ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットをご紹介します。

ファクタリングは売掛債権を早期に資金化できる手段として、キャッシュフローの改善を図りたい中小零細企業から注目が集まっているサービスです。

ファクタリングについて詳しく知りたい方は、図を使ってわかりやすく説明したファクタリングとはをご参考ください。

ファクタリングのスピーディーな資金調達、柔軟な審査基準といったメリットについてはすでに別の記事で解説させていただきましたので、今回はファクタリングのデメリットを取り上げます。

ファクタリングに興味はあるけどデメリットやリスクもしっかりと把握しておきたいという経営者の方は、ぜひ参考になさってください。 

ファクタリング5つのデメリット

ファクタリングを利用する前に、知っておきたい5つのデメリットをご紹介します。

デメリットを熟慮せず安易にファクタリングを利用すると、後から思わぬトラブルが発生する可能性があるので注意が必要です。

ベストファクターではファクタリングのデメリットに対する対策も講じております。

ファクタリングの方法によっては手数料が高くなる|デメリット1

ファクタリングには3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの2種類があることは、すでに別の記事でご覧にいただいたかと思います。

両者のメリット・デメリットを簡単にまとめると次のとおりです。

メリットデメリット
3社間回収リスクが低いため手数料が安い売掛金・売掛債権の資金化について売掛先の企業の承諾を得る必要がある
2社間売掛先の企業に知られることなく売掛金・売掛債権の資金化が可能回収リスクが高いため手数料が高い

 

2社間ファクタリング の場合、売掛先に売掛金・売掛債権を資金化する旨を知らせることなくファクタリングを実行できるため、その後の取引等に支障がでないというメリットがあります。

その反面、ファクタリング会社にしてみれば売掛先の承諾なしにファクタリングの契約を結ぶということは、直接売掛先に請求できないことから未回収リスクの可能性が高まるため、手数料を引き上げざるを得なくなります。

3社間ファクタリングの手数料の相場が1%~5%であるのに対し、2社間ファクタリングの手数料は10%~30%とかなり高めに設定されています。

ベストファクターでは2社間3社間を問わず「5~20%」の手数料にて買取を行っています。

さらに、一時的な資金繰りの解消を目的としたファクタリングではなく、利用者様の資金繰りの改善、経営の効率化で会社の事業成長も視野に入れたサポートをしてまいります。

売掛先へ通知する必要がある|デメリット2

3社間ファクタリング は、売掛金の売却をその売掛先に通知する必要があります。
その最大のデメリットは売掛先へファクタリングの事実が知られると関係が悪化する可能性があるということです。

3社間ファクタリングの契約を結ぶ際、売掛先の企業にファクタリングによって売掛債権を資金化する旨を伝える必要があります。

ファクタリングは基本的にローリスクな資金調達方法ですが、売掛先企業からすると「取引先の企業が資金繰りに困っている今後の取引を見直さなくてはならない」というイメージを抱いてもおかしくありません。

ファクタリングによって売掛債権を資金化、一時的に資金繰りの正常化が図れても取引先との関係が悪化すれば想定外の損害を被るリスクがあります。

以上のリスクを鑑みて、ベストファクターでは売掛金の売却を取引先に知られることを好ましく思われない方が多く、2社間ファクタリングを利用されるケースがほとんどです。

債権譲渡登記が必要な場合がある|デメリット3

 売掛先との取引内容や買取金額によっては、ファクタリング会社が売掛債権を買い取ったことを公的に証明するために、債権譲渡特例法に基づく債権譲渡登記をおこなう必要があります。

債権譲渡登記は二重譲渡の防止を目的に行われます。

ポイント

法務局には以下の情報が記録されます。

  • 譲渡人(お客様)の住所や商号
  • 譲受人(ベストファクター)の住所や商号
  • 譲渡する債権の債務者(売掛先)の住所や商号
  • 譲渡する債権の種類(売掛金、貸金等の区別)
  • 譲渡する債権の発生日
  • 譲渡する債権の額

取引先などに通知するわけではありませんが、閲覧可能な情報となることや、登記手続き自体に1両日かかるため、この譲渡登記を希望されない方も多くいらっしゃいます。 

ベストファクターでは登記をせずにご利用可能です。債権譲渡登記をしないファクタリングもご相談ください。

売掛金の額の範囲内でしか資金を調達できない|デメリット4

ファクタリングはそもそも売掛金がなければ資金調達ができませんし、売掛金の額を超えた資金調達もまた不可能です。

取引先の財務状況に問題がなければ支払期日には満額の売掛金が入金されますが、ファクタリングを利用することで手数料を控除した額を1~3日で手にすることができます。

厳密にはデメリットと言うよりも、資金調達のコストとスピードを天秤にかけた選択が迫られるということです。

悪徳業者も存在する|デメリット5

ファクタリングは銀行融資やビジネスローンに比べ参入障壁が低く、まだまだ規制が緩いため、その間隙をついて悪徳業者が参入していることもまた事実です。

2017年にはファクタリング会社を装った闇金業者が摘発されたことで、業界に激震が走りました。

参考:https://www.sankei.com/west/news/170523/wst1705230092-n1.html

悪徳業者の手口は闇金業者と同じで、資金繰りに困っている経営者の心理を巧みに突いてきます。

たとえば審査段階で非常に低い手数料を提示しておきながら、「保証料」や「手付金」の名目で振込額が売掛金の半分以下だった……と言った事例も確認されています。

このような悪徳ファクタリング会社を回避するためにも、ホームページや広告、電話口での対応など注意深く観察して優良か悪徳かを判別しましょう。

リスクを回避するためのファクタリング会社選び

 明らかな悪徳業者はともかくとして、ファクタリングで健全な資金調達を実現するためには、何よりも安心して利用できるファクタリング会社選びが重要です。

 ファクタリング会社によっては、手数料買取可能上限入金までのスピードも異なります。

ま、た審査の基準や来店が必要かなどもファクタリング会社によって異なります。

会社選びでもっとも大切なことは、「自分が何を重視しているのか」です。

スピードなのか、手数料なのか、悪条件でも対応してくれるのか、重視するポイントを明確にして複数のファクタリング会社を比較・検討することで、後々のリスクを回避することにつながります。

私たちに間でもよく話されます。

どんな審査基準よりも経営者様にお会いすることが最も得られることが多いものです。

ファクタリング会社も人によって運営されています。ファクタリングを利用される方の多くは資金繰りに困っているケースが多いです。

喫緊に資金を必要とするのであれば、だからこそファクタリングを通して真摯な応対を感じられる ファクター を選ぶことが大切です。

まとめ

 ファクタリングのデメリットを改めてまとめると、次のとおりです。

  1. 2社間ファクタリングは手数料の相場が10~30%と高め
  2. 3社間ファクタリングは売掛先への通知が必要
  3. ファクタリング会社や買取額によっては債権譲渡登記が必要
  4. 受け取れる資金は売掛金の額の範囲内のみ
  5. 悪徳ファクタリング会社に遭遇するリスクがある

銀行融資やビジネスローンよりも利用しやすく、かつ資金調達のスピードが早いファクタリングですが、ここでご紹介したデメリットを把握した上でファクタリングによる資金調達が本当に必要かどうか見極めることが重要です。 

私どもベストファクターでは、資金調達だけではなく、資金繰りの改善や経営の改善についてのご相談も承っております。

ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングの申し込みPC
他社との手数料比較表
ファクタリング手数料比較表
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取