ファクタリング手数料を安く抑える売掛金の種類と条件

ファクタリングの手数料を安く抑える売掛金の種類と条件をご紹介します。

ファクタリングによってどれだけの資金を調達できるかは、売掛金の額面買い取り額との差額である手数料によって決まります。

一般的には3社間のほうが2社間よりも手数料は低く設定されていますが、売掛金の売却事実を売掛先に通知する義務があるため、信用不安を避けたい中小企業のお客様には2社間ファクタリングをご提案させていただいております。

今回はファクタリング手数料に影響を与える売掛金の条件にフォーカスし、手数料を安く抑える要素は何なのかなど、ファクタリングによる資金調達の重要なポイントを、私どもベストファクターが主として提供している2社間ファクタリングを中心に解説していきます。

ファクタリングの審査は売掛先の信用情報を重視

2社間ファクタリングは、売掛先に売掛金の売却事実を知られないことと、資金調達のスピードの早さがメリットとして注目されますが、もうひとつ、償還請求権なし(ノンリコース)契約という特徴があります。

ノンリコースとは、支払いの義務がないということです。

2社間ファクタリングをご利用いただいた場合、ファクタリング会社がお客様より買い取らせていただく売掛金の支払いは売掛先が行うことになります。

ノンリコース契約の場合、売掛先が倒産するなど債務不履行を起こして売掛金の譲渡代金を回収できない場合は、そのままファクタリング会社の損失となりますが、お客様には代金の支払い義務が生じません。

その未回収リスクを含めてファクタリング会社は買い取りを行うため、審査の際は売掛先の企業の信用情報が重要視されるのです。

手数料を安く抑える売掛金の条件

ここからは、2社間ファクタリングで手数料を安く抑える売掛金の条件について詳しく見ていきましょう。

2回目以降の取引である

2社間ファクタリングの場合、初回のお取引ではどうしても売掛先の企業の信用調査に費用がかかりますが、2回目以降はそれらの手間と費用が省かれます。

また初回の取引で遅延なく売掛金が回収できた場合には、ファクタリング会社がリスクを避けられると判断できるため、手数料を安く抑えられる傾向にあります。

したがって、資金調達方法としてファクタリングを有効活用するのであれば、信頼が置けて手数料の相談も受け付けてくれるファクタリング会社を見つけ、長く付き合っていくことが重要です。

複数のファクタリング会社を利用することは、売掛債権の二重譲渡になってしまうリスクもあるため、あまりおすすめできません。

私どもベストファクターはWEBからの無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

大手企業や国、地方自治体に対しての売掛金である

小規模な会社であっても売掛先が大手企業であったり、また個人開業医や調剤薬局、介護施設などは売掛先が国、地方自治体の機関であったりすると、手数料は低く抑えられる傾向にあります。

取引先が国や自治体の場合は、国や地方自治体にお金を貸しているのと同じようなことと考えられるため、貸し倒れリスクはほとんどありません。

たとえば病院が持っている診療報酬債権は、サービスの提供日と報酬を受け取る日までに、最大で2か月半ほどのタイムラグが生じます。

診療報酬の支払い元は保険を審査・支払いする国の機関であるため、倒産や未払いが発生することは考えにくく、回収リスクが低い分、ファクタリングの手数料を抑えられるというメリットを享受できるのです。

これら倒産や廃業の可能性が極めて低く、ファクタリング会社の回収リスクも低い売掛金は「買取額が高め=手数料が低め」に設定されます。

手数料を安く抑えるポイント

手数料を安く抑える売掛金の条件について解説させていただきましたが、売掛先の与信だけが手数料を左右するわけではありません。

ここからはさらに手数料を安く抑えるポイントについてご紹介します。

評判の悪い、実績の少ないファクタリング会社を利用しない

日本では銀行融資やビジネスローンに比べ、ファクタリングが資金調達方法として普及しているとは言い難い状況です。

そのため参入障壁も低く、ファクタリング会社の中には悪徳な業者が紛れ込んでいる可能性も否定できません。

過去にはファクタリング会社を装った闇金業者が摘発された事件がニュースにもなっています。

参考:https://www.sankei.com/west/news/170523/wst1705230092-n1.html

審査段階では非常に低い手数料を提示しておきながら、後から「保証料」や「手付金」などの名目で売掛金の買取額を差し引く悪徳業者の手口も報告されています。

手数料以前の問題として、優良なファクタリング会社を選ぶためにも、複数の業者に見積もりを依頼するなどして、自社にとってベストな相手を見極めましょう。

積極的に交渉する

買い取り額を左右することとして取引先の与信が重要視されるものの、場合によってはお客様が取引先の企業とどういった関係にあるのかというのをしっかりと説明できることもまた重要です。

たとえば大手企業との取引があったとしても、取引歴が1ヶ月程度しかない場合はほとんど効力を持ちません。

逆にさほど有名でない会社でも10年以上の取引歴があり、毎月同じだけの売掛金があって遅延なく入金されているという実績があれば、ファクタリング会社はその売掛金を高く評価します。

こうしたファクタリング会社の裏事情を念頭に交渉することで、手数料を抑えることができる可能性があります。

まとめ

2社間ファクタリングは売掛先の企業の与信が手数料を左右するものの、それが全てではありません。

ファクタリング会社とお客様のお付き合いも、人と人との信頼関係で成り立ちます。

私たちベストファクターは、お客様のお人柄を重視しております。

ファクタリングのみならず、さまざまな資金調達のご紹介や財政コンサルティングにより、お客様の会社の資金の円滑化に責任を持ちます。

ぜひお気軽にご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングで資金調達
他社との手数料比較表
他社との手数料比較表最低2%
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取
お問い合わせ
インタビュー記事一覧