ファクタリングは資金繰りに有効な手段です。ファクタリングによって現金化できる金額は、「売掛金」からファクタリング会社に支払う「ファクタリング手数料」を差し引いた額です。そのため、ファクタリング手数料を安く抑えることは資金繰りにおいて非常に重要です。

今回は契約形態によって異なる適正なファクタリング手数料と、その仕組みについて詳しく解説します。

適正なファクタリングの手数料とその幅

適正なファクタリング手数料と幅

ファクタリング手数料は、ファクタリング会社の負うリスクによって変動します。ファクタリング会社が負うリスクとは、「ファクタリング会社が買い取った売掛金が支払われない可能性」です。ファクタリングの手数料率には上記のリスクが反映されます。

ファクタリング契約の種類と適正手数料率

ファクタリングの契約には「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があり、ファクタリング会社が負うリスクの大きさはそれぞれ異なります。

2社間ファクタリングとは、「ファクタリング会社」と「ファクタリング利用会社」の二者間で「債権譲渡契約」を結ぶ契約形態です。売掛先にはファクタリングの事実は伝えられません。売掛金は一旦ファクタリング利用会社の口座に振り込まれるため、売掛金の使い込みなどにより、ファクタリング会社に売掛金が支払われないリスクがあります。

一方3社間ファクタリングは、「ファクタリング会社」と「ファクタリング利用会社」と「売掛先」の合意のもと「債権譲渡契約」を結びます。売掛金は売掛先からファクタリング会社に直接支払われます。

このような契約形態の特性上、リスクの高い2社間ファクタリングのほうが適正手数料率は高く設定されています。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの適正手数料率は、それぞれ以下のとおりです。

ファクタリング契約の種類適正手数料率
2社間ファクタリング売掛金の15%~30%
3社間ファクタリング売掛金の1%~9%

ファクタリング会社のリスク

前述した「ファクタリング会社が買い取った売掛金が支払われない可能性」は、以下の3つのリスクに分類されます。

売掛先の倒産リスク

売掛先が倒産してしまうと、当然のことながら買い取った売掛金が回収できなくなります。これは2社間ファクタリング、3社間ファクタリングのどちらでも発生するリスクです。

ファクタリングを利用する会社の倒産リスク

これは2社間ファクタリングで発生するリスクです。売掛先からファクタリング利用会社に売掛金が支払われても、ファクタリング利用会社が倒産してしまうとファクタリング会社はその売掛金を全額回収できない可能性があります。

ファクタリングを利用する会社の入金使い込みリスク

こちらも2社間ファクタリングで発生するリスクです。売掛先から回収した売掛金をファクタリング利用会社が使いこんでしまうことで、ファクタリング会社に売掛金が支払われないリスクです。

ファクタリング手数料に影響すること

上記3つのリスクの可能性を見極めるために、ファクタリング会社は以下のポイントをチェックしています。これらのポイントに懸念がある場合は、その分ファクタリング手数料は高くなるのが一般的です。

売掛先の支払能力

ファクタリング手数料に最も影響を与えるのが売掛先の支払能力です。ファクタリング会社が売掛金を確実に回収するためには、売掛先の信用力が非常に重要です。そのため上場企業などで安定した利益を上げている売掛先であればファクタリング会社のリスクは低くなるため、その分手数料は安くなります。

売掛先との取引状況

2社間ファクタリングではファクタリング会社のリスクを回避するために、ファクタリング利用会社に継続して売掛金が入金されていることが重視されます。そのため売掛先が信用力のある会社でも、新規取引や数カ月間取引がないような売掛金ではファクタリング手数料は高くなります。

売掛金の額面や支払いサイト

売掛金の買い取り額が少額の場合、手数料率は高くなります。その理由は、売掛金が少額であっても、契約の際に必要となる事務手数料や債権譲渡時費用などは一定の金額がかかってしまうためです。

また売掛金の支払いサイト(売掛金支払日の毎月の間隔)も手数料に影響を与えます。支払いサイトが長いと、その間にファクタリング利用会社の資金繰りが悪化して売掛金が回収できないリスクが高まります。そのため支払いサイトが長い場合も手数料は高くなります。

債権譲渡登記の有無

2社間ファクタリングの場合、債権譲渡登記が必要な場合があります。債権譲渡登記とは、ファクタリング会社が買い取った売掛金の権利関係を証明するために行う手続きです。債権譲渡登記が不要であれば、その分の手数料はカットできます。

また債権譲渡登記が必要な場合、該当売掛金にすでに債権譲渡登記がされていれば、二重譲渡(同一債権を複数の先に譲渡すること)によるトラブル防止のため、債権譲渡登記を抹消することが一般的です。債権譲渡登記を抹消するためには所定の手数料がかかるため、その分手数料は高くなります。

以前にファクタリング利用した事があるか

ファクタリングでは、初回利用時より2回目以降のほうが手数料は安くなります。利用履歴があり、問題なく売掛金が回収されていれば、その分ファクタリング会社のリスクは低くなるためです。

利用会社の信頼度や、担当者の人柄

ファクタリング利用会社の信頼度も手数料に影響を与えます。特に2社間ファクタリングでは、確実に売掛金を回収できる会社かどうか、経営状況などを見て判断します。

ファクタリング会社は担当者の人柄や誠実さも重視しています。ほとんどのファクタリング会社では契約を結ぶ際に面談の場を設けて、「この担当者は信頼に値する人物か」を見極めています。そのため担当者の印象次第で手数料が変わることもあり得ます。

ファクタリング会社の手数料と収益の関係

ファクタリング会社の収益と手数料の関係

下記表は、ファクリング利用会社すべてから同額の売掛金を買取ったと仮定して、ファクタリング会社が20社中何社までの債務不履行(デフォルト)リスクを許容できるかを表したものです。

表から見てわかるように、ファクタリング手数料率は債務不履行のリスク許容度に比例しています。つまりファクタリング会社は、債務不履行のリスクをファクタリング手数料に換算して収益を得ているのです。

ファクタリング手数料率債務不履行リスク許容度
5%20社中1社まで
10%20社中2社まで
20%20社中5社まで

ファクタリング手数料率と粗利益率

手数料率と粗利益率の関係

業界別平均粗利益率を下表に掲載しました。売掛金から差し引かれるファクタリング手数料は、直接この粗利益率を引き下げる要因になります。

もちろん事業上の利益計算として、粗利益から人件費等の営業に係るコストが差し引かれるため、粗利益率の低下は営業利益を大きく引き下げることになります。

業界名利益率(%)
製造業総平均24.9
食料品製造業平均29.8
缶詰製造業平均16.0
味噌製造業平均34.9
パン・菓子製造業平均34.8
酒類製造業平均37.4
鉄鋼業平均19.8
非鉄金属製造業平均21.3
金属製品製造業平均24.7
一般機械器具製造業平均26.1
産業機械製造業平均24.2
卸売業総平均22.0
遷移・衣服等卸売業平均22.6
履物卸売業平均20.3
小売業総平均39.0
各種商品小売業平均23.0
織物・衣服・身の回り品小売業平均38.1
飲食料品小売業平均35.7
自動車・自転車小売業平均40.6
不動産代理業・仲介業79.6
一般旅行業80.7
倉庫業62.9
一般乗用旅客自動車運送業25.2
理容業60.5
美容業54.0
旅館業平均53.9
一般廃棄物処理業59.0

ファクタリング手数料の内訳

ファクタリングに掛かる諸経費・手数料の内訳

ファクタリング手数料の中にはさまざまな手数料や費用が含まれています。それではファクタリング手数料の主な内訳を見ていきましょう。

着手金

着手金とは、ファクタリング会社を利用する際にかかる費用のことです。着手金が発生する場合は3万円程度が相場ですが、近年では着手金が無料の会社も多く存在します。着手金の有無でサービス内容に違いは出ないので、できるだけ着手金が無料の会社を選ぶことをおすすめします。

事務手数料

事務手数料は審査手数料とも呼ばれます。売掛先やファクタリング利用会社の審査を行うために人件費がかかるため、その分の費用です。相場は数千円程度ですが、事務手数料がかからないファクタリング会社もあります。

契約書の収入印紙代

契約書には収入印紙を貼ることが法律で定められています。収入印紙代は契約金額に応じて異なり、0~20万円がかかります。この金額はどのファクタリング会社を利用しても変わりません。

債権譲渡時費用

2社間ファクタリングで債権譲渡登記を行う際に発生する費用は「登録免許税」といいます。登録免許税は債権譲渡を行う債権の件数によって異なりますが、5,000件以下の債権では1件あたり7,500円です。

司法書士報酬

ファクタリング契約で債権譲渡登記を行う場合、その手続きを司法書士に依頼するのが一般的です。司法書士報酬は依頼する司法書士によって異なりますが、相場は5万円前後です。

またファクタリング会社に司法書士を紹介してもらう場合、紹介料として3万円前後かかる場合があります。

ファクタリング手数料

これはファクタリング会社の「儲け」となる部分です。前述したとおり、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングではファクタリング手数料が大きく異なります。

2社間ファクタリングではファクタリング会社が負うリスクが大きいため、その分ファクタリング手数料が高く設定されています。

ファクタリング手数料を抑える5つのコツ

ファクタリング手数料を抑えるコツ

ファクタリング手数料を抑えるためにはコツが必要です。ここでは手数料を安くするための有効な方法をいくつかご紹介します。

売掛先との継続的で良好な取引関係を証明できる書類

手数料を安く抑えるためには、売掛金を問題なく支払えることをファクタリング会社にアピールする必要があります。そのためには売掛先との良好な取引関係を証明できる書類があると有利です。一般的には発注書や請求書、通帳の入金履歴のコピーなどが証明書類となります。

手数料を交渉する

手数料の交渉に応じてもらうためには、信頼度の高さをアピールする必要があります。ファクタリング会社は少なからずリスクを負っているため、売掛先やファクタリング利用会社の信頼度が高くなければ手数料の交渉は厳しいでしょう。

決算書や入金履歴だけでなく、今後継続的に売掛金が発生する可能性が高い契約書や大手取引先などの情報も信頼度を上げる材料となります。

3社間ファクタリングを希望する

前述したとおり、2社間ファクタリングより3社間ファクタリングのほうが手数料は安くなります。ファクタリングを利用することを売掛先に伝えることができる良好な関係であれば、3社間ファクタリングを希望することで手数料を抑えることができます。

複数者見積もりを取っていることを伝える

他の会社の見積もりを取っていれば、それを伝えることで手数料を安くしてもらえる可能性があります。安定した利益が見込める会社であれば、他の会社と契約されてしまうことは避けたいと考えるでしょう。実際に何社かの見積もりを取ってみて、その内容をベースに交渉してみるのも一つの手段です。

ビジネスの取引と同様、担当者と良好な関係を構築する

ファクタリング会社の担当者と良好な関係を築くことは非常に大切です。ファクタリングの手数料は最終的には人が決定するものなので、心証を良くしておくことで手数料が安くなる可能性があります。

手数料が安い信頼できる会社を選ぶ6つのコツ

信頼できるファクタリング会社を選ぶには?

ここでは手数料が安く信頼できる「優良ファクタリング会社」を選ぶためのポイントについて見ていきましょう。

WEBサイトの表示の最大手数料の表示

ファクタリング会社によって手数料の幅は異なりますが、ファクタリング会社のWEBサイトで表示されている最大手数料を確認することで、おおよその手数料の上限額がわかります。各社の最大手数料を比較することで、手数料の安い会社を見つけましょう。

口コミや評価を確認する

手数料の安い会社を選ぶ場合は、WEBサイトだけではなく、口コミサイトなどで利用者の評価を確認することも大切です。

ただし口コミサイトの中には、真偽定かでない怪しい口コミが掲載されていることもあります。口コミ数が少なかったり、極端に良い口コミや悪い口コミに偏っているようなサイトの情報は信用しないようにしましょう。

会社の所在地や会社規模を確認する

ファクタリング会社の企業情報にも注目しましょう。WEBサイトに所在地や会社規模、代表者などの企業情報を表記していない会社は、悪徳会社の可能性があるため注意が必要です。

会社名をGoogleで検索する

Googleで会社名を検索してみることも大切です。実績のある会社であれば、所在地や電話番号などが掲載されているはずです。逆に実体のない悪徳会社の場合、これらの情報が表示されない場合があるので気を付けましょう。

オフィスや従業員などの写真を確認する

WEBサイトにオフィスや従業員などの写真を掲載していることは、会社の透明度に影響します。悪徳会社などで後ろめたいことがある場合はまずこのような写真は掲載しないため、信頼できる企業を選ぶ際のスクリーニングになります。

本当にこの会社に託して良いのか、もう一度しっかり考える

優良な会社を選ぶためには、本当に信頼できる会社かどうかを見極める必要があります。少しでも疑問に感じる点がある場合は、納得いくまで確認しましょう。疑問点に誠意をもって対応してくれるかどうかでも、その会社の信頼度を測ることができます。

手数料の安い優良ファクタリング会社を選ぶ

優良ファクタリング会社の条件

ファクタリング会社の中には優良な会社だけではなく、悪徳会社も存在します。高額な手数料を請求してくるような悪徳会社と契約しないためには、適正なファクタリング手数料を把握しておく必要があります。

多くのファクタリング会社は優良なサービスを提供しています。しかし、どんなサービスを受けられるかはファクタリング会社によって変わります。

自社ビジネスにとってももっとも良いファクタリング会社を選ぶ選択肢を今回ご紹介させていただきました。

このファクタリング手数料の相場や仕組みを参考に、手数料の安い優良ファクタリング会社を選びにお役立ていただければ幸いです。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ