資金繰りの改善にファクタリングは有効

事業の資金繰りの改善に本当にファクタリングは有効な選択となるのかをご紹介します。

個人事業主・中小企業の資金繰りの改善に、ファクタリングはキャッシュフローを向上させる役割を果たします。

個人事業主や中小企業の経営者にとって資金繰りは頭を悩ませる課題のひとつですが、規模の小さい会社ほど金融機関などからの資金調達は容易ではありません。

しかし、社員に給与を支払い、会社を倒産させないためには、どうにかお金を用意する必要があります。

おもに個人事業主や中小企業でありがちな資金繰りを悪化させる要因とファクタリングを活用した資金調達・資金繰り改善方法をご紹介します。

「個人事業の資金調達」関連記事

資金繰りが悪化する主な原因

個人事業主や中小企業の資金繰りが悪化する要因の代表的なものを5つ挙げ、それぞれの対策をご紹介します。

売上/利益の低下|原因①

いわゆる赤字経営です。

毎月コンスタントに利益が発生していれば、基本的に資金繰りが悪化することはありません。

しかし、コストと売上の収支バランスが取れていない状況では、遅かれ早かれ資金不足に陥ってしまいます。

売上/利益よりも人件費や材料費などのコストが上回れば、当然ながら赤字経営です。

赤字経営で資金繰りが悪化したら、やることはひとつ、黒字経営に戻すことです。

コスト削減としてより安い仕入れ先を探したり、無駄な経費を削減したりすることがすぐにできる対策となります。

また必要であれば、社員をリストラすることも必要となる場合があります。

コスト削減によって資金繰りが改善したら、売上の増加、黒字幅の拡大を目指します。

売れ残り在庫の増加|原因②

仕入れた商品が販売できずに過剰に在庫として残っているということは、コストだけがかさんでいる状況ですので、支出が大きく収入が少ない経営状態ということです。

さらに在庫が多ければ、それだけ倉庫代や管理費用などがかかってしまうため、保管コストも大きな負担となってしまいます。

過剰在庫があるということは、売れ筋商品の見極めが甘いと言わざるを得ません。

この経営状況で資金繰りを改善するには、売れ残りの在庫の処分および在庫を売れ筋商品に限定、そのうえで徹底した在庫管理が求められます。

収益性の低い資産への投資|原因③

設備投資によって売上増を見込んだものの、コスト分を回収できず失敗に終わったケースです。

最近では「ITを導入したが、うまく活用できなかった」というご相談を中小企業の事業主様などからよく聞きます。

投資によって売上が増加し、その分を返済原資に回す計画を立てていたとしたら、収益が上がらなければ資金繰りは悪化してしまいます。

投資は売上の確実性を担保してから行う、借入してまで投資を行わないなど、収益性が高い資産の見極めが重要です。

借入返済額の増加|原因④

売上/利益に対して過剰な借入返済が発生している場合は、当然ながら資金繰りが悪化します。

借入返済額が「税引き後利益+減価償却費」以下の状態を放置していると、いずれ資金がショートしてしまいます。

対策としては、現在の借入金利よりも低金利で借りられる金融機関に借り換える、支払いのリスケジュールをする、などが有効です。

返済期間を長くする交渉が成立すれば、資金繰りの悪化も食い止められます。

支払いサイト調整の失敗|原因⑤

企業が取引先に商品やサービスを販売した場合、現金による取引ではなく、売掛金での取引になるのが一般的です。

支払いサイトとは売掛金が支払われるまでの期間を指し、これが長くなるほど資金繰りが悪化していく要因となります。

たとえば仕入先への入金が60日後で、売掛先への入金が120日後だとしたら、資金繰りが悪化していくのは明白です。

資金繰りを改善するためには、支払いサイトを短くしてもらうなどの交渉が必要となりますが、取引先との関係が悪化することを懸念してなかなか交渉に踏み切れないという事業者の方も多いと思われます。

そこでぜひご検討いただきたいのが、売掛債権を売却して資金を得るファクタリングです。

ファクタリングを利用した資金繰り改善テクニック

「支払いサイト調整の失敗」で取り上げたように、支払いまでに30日から180日ほどかかる売掛金は資金繰りを悪化させる要因のひとつです。

売掛金という形で売上はあるのに手元には資金がない状態なので、計画通りの資金繰りができなくなってしまいます。

ファクタリングを利用すれば、自社が持つ売掛金をファクタリング会社に売却し、手数料を引かれた分の金額が入金されます。

売掛金をはじめとして売掛債権のある事業者様は、ファクタリングを活用されることで劇的に資金繰りを改善できる方法です。

おすすめは2社間ファクタリング

ファクタリングには利用者とファクタリング会社の2社間で契約する「2社間ファクタリングと、利用者・売掛先・ファクタリング会社の3者間で契約する「3社間ファクタリングの2種類があります。

一般的に「ファクタリング」と言えば3社間ファクタリングのことを指しますが、その最大のデメリットは売掛先に売掛金の売却事実を通知する義務があることです。

これは売掛先からすれば取引のある会社が資金繰りに困っているという印象を受けるため、将来的な信用不安などのリスクがあります。

一方の2社間ファクタリングは3社間ファクタリングよりも手数料が高く設定されていますが、売掛金の売却事実を通知する必要がなく、なおかつ最短即日の入金が可能です。

2社間ファクタリングの手数料の相場は10%~30%

2社間ファクタリングは3者間に比べて手数料が高く設定されていると説明しました。

ファクタリングの手数料は売掛金の種類や売掛先の信用力、あるいはファクタリング会社によってさまざまですが、2社間・3社間の手数料相場は次のとおりです。

種類別ファクタリング手数料の相場表
3社間ファクタリング1%~9%
2社間ファクタリング10%~30%

一見すると3社間ファクタリングの手数料が安いため、そちらの方を利用したほうが資金繰りも圧迫しないと思われるかもしれません。

しかし、手数料が低く抑えられる代わりに売掛先の承諾が必要となり、審査に時間がかかってしまいます。

資金調達のスピードを重視される利用者の方には2社間ファクタリングをおすすめします。

私どもベストファクターでは、2社間ファクタリングの手数料「5%~20%」でご提供いたします。

まとめ

ファクタリングはあくまでも売掛債権のある企業様におすすめする資金調達方法です。

弊社にお問い合わせいただければ、さまざまな資金調達方法とファクタリングのどちらに利用メリットがあるかご案内させていただきます。

また、弊社では資金調達だけではなく、資金繰りの改善や経営の改善についてのご相談も承っております。

ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングの申し込みPC
他社との手数料比較表
ファクタリング手数料比較表
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取