも影響します。

融資の場合、不確かな未来に返済を受けられる可能性がどれだけあるかを見積もる審査であるため時間がかかります。

しかしファクタリングでは、主に買取った売掛金の支払いについて、つまりお客様の取引先が通常通りに支払いを行っていただけるかを審査するだけですから時間がかかりません。

入金スピードについては、ベストファクターのように即日入金が可能な会社もあります。

どんな時にファクタリングが利用されるのか

ファクタリングは、以下のような時に利用されます。

経営上の問題として、赤字決算であったり税金の滞納があっても、多くの場合でファクタリングで資金調達が可能です。

  • 事業が急拡大しており、仕入れ代金が多く必要だが、手持ち資金が足りない
  • 入金前に大きな支払いがあるため、つなぎ資金として使いたい。
  • できれば負債を増やしたくないので、融資は避けたい
  • 税金の滞納があったり、業績不振のため、金融機関や公的機関の融資が受けられない
  • 取引先からの支払いサイトが長く、給与や仕入れ代金の支払いに支障がある
  • 取引先からの入金が遅れているため、資金繰りに困っている
  • メインバンクや取引先に分からないように資金を調達したい

上記のいずれのケースでも、ファクタリングは資金を調達できる有効な手段となります。

2社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリング は、ファクタリングの契約形態の一種です。

ファクタリングを利用したい会社ファクタリングを運営する会社の2者だけで、債権を譲渡する契約をすることを指します。

売掛代金を支払う取引先(売掛先)は、契約に関与しないことが特徴です。2社間ファクタリングの利用の流れは、以下の通りとなります。

  1. 2社間ファクタリングの審査がOKなら、契約を締結する
  2. ファクタリング会社は、利用を希望する会社から売掛債権を買い取り、代金を振り込む
  3. ファクタリングを利用した会社は、売掛金が入金され次第、ファクタリング会社に支払う

売掛先に知られない2社間ファクタリング

2社間ファクタリング は、売掛先に知られずに売掛金を現金化できることが最大のメリットです。

ファクタリングを利用する会社は、資金繰りに困っている会社です。もし売掛先にファクタリングの利用を知られてしまうと、経営にリスクがある会社とみなされ、今後の取引に悪影響が出る可能性があります。

2社間ファクタリングを利用することで、取引の継続と資金繰りを両立させることができます。

また中小企業では、自社より大きな企業が売掛先となるケースが多いものです。勝手に売掛金を売却すると、売掛先の機嫌を損ねるかもしれません。

この場合でも、2社間ファクタリングならば売掛先には通知されませんから、仕事を請ける上で弱い立場であることの多い中小企業でも利用が可能です。

2社間ファクタリングの手数料率

一般的な2社間ファクタリングの手数料率は、15~30%とされています。

手数料率は、ファクタリング会社が負うリスクに応じて決まります。しかし、明確な定めがないため、ファクタリング会社によって手数料率は大きく異なります。

ベストファクターは2社間ファクタリングでは、手数料率は5%からファクタリングサービスを提供させていただいております。

手数料がいくらかかるのかだけ受付もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングの代表的なメリットは、以下の通りとなります。

  • ファクタリングの利用を売掛先に知られずに済む
  • 最短で即日など、短い日数で売掛金を換金できる

ファクタリングの申し込みから振込までの日数は、ファクタリング会社によって違いがあります。ベストファクターでは最短で即日の振込が可能です。

即日のお振込みを希望される場合、あらかじめその旨をお伝えください。

売掛先が支払い不能になった場合

また、万が一売掛先が倒産して支払い不能になった場合どうなるのでしょうか。

お客様は資産である売掛金を売却されただけですので、代わりに支払いをする必要はありません。

これを 償還請求権なし(ノンリコース)と言います。

このため回収不能のリスクは、ファクタリング会社が負うことになります。

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングには、以下のようなデメリットもあります。

  • 手数料率が3社間ファクタリングに比べて高い
  • 売掛先から入金された売掛金を、ファクタリング会社に渡す手間がかかる

手数料率が高くなる理由は、ファクタリング会社が売掛金を直接回収できないため、回収不能リスクが高くなることが原因です。

複数回ファクタリングを利用することで信用が高まるため、手数料率の低下も期待できます。

3社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリング は、ファクタリング会社ファクタリング利用企業売掛先の3社で締結する契約です。

利用企業がファクタリング契約をすると、売掛金はファクタリング会社へ譲渡されることになります。

ファクタリング会社は、売掛金しあ払い日に売掛先から直接入金を受け取ることになります。

手数料率を下げたいなら3社間ファクタリング

3社間ファクタリングの手数料率は1~9%と、2社間ファクタリングよりも低くなっています。なお実際に適用される手数料率は、ファクタリング会社や審査結果により異なります。

3社間ファクタリングのメリット

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングに比べて、手数料が低いというメリットがあります。

また、売掛金がファクタリング会社へ譲渡された後のやり取りは、売掛先とファクタリング会社との間で行われます。

ファクタリング利用会社にとっては、売却した売掛金の管理が不要になるメリットもあります。

3社間ファクタリングのデメリット

3社間ファクタリングでは、売掛先へファクタリングの利用を知られることが主なデメリットです。このため、会社の信用が悪化するおそれがあります。

また3社間ファクタリングは売掛先の承認も必要であるため、審査に日数がかかることもデメリットです。

ファクタリングの利用手数料

ファクタリングのコストは、売掛金から割り引かれる手数料でまかなわれます。

手数料率

この手数料率は、ファクタリング会社の負うリスクに比例します。もし売掛金の回収可能性が高ければ手数料率が下がりますから、売掛金の買取率は上がります。

またファクタリング会社のなかには売掛金の二重譲渡を防ぐため、法務局に債権譲渡登記を行う場合もあります。

債権譲渡登記

この費用は利用会社の負担となるケースもあり、10万円~20万円の出費が必要です。

ベストファクターでは、手数料にすべての諸費用が含まれています。また債権譲渡登記をせずにご利用いただくこともできます。

このため、30万円といった少額の売掛金でも利用できることが特徴です。

買取率アップ

また融資と異なり、複数回ファクタリングを利用すると買取率がアップする可能性があります。

買取率は最高で95%という点も特徴的です。

まとめ

ファクタリングは売掛金の回収見込みがあれば、経営状態が悪い会社でも利用できるメリットがあります。

また、ファクタリングは融資ではありませんから、金融機関からの融資を受けられない会社でも利用できます。

特に2社間ファクタリングは手数料率が多少アップする反面、最短で即日入金を受けられることは経営の力強い味方となります。

ベストファクターでも、最短で即日入金が可能です。

また、ファクタリングの利用を売掛先に知られないことは、今後の取引継続にプラスとなります。

融資とは異なり、ファクタリングを複数回利用すると信用がアップすることも特徴です。

 

資金繰りの改善や財政の健全化を望まれるお客様は大変多くいらっしゃいます。

ベストファクターは、他社には追随できない低コストな2社間ファクタリングを提供するとともに、お客様企業の資金の流動化や健全化に責任をもって取り組んでおります。

すぐに資金が必要な方も事業の拡大をお考えの方もお気軽にご相談くださいませ

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングの申し込みPC
他社との手数料比較表
ファクタリング手数料比較表
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取