即日資金調達するならローンとファクタリングどちらを選ぶ?

「最短即日」が可能な資金調達方法「事業者ローン」と「ファクタリング」どちらを選択するべきなのでしょうか?

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳です。

銀行融資や日本政策金融公庫などさまざまなサービスがあるなかで、審査や資金調達までのスピードに着目した場合、事業者ローンとファクタリングという2つの選択肢が挙げられます。

今回は、個人事業主や中小企業の資金調達方法として重宝される事業者ローンとファクタリングを比較、利用方法や審査の内容、メリット・デメリットを解説していきます。

事業者ローンによる即日資金調達

事業者ローン・ビジネスローンは、法人経営者向けの「無担保ローン」を指します。

無担保、保証人なし、事業性資金であれば使途は問わないということで、個人事業主や中小企業など会社規模が比較的小さい事業者に重宝される資金調達方法です。

事業者ろローンは、審査通過と一定の基準をクリアできれば即日の資金調達が可能です。

現時点で、ビジネスローンのサービスを提供する金融機関は、銀行よりも大手消費者金融会社やノンバンク、信販会社などが中心となっています。

事業者ローンを利用するメリット

事業者ローンを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

審査のスピードが早い

消費者金融会社やノンバンクが提供している事業者ローンは、システムによる自動審査スコアリングシステムを採用しています。

スコアリングシステムとは、利用者の申し込み情報や信用情報、決算情報などを入力するだけで、自動的に融資の可否や融資可能額(限度額)が決定される仕組みです。

わざわざ担当者が利用者の信用情報や書類等を吟味して融資の可否などを審査する必要がないため、早ければ即日で審査が完了、融資が可能となります。

無担保・無保証でも利用可

基本的に事業者ローンは不動産などの担保を必要とせず、第三者の保証人がいなくても融資が可能です。

ただし、「不動産担保ビジネスローン」というサービスもあり、こちらは決算書等だけでなく不動産担保力も重視されます。

不動産担保ビジネスローンであれば、金融機関側の貸し倒れリスクが下がるため、金利を抑え、なおかつ融資可能額がアップする可能性があります。

事業者ローンを利用するデメリット

一方、事業者ローンを利用する場合は次のようなデメリットについても把握しておく必要があります。

金利が高い

大手銀行や日本政策金融公庫などの融資と比較すると、消費者金融会社やノンバンクの事業者ローンの金利は「6.0%~18.0%」と非常に高いというデメリットがあります。

今すぐ事業資金を必要とする会社が事業者ローンを利用する場合、融資は可能でも高い金利がネックとなってしまいます。

金利が高いことで長期の借入には不向きと言えますので、あくまで緊急時の資金調達として活用されることをおすすめします。

審査に各種書類が必要

事業者ローンの利用には、本人確認書類収入証明書類事業関連書類が必要となります。

ローンの種類にもよりますが、「確定申告書」や「課税証明書」などの収入証明書類は複数年の一定以上の業歴が必要になる場合もあります。

さらに、「資金計画書」や「事業計画書」など事業関連書類が必要となるケースもあり、最短即日の融資を実現するためには、あらかじめ必要書類を把握、準備しておかなくてはなりません。

審査通過率が低い

事業者ローンは将来にわたり返済の可能性を検証する審査であるため、ファクタリングと比べて審査通過率がかなり低いという特徴があります。

審査に通らない場合、資金繰りかけた時間がすべて無駄になってしまいます。

ファクタリングによる即日資金調達

ファクタリングは、売掛金をはじめとする売掛債権をファクタリング会社が買い取るサービスです。

次の2つの点で、事業者ローンとは大きく異なります。

ファクタリングは、売掛金という資産の売買取引です。
売掛金は商品と同じように売ることができます。
  • 売掛債権(資産)の売却なので融資ではない
  • 審査では売掛債権の種類や売掛先の信用力を重視

融資ではないためファクタリングを利用しても負債にはならず、審査では売掛情報が重視されるため、銀行融資や事業者ローンで審査が通らなかった方でも、売掛金があればファクタリングを利用することができます。

ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングを利用される方のメリットをご紹介します。

ここでご紹介するファクタリング契約は、「利用者」と「ファクタリング会社」がプレイヤーとなる2社間ファクタリングです。

2社間・3社間の違い、メリット・デメリットについては次の記事をご参照ください。

審査のスピードが早い

ファクタリングは審査が完了すれば、最短即日で買取額がお客様のご指定の口座に入金されます。

仮に銀行に融資を申し込む場合、決算書や試算表の提出、事業内容の確認、面談など、融資の結果が分かるまでにかなりの時間がかかります。

ファクタリングは売掛先企業や売掛債権の種類を審査し、問題がない場合には、すぐにでも売掛債権譲渡の契約に移行します。

ベストファクターの2社間ファクタリングでは、手数料「5%~20%」最短即日~3日以内の入金が可能です。

金利がかからない

銀行融資や事業者ローンの場合、融資額に利子をつけて返済する必要があります。

たとえば、年利12%のビジネスローンで100万円を借りて3年間で返済する場合、利息金額は3年分で129,763円となるため、実際に金融機関に返済する金額は1,129,763円となります。

一方のファクタリングは売掛金を売却する資金調達方法なので、金利がかかりません。

たとえば、100万円の売掛金を10%の手数料でファクタリング会社に売却する場合、利用者が手にする資金は900,000円となります。

後日、売掛先から100万円の売掛金を受け取ったら、ファクタリング会社に支払って契約終了です。

ファクタリングを利用するデメリット

ファクタリングにはいくつかのデメリットもありますが、回避する方法もあるため、メリット・デメリットの両方を踏まえて利用をご検討いただけます。

売掛金以上の資金調達ができない

ファクタリングは売掛金を買い取るサービスですので、当然ながら売掛金を超えた資金を調達することはできません。

たとえば、仕入先への支払いのための資金120万円が急に必要になったとして、仮に100万円の売掛金があってファクタリング会社に売却しても、残り20万円を超える分は別で調達する必要があるということです。

分割支払いができない

2社間ファクタリングの場合、債権回収の代行契約を行います。

簡単に言うと、「債権の回収はファクタリング会社に代わってご利用者様で行ってください」という契約です。

支払期日に売掛先から受け取った売掛金は、直ちにファクタリング会社に引き渡す必要があるため、その支払いの繰り延べや分割払いなどはできません。

支払われた売掛金の使い込みは違約の対象となるため、もし資金が必要であれば再度ファクタリングの利用などをお考えください。

即日の資金調達:まとめ

事業者ローンとファクタリングの違い、両者のメリット・デメリットをご紹介しました。

資金繰りを考えなければならない状況で、どの資金調達方法が望ましいか、ご理解いただけたかと思います。

銀行などの金融機関による融資は時間がかかる上に厳しい審査を通過する必要があるため、売掛金があるならば、最短即日の資金調達が可能なファクタリングを活用して資金繰りを乗り切りましょう。

私どもベストファクターは財務コンサルティングのプロとして、将来にわたって最適な資金調達の方法をご提案、会社の財政状態を向上させる責任を持ちます。

ぜひお気軽にご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングの申し込みPC
他社との手数料比較表
ファクタリング手数料比較表
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取