3者間ファクタリング

3社間ファクタリングのメリットとデメリットをご紹介します。

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があることは、当サイトでもすでにご説明させていただいております。

前回、中小企業様に最も選ばれている2社間ファクタリングとはについてご説明させていただきました。

一般的に「3社間ファクタリングの方がリスクが低い」と言う見方が多いようですが、実は中小企業にとっては、そうとも言えない問題もあります。

今回は中小企業が3社間ファクタリングを検討する際に、知っておくべきメリット・デメリットをご紹介します。

3社間ファクタリングとは

3社間ファクタリングとは、ファクタリング契約の主体が「ファクタリング会社」と「利用者様」と「売掛先(取引先)の企業」の3社で行われる売掛金の早期資金化による資金調達法です。

2社間ファクタリングとは異なり、売掛先の同意を得るため、ファクタリング会社が売掛先へ直接支払いの請求をできることが特徴です。

そのため、利用者様は売掛金の請求などの管理業務の負担が軽減されるというメリットもあります。

日本では2社間ファクタリングも知られるようになっていますが、もともとファクタリングと言えばこの3社間ファクタリングのことを指しています。

手数料の安い契約として、おもに大企業のお客様が銀行系のファクタリング会社を利用されています。

3社間ファクタリングのメリット

まずは3社間ファクタリングのメリットをご説明します。

ベストファクターが主に取り扱っている2社間ファクタリングについても言及していますので、併せて比較検討なさってください。

手数料が安い|メリット1

3社間ファクタリングが好んで利用される理由のひとつに「手数料の低さ」が挙げられます。

一般的に2社間ファクタリングの手数料は買取売掛金額に対して「10~30%」で、3社間ファクタリングは買取売掛金額に対して「1~5%」となっています。

ファクタリング会社が売掛先の信用調査をした上で、売掛先にファクタリング契約の同意を得て、なおかつ代金は売掛先からファクタリング会社の口座に直接入金されます。

売掛先に直接支払いの請求ができることにより、ファクタリング会社にとって債権不履行(デフォルト)等のリスクが低くなるため、売掛先の同意の必要がない2社間ファクタリングに比べて手数料が低く抑えられているのです。

※ベストファクターは「2%~20%」の手数料で2社間・3社間ファクタリングを行っております。

代金の回収義務がない|メリット2

先ほど少し触れましたが、3社間ファクタリングの代金は売掛先の企業からファクタリング会社の口座に直接振り込まれます。

利用者からすれば代金の回収業務や売掛金の管理をする必要がなく、調達した資金で本来やるべき業務に集中できるため早期の事業改善を図ることができます。

2社間ファクタリングの場合は契約の際に回収業務委託契約を結ぶため、通常通り売掛金の支払いを受け取っていただく必要があります。ただし、ファクタリング契約を売掛先の企業に通知することはありません。

3社間ファクタリングのデメリット

手数料の安さは3社間ファクタリングの最大のメリットでしたが、それのみ取り上げて「3社間メリットが有利」とは言えないデメリットがあります。

ここからは、3社間ファクタリングのデメリットについて詳しくご説明します。

現金化までの期間が長い|デメリット1

3社間ファクタリングは売掛先の信用情報の調査、および契約への同意を得る必要があります。

ファクタリング会社が先方に出向いて契約を説明、承諾書に署名・捺印をしてもらうプロセスとなるため、先方の日程を抑えたり、場合によっては先方の担当者だけでは決裁できない可能性もあるなど、どうしても時間がかかってしまいます。

3社間ファクタリングは、半月~1カ月後の入金となるので、早期の資金調達を図るのであれば、即日の現金化も可能な2社間ファクタリングを選択するという手もあります。

※ベストファクターは早期の資金調達を希望される中小企業のお客様にご利用いただいています。

売掛先との関係に影響を及ぼす可能性がある|デメリット2

売掛金・売掛債権の資金化について、売掛先の企業の承諾を得る必要がある3社間ファクタリングでは、ファクタリングの事実が売掛先に知られることで信用不安などのネガティブなイメージを持たれてしまう可能性があります。

ファクタリングは、銀行融資やビジネスローンと比べてローリスクな資金調達方法ですが、売掛先企業からすると「取引先の企業が資金繰りに困っている今後の取引を見直さなくてはならない」というイメージを抱いてもおかしくありません。

売掛債権の資金化によって一時的な資金繰りの正常化が図れても、取引先との関係が悪化すれば今後の業務に支障が出るリスクが考えられます。

ベストファクターのお客様は中小企業様が多く、売掛金の売却を取引先に知られることを好ましく思われない方が多いため、2社間ファクタリングを利用される方がほとんどです。

中小企業の利用は難しい|デメリット3

特に大手銀行系のファクタリング会社との取引に言えることですが、3社間ファクタリングは審査が厳しく、中小企業にとっては利用までのハードルが非常に高くなっています。 

3社間ファクタリングに時間をかけて申込・審査を行ったところ、結局ファクタリングの利用ができないというケースも少なくありません。

一般的に3社間ファクタリングは事業規模が大きく、売掛金の売却事実を取引先に知られても問題ない会社比較的高額(数千~数億円)の調達を検討される場合に利用されます。

中小企業が大手銀行系のファクタリング会社を利用する場合は、売掛先が上場企業など信用度の高い会社でないと難しいでしょう。

「銀行融資やビジネスローンの審査が通らなかったからファクタリングで資金調達したい」という状況での3社間ファクタリングの利用はほとんど不可能と言えます。

また、仕事を請ける立場である中小企業の多くは、少数の取引先に依存したビジネスをされている方も多く、知られてしまうリスクを払拭することは難しいことが現状です。

一方、2社間ファクタリングは中小企業で利用されるケースが多く、ベストファクターのお客様の調達額は売掛金に準じますが、40万円程度から多くても1,000万円程度です。

3社間ファクタリング:まとめ

ここまでご説明させていただいた3社間ファクタリングのメリット・デメリットをまとめてみました。 

メリット
  • 3社間ファクタリングの手数料は、2社間はもちろん銀行融資やビジネスローンと比べても1%~5%と低い
  • 代金は売掛先からファクタリング会社に直接振り込まれるため、利用者が代金を回収する必要がない
デメリット
  • 売掛先の承諾を得る必要があるため、入金まで1~2週間かかる。最短即日入金は難しい。
  • ファクタリングの事実を知った売掛先が今後の取引に難色を示す可能性がある。
  • 中小企業にとって3社間ファクタリングの審査を通過するのは厳しい。

 

一般的には「3社間ファクタリングがローリスクで安全」という見方があります。

ただし、早期の資金調達を図りたい中小企業が利用するには、越えるべきハードルが高いという事実も知っておくべきです。

その一方、2社間ファクタリングは「手数料の高い契約」というイメージが先行しがちですが、決して利用者様にとってリスクの高いファクタリングということはありません。

私どもベストファクターでは多くの中小企業様に2社間ファクタリングをご利用いただいているだけでなく、資金繰りの改善や経営の改善についてのご相談も承っております。

ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングで資金調達
他社との手数料比較表
他社との手数料比較表最低2%
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取
お問い合わせ
インタビュー記事一覧