ファクタリング解説の決定版!中小企業・個人事業主の資金繰りの悩みに最適な資金調達方法を徹底解説。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

ファクタリングは借入に代わる中小企業・個人事業主の方の資金繰りをサポートするサービスとして徐々に認知されつつあり、経産省も利用を推奨する資金調達方法です。

一方で、ファクタリングとはいったいどんな資金調達方法なのか、利用するための条件な何なのか、よくわからないから利用しづらいという声もいただきます。

そこで本稿では、ファクタリングについて1から徹底的に解説、さらに同業者目線で選定したおすすめの優良ファクタリング会社もご紹介します。

ファクタリングのご利用を検討されている方は、ぜひご参考になさってください。

ファクタリングとは

ファクタリング

ファクタリングとは、事業者が所有している「売掛債権」や「売上債権」と呼ばれる「後から支払いを受ける権利(=債権)」をファクタリング会社(ファクター)に売却し、その買取代金を支払い前に受け取ることのできる資金調達方法です。

たとえるなら、1ヶ月~3ヶ月先に現金100万円を受け取る権利をファクタリング会社に売却し、早期に90万円の現金を調達することと考えると良いでしょう。

後日、取引先(売掛先)から期日通りに支払われた売掛金をファクタリング会社に入金すれば無事に契約終了です。

売掛債権・売上債権・売掛金とは

企業が自社の商品やサービスを取引先に販売・提供したときにその場で現金交換をすることはまれで、一般的には数カ月後の現金の支払いを約束する「掛取引(かけとりひき)」が行われます。

このとき、商品やサービスを納品した側の企業の数ヶ月後の支払いを受け取る権利が「売掛債権」あるいは「売上債権」と呼ばれるもので、回収前の代金が「売掛金」です。

売掛金は会計上、「資産」として計上されるものの、支払期日までは現金を受け取ることができません。

しかし、売掛金の支払期日までの間も従業員の給料や仕入れ費用、施設の使用料、車両の燃料費など事業に欠かせない運転資金は出ていきます。

会社は「売上があるのに手元に現金がない」という状態でも事業を回していかなければなりません。この状況が長く続くと会社の資金繰りキャッシュフローは悪化の一途をたどり、資金不足から資金ショートに陥って、最悪の場合は黒字倒産という結果を招いてしまいます。

つまり、ファクタリングで支払い期日前の売掛債権(売上債権)を早期に現金化すれば、資金ショートや黒字倒産というリスクを回避することができるのです。

銀行融資とファクタリングの違い

資金調達方法として最もポピュラーなのが銀行融資です。

多くの企業は銀行との取引があるため、「いざとなれば銀行に融資をお願いして事業資金を調達する」ことを考えている方も少なくないでしょう。

しかし、銀行はリターンが見込める事業投資などには積極的に融資するものの、資金繰りに悩む中小企業には簡単に手を差し伸べてくれてはくれません。

しかも多くの中小企業は節税対策を含む赤字決算債務超過リスケ税金滞納など融資の審査にマイナスとなる問題を抱えている会社も少なくありません。

よしんば借りられるとしても、担保・保証人付きという厳しい条件をクリアしなければならないでしょう。

ただし、創業時や創業間もない企業であれば、日本政策金融公庫の創業融資制度で低金利の融資を受けることができます。

一方、ファクタリングは借入金や負債を増やして現金を調達する融資契約ではなく、債権を譲渡する売買契約です。

銀行融資の審査では利用者の返済能力事業規模などが重視されますが、ファクタリングの審査では債権の信用力が重視されます。

つまり、たとえ銀行から借入を断られた企業でも信用力の高い売掛債権売上債権)があれば、資金を調達できる可能性があるのです。

ファクタリングの申し込み・契約に必要な書類

ファクタリングの審査では債権の信用力が重視されます。申し込みの際は回収前の債権が確かに存在すること、債権の信用力を証明する書類が必要です。

申し込み時の必要書類
  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
  • 入手金の通帳(WEB通帳含む)
  • 請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)

さらに、債権譲渡の契約時にはご利用者様の会社が確かに存在すること、事業が行われていることなどを確認させていただきます。

契約時の必要書類
  • 納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本など

必要書類は申し込みをするファクタリング会社によって異なる場合があります。

あらかじめ問い合わせなどで必要な書類を確認、申し込み前にひと通り揃えておくと手続きがスムーズです。

ファクタリングがよくわかる5つのポイント

より具体的にファクタリングの特徴がわかる「5つのポイント」を軸に、どんな資金調達方法でどんなメリットがあるのかを解説していきます。

資金調達スピード

「最短即日」の調達スピードがファクタリング最大のメリットです。

銀行融資の審査では2期以上の決算書や事業計画書など数々の必要書類を揃える手間がかかり、なおかつ銀行と信用保証協会の厳しい審査を経て、ようやく融資という段階を踏まなければなりません。

よって銀行融資は審査から入金まで平均して5~7営業日ほどかかるため、一刻を争う中小企業の資金調達には不向きです。

対してファクタリングは企業の「資産」たる債権を売買する契約であるため審査が緩く、申し込みから3日以内に現金を調達することができます。

さらに、あらかじめ必要書類を揃えておく、信用力の高い債権を譲渡するなどいくつかの条件をクリアすれば、申し込みをしたその日のうちに現金調達も可能です。

買取手数料・掛目

ファクタリングの手数料は調達できる金額に影響を及ぼします。

ファクタリングを利用して債権を譲渡・現金化する際には、「掛け目」とも呼ばれる買取手数料がかかります。

手数料(買取率)はすなわちファクタリング会社が被るリスクの大きさが反映されており、主に次の要素で手数料が決定されます。

  • 2社間か3社間か・・・3社間の方が手数料が低い
  • 売掛先の信用力・・・売掛先が上場企業や国の企業なら手数料が低い
  • 債権の金額・・・額が大きいほど手数料が低い
  • 債権の支払い期日・・・短いほど手数料が低い
  • ファクタリングの利用回数・・・多いほど手数料が低い

後述する「2社間ファクタリング」の手数料相場は2%~20%、「3社間ファクタリング」の手数料相場は1%~5%です。

たとえば100万円の債権を売却する場合、手数料1では「99万円」、手数料20では「80万円」と調達できる金額に大きく影響します。

上記の要素に加え、同じ債権でもファクタリング会社によって買取手数料は異なるため、なるべく複数の会社から見積もりを取ることをおすすめします。

買取限度額

ファクタリング会社によって買取限度額が異なります。

買取限度額とは、ファクタリング会社がいくらの債権なら買い取ってくれるかという基準です。

債権をファクタリング会社に売却する際は、あらかじめ買取限度額を確認しておかないと「買取限度額を下回る債権は買い取れない」と断られてしまいます。

たとえば「あと50万円だけあれば月末を乗り切れる」といった利用目的の方は、100万円以下の債権を買取対象としている小口対応のファクタリング会社を選ぶ必要があるということです。

ファクタリング会社にとって1000万円の債権も10万円の債権も現金化する手間はほとんど変わりませんが、買取手数料によって得られる利益は大きく異なります。

つまり、債権の額が大きいほどファクタリング会社は儲けることができるため、「年商●千万円以上」「●百万円以上の債権が買取対象」などの基準を設けている会社も少なくないのです。

秘密厳守

売掛先に債権譲渡を通知するか否かはとても重要です。

「売掛先に債権を譲渡したことが知られたら、信用不安を招くのではないか」。

初めてファクタリングを利用する方の多くが抱える心配事の一つです。

債権を譲渡して資金調達をしていることが売掛先に知られれば、「あの会社は資金繰りに困っている」「もうすぐ倒産するのではないか」という不安から契約を打ち切られたり、取引額を下げられたりするリスクがあります。

後述する2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の2社間で秘密厳守の取引が行われるため、売掛先に債権譲渡の事実が知られることはありません。

また、ファクタリング会社は売掛金の支払いを確実にするための債権譲渡登記を行うこともありますが、登記事項は公開され第三者がアクセス可能な情報です。

こちらも秘密厳守を徹底するため、債権登記なしで利用可能なファクタリング会社もあります。

償還請求権

ファクタリング契約の償還請求権の有無は非常に重要です。

償還請求権(リコース)とは、ファクタリング会社が買い取った債権が、売掛先の倒産などで回収できなかった場合、利用者に買取代金の全額返済を請求する権利のことです。

一方、償還請求権が無い(ノンリコース)ファクタリングの場合は、債権の全損リスクをファクタリング会社が背負います。

つまり、ノンリコースの契約なら仮に売掛先が倒産して債権が回収不能になっても、利用者に返済の義務は一切ありません。

従来のファクタリングはリコース契約が一般的でしたが、現在ではノンリコース契約が主流となりつつあります。

ファクタリングを利用する際は、償還請求権の有無も確認したうえで債権の売却先を判断しましょう。

2種類のファクタリングを図解で説明

ここまでにたびたび登場している「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」。

それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説します。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリングとは、契約の主体が「ファクタリング会社」と「利用者」の2社のみの取引のことです。

売掛先への通知・承諾が不要で売掛金を売却することができるため、秘密厳守で資金調達をしたい中小企業・個人事業のお客様を中心にご利用いただいています。

2社間ファクタリングのメリット

  • 資金調達までのスピードが早い
  • 売掛先に秘密資金調達ができる

売掛先への通知・承諾が不要ということは、債権譲渡の事実を通知して承諾を得るまでの期間がまるまるカットされるということですので、必然的に資金調達までのスピードが早くなります。

2社間ファクタリングは秘密厳守で債権を売却したいという方はもちろん、1日も早くまとまった資金が必要という方におすすめです。

2社間ファクタリングのデメリット

  • 手数料が比較的高め

ファクタリング会社が売掛金を買い取った後、利用者は期日どおり支払われた売掛金を1営業日以内にファクタリング会社に入金するというフローを経る必要があります。

この際、利用者の会社が受け取った売掛金を別の支払いに使ったり、入金前に口座振替で自動引落されたりするトラブルが少なくありません。

さらに売掛先が倒産しまった場合、ファクタリング会社は貸し倒れのリスクを負うことになります。

2社間ファクタリングはこのようなリスクをはらんでいるため、3社間ファクタリングに比べると手数料が高めに設定されています。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングの仕組み

3社間ファクタリングとは、「ファクタリング会社」と「利用者」に「売掛先」を加えた3社が契約の主体となる取引のことです。

売掛先への通知・承諾が必要となるため秘密厳守の資金調達はできませんが、その代わり2社間に比べて手数料が低めに抑えられています。

3社間ファクタリングは主にメガバンクや大手総合リース企業の系列にあるファクタリング会社が提供、主に上場企業の資金調達に利用されています。

3社間ファクタリングのメリット

  • 手数料が安い
  • 債権の回収はファクタリング会社が行う

3社間ファクタリングは「売掛先に債権譲渡の同意を得る」というフローを経て、なおかつ利用者に代わってファクタリング会社が債権回収を行います。

支払期日を迎えた売掛金はファクタリング会社の口座に直接入金されるため、2社間ファクタリングで懸念される貸し倒れリスクが極めて低くなります。

つまり、3社間ファクタリングの利用者は債権回収のコストを払う必要がなく、手数料も低く抑えることができるというメリットがあるのです。

3社間ファクタリングのデメリット

  • 売掛先への通知・承諾が必要
  • 資金調達に時間がかかる

3社間ファクタリングでは売掛先への通知・承諾が必須となるため、承諾が得られるまでは債権譲渡のプロセスを執行できません。

たとえば売掛先の担当者が出張などで不在だったり、面談のアポが取れなかったりして時間を要した場合、資金調達までの時間も長引きます。

ファクタリングは銀行融資よりもスピーディーな資金調達ができるというアドバンテージがありますが、3社間ファクタリングの契約から買取代金の入金まで、およそ15~30日かかる点は大きなデメリットと言えるでしょう。

中小企業・個人事業主におすすめの優良ファクタリング会社5選

中小企業・個人事業主の方の急な資金需要に対応できるファクタリング会社を紹介します。

「ファクタリングがよくわかる5つのポイント」を踏まえて、利用目的に合ったファクタリング会社を選びましょう。

株式会社ビートレーディング

ビートレーディング

ビートレーディングは東京・大阪・福岡に3店舗を構え、年間1,000件以上の買取実績を誇る優良ファクタリング会社です。

秘密厳守の2社間ファクタリングを得意としており、豊富な買取実績による信頼性はもちろん、資金調達まで最短即日・相場より低めの手数料とサービスの質も申し分ありません。

幅広い業種の売掛金を買い取っていますが、最も多いのは建設業です。支払いサイクルが長く、資金ショートに陥りやすい建設業の心強い味方となるでしょう。

取り扱いサービス2社間/3社間/診療・介護報酬
調達スピード即日~
手数料非公開
限度額100万円~3億円
店舗所在地東京都港区芝大門1-2-18 Noyoriビル3F(東京本店)

大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル903号室(大阪支店)

福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33 はかた近代ビル8階F号室(福岡支店)

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

JFSA

ファクタリング業界では珍しい一般社団法人で、来店・対面の必要がない郵送ファクタリングを強みとする組織です。

来店や対面が必須のファクタリングの場合、出張費や交通費が別途請求されることもありますが、郵送ファクタリングは必要書類を投函するだけの手軽さと審査のスピードがメリットで、郵送物の往復期間を含めて最短1~3日で資金調達できます。

利益を追究しない一般社団法人のファクターという特異な組織形態であるため、他のファクタリング会社とサービスを比較・検討するのも良いかもしれません。

取り扱いサービス2社間/3社間
調達スピード1日~
手数料非公開
限度額100万円以下も可
店舗所在地東京都港区芝公園一丁目3-5 ジー・イー・ジャパンビル2階

株式会社ウィット

ウィット

ウィットは、業界では少数派の500万円以下の売掛金に対応できる小口専門、電話一本で資金調達が可能な非対面のファクタリング会社です。

手軽さ、小回りが効くという点で他の追随を許さない独自サービスは、日々の業務に追われ資金調達のための時間を十分に確保できない利用者の心強い味方となります。

最小30万円の売掛金を95%の掛目で買い取ったという実績も公開されているため、初めてファクタリングを利用する方でも思わぬ高い買取額に期待できるでしょう。

取り扱いサービス2社間
調達スピード即日~
手数料非公開
限度額30万円~
店舗所在地東京都新宿区高田馬場1-25-28 佐薩ビル4F

アルシエ株式会社

アルシエ株式会社

アルシエは東京を拠点としていたファクタリング会社が続々と進出し始めている関西エリアにおいて、早くから中小企業の資金繰りをサポートしてきた会社です。

50万円の少額から1億円の超高額まで最短1日~3日で現金化できる十分な資本力に加え、業界最低水準の2.5%~(2社間)という破格の手数料も目を引きます。

関西在住の利用者であれば説明や契約、現金買取等などの必要な手続きを担当スタッフが出張して対応してくれるので、会社に居ながら資金調達が可能です。

取り扱いサービス2社間/3社間
調達スピード即日~
手数料2.5%~(2社間ファクタリング
限度額50万円~1億円
店舗所在地大阪市北区東天満2丁目9番2号 AXIS南森町ビル別館 6階

西日本ファクター

西日本ファクター

早くからファクタリングが中小企業の資金調達として定着しつつあった九州において、代表的なファクタリング会社が西日本ファクターです。

最短即日・手数料2.8%~の2社間ファクタリングが同社の強みで、九州エリアの中小企業や個人事業主の資金調達をサポートしています。

九州・中四国エリアの事業者の方は東京までわざわざ足を運ぶよりも、地域密着型で業界にも精通しているファクタリング会社でスピーディーな資金調達をおすすめします。

取り扱いサービス2社間/3社間
調達スピード即日~
手数料2.8%~
限度額1000万円まで(2社間)
店舗所在地福岡市中央区薬院2丁目2-18大地ビル2F

早く確実な資金調達ならファクタリング

ファクタリングの基礎的知識と中小企業・個人事業主の方におすすめのファクタリング会社について解説しました。

本来、企業にとって資産であるはずの売掛債権(売上債権)も、支払期日まで眠らせておくだけでは資金繰りが厳しくするばかりです。

銀行融資、株式発行、助成金、最近ではクラウドファウンディングなど資金調達にはさまざまな方法がありますが、調達までのスピードや利用の手軽さはファクタリングを置いて他にはありません。

資金繰りの改善や急な資金ショートに、眠っている資産を活用するファクタリングをぜひご検討ください。

私どもベストファクターも、お客様の資金繰り・資金調達のお悩みの解決に真摯に応えます。

[ 売掛金を高額で買取ります ]

ファクタリングの流れ
お問い合わせ