中小企業・個人事業の事業資金の調達に、国も利用を推奨する資金調達方法「ファクタリング」が最適な4つの状況を紹介します。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳です。

欧米ではポピュラーな事業資金調達方法のファクタリングですが、日本ではまだまだこれからと言った状況です。

実際に、弊社にご相談いただくお客様の中にも、「ファクタリングって銀行融資とどう違うの?」「赤字決済だけど利用できる?」といった疑問をお持ちの方がいらっしゃいます。

ファクタリングとは、企業が保有している売掛金をファクタリング会社が買い取り、現金化して最短即日で入金するサービスです。

ファクタリングは、資金の不足を解消する、画期的な事業資金調達方法と言えます。

ファクタリングによる事業資金調達は国も推奨

現在、事業規模1億円未満の企業が所有する売掛金は総額72兆円にのぼり、同企業の総資産596兆円のうち約16%資金調達に活用されていない状況にあります。

※資料:中小企業・ベンチャー企業の資金調達環境~債権譲渡による資金調達の促進~

また、日本の企業の多くは借入金の依存度が高いことも問題視されています。

経済産業省は借入に過度に依存することなく事業資金を調達するために、売掛債権の利用促進を掲げています。

つまり、売掛債権を早期に現金化できるファクタリングは、国も利用を推奨しているまっとうな資金調達方法なのです。

ファクタリングの「売掛金の買取」は借入と異なる

中小企業の資金調達方法と言うと、真っ先にイメージされるのは銀行、ノンバンク、日本政策金融公庫などからの借入ではないでしょうか?

事業資金を融資で調達

融資は事業投資を目的とする
  • 融資の審査には事業計画を作成するなど、何かしらの投資対象を想定して資金を調達します。
  • そのため、この投資対象から得られる収益が金利を上回るという事が、この借入を含め投資の意思決定の基にもなります。

銀行や日本政策金融公庫から融資を受けられれば、まとまった資金を低金利で借り入れることもできるでしょう。

しかし、融資を受けるには何よりも会社の信用力が求められ、審査のための必要書類を揃えるのも一苦労です。

場合によっては担保や保証人が必要となりますし、よしんば融資を受けられたとしても、月々の返済が経営に重くのしかかってきます。

事業資金をファクタリングで調達

ファクタリングによる資産変動

ファクタリングは運転資金が対象
  1. ファクタリングは、債権という資産を売却することで資金を得る商取引の一種と考えられます。
  2. ファクタリングの対象となる「売掛金」は、ビジネスをしているほとんどの会社が持っている資産です。
つまりファクタリングは「仕入れた商品の売却時期」や「提供したサービスの報酬を受け取る時期」のズレなどから生じる資金不足のバランスを保つために利用されます。

ファクタリングは売掛債権というお客様の会社の「資産」をファクタリング会社が買い取るサービスですので、融資とは異なり、借入金(負債)の負担はありません。

さらに、審査では売掛先の情報重視されるため、融資の審査が通らなかった方でも売掛金さえあれば、ファクタリングを利用して支払期日前に即日資金調達ができます。

ファクタリングが最適な4つの状況

ファクタリングは、中小企業や個人事業の大きな課題である資金繰りに即対応できるサービスです。

ベストファクターでは、次に挙げる事業資金のお悩みをお持ちの方に、独自のご提案をいたしております。

ファクタリングが最適な状況
  1. 売掛先の支払いが遅いため、資金繰りに困っている
  2. 金融機関から融資を断られそう・断られた
  3. 今日中にまとまった事業資金が必要
  4. 取引先に知られずに上手く事業資金を調達したい

それぞれの悩みに対し、私どもベストファクターではどのような提案を行っているか、詳しく解説いたします。

売掛先の支払いが遅いため、資金繰りに困っている

取引先から売上の入金が遅くなればなるほど、会社は手元に資金がない状態で事業を続けていかなくてはなりません。

売上が入金されるまでの間も仕入先への支払いや従業員への給与など先出しの資金が必要で、支払いサイクルが遅いほど資金ショートのリスクがあります。

ファクタリングは、入金前の売掛金をすぐに資金化することのできるサービスです。

弊社にご相談いただけましたら、支払期日を待たずとも、最短即日で売掛金を買い取らせていただきます。

金融機関から融資を断られそう・断られた

金融機関から借り入れする場合は、審査を通過するために高いハードルをクリアしなければなりません。

借入の審査では事業規模や売上が重要視され、すでに金融機関から借入があったり、各種税金の滞納があったりすると審査の通過は不利になります。

ファクタリングの審査は融資と異なり、「売掛先の信用力」「売掛金の種類」が重要視されます。

たとえば、お客様の会社が上場企業国の機関と定期的に掛取引を行っている場合、ファクタリング会社はお客様の売掛金を高く買い取る傾向にあります。

弊社では、入金前の売掛金があれば、金融機関からの融資を断られたお客様でも事業資金の調達をご提案させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

今日中にまとまった事業資金が必要

金融機関からまとまった金額の融資を受ける場合、審査を通過して融資額が入金されるまでに、どうしても1週間から1ヶ月ほどの時間が必要です。

「今日中に取引先に支払いをしなければならない」「増員のための人件費が急に必要になった」といった状況に、融資による資金調達では対応できません。

急ぎの資金調達が必要なら、弊社のような中小規模のファクタリング会社にご相談ください。

あらかじめ必要書類を揃えていただいたうえで「即日の入金希望」などご連絡いただきましたら、優先的に審査、即日入金も可能です。

取引先に知られずに上手く事業資金を調達したい

弊社にお寄せいただくお客様の相談の中で、「ファクタリングを利用すると、取引先から資金繰りが厳しいのかと言われそうで不安」との声がよく聞かれます。

売掛金を活用して事業資金を調達するファクタリングは、お取引先様に事実が知られると、信用不安を招くリスクがあります。

弊社が得意とする2社間ファクタリング秘密厳守で、お取引先様へ売掛金の売却事実の通知を一切行いません。

お取引先様に一切知られることなく、即日で資金調達が可能ですのでご安心ください。

まとめ:ファクタリングは運転資金の不足を解消

ファクタリングは、短期運転資金の調達に適した事業資金を調達する方法ということがご理解いただけたでしょうか?

実際に弊社には、事業資金のお悩みをお持ちの中小企業・個人事業のお客様より多くのご相談をいただいております。

初めてファクタリングのご利用をお考えになる場合、自社ビジネスに合うか、どんなリスクがあるかなど、疑問に思われることはたくさんあるかと思います。

弊社はファクタリングによる資金調達はもちろん、ファクタリングを通じてお客様企業の成長を第一に考えたサービスを提供してまいります。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ベストファクターCTA
他社との手数料比較表
ファクタリング手数料比較表
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取

Twitterでフォローしよう