ファクタリング会社選び
沖縄で即日資金調達ファクタリング|沖縄県内のおすすめファクタリング会社3選
logo
ファクタリング【即日スビード資金調達】

沖縄県を拠点に事業をされている中小企業・個人事業のお客様におすすめの2社間ファクタリング会社をご紹介いたします。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

2社間ファクタリングとは、支払い前の売掛金を取引先に知られることなく現金化、最短即日~3日以内の資金調達を可能にするサービスです。

中小企業や個人事業主の方のつなぎ資金や資金繰りの改善に活用されており、借入に変わる新たな資金調達方法として注目されています。

沖縄県の事業者の方で急な資金需要が発生した場合は、売掛金を活用する2社間ファクタリングをご利用になってみてはいかがでしょうか?

本稿では、沖縄県の事業者様にご利用をおすすめする優良なファクタリング会社をご紹介いたします。

沖縄県のファクタリング会社の選び方

ファクタリングは銀行融資を受けることができない、数日以内に資金調達が必要といった沖縄の事業者の方にたいへん有効な資金調達方法です。

現在のところ、沖縄県を拠点として2社間ファクタリングを提供している業者は存在しないため、主に福岡県のファクタリング会社への依頼が主となるでしょう。

ファクタリング会社を選ぶ際のポイントは次のとおりです。

ファクタリング会社選びのポイント
  • 審査の柔軟性(審査の可決率)
  • 資金調達までのスピード
  • 良心的な手数料
  • 高い信頼性がある

審査の柔軟性(審査の可決率)

ファクタリングを利用して確実に資金調達を成功させるためには、審査で重視されるポイントを知る必要があります。

融資では利用者の返済能力や事業規模が重視されますが、ファクタリングでは買取対象となる売掛金の信用力や支払サイト、過去の取引履歴が良好かどうかが重視されます。

したがって、申し込みの際には支払い前の売掛金が確かに存在すること、売掛先と安定した取引履歴があることを証明する請求書や銀行通帳などの書類が必要となります。

信用力の高い売掛金と良好な取引履歴、それらを証明する書類があれば、基本的にはファクタリングの審査に通過することは難しくありません。

ただしファクタリング会社の中には、「個人事業主の方の利用NG」や「年商○○万円以上」「買取対象の売掛金○○万円以上」といった条件を設定しているところもあるため、事前の確認が必要です。

資金調達までのスピード

通常、売掛金は取引発生月の翌月、翌々月が支払期日となっています。売掛金の支払サイトが長いために、何度も資金繰りが窮地に陥ったという小規模法人の方は少なくありません。

2社間ファクタリング最大のメリットは、売掛先への通知や承諾が不要で、なおかつ最短即日資金調達が可能なことです。

「取引先から入金を先延ばしにされてしまった」「大型受注を獲得するために外注費の確保が必要」といった急な資金需要が発生しても柔軟に対応できます。

ただし、即日で入金してもらうためにはあらかじめ必要書類を揃えておく必要があるため、事前に問い合わせるなどして確認しておきましょう。

良心的な手数料

2社間ファクタリングの手数料は、売掛金の額面に対し10%~15%がおおよその相場です。

たとえば500万円の売掛金を買い取ってもらう場合、手数料15%425万円を調達するのと、手数料10%400万円を調達するのとでは、使える現金に25万円もの差額が出ます。従業員1人分の月給に相当する額と考えれば、ファクタリング会社選びで手数料がいかに大事な要素かおわかりいただけるでしょう。

ファクタリングの手数料を抑えるためには、次のことを証明する必要があります。

  1. 売掛先の信用力が高い
  2. 買取債権額が大きい
  3. 売掛金の支払い期日が短い
  4. 良好な取引履歴がある

ファクタリングを利用する場合は必ず複数の業者に見積もりを依頼し、許容できる範囲の手数料を提示したファクタリング会社と契約することをおすすめします。

高い信頼性がある

ファクタリングは銀行のように開業のために許可や資格が不要で、利息制限法のように手数料に制限をかける法律もありません。

したがって、相場よりもはるかに高額な手数料を設定していたり、利息違約金といった本来ファクタリングにはあり得ないお金を要求したりする業者もいるようです。

大切な資産である売掛金は、利用者の資金繰りの改善に責任を持ち、信頼できる確かな実績を持つファクタリング会社に買い取ってもらいましょう。

ファクタリング会社の実績や評判は、公式ホームページや口コミサイトなどで確認できます。

沖縄県の方が即日資金調達するためのポイント

沖縄県の事業者様がファクタリングで即日資金調達を希望するのであれば以下のポイントを意識して準備しましょう。

  • 2社間ファクタリングを選択する
  • オンライン完結型のファクタリング会社を選択する
  • 優良企業に対する売掛債権を売却する
  • サイトが短い売掛債権を売却する
  • 取引歴が長い企業に対する売掛債権を売却する
  • 必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶ

ファクタリング会社や売却する売掛債権の選定などが重要になります。

沖縄県の方が即日資金調達するポイントについて詳しく解説していきます。

2社間ファクタリングを選択する

ファクタリングには契約当事者の違いで2社間ファクタリングと3社間ファクタリングという2種類のファクタリングが存在します。

契約当事者 売掛先企業への通知 入金スピード 手数料
2社間ファクタリング 利用者
ファクタリング会社
なし 最短即日 5%〜20%程度
3社間ファクタリング 利用者
ファクタリング会社
売掛先企業
あり 数日〜2週間程度 1%〜5%程度

3社間ファクタリングは手数料が低いですが、売掛先企業の同意やファクタリング会社と売掛先企業との契約が必要になります。

そのため入金までに時間がかかることはもちろん、契約に対面が必要になることも多いため、沖縄県の事業者様のように近くにファクタリング会社の店舗がない場合には、対面で契約することは現実的ではないため、2社間ファクタリングを選択し、非対面で契約しましょう。

オンライン完結型のファクタリング会社を選択する

沖縄県には主要ファクタリング会社の店舗がありません。

福岡であれば店舗を構えているファクタリング会社は多いですが、沖縄から福岡へ行くだけでも、大変な時間と費用がかかります。

ファクタリング会社の店舗へ簡単に訪問できない沖縄県の事業者様はオンライン完結型のファクタリング会社を選ぶのがよいでしょう。

オンライン完結型のファクタリング会社であれば、日本国内の事業者様であればどこに会社を構えていようとも、簡単に申込と契約が可能です。

沖縄県の事業者様でも最短即日で資金調達できるため、店舗型のファクタリング会社ではなく、オンライン完結型のファクタリング会社を選択するのがおすすめです。

優良企業に対する売掛債権を売却する

複数の売掛債権を抱えているのであれば、できる限り優良な売掛債権を売却しましょう。

ファクタリングは売掛債権を万が一回収できなかった場合に、売掛債権の回収リスクをファクタリング会社が負わなければなりません。

回収不能になったときに、売掛先企業が首都圏近郊の事業者であればファクタリング会社はすぐに回収作業ができるため、ファクタリング会社の店舗近くの売掛先企業の方が審査に通過しやすい傾向があります。

しかし、売掛先企業が沖縄の場合、万が一回収不能になったとしても、ファクタリング会社が回収するのは困難ですので、規模が小さな売掛先企業の場合は審査で不利になる可能性があります。

できる限り規模が大きく業績良好の売掛債権の方が審査には通過しやすくなるため、売却する売掛債権は信用度の高いものとしてください。

サイトが短い売掛債権を売却する

入金サイトが短い売掛債権を売却しましょう。

入金サイトとは入金期日までの期間のことで、期間が長くなればなるほど審査では不利になります。

期日になるまでに経営状態が悪化するリスクが高まりますし、それほど長い期間を設定している時点で資金繰りが良好とはいえないためです。

沖縄の事業者様は売掛先企業に対して首都圏の売掛先よりも厳しい目線で見られる可能性があるため、ファクタリング会社にとってリスクの低い、サイトが短い売掛債権を売却しましょう

取引歴が長い企業に対する売掛債権を売却する

取引歴が長い企業に対する売掛債権を売却しましょう。

これまで長い期間の取引があり、支払いに遅れたことがない取引先に対する売掛債権であれば、ファクタリング会社は「今回も期日通りに入金するだろう」と判断する可能性が高くなります。

一方、取引歴が浅い企業や初めて取引する企業に対する売掛債権の場合は、「期日を守るかわからない」と懸念を持たれてしまうため審査では不利になります。

特にファクタリング会社にとって回収が難しい沖縄県の事業者は、審査でより厳しい目線で見られる可能性が高いため、複数の売掛債権を保有しているのであれば、最も取引歴が長く支払遅れのない売掛先に対する売掛債権を売却しましょう

必要書類が少ないファクタリング会社を選ぶ

可能な限り必要書類が少ないファクタリング会社を選択することも重要です。

沖縄県の事業者様はオンライン完結のファクタリング会社を選択するのが基本です。

そして、オンラインの場合には書類をPDF化した上で提出しなければなりません。

書類の用意にも時間がかかりますし、書類のアップロードも書類が多いと時間がかかります。

スムーズに申し込みを完了させて審査に通過したいのであれば、できる限り必要書類の少ないファクタリング会社を選択しましょう。

沖縄県の事業者様におすすめのファクタリング会社

沖縄県の事業者様は、近くには店舗型のファクタリング会社がないため、次のようなオンライン完結型のファクタリング会社を利用するのがおすすめです。

  • OLTA
  • ラボル
  • ペイトナーファクタリング
  • PAYTODAY
  • ビートレーディング
  • フリーナンス
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • 電子請求書早払い
  • アクセルファクター
  • トップマネジメント

ファクタリング会社の中には悪徳業者や違法業者も混じっていますが、これらのファクタリング会社であれば安心して利用できる点も大きな特徴です。

沖縄県の事業者様におすすめのファクタリング会社について詳しくご紹介していきます。

OLTA

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 2%〜9%
入金スピード 最短即日
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://www.olta.co.jp/

OLTAは日本で最初にオンライン完結型のファクタリングの取り扱いを始めたとして非常に有名なファクタリング会社です。

申込から入金まですべてオンライン上で完結し、請求書をアップロードしてから24時間以内に審査の回答があり、そのまま最短即日で入金されます。

会社や自宅から一歩も出ることなくファクタリングの手続きが完了するため、沖縄の事業者様でも問題なくファクタリングで資金調達できるでしょう。

店舗を持たない効率的な運営をおこなっていため、上限手数料は9.0%と業界最低水準です。

オンライン完結ファクタリングという当時としては画期的なスタートアップとして注目を集め、数々の大手企業やベンチャーキャピタルから出資を受け、今や資本金は44億円を超える巨大企業です。

全国の金融機関と提携し、銀行などの顧客にもファクタリングを販売しています。

大手企業や銀行が出資や提携するほどの企業ですので、OLTAは信頼性という点も高く評価できるファクタリング会社です。

ラボル

labol(ラボル)

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 10%
入金スピード 最短60分
買取限度額 1万円〜上限なし
公式サイトURL https://labol.co.jp/

ラボルも顧客向けの店舗を持たないオンライン完結型のファクタリング会社です。

申込から入金まで全てオンライン上で完結するので、沖縄県の事業者様も東京などの企業と同じスピードで資金調達できます。

ラボルは対応力が非常に優れており、24時間365日、最短60分入金に対応という大きな特徴をもっています。

オンライン完結ファクタリングといっても基本的にはどこのファクタリング会社もファクタリング会社の営業時間内である平日の9時〜19時程度までしか入金に対応していません。

ところがラボルは24時間365日入金に対応しているため、土日祝日や夜間などに緊急で資金が必要になった際に活用できます。

非常に貴重な資金調達手段ですので、いざというときのためにアカウント作成だけおこなっておいてもよいでしょう。

手数料は10%固定で安心ですし、1万円から利用できるため売上規模の小さな事業者の方も活用できるでしょう。

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリング

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 10%
入金スピード 最短10分
買取限度額 〜100万円
(初回25万円迄から徐々に拡大)
公式サイトURL https://paytner.co.jp/factoring

ペイトナーファクタリングは入金スピードに最も優れたオンライン完結型のファクタリング会社です。

あらかじめアカウントを作成しておけば最短10分で資金調達できます。

オンライン上で請求書をアップロードすれば最短10分で審査結果が届き、そのまま登録してある口座へ手数料を控除した買取代金が振り込まれます。沖縄県の事業者様も最短10分で資金調達できる点は非常に大きな魅力だといえます。

利用限度額は100万円で初回は25万円までしか利用できないため、売上規模の小さな個人事業主やフリーランスの方が「すぐに数万円のお金を用意しなければならない」という場面で活用できるでしょう。

手数料は10%固定で安心ですし、数々の大手企業と提携して出資も受けているため運営会社は高い信頼性を誇っています。

また、ペイトナーファクタリングは個人事業主に対する売掛債権の買取に対応している唯一の主要ファクタリング会社です。

個人事業主やフリーランス相手にビジネスれている方は、ペイトナーファクタリングであればファクタリングを利用できるため活用しましょう。

PAYTODAY

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 1%〜9.5%
入金スピード 最短30分
買取限度額 10万円〜上限なし
公式サイトURL https://paytoday.jp/

オンライン完結型のファクタリング会社の中でも手数料が低く、スピードが速いファクタリング会社がPAYTODAYです。

審査がシステム化されており、時間がかからないため、沖縄県の事業者様も最短15分で審査が完了し最短30分で入金を受けられます。審査時間がとにかく速いため「いくら調達できるか早く知りたい」という方にはおすすめです。

手数料の上限9.5%は業界最低水準で、リスクの低い売掛債権がであればさらに低い手数料が適用される可能性も十分にあります。

比較的新しいサービスですが、開始から1年半で累計取扱額は50億円を突破し、今は100億円も超えています。

多くの人が利用するサービスですので、初めてファクタリングを利用する沖縄県の事業者様も安心して申し込めるでしょう。

ビートレーディング

取り扱いサービス 2社間
3社間
契約方式 対面・オンライン
手数料 2社間:4%~12%
3社間:2%~9%
入金スピード 最短2時間
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://betrading.jp/

ビートレーディングは日本全国に対応している独立系のファクタリング会社です。

店舗型のファクタリング会社ですので、基本的には来店が必要です。福岡にも支店を構えているため、もしも来店できるのであれば店頭で契約できます。

なおビートレーディングはオンライン契約にも力を入れているので、沖縄県の事業者様はオンライン契約を利用するのがよいでしょう、オンラインであれば最短2時間で資金調達できます。

契約手続は弁護士ドットコム監修のクラウドサインでおこない、顧客情報はSalesforceで管理するため、セキュリティにもかなり力を入れています。

また、とにかく担当者の専門性が高く、審査では財務コンサルティングを受けられるため、短期的な資金調達だけでなく、長期の資金繰り改善を図りたいと考える方にはおすすめです。

累計買取実績1,170億円、取引社数5.2万社を超えており、業界トップレベルの実績を誇ります。

オンラインでも店頭と同じようなレベルサポートを受けられるため、沖縄県の事業者様の中で、担当者と信頼関係を築いてファクタリングを利用したいと考える方におすすめです。

フリーナンス

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 2%〜10%
入金スピード 最短即日
買取限度額 〜1,000万円
公式サイトURL https://freenance.net/

フリーナンスはGMOグリープのGMOクリエイターズネットワークが運営する個人事業主やフリーランス向けのサービスです。

沖縄県で事業を営む個人事業主やフリーランスの方の仕事に役立つさまざまなサービスを提供しており、サービスの1つとして2社間ファクタリングサービスの「即日払い」を提供しています。

フリーナンス「即日払い」はあらかじめアカウントを作成しておけば最短30分で審査結果が届き、そのまま即日入金を受けられます

日本全国どこにいてもオンライン完結で資金調達できるため、沖縄県の事業者様が急いで資金が必要なときにも活用できます。手数料は上限10%と2社間ファクタリングとしては低めですが、利用回数を重ねると信用度が向上するので、さらに低い手数料で利用できる可能性があります。

なお、フリーナンスはアカウントを作成すると、即日払い以外にも以下のようなサービスを受けられます。

あんしん補償 業務上生じた賠償責任を補償
フリーナンス口座 個人名ではなく屋号やペンネームで口座作成できる
バーチャルオフィス 月額780円で銀座と福岡のバーチャルオフィスを利用可能

仕事のミスなどで損害賠償が発生しても、あんしん補償があれば、保険金から高額な賠償金を賄えます。

また、個人事業主やフリーランスは原則的に屋号でなければ口座を作成できません。

しかしフリーナンスであれば屋号やペンネームで口座を作成できるため、対外的な信用度向上につながります。ファクタリング以外にもメリットのあるサービスが多いため、個人事業主やフリーランスの方はアカウント作成を検討してみるとよいでしょう。

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構online

取り扱いサービス 2社間・3社間
契約方式 対面・オンライン
手数料 1.5%〜10%
入金スピード 最短3時間
買取限度額 下限・上限なし
公式サイトURL https://chushokigyo-support.or.jp/scomplete/

日本中小企業金融サポート機構はファクタリングとコンサル業をおこなう会社です。

コンサルティング業務にかなり力を入れており、中小企業支援の専門家として国が認定している認定経営革新等支援機関です。

国が認定している団体ですので、安心できるのはもちろん、高い専門性を誇っているため、ファクタリングだけでなく、財務改善や資金繰り改善、また事業承継やM&Aなども期待できます。

以前は対面か郵送でしか契約できませんでしたが、今は日本中小企業金融サポート機構onlineというサービスも開始しており、申込から入金まで最短3時間で完結します。沖縄県の事業者の方も最短3時間で資金調達が可能です。

また、日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人という非常に珍しい法人形態です。

一般社団法人は非営利団体ですので、日本中小企業金融サポート機構のファクタリングは手数料が低く設定されるケースが多いようです。

高い専門性を誇るファクタリング会社から低コストで資金調達したい沖縄県の事業者様にはおすすめです。

電子請求書早払い

電子請求書早払い

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 1%〜6%
入金スピード 最短2営業日
買取限度額 〜1億円
公式サイトURL https://www.infomart.co.jp/hayabarai/index.asp

電子請求書早払いは2社間ファクタリングの中では最も手数料が低いファクタリングサービスです。

申込から入金まで完全オンライン完結ですので、沖縄県の事業者様も業界最低の上限6%の低い手数料でファクタリングを利用できます。

運営しているのはインフォマートとGMOペイメントゲートウェイという2つの東証プライム上場企業です。

上場企業2社が運営するサービスですので信頼度も圧倒的だといえます。

手数料が低い分、審査は時間をかけて厳格におこなうため、申込から入金までは最短2営業日かかり、初回利用時は5営業日も必要になります。時間的に余裕をもって利用しましょう。

また、利用できるのは法人のみで、個人事業主やフリーランスは利用できません。

沖縄県の法人におすすめのファクタリングサービスです。

トップマネジメント

トップマネジメント

取り扱いサービス 2社間・3社間・注文書
契約方式 対面・オンライン
手数料 2社間ファクタリング:3.5%~12.5%
3社間ファクタリング:0.5%〜3.5%
注文書ファクタリング:3.5%~12.5%
ゼロファク:3.5%~12.5%
電ファク:1.8%~8.0%
入金スピード 最短即日
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://top-management.co.jp/

トップマネジメントは取り扱っているファクタリングの種類が多くファクタリングに対する専門性が非常に高いファクタリングサービスです。

基本は対面契約が必要ですが、オンライン契約にも力を入れているため、沖縄県の事業者様もオンライン契約で資金調達が可能です。

通常の請求書買取ファクタリングだけでなく、以下のようなファクタリングも取り扱っています。

  • 注文書ファクタリング:売掛先から受注した際の注文書を売掛債権とみなして買い取る
  • ゼロファク:補助金申請をサポート、つなぎ資金を補助金交付決定をファクタリングすることで提供
  • 電ふぁく:2.5社間ファクタリングで売掛先に知られずに低い手数料で資金調達

注文書ファクタリングは受注段階で受注金額を調達できるため、高額な受注があったときの増加運転資金の調達が可能です。

また、電ふぁくは売掛先からの入金口座をトップマネジメントが管理できる利用者名義の口座に指定することで、売掛先に知られずに上限8%という非常に低い手数料で資金調達できるのはメリットです。

累計取引社数5.5万社、創業15年、東京商工会議所会員と、ファクタリング会社としては実績と信頼が高いため安心して取引できます。

アクセルファクター

アクセルファクター

取り扱いサービス 2社間・3社間
契約方式 対面・オンライン
手数料 ~100万円:10%~
101~500万円:5%~
501~1000万円:2%~
1001万円以上:別途相談
入金スピード 最短即日
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターは店舗型のファクタリング会社ですが、オンライン契約にも力を入れておりホームページには「利用者の半数が即日資金調達」と記載されています、

そのため沖縄県の方も申込日当日に資金調達できる可能性が高いでしょう。

また、国が指定する認定経営革新等支援機関でもあるため、経営改善などのコンサルティングを受けることも可能です。

利用者の評判が高く「担当者の対応がよかった」という口コミも多いので、担当者の信頼性や対応のよさを重視したい方におすすめのファクタリング会社です。

買取金額には下限がないため、売上規模の小さな個人事業主やフリーランスの方から、規模の大きな法人まで幅広く利用できるでしょう。

沖縄県の事業者がファクタリング会社を選ぶ際の注意点

沖縄県の事業者の方がファクタリング会社を選ぶ際には以下の5つの点に注意しましょう。

  • 業者の安全性
  • 希望額を調達できるか
  • 必要なタイミングで資金が間に合うか
  • 会社まで訪問してくれるか
  • 長期的な資金繰りも検討する

沖縄という立地上、入金になるタイミングには十分注意するとともに、業者の安全性や長期的な資金繰りについても十分考慮しましょう。

沖縄の事業者の方がファクタリング会社を選ぶ際の5つの注意点を解説していきます。

業者の安全性

ファクタリング会社を選択する際には業者の安全性についてしっかりと検討することが最も重要です。

ファクタリングには詳細な業務内容を取り決めたいわゆる業法や、登録や許認可制度がないため、どのような業者も参入でき手数料も自由に決められます。

そのため、法外な手数料を設定する悪徳業者は、実質的な貸付を行う闇金などが混在しています。

金融庁もファクタリングの業者選びについては強く注意喚起をおこなっているため、業者選びはくれぐれも慎重におこなってください。

ファクタリングを装った高金利の貸付けを行うヤミ金融業者の存在が確認されています。また、ファクタリングとして行われる取引であっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものは、貸金業に該当するおそれがあります。
事業者の皆様におかれては、こうした偽装ファクタリングを利用することのないよう、十分注意してください。
引用:金融庁|ファクタリングの利用に関する注意喚起

基本的には以下の3点を意識して業者を選択しましょう。

  • 手数料が相場の範囲内
  • 償還請求権がない
  • 口コミや評判に問題がない

また、安全な業者はわからない場合には、複数の業者へ同時に申し込み、相見積もりをとるようにしましょう。

希望額を調達できるか

ファクタリング業者選びについては希望額を調達できるかどうかも重要です。

ファクタリング会社によって買取金額の上限と下限が設定されている場合があるためです。

例えばペイトナーファクタリングであれば、100万円(初回は25万円)までしか買い取りを実施していないため、100万円を超える資金調達をおこなうのは不可能です。

また、PAYTODAYは10万円以上からの買取となっているため、10万円未満の資金調達はできません。

このように業者によって買取可能額が異なるため、自社が希望する金額の買取に対応しているかどうかも必ず確認してください。

必要なタイミングで資金が間に合うか

資金が必要なタイミングに間に合うかどうかも確認しましょう。

沖縄の事業者様はオンラインで契約するのが一般的です。

そしてオンライン完結のファクタリング会社の中には「最短即日」と謳っていながら、実際には入金までに数日かかるケースも少なくありません。

急いで資金が必要な場合には、ネットの口コミなどを参考に「本当に当時中に入金になるか」を確認しましょう。

なお、繁忙期などは入金が遅くなるケースも多いため、できる限り時間的な余裕をもって申し込みをするようにしてください。

対面契約を希望する場合に会社まで訪問してくれるか

沖縄県の事業者様で対面契約が希望する場合には、この点が最も重要になります。

ファクタリングのようなお金のやり取りに関しては、「相手と顔を合わせて取引したい」と希望する方も少なくありません。

しかし沖縄の事業者様の場合には、対面契約のために東京や福岡のオフィスまで訪問するのは非常に大変です。

そのため、対面契約を希望する場合には、沖縄の会社まで訪問してくれるファクタリング会社を選択しましょう。

なお、沖縄のような遠方へ出張買取を希望する場合には、交通費を別途請求されることは多いため、ある程度まとまった金額の買取を依頼する場合に出張を依頼した方がよいでしょう。

弊社、ベストファクターは沖縄県の事業者様に対しても出張買取を実施しておりますので、お気軽にお申し付けください。

長期的な資金繰りも検討する

ファクタリングを利用する際には、必ず長期的な資金繰りについても検討してください。

ファクタリングは将来の入金期日になれば入金になる予定のお金を前倒しで受け取っているだけですので、本質的に資金繰りが改善されるわけではありません

そのため先のことを考えずに安易にファクタリングを利用すると、当初の入金期日になったときに「お金が足りない」ということになる可能性が十分にあります。

将来お金が足りなくなれば、再びファクタリングを利用し、再度お金が足りなくなりファクタリングを利用する・・という悪循環に陥ってしまう可能性があります。

ファクタリングの手数料は高額ですので、無計画に安易に利用を続けるべきではありません

ファクタリングでは本質的に資金繰りは改善しません

ファクタリングで資金調達している間に、銀行から長期借入金を借りるか、経営改善をするなど本質的な解決方法を図る必要があります。

お金が足りなからといって無計画に利用するのではなく、長期的にはどのように資金繰りを改善していくのか計画を立てたうえで、ファクタリングを利用しましょう

ファクタリングは緊急時にお金が必要になった際に短期的に活用してください。

ベストファクターは沖縄県のお客様にも即日対応

初めてファクタリングを利用する際は、ご紹介したファクタリング会社選びのポイントを踏まえ、複数の会社に見積もりを依頼しましょう。

各ファクタリング会社のホームページでは、事前に調達できる金額、債権の買取可否などを診断できるシミュレーターも利用できます。

私どもベストファクターは全国出張対応で、沖縄県の中小企業・個人事業主の方の資金調達もサポートしております。

当社の2社間ファクタリングは30万円からの小口対応、業界最低水準の手数料2%~最短即日入金で多くの利用者の方にご好評いただいております。

さらに、当社をご利用いただいたお客様には、資金繰り改善をサポートする「財務コンサルティングサービス」も提供しております。

まずはメールやお電話でお気軽にご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

インタビュー記事

interview article

インタビュー記事

請求書を最大98%買取ります
img
logo A社 B社
手数料 2〜20%
売掛金300万円の場合
振込金額240〜294万
15〜30%
売掛金300万円の場合
振込金額210〜255万
7〜25%
売掛金300万円の場合
振込金額225〜279万
申込方法 電話、WEB、出張訪問申込 来店申込 オンライン申込
審査通過率 92.25% 70% 40%
振込までの日数 最短当日 最短翌日 最短4日
ファクタリング
利用額
30万円以上の売掛金が必要 50万円以上の売掛金が必要 200万円以上の売掛金が必要
審査時の
必要書類
  • 身分証明書
  • 入出金の通帳
  • (WEB通帳含む)
  • 請求書
  • 見積書
  • 決算書
  • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
  • 売掛先との契約書類
  • 発注書、納品書、請求書など
  • 身分証明書
  • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
  • 決算書(税務申告済の押印必須)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛債権の因果資料
  • 入出金の確認事項
コメント 柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。 審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。 銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
お電話でのお問い合わせ

img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

無料相談はこちらから

お問い合わせ