ファクタリングの効果

ファクタリングにはどんな効果があるのでしょうか。そのメリット・デメリットと効果的な利用法をご紹介します。

いつもお世話になっております。ベストファクターの班目(まだらめ)でございます。

資金繰り」、それは、中小企業の経営者にとって、しばしば頭を悩ませる大きな問題のひとつではないでしょうか。

この記事では、中小企業の資金調達法として注目を集める「ファクタリング」について、ファクタリングの効果と、そのメリットやデメリットと効果的な活用法にフォーカスを当てながら解説していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、いったいどんな資金調達方法なのでしょうか

ファクタリングを簡単に言うと、売掛金をファクタリング会社に売却することで、売掛金の支払い期日前に手元に現金を得ることを可能とする、資金繰りのための手段のひとつです。

銀行などの金融機関から融資を受けるわけではないので、比較的審査がゆるく、時間もかかりにくいなどのメリットがあります。

ファクタリングは、最短申込当日に現金を手にすることができます。

実際に使用の際のメリットや注意点を以下の項目で説明して行きましょう。

ファクタリングがもたらす5つの効果

ポイント

ファクタリングを利用することで5つの効果を得ることができます。

  1. スムーズな資金調達
  2. 担保不要で資金調達可能
  3. 債権回収リスクが無くなる
  4. バランスシートのスリム化
  5. 節税効果

スムーズな資金調達ができる

ファクタリングの大きなメリットは、何といっても資金調達までにかかる時間が短いという点です。

銀行などの金融機関で融資を受ける場合、書類を提出して審査を受け、資金を得るまでに数週間かかることが通常ですが、ファクタリングであれば最短でその日のうちに資金を得られることもあります。

ですから数日中に現金が欲しい、という突発的な用途にはうってつけの資金調達方法であると言えます。

担保不要で資金調達ができる

ファクタリングは金融機関からの融資と違い、不動産などの担保を必要としません。

同じ理由で、経理上赤字が続いていたり、税金の未納がある場合でも問題ありません。

起業から間もない企業だとしても、売掛金さえ存在すれば資金を調達することができるのです。

また、審査のフローも存在はしますが、一般的な融資の審査に比べれば遥かに通りやすいことが特徴です。

ベストファクターの審査通過率は92%以上です。

債権回収リスクが無くなる

日本の商取引では、業務完了後に後払いで報酬をもらうのが一般的です。

それも月末締翌月末払いといったように、現金化まで1~2ヶ月かかることも珍しくありません。そのため、相手の会社の経営状況が悪化したりすると、その債権を回収できないというリスクも存在します。

ファクタリングを使用すれば、早い段階で現金化できるのでこのリスクも回避することが可能です。

仮にファクタリングで資金を得た後に、売掛先の経営状況が悪化してファクタリング会社が債権を回収できないということももちろんあり得ます。

しかしそのような場合でも、ファクタリングで得た資金を返金する必要はありませんから、結果的にリスクを他社に移管するという効果を持っています。

バランスシートのスリム化

バランスシート、つまり貸借対照表をスリムにできるというメリットもあります。

ファクタリングは売掛金を売却する行為ですから、バランスシートから売掛金の残高が減り、その上手元の現金が増えるのでキャッシュフローが増えることで財務上のバランスは向上します。

ファクタリングで資金を得ても負債に計上されないので、銀行などの金融機関からの評価が落ちることもありません。

オフバランス化の効果

オフバランス化により経営指標の向上

オフバランス化 とは、経営指標で分母となる総資産を増やさずに資金調達をすることで、総資産事業利益率などの経営指標が向上することを指し、融資や増資などによる資金調達と対照して使われます。

ROAなどの経営指標は現在のすべての資産でどれだけの利益を生み出したかという点が考慮されます。

以下、表を使って説明いたします。

負債による資金調達

負債100万円が増えることで、総資本が100万円増加します。

資産の増加負債の増加
現金:100万円短期借入金:100万円

経営成績が向上しても分母である負債が増加しているため、経営指標が低下するケースがあります。

ファクタリングによる資金調達

使えない資産100万円が減少することで、使える資産が95万円増加します。

資産の減少負債の変動なし
売掛金:-100万円-
資産の増加負債の変動なし
現金:95万円
支払手数料:-5万円
-

経営成績が向上した場合、負債による調達と比べて分母が小さいため、経営指標の向上が期待できます。

経営指標が良ければ、銀行からの融資や、投資家からの投資を集めやすくなるため、実際の経営に好循環をもたらす効果を与えます。

節税効果

ファクタリングの利用には手数料がかかります。

手数料を上手く活用し、利益を減らすことで節税効果を得ることができます。

後ほど、ファクタリングの効果的な利用方法を紹介する際に、詳しく解説します。

 

ファクタリングを利用する上での注意点

ポイント

ファクタリング利用時の3つの注意点

  1. 高額な手数料
  2. 資金調達額の上限は売掛金以下になる
  3. 分割支払い不可

手数料が高い

ファクタリングは融資ではないので金利は発生しません。しかし、ファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

2社間ファクタリングの手数料の相場は、一般的に売却する売掛金額の10~30%です。

この数値は一般的な融資にかかる金利よりも高く設定されており、それに対して疑問を持たれる方も多いかもしれません。

その理由は、前項で説明したように、債権回収リスクをファクタリング会社が引き受ける形になることが挙げられます。

ファクタリング会社は、お客様に代わって未回収リスクを負わなければなりませんから、それを考慮するとこのような数値にならざるを得ないのです。

そのため、ファクタリングを長期にわたって繰り返し利用すると資金繰りが悪くなる可能性があるため、利用にあたって担当者とよくご相談いただきますようお願いいたします。

ベストファクターでは「5~20%」でファクタリングをご利用いただけます。

売掛金以上の資金調達はできない

売掛金を売却するのがファクタリングの仕組みです。当然のことながらその売掛金を超える資金を調達することはできません。

分割支払いができない

ファクタリングは 売掛金 という資産の売却ですので、償還請求権なし の契約の場合、取引先の代わりに支払いを行う義務はありません。

ただし、2社間ファクタリング の場合、債権回収の代行契約を行うため、ファクタリング会社に代わって取引先に請求する必要があります。

この際に受け取った売掛金は、直ちにファクタリング会社に引き渡す必要があるため、その支払いの繰り延べや分割払いなどはできません。

使い込みは違約の対象となるため、もし資金が必要であれば再度ファクタリングの利用などをお考え下さい。

効果的なファクタリングの利用方法

ポイント

ファクタリングの効果的な3つの利用方法

  1. 手元資金の潤沢化
  2. キャッシュフローの改善
  3. 節税

手元資金を厚くする

会社経営に携わっている方はご存知のことと思いますが、帳簿の上でどれほど黒字が続いていても、会社を運営するには手元に運転資金が必要です。

その意味では、ファクタリングは売掛金を素早く現金に換えることができますから、手元の資金を潤沢にするというビジネスの鉄則に沿った選択と言えます。

キャッシュフローを良くする

前述のように、使用可能な現金をできるだけたくさん手元に持つことは、会社を安定して運営するために欠かせない条件です。

仕入れ先への支払い、家賃や社員の給与などの支払いは、売掛金が現金化されるまで待ってくれないからです。

ファクタリングは売掛金を手早く現金に換えることができますから、支払いのためのキャッシュフローを改善することが可能です。

ただし手数料があるので、その金額は考慮に入れましょう

黒字の際に利益を潰し、節税効果を狙う

ファクタリングは一括で手数料を払うので、黒字計上して税金を大きく払うようなことを防ぎながら、手元に現金を得る、という節税効果もあります。

一方、融資を受けた場合の金利も損金扱いになりますが、何期にも分けて損金を配分しますから節税効果は高くありません。

まとめ

ファクタリングは、手数料を支払うことなどの注意すべき点もありますが、たくさんのメリットを持つ資金調達方法であることをご理解いただけたことと思います。

正しく理解していれば、節税効果を得ながら、素早く資金を調達することができるのですから、会社を経営していく上で知っておくべき手段の一つと言えます。

銀行などの金融機関による融資は時間がかかる上に、審査を通らなければどうすることも出来ませんから、最短即日の資金調達が可能なファクタリングを上手に利用して資金繰りを乗り切りましょう。

私たちベストファクターは、将来にわたって最適な資金調達の方法をご提案し、会社の財政状態を向上させる責任を持ちます。

資金繰りは、どんな会社でも最重要課題のひとつに挙げられます。取引先への支払いや給与の支給、その他急な支出にも応えられる安定した財政政策を行っていきましょう。

「いつ入金されるのか、いくら入金されるのか、この売掛債権は買い取れるか」

など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングで資金調達
他社との手数料比較表
他社との手数料比較表最低2%
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取
お問い合わせ
インタビュー記事一覧