元請け入金がない資金が必要

元請けから入金がなく、取引先への支払いや給与の支給ができないときに最適な資金調達方法が、ファクタリングです。

私たちのお客様にもいらっしゃいますが、下請け企業にとって、元請けから予定していた入金が支払われない事態が生じると、特に、一人親方や小規模に事業を営まれている方にとっては、必要な支払いができないという事態にも繋がります。

支払いの原資がなければ、材料などを仕入れていた他の取引先への支払いや、また従業員の給与の支給などができません。
こうして、事業継続の死活問題となることもあるのです。

企業の運転資金が不足する事態を打開するためには、速やかな対処が必要です。なかでも売掛金を現金化するファクタリングは有効な方法です。

ファクタリングで資金調達
ファクタリングは最短即日の資金調達が可能です。
元請けからの支払いを当てにしていた今日の支払いを賄うことができます

本記事ではファクタリングの特徴と、他の資金調達方法との違いについて解説していきます。

元請けから入金されない=資金繰りの悪化

元請けから入金されないことは、必要な支払いができないことにつながります。このため、速やかな対応が必要です。

給与が払えない

企業の大きな支出の代表的な項目に、人件費があります。この大部分は、従業員に対する給与が占めています。

このため元請けから入金されないことは、従業員への給与の支払いに支障をきたすことにつながります。

税金、諸費用が払えない

元請けから入金されないと、税金の支払いにも影響が出ます。

税金は支払いから逃れられない支出項目ですが、滞納しても先に督促などの手続きが行われます。

そのため、もし支払い期日を過ぎていても実際の支払いまでは日数を稼くことができます。

一方で、お金がなければ、オフィスの光熱費も支払えません。

さらに業界団体などに所属している場合は、会費など諸費用の支払いにも支障をきたす可能性があります。

材料費や下請代金など、取引先への支払いが滞る

多くの企業は、運営に必要な物品や材料を購入する際、掛け買いを利用することが一般的です。

また元請けから受注した仕事を他社に外注している場合は、下請代金の支払いも発生します。

元請けから入金されない場合、これらの代金も支払えません。このため、企業の信用に重大な悪影響を及ぼすおそれがあります。

借入金の返済ができない

すでに金融機関から借入をしている企業の場合は、元請けから入金されないことにより、借入金の返済もできなくなります。

このため銀行に対してリスケジュールを交渉するなど、返済計画の見直しを迫られる場合もあります。

また銀行からの評価も下がり、今後の融資にも影響が出るおそれがあります。もちろん、交渉に当てる無駄な時間がかかります。

さらに延滞が度重なる場合は、借入金の一括返済を求められる可能性もあります。

元請けからの未入金が頻発する理由とその対策

元請けから入金されないことは、下請け企業の存続に関わる重大な問題です。

下請けは元請けから仕事をもらう立場

そもそも元請け企業と下請け企業は、上下関係にあります。

下請けは仕事をもらう立場のため、事態が悪化するまでなかなか強く入金を催促できません。

下請け企業が強く入金を催促すると、「下請けのくせに我々に文句を言うとは何事だ」などと思われ、新たな仕事を受注できなくなるかもしれません。

また、地元の先輩後輩の関係をそのまま引き継いで、それぞれに会社営業しているケースもあります。

このため、さらに元請けに強く入金を催促しづらいということもあるのです。

元請けから支払額の減額を迫られる場合もある

元請けから作業の瑕疵などを一方的に責められ、支払額の減額を迫られる場合もあります。

下請け企業側に責任がない限りこのような要求に応じる必要はないため、弁護士などに相談することで全額回収ができるケースが多いです。

請負契約
判例では、請負契約の支払いについて、瑕疵を減額することは認められていません。
つまり、瑕疵の修補作業まで含んだ請負契約額ということです。

しかし、運転資金の確保を急ぐ場合は、泣く泣く減額要求に応じざるを得ない場合もあります。

多重請負や偽装請負に該当する場合もある

建設業などは5次請けなど、多重請負の構造が常態化しています。また実態が労働者派遣である偽装請負も後を絶ちません。

このため、自社は何次請けなのかや、発注者から自社までの間にどの業者が関与しているか、また、契約内容と作業工程についてはしっかりと確認しておくことが大切です。

もし多重請負や偽装請負がある場合は、以下の方法により支払いを求めることもできます。

  • 所轄官庁に法令違反の事実申告を行う姿勢を見せて、元請に対して支払いを求める
  • 所轄官庁に申告することにより、自社の従業員に関する賃金相当分の支払いをするよう、元請け業者に対して勧告を出してもらうことができる

但し、上記の方法は支払いまで時間がかかる場合がありますから、速やかな資金調達には間に合わない可能性もあります。

元請けからの未入金には、ファクタリングの利用が有効

元請けから入金されない非常事態を打開するためには、ファクタリングの利用が有効です。ここではファクタリングのメリットを解説します。

ファクタリングとは、ファクタリング会社に売掛金を売却して現金を調達する事をいいます。

元請けの売掛金を売却することで未入金の問題を解決できます。

売掛金があれば速やかな現金化が可能

ファクタリングは未入金の売上があれば、その売掛金を即日現金化できることが特徴です。

いつ支払ってくれるかわからない元請けの入金を待たなくても、最短当日に指定口座へ振り込まれます。

また、売掛先である元請けに知られることなく、経営に必要な運転資金を確保できることがメリットです。

返済の必要がない

ファクタリングは売掛金という債権(資産)を、現金や預金といった資産に換える行為です。

資産を売却して資産を得る、つまり商品を売って現金を得るということと同じです。

従って借入金ではありませんから、返済の必要がありません。

もちろん利息はつかないため、返済期間1年超を見込む融資の金利よりも、ファクタリングの手数料メリットがあります。

償還請求権がないファクタリングを選ぶ

ファクタリングは融資ではありませんから、受け取った資金を返済する必要はないことが原則です。

但し償還請求権ありのファクタリングの場合は事情が異なり、売掛金が入金されない場合はファクタリング利用会社に対して、支払い済みの金額を返すように求められる可能性があります。

償還請求権があっても「売掛金が支払われたら払います」でOKになる場合もありますが、このようなトラブルを未然に防止するためには、償還請求権なしのファクタリングを選ぶことが大切です。

他の資金調達方法との比較

企業の資金調達にはファクタリングの他にも、いくつかの方法があります。

ここでは売掛金の未入金に対処するために利用される、他の資金調達方法との比較をしていきます。

金融機関から融資を受ける

事業資金に困った場合、金融機関から融資を受けることはよく検討される方法です。しかしお金に困っているときほど、金融機関からの融資は受けにくいものです。

金融機関も融資の際、返済可能かどうか審査を行います。
このため、設備投資や事業拡大などの理由であれば融資は受けやすいものです。

一方で売掛金が入金されないなど資金繰りが理由の場合は、融資を断られる場合もあります。

また金融機関からの融資はファクタリングと異なり、企業の負債となります。負債の増加により、外部からは企業経営の悪化とみなされる場合もあります。

下請債権保全支援事業は利用できるか

建設業の場合は、下請債権保全支援事業という制度があります。

下請債権保全支援事業
下請債権保全支援事業は売掛金が支払われない場合に、建設業振興基金からファクタリング会社に対して、工事代金等の75%を代わりに支払う制度です。
※保証料には国から1/2相当(年1.5%を上限)の助成が出ます。

この制度を利用できるファクタリング会社は銀行系などごく限られているため、中小企業の場合はファクタリング会社と契約ができない可能性があります。

下請債権保全支援制度が利用できなければ、通常の2社間ファクタリングなど、他の資金調達方法を考えなければなりません。

ベストファクターを利用するメリット

ベストファクターは、売掛金が入金されない事態を打開できる、速やかなファクタリングサービスを提供しています。

ここでは、ベストファクターを利用するメリットについて解説します。

審査通過率が高く即日入金が可能

ベストファクターは、審査が早いことが特徴です。売掛金の即日買取により、即日入金も可能です。

92%を超える審査通過率は、「申し込みの時間を無駄にしません」

また融資ではありませんから、担保や保証人も不要です。

元請けへの秘密厳守

ベストファクターは2社間ファクタリング専門ですから、売掛金債権を譲渡したことについて、元請けに知られることはありません。

また法務局への債券譲渡登記も必須ではありませんので、この点でも秘密が守られ、かつ登記費用も節約できます。

手数料率が安く、30万円から利用可

ベストファクターの手数料率は、利用状況等の審査によって決まり、最低で5%となっています。

通常の2社間ファクタリングの手数料率は15~30%とされていますから、より多くの資金をお渡しすることができます。

またベストファクターのファクタリングは30万円から利用可能です。売掛金が少額でも現金化できることも魅力です。

まとめ

ベストファクターは、即日入金が可能な2社間ファクタリングサービスを提供します。

これにより、元請けから入金されない事態に直面しても速やかに運転資金を確保することができます。

また元請けに対しても、売掛金債権を譲渡した秘密は守られますので安心です。

売掛金が入金されない事態には速やかな対応が必要ですから、ベストファクターのファクタリングの利用をおすすめします。

ベストファクターのご利用の際には無料の財政コンサルティングもご利用になれます。

財政コンサルティングでは、今後お客様に最適な資金調達をご提案することで、資金繰りから主ビジネスへと注力していただくことを目的としております。

ベストファクターをご利用いただいたすべてのお客様の経営成績の向上に挺身させていただきます。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングの申し込みPC
他社との手数料比較表
ファクタリング手数料比較表
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取