ファクタリング手数料の相場

ファクタリング手数料の相場と手数料の変動要因、手数料を下げて受け取り金額を高めるためにできることをご紹介します。

ファクタリングをご利用される事業主様にとって、手数料は大きなコストとなります。

もし手数料が高ければその分ファクタリング会社からの入金額も減り、事業に使える資金も少なくなってしまいます。このためファクタリングを利用する際に、手数料はいくらかという問いは欠かせません。

しかし適正な手数料は、どの程度の額なのでしょうか。適切な判断をするためには、ファクタリング手数料の相場を知っておくことは必要です。

ここではファクタリングの手数料について相場を示すとともに、手数料を決める要素にはどのようなものがあるか、詳しく解説していきます。

最後に、手数料の相場とその変動要因を考慮した上で、手数料を安くするためにできることをファクタリング会社の視点を交えご紹介させていただきます。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

ファクタリング手数料の相場

ファクタリングは大きく分けて、2社間ファクタリング と、3社間ファクタリング があります。それぞれの手数料率には、大きな違いがあります。

ファクタリング手数料の相場表
2社間ファクタリング15%~30%
3社間ファクタリング1%~9%

2社間ファクタリングの手数料の相場

2社間ファクタリングの手数料は、各社で大きく異なります。

手数料の相場は、売掛金の15%~30%となることが一般的です。

3社間ファクタリングの手数料の相場

3社間ファクタリングの手数料も各社で異なります。

手数料の相場は、売掛金の1%~9%となっています。

なぜ2社間ファクタリングの手数料が高いのか?

2社間ファクタリングの手数料が高い理由は、ファクタリング会社が売掛先から売掛金を直接回収できないにあります。

売掛金の回収は、売掛先から一旦ファクタリング利用企業の手元に渡った後、ファクタリング会社に送金されるという手続きを取ります。

もしファクタリングの利用企業が売掛金を使い込んでしまえば、ファクタリング会社は損失をこうむる可能性もあります。

このように2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社は未回収リスクを負う可能性が高くなりますから、手数料も高く設定されることとなります。

3社間ファクタリングの手数料が安い理由

一方で3社間ファクタリングの場合、売掛金の回収はファクタリング会社が直接売掛先に対して行うことができます。

売掛金を回収しやすくなりますから2社間ファクタリングよりもリスクは低くなり、手数料も低額となります。

ファクタリング手数料を決める要素(変動要因)

ファクタリング手数料は、どのファクタリング会社でも幅を持って設定されています。

これは、売掛金によって手数料率が大きく異なることを意味します。

ファクタリング手数料を決める要素には、どのようなものがあるのでしょうか。

あわせて、できるだけ手数料を安くする方法についても解説していきます。

本項下部に、ファクタリング手数料の変動要因をまとめた表を記載しています。

売掛先の信頼性

ファクタリング手数料を決める要素として最も重要な項目は、売掛金を支払う企業、つまり売掛先の信頼性です。

ファクタリングは、売掛先が期日通りに売掛金を支払うことで成り立つ事業です。

もし、売掛金が支払われなければ、ファクタリング会社は利用企業に支払った資金を回収することができず、多額の損失を出すことになります。

ファクタリング会社は、売掛先企業の与信の調査を重点的に行い、調査結果をもとにファクタリングの手数料率を決定します。

売掛金の金額や支払いサイト

売掛金の金額や支払いサイトも、ファクタリング手数料を決める主な要素となります。

ファクタリングの事務手続きを行うコストは、売掛金の金額によってはあまり変わりません。
従って売掛金が少額の場合は、相対的に手数料率が高くなる場合もあります。

また、売掛金の支払いサイトが短いほど、売掛金を早期に回収することが可能ですから、ファクタリング手数料が下がることが期待できます。

逆に支払いサイトが長い場合は、ファクタリングの手数料を上げる要因となります。

債権譲渡登記の有無

ファクタリングの利用においては、債権譲渡登記を行う場合も多いです。

もし、ご自身で債権譲渡登記を行う場合、主な費用は登録免許税7,500円であり、それほど多額とはなりません。

しかし、登記をファクタリングに委託する際には、司法書士への報酬も必要となりますから、債権譲渡登記にかかる費用は5万円~15万円と、多額の費用がかかることもあります。

また債権譲渡登記の手続きはファクタリング利用金額にかかわらず一定ですから、売掛金の金額が低い場合は買取手数料が高くなる原因ともなります。

以前にファクタリング利用した事があるか

ファクタリングを利用する場合、以前に利用したことがある場合は手数料が軽減される場合があります。

理由は「売掛金をきちんと回収して、ファクタリング会社に期日通りに渡してくれた」という実績があるためです。

利用実績は信用につながりますから、次回利用時の手数料率が軽減される結果となります。

利用会社の信頼度や、担当者の人柄

ファクタリング会社では、利用する会社の担当者と面談を行う場合も多いです。

特に2社間ファクタリングでは、利用会社の担当者が売掛金をきちんと引き渡してくれることが重要です。

面談で利用会社や担当者がどのくらい信頼できるかを見極めて、手数料率を決定する材料の1つとします。

ファクタリング手数料は各社でまちまち

ファクタリング手数料は、各社で大きく異なります。手数料に違いが出る理由は、ファクタリング会社の審査基準や経営方針などが反映されるためです。

より安い手数料でファクタリングを利用したい場合は、複数のファクタリング会社に見積もりを取り、比較することが重要です。

手数料を決める要素の一覧

ここまで説明してきたファクタリングの手数料を決める要素は、以下の表にまとめられます。

項目手数料が上がる手数料が下がる
売掛金の信頼性低い高い
売掛金の金額少額多額
支払いサイト長い短い
債権譲渡登記必要必須ではない
ファクタリング利用初めて利用あり
利用会社低い信頼度高い信頼度

ファクタリングの手数料の相場は、主としてファクタリング会社の負うリスクによって決められています。

そして、ファクタリング会社の経営方針によって、相場の中でも高い手数料が設定されるか否かが決められるのです。

ファクタリング手数料を安くする方法

ファクタリング会社の手数料の決められ方は必ずしもすべての会社が同一なわけではありません。

ファクタリング会社によって手数料に差があるのならば、どうせ利用するなら低い手数料の会社を利用したいものです。

手数料を下げる交渉をする

手数料は必ずしも定量的で計算可能な情報だけのみで決められるわけではありません。

最も重要視される売掛先(売掛金)の信用性や、また利用者の人柄などは、数値で表すことは非常に困難です。

そのため、ファクタリング会社にとって「このお客様ならこのくらいの手数料額なら頷くだろう」という気持ちが介在しても不思議ではありません。

ファクタリングは、お互いにとって決して安くはない売買取引です。

ファクタリングを利用されるお客様の多くは、「今すぐ資金を調達したい」とお望みの方が多いですが、そのため、利用者の方が交渉上の立場を弱くする傾向があります。

しかし、ファクタリングも取引です。

このビジネス「ファクタリング取引」について、交渉することで手数料を下げられる可能性があります。

手数料を下げる交渉のポイント

  • 他社と比較して手数料の安い方を使おうと思っている。
  • (実際はともかく)お金は必要だが、別に今日明日というわけではない。
  • あなた(担当者)は良い方ですが、なぜ自分が手数料の相場よりも高いファクタリングを利用しなければならないのか。

必ずしも直接伝える必要はありませんが、交渉の際の心構えとしておくとよいでしょう。

不要なサービスを断ることで手数料を下げる

ファクタリング会社によって、手数料形態は異なります。

ファクタリングサービスの中で、提供を受けないことで手数料を下げられる可能性のあるポイントをご紹介します。

手数料を下げるために考慮するポイント

  • 売掛金売却額と債権譲渡登記費用のトレードオフ。
  • 即日などの入金を求めない。
  • ファクタリング会社に訪社する。
  • 売掛先の経営情報(支払い可能性)などを報告し、信頼性を高める。

どんなビジネスと同様、ファクタリングも人と人が存在して成立するものです。

ファクタリング会社にだけ信頼性を求めるのではなく、自社も、その一個人としての真摯さ伝えることで今後の付き合いが大きく変わっていくでしょう。

まとめ:ファクタリング手数料の相場

本記事では、ファクタリングの手数料の相場と、手数料を変動させる要因手数料を下げるためにできること、というお客様にとって最も気なる入金額に係る情報を提供させていただきました。

ベストファクターの手数料

ベストファクターは、「2%から」という、他社に比べて低額な手数料で、2社間ファクタリング を提供しています。

最低買取額

また、ファクタリングの利用については、売掛金の有無と売掛金の額面に依存するため、中小企業様や個人事業主にも利用しやすい30万程度からの買取を行っております。

債権譲渡時は不要

さらに、ベストファクターでは、ファクタリング利用の際に債権譲渡登記を必須としていません

登記を不要とすることで手数料を下げられるとともに、売却事実についてアクセス可能情報とすることを防ぐことができます。

即日入金が可能

ファクタリングの申し込みより最短即日~3営業日程度で入金させていただくことができます。

あらかじめご希望をお伝えください。

 

ベストファクターはお客様に寄り添ったファクタリングを提供しております。

「初めて不安、、」「本当にスモールビジネスでも使える?」「いくら入金される?」

など、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

私たちは、資金調達を通じて、お客様のビジネスの財政健全化に責任をもちます。

正当な手数料で、さらにでできるだけ安くファクタリングの利用をお考えでしたらぜひ一度お問い合わせくださいませ。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングで資金調達
他社との手数料比較表
他社との手数料比較表最低2%
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取
お問い合わせ
インタビュー記事一覧