ファクタリング会社を乗り換える

ファクタリング会社の乗り換え方と、ファクタリング会社を変更することで最もメリットを受ける医療業についてご紹介します。

日頃からファクタリングを利用している医療関連の事業者にとって、手数料はとても気になるところです。

ファクタリング会社を乗り換えれば、ファクタリング手数料を下げて、売掛金やレセプトなどの債権の受取金額を増やせます

しかし、お得なファクタリング会社を利用したいものの、一度選んだファクタリング会社を簡単に変更する事ができるのでしょうか。

ベストファクターでは「ファクタリングのりかえ」をサポートいたします。
そして、お客様の事業資金や経営を第一に最適なファクタリング提供いたします。

ファクタリングサービスの切り替えは、買い取り額と買取率の2つを同時に向上させる可能性があります。

本記事では低い手数料のファクタリング会社に乗り換えて、診療報酬債権(レセプト)の買取り額を増やす方法をご紹介します。

ファクタリング会社乗り換えのメリット・デメリット

ファクタリングとは売掛金やレセプト債などの売上債権を譲渡売却して、資金調達をする方法です。

従って利用中のファクタリング会社よりも多くのお金を受け取れるかどうかが、乗り換えるべきかを決める重要なポイントとなります。

その際ファクタリング会社において、契約期間や違約金など、何らかの制約があるかもチェックすべきポイントです。

ファクタリング会社を乗り換えるメリットがある場合

現在利用中のファクタリング会社よりも受け取れる金額が多くなるほど、ファクタリング会社を乗り換えるメリットは増します。

具体的に以下のような場合は、手数料率の低いファクタリング会社に乗り換えることにより、大きなメリットを受けられます。

  • ファクタリングの利用金額が大きい
  • 毎月ファクタリングを利用している
  • 診療報酬債権を利用している

ファクタリング会社を乗り換えるデメリットや注意点

ファクタリング会社を乗り換える際、乗り換え先のファクタリング会社では初めての利用となりますから、手数料が高くなるなど条件が悪くなる場合があります。

その場合、他社でのファクタリング利用実績をもとに、乗り換え先のファクタリング会社と手数料率などの条件交渉を行うことが可能です。

また乗り換え元のファクタリング会社との契約に最低契約期間や違約金条項など、何らかの拘束事項がないかどうかの確認も欠かせません。

同じ診療報酬債権で二重にファクタリングを受けること(二重譲渡)のないよう、乗り換え元のファクタリングをいつまで受けるかの確認も必要です。

医療関連事業は、資金繰りが大きな課題

医療関連の法人は、収入の多くを保険支払機関からの入金に依存しています。保険支払機関の支払いサイトは長いため、入金までの資金繰りが大きな課題となります。

診療報酬債権は、入金までの期間が長い

診療報酬債権は、請求から入金までの期間が長いことが特徴です。

たとえば「社会保険診療報酬支払基金」からの支払いは、診療月の翌々月21日前後となります。

入金待ちの間も、定期的な支払いが発生する

医療関連の法人では診療報酬の入金を待っている間も、以下のように定期的な支払いが発生します。

  • 従業員への給与支払い
  • 医療機器や薬の支払い
  • 光熱費
  • 賃料(賃貸で利用している場合)
  • 税金

従って上記の支払いを円滑に行えるよう、資金調達の方法をよく検討することが必要です。

診療報酬債権ファクタリングを利用するデメリット

診療報酬債権のファクタリングを利用する際には、大きく分けてファクタリング利用が常態化する可能性と、診療報酬債権の全額を受け取れるわけではないというデメリットがあります。

一旦ファクタリングを利用すると、ファクタリング利用が常態化するおそれがある

ファクタリングは、保険支払機関から支払われる診療報酬の前払いという性格を持ちます。

  1. たとえば、6月下旬にファクタリングを利用した場合、早ければ即日で5月の診療報酬分のお金を手にすることができます。
  2. しかしその分、本来の支払時期である7月下旬に受け取れる金額は減少します。
  3. 運転資金が足りなければ、翌月の診療報酬についてファクタリングを利用して、資金調達をしなければなりません。

このように一旦ファクタリングを利用すると、ファクタリングを利用しなければ経営が成り立たない事態に陥るおそれがあります。

3社間ファクタリングは手数料が安いが、診療報酬全額は対象とならない

診療報酬債権の請求先は、社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会などの保険支払機関となります。

これらの保険支払機関は社会的な信用度が高い団体であり、与信の問題もありません。

このため必ず支払われる債権として、ファクタリングの手数料は5%~と、低めに設定されています。

但し、請求するレセプトのすべてが保険支払機関の審査に通るとは限りません。

従って、3社間ファクタリングの場合は診療報酬の全額ではなく、8割程度をファクタリングの対象とする場合が多くなっています。

良いファクタリング会社へ乗り換えるためのポイント

よいファクタリング会社へ乗り換えるためのポイントは、大きく分けて診療報酬債権の全額がファクタリング対象となること、手数料率が低いことがあげられます。

迅速な支払いも、良いファクタリング会社を示すポイントとなります。

3社間ファクタリングでは、買取額の増額には限度がある

通常、3社間ファクタリングでは、診療報酬債権の8割程度がファクタリングの対象となります。

残りの2割程度は保険支払機関から支払いが行われた後にファクタリング会社で精算を行い、残額が支払われます。

この場合、仮に手数料率が0%だとしても、医療関係の法人へ支払われる額は最高で診療報酬債権の8割程度にとどまるため、ファクタリングを利用した時点で手にできる金額は診療報酬債権の額よりもかなり低い金額となります。

レセプト100万円・ファクタリング手数料5%
レセプト100万円×買取対象80%×(1-手数料5%)=76万円

従って、3社間ファクタリングでは手数料率が低くても、債権の買取額を増額することには限度があります。

2社間ファクタリングは手数料が高くなる場合が多い

2社間ファクタリングの場合、診療報酬債権の買取率を100%とすることは可能です。

しかし手数料は15~30%かかる場合が一般的です。つまり債権額の70~85%相当額しか受け取れないことになります。

レセプト100万円・ファクタリング手数料5%
診療報酬100万円×(1-手数料15%)=85万円

この場合、手数料が高い2社間ファクタリングを利用するよりも診療報酬専門の3社間ファクタリング業者へ買取を依頼した方が、却って多くのお金を受け取れることになります。

診療報酬債権全額を安い手数料でファクタリング

医療関連の法人にとって最も使いやすいファクタリングは、以下の3点が満たされたサービスといえます。

  • 診療報酬債権全額をファクタリング対象にできること(債権の買取率100%)
  • 手数料が低いこと
  • スピーディーに買取金が支払われること

上記は、診療報酬債権をできるだけ高く買い取ってもらうことと同義です。

可能な限り多くのお金を医療関係事業主様にお渡しできることが、ファクタリングに求められるサービスといえます。

ファクタリング会社をベストファクターへ乗り換えるメリット

ベストファクターのファクタリングは、手数料率が低く、かつレセプト債権の全額をファクタリング対象にすることが可能です。

ファクタリング会社をベストファクターへ乗り換えることで、より多くのお金をお渡しすることが可能となります。

ベストファクターの診療報酬ファクタリング
診療報酬100万円(1-手数料5%)=95万円

診療報酬債権の全額をファクタリング対象にできる

ベストファクターは、2社間ファクタリングを提供していますので、保険支払機関の承認は必要ありません。

そのため、診療報酬債権の全額をファクタリングの対象とできるメリットがあります。

手数料の低いファクタリングが利用できる

せっかく債権の全額がファクタリングの対象となっても、手数料が高ければ意味がありません。

この点、ベストファクターでは手数料5%から債権の買取りを行っています。

3社間ファクタリングを利用するよりもより多くのお金をお渡しすることが可能となり、この資金を事業経営にお役立てていただくことができます。

最短で申込み当日の支払いが可能

ベストファクターでは、最短で申込み当日の支払いが可能です。

急に資金調達が必要になった場合でも、スピーディーに対応できます。

ファクタリング会社をベストファクターへ乗り換えてみませんか?

医療関連の事業者様は、ファクタリングをベストファクターへ乗り換えることによって、現在ご利用のファクタリング会社よりも、より多くのメリットを受けられます。

手数料率は、週平均4社程度は手数料5%で買取を行っています。

この場合、売掛金の95%をお渡しできますから、時間のかかる3社間ファクタリングを利用した場合よりも多額の資金を手にでき、速やかに事業資金に充てることができます。

診療報酬債権のファクタリングは、さまざまなメリットがあるベストファクターへの乗り換えをおすすめします。

乗り換えシミュレーションを行うことができますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングの申し込みPC
他社との手数料比較表
ファクタリング手数料比較表
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取