「ファクタリングとは?」というワードで検索してもファクタリングの要点を掴めなかった方へ、どこよりもわかりやすく簡単に、ファクタリングをご説明いたします。

資金繰りにお悩みの企業は多いことと思います。資金調達の方法としてファクタリングを利用したいけれど、わかりにくいという面もあるでしょう。また今までファクタリングを利用したことのない場合は、安心して利用できるかわからないという不安もあると思います。

ここではファクタリングとは何か、さまざまな疑問について1問1答でわかりやすくご説明いたします。

記事の内容

ファクタリングの疑問

まず、ファクタリングとその利用の流れに沿って、実際にファクタリングを利用される際にいただく質問について解説します。

ファクタリングの仕組みを簡単に教えてください。

ファクタリングを簡単に言うと
売掛金を現金化することです。

ほとんどの企業では、仕事が完成したからといってすぐにお金のやり取りをするわけではありません。

通常は月末締め翌月末払いなど、仕事の完成時期実際にお金が入る時期にはズレが発生します。

このズレが発生する期間では、お金を受け取る権利は持っているけれど、実際にはまだ入金されていない状態となっています。

このように、現時点ではまだ入金はされていないけれど、決められた日には入金される権利のことを売掛金と呼びます。

この売掛金ファクタリング会社売却することをファクタリングと呼びます。

ファクタリングは、入金を決められた支払日まで待つ代わりに、最短申込んだ日に現金を受け取れる便利なサービスです。

「債権」とは、どういう意味ですか?

ファクタリングで扱う「債権」とは
将来にお金を受け取れる権利のことです。

債権とは、誰かに何かをさせる権利のことです。

ファクタリングの場合は、将来の決められた時期にお金を受け取れる権利を指します。逆に、債務とは、お金を払わなければならない義務のことをいいます。

売掛金は債権です。

債権は誰にでも譲ることができます。物を譲るように、無料であげてもお金をもらって譲ってもどちらでも構いません。

また債権は、「債権100万円を50万円ずつ2人に譲ろう」というように、1つの債権を同時に複数人に譲ることができます。

現金100万円のようになら譲ったものが見えますが、債権には形がありません。このため、言った言わないのいざこざになりがちです。

その状況を未然に防ぐために、「登記をする」という方法が取られることが多いのです。

ファクタリング業者がヤミ金だったというような事はないですか?

ファクタリングサービスは
省庁も推奨する資金調達法です。

安心してご利用ください。また融資よりも簡単に利用できます。

ファクタリングは近年新しく始まったサービスですから、聞きなれない言葉かもしれません。そのため、安心して使えるのか不安という方もいるでしょう。

ファクタリングは、国も利用の促進を呼びかけている合法の金融サービスです。現にベストファクターだけでなく、都市銀行や地方銀行のグループ会社などもファクタリング事業に参入しています。また融資ではないため、取り立てや差し押さえなどもありませんからご安心ください。

ファクタリングは、融資よりも簡単に利用できます。特に「2社間ファクタリング」では、申込んだその日に資金を手にしていただくことも可能です。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングは、どう違うのですか?

2社間と3社間のファクタリングでは
契約の当事者が異なります。

3社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社資金調達企業その取引先がファクタリング契約に加わります。

2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社と資金調達企業との契約となりますから、売掛先は契約に関与しません。

P

取引先への通知

2社間ファクタリングでは、売掛先にファクタリング利用の通知を行いません。このため、売掛先に知られずにファクタリングを利用することができます。2社間契約では、売掛金の支払日に、ファクタリング利用企業を介して間接的にファクタリング会社への支払いが行われます。

3社間ファクタリングは、契約に売掛先が加わります。3社間契約では、売掛金は、支払日に売掛先から直接ファクタリング会社へ支払われます。

茂松
3社間ファクタリングでは、御社は売掛金の支払日を気にしなくてよいメリットがあります。

ファクタリングで受け取ったお金は、本当に返さなくてよいのですか?

調達した資金の返済は
必要ありません。

御社の事業運営のため、有効にお使いください。

ファクタリングは売掛金を買い取るサービスです。借入とは異なり、将来にわたって金利の支払いと返済は必要ありません。

P

2社間ファクタリングでは、送金が必要

売却した売掛金について、その期日に支払いを受け取る権利はファクタリング会社にあります。

このため、2社間ファクタリングでは、御社が売掛先から売掛金を受け取った後ファクタリング会社に送金する必要はあります。

ファクタリングの利用時の疑問

ここではファクタリング利用時の売掛金の最低額や手数料、売掛先に秘密にする事など、ファクタリングを検討する際の疑問について解説します。

ファクタリングは、いくらから利用できますか?

ファクタリング利用額は
30万円~1億円以上まで対応しています。

最小利用額はファクタリング会社により異なります。ベストファクターでは30万円から買取りさせていただきます。

買取りできる売掛金の最低額は、一般的に2社間ファクタリングでは数十万円、3社間ファクタリングでは数百万円といわれています。

ファクタリングは手数料はどのくらい高いのですか?

ファクタリング手数料は
1%~30%

一般的に、2社間ファクタリングでは15~30%、3社間ファクタリングでは1~9%といわれています。

なお、ベストファクターでは2社間ファクタリングを2%~20%でご提供しております。

弊社は赤字ですが、ファクタリングを利用できますか?

赤字・債務超過でも
ファクタリングは利用できます。

ファクタリングは売掛金をお持ちなら、誰でも利用できます。

ファクタリングは売掛金の買取りですから、確実に支払われる売掛金の存在が審査のポイントです。そのため御社が赤字かどうかは関係なく、売掛金があればファクタリングを利用できます。これは、融資との大きな違いです。

「赤字・債務超過の資金調達」関連記事

3社間は手数料が安いと聞いたので、2社間のメリットが無いように思うのですが。

2社間ファクタリングは
取引先に知られずにスピード調達ができます。

手数料が高いからメリットが無いと一概には言えません。2社間ファクタリングが有効となる場面も多いです。

P

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングの大きなメリットは、審査が早いことと、売掛金を支払う会社に知られずに済む点です。

ファクタリングの審査は、売掛先に対して売掛金がきちんと支払われるかという観点で行われます。

またこうした審査で売掛先企業に連絡を取ることはありません。このため、売掛先に知られずに資金調達を行うことができます。

P

3社間ファクタリングのデメリット

3社間ファクタリングでも診療報酬(レセプト)債権ファクタリングなどの場合は、売掛金の8割程度までしか買取り対象としない場合もあります。

一方で2社間ファクタリングでは、売掛金の全額を買い取ることも可能です。このため3社間ファクタリングを利用した場合よりも、御社にお渡しできる額が多くなる場合もあります。

取引先が元請けなので、ファクタリングの利用を知られたくないです。

売掛金の売却事実は
元請け企業には知られません。

ご安心ください。2社間ファクタリングであれば、ファクタリングの利用を元請け企業に知られることはありません。

2社間ファクタリングは、御社とファクタリング事業者だけの契約ですから、元請け企業など売掛先への通知は行いません。従って、売掛金を売って資金調達をしても、その秘密は守られます。

これにより元請け企業の印象を悪化させることなく、事業に必要な資金調達ができます。

ファクタリングの申込み・入金時の疑問

ここでは申込み方法や売掛金入金時の疑問について解説します。

ファクタリングの申込みには、何が必要ですか?

申込の必要書類があれば
審査可能、入金額がわかります。

ファクタリング会社により異なりますが、売掛金の存在を証明する書類や、御社に関する書類などが必要です。

ベストファクターの場合は、以下の書類が必要となります。

  • 申込をする方の本人確認書類
  • 売掛金の存在や、契約を証明する書類(請求書、見積書、基本契約書など)
  • 入手金の通帳

ファクタリングに登記が必要な理由を教えてください。

債権譲渡登記は
売掛金の支払いを確実にするために行います。

債権登記は、ファクタリング会社が確実に売掛金を受け取る手段として行います。

売掛金を含む債権はその性質上、その額面の一部だけを売却することもできるため、同じ売掛金を複数のファクタリング会社に売ることもできてしまいます。

これではファクタリング会社は、安心して売掛金を買い取ることができません。

ここで債権登記をしておくと、ファクタリング会社は、支払い日に売掛先から売掛金の金額を受け取る権利を法的に主張することができます。

また登記が必要という背景には、売掛金がすでに他社に売却されていないかどうかチェックするという意味もあります。

もし売掛金がすでに他社に売却されている場合は二重譲渡になりますから買い取りはできません。

登記をしたくないのですが、ファクタリングは利用できますか?

ファクタリングは
登記をせずに利用できます。

法務局に債権譲渡の登記をするという事は、公開されアクセス可能な情報となります。

ベストファクターでは債権登記なしでも利用可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

売掛金の支払日が来たら、何をどうすればよいのでしょうか?

売掛金の支払いを受けたら
ファクタリング会社へ送金してください。

売掛金の支払日が来たら、入金された売掛金をすみやかにファクタリング会社へ送金してください。

2社間ファクタリングの場合、売掛先はファクタリングの利用を知りませんから、売掛金は御社に送金されます。そのため送金され次第、速やかにファクタリング会社へ送金する必要があります。

なお3社間ファクタリングの場合は、売掛金は直接売掛先に送金されます。このため、御社が行うべきことは特にありません。

ファクタリングにはどんなリスクやデメリットがありますか?

ファクタリングには
5つのデメリットやリスクがあります。
P

ファクタリングの方法によっては手数料が高くなる

2社間や3社間、売掛先の信用、登記の有無など、ファクタリング会社の負うリスクの程度によって、ファクタリング手数料が高くなる場合があります。

P

売掛先へ通知する場合がある

3社間ファクタリングでは売掛先への通知が必要になります。しかし、ファクタリング会社は直接売掛先へ支払いの請求ができるため、リスクの程度が低く手数料も安くなります。

P

債権譲渡登記をする場合がある

債権譲渡登記は二重譲渡の防止を目的に行われます。こちらもリスクの低下要因となり手数料に影響します。

P

売掛金の額の範囲内でしか資金を調達できない

ファクタリングは売掛金を現金化することです。そのため、「売掛金が無い・売掛先が個人・売掛金以上の資金が必要」などの場合、ファクタリングを利用できない可能性があります。

P

悪徳業者も存在する

ファクタリングは銀行融資やビジネスローンに比べ参入障壁が低く、まだまだ規制が緩いため、その間隙をついて悪徳業者が参入していることもまた事実です。

たとえば審査段階で非常に低い手数料を提示しておきながら、「保証料」や「手付金」の名目で振込額が売掛金の半分以下だった……と言った事例も確認されています。

また、「貸し剥がし」という手法を用いて、高手数料のファクタリングに乗り換えさせるというような手法も見られます。

ファクタリングの利用については、こうしたデメリットやリスクが実在する事を知り、本当に顧客のためのサービスを提供しているファクタリング会社を選ぶことが大切です。

付帯サービスや次回以降の利用について

ここでは付帯サービスや、次回以降の利用に関する疑問について、解説します。

ファクタリング会社は、他にどんなサービスがあるのですか?

ファクタリングの付帯サービスとして無料で
資金繰り相談・財務コンサルティングを受けられます。

ファクタリング会社によって異なりますが、ベストファクターでは財務コンサルティングサービスがご利用いただけます。

ベストファクターでは財務コンサルティングサービスを通じて、無料で御社の資金繰りや最適な資金計画をアドバイスさせていただきます。

茂松
ベストファクターでは、財務体質を健全化するためのアドバイスもさせていただきます。

2回目以降のファクタリング利用に、何か特典はありますか?

2回目以降は
手数料の割引などの特典を受けられます。

ファクタリングを2回目以降に利用できる場合は、初回にきちんと売掛金をファクタリング会社に送金したという実績があります。また売掛先企業に対する審査も簡略化できる場合もあります。

このため初回よりも手数料が割引となり、より多くのお金を御社にお渡しできるという特典があります。

どこよりも簡単なファクタリング

ファクタリングを利用する上で生じる疑問について、簡単にわかりやすい形で解説しました。

ベストファクターでは30万円から利用できる、2社間ファクタリングをご提供しております。

このため、元請けなどの売掛先にも知られず、安心して資金調達ができます。

お急ぎの企業様には、即日審査、即日入金も可能です。また手数料は2%からご利用いただけます。このため、他社よりも多くの金額をお渡しすることも可能です。

ファクタリングをご検討の際は、ぜひベストファクターにご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングで資金調達
他社との手数料比較表
他社との手数料比較表最低2%
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取
お問い合わせ
インタビュー記事一覧