事業資金の調達方法
【2024年6月最新】土日祝日に即日資金入金できるファクタリング会社10選
logo
ファクタリング【即日スビード資金調達】

飲食業やサービス業など、土日に営業している事業者の方の中には「土日や祝日に緊急でお金が必要」という方も多いのではないでしょうか?

銀行は土日は営業していませんし、多くのビジネスローンも土日に新規融資を受けることは難しいのが実情です。

しかし、ファクタリングであれば土日でも入金や審査を受けられる会社も多いため、土日や祝日にお金が必要になっても対応できる場合があります。

そこで、この記事では土日対応のおすすめファクタリング会社を10社ご紹介していくとともに、土日に資金調達するポイントや注意点について詳しく解説していきます。

土日対応のファクタリング会社10選

土日に審査や入金に対応している主なファクタリング会社は以下の10社です。

  • ラボル
  • みんなのファクタリング
  • JTC
  • ファクタリングZERO
  • QUMEN
  • GoodPlus
  • TRY
  • えんナビ
  • 事業資金エージェント
  • ファクタリングベスト

土日や祝日でも資金調達できる可能性のある、おすすめのファクタリング会社のスペックや特徴について詳しく解説していきます。

ラボル

labol(ラボル)

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 10%
審査 365日
入金 365日
入金スピード 最短60分
買取限度額 1万円〜上限なし
公式サイトURL https://labol.co.jp/

ラボルはオンライン完結で土日や祝日も最短60分で入金に対応しているファクタリング会社です。

最短60分で365日24時間対応している唯一のファクタリング会社ですので、最も対応力に優れています。

手数料も10%固定と業界では低めに設定されているため、安心して利用できます。

1万円から買取に対応しているため、個人事業主やフリーランスの方もいつでも最短60分で資金調達可能です。

ラボルの運営会社は東証プライム上場企業である株式会社セレスの100%子会社です。

実質的に上場企業が運営しているサービスですので、土日対応のファクタリング会社の中では最も安心して利用できる業者でしょう。

みんなのファクタリング

みんなのファクタラインぐ

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 表記なし
審査 365日
入金 365日
入金スピード 最短60分
買取限度額 下限上限〜上限なし
公式サイトURL https://minnanofactoring.net/

みんなのファクタリングは土日や祝日も営業しており、完全オンライン完結で最短60分入金で利用できるファクタリングサービスです。

手数料の表記がないため、売掛債権や利用者のリスクに応じて柔軟に手数料を設定しているものと判断できます。

そのため、他社の審査に通過できない場合も、みんなのファクタリングであれば買取に応じてもらえる可能性もあるでしょう。

その分、高額な手数料を設定される可能性もあるため、時間に余裕がある方は、他社からも相見積もりをとったうえで利用するのがおすすめです。

営業時間は9時〜18時までとなっているため、土日に急いで資金調達したい場合には、14時〜15時くらいまでには申し込みを完了させておいた方が安心です。

JTC

JCT

取り扱いサービス 2社間・3社間
契約方式 対面・オンライン
手数料 1.2%〜10%
審査 土日営業
入金 土日営業
入金スピード 最短1日
買取限度額 100万円〜上限なし
公式サイトURL https://j-t-c.info/

JCTは名古屋に本社を構える優良なファクタリング会社です。

土日も営業しているため、審査と入金を受けられます。

なお、入金までには最短1日必要になるため、即日入金は難しいと理解しておきましょう。

名古屋に本社を構えていますが、対面のみならずオンラインでも契約できるため、日本全国から利用が可能です。

すでに多くの実績があり、累計取扱金額500億円、取扱件数10,000件を突破しています。

手数料の上限は10%とファクタリング会社とすればかなり低めになっているため、低コストで資金調達したい方にもおすすめです。

JCTは情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格であるISO27001を取得している企業ですので、顧客情報の管理を徹底しています。個人情報の流出などを懸念している方も安心して利用できます。

なお、利用できるのは年商7,000万円以上の企業に限られており、2社間ファクタリングは法人のみに限られています。(個人事業主は3社間のみ)土日にお金が必要な法人は利用を検討してみるとよいでしょう。

ファクタリングZERO

ファクタリングZERO

取り扱いサービス 2社間・3社間
契約方式 オンライン・郵送・対面
手数料 1.5%〜10%
審査 平日と土曜日
入金 平日と土曜日
入金スピード 最短即日
買取限度額 20万円〜5,000万円
公式サイトURL https://factoringzero.jp/

ファクタリングZEROは平日と土曜日に営業しているファクタリング会社です。

日曜と祝日は定休となっています。

最短即日入金に対応しているため、土曜日に「今日中にお金が必要」というケースで活用できるでしょう。

上限10%と手数料設定が低いため、低コストで資金調達でき、リスクの低い売掛債権であれば、一桁台の手数料でファクタリングを利用できます。

なお、ファクタリングZEROはファクタリングZEROはサービスの提供地域を西日本地域に限定しているため、九州・中国・四国・関西以外の地域の方は利用できません。

西日本地域の方で土曜日にお金が必要な場合に活用しましょう。

QUMEN

QUMEN

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 1.5%〜
審査 平日と土曜日
入金 平日と土曜日
入金スピード 最短2時間
買取限度額 15万円〜1億円
公式サイトURL https://qumen.co.jp/

QUMENは平日と土曜日に営業しているファクタリング会社です。

土曜日でも最短2時間で資金調達できるため、緊急でお金が必要になった場合に活用できます。

日曜日と祝日は定休日となっているため注意しましょう。

なお、QUMENは最短2時間で資金調達できますが、ホームページには「8割以上のお客様で実現しています」と明記されているため、高い確率で最短2時間で資金調達が可能です。

個人事業主が少額の資金調達をおこないたい場合にも適しており、ホームページには「8割以上が個人事業主様で、少額のご利用です」とも明記されています。規模の小さな個人事業主やフリーランスの方も安心して利用できます。

また、QUMENは請求書だけでなく注文書の買取にも対応しているため、取引先からの受注段階で資金が必要になった場合も気軽に相談してください。

GoodPlus

GoodPlus

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 5%〜15%
審査 365日
入金 365日
入金スピード 最短90分
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://goodplus-service.co.jp/

GoodPlusはオンライン完結型のファクタリング会社です。

土日も祝日も申し込み、審査、入金に対応しているため、365日いつでも資金調達できる点が最大のメリットです。

営業時間も夜8時までですので、夕方以降も資金調達が可能です。

最短90分で資金調達できるため、営業時間内であればいつでも資金調達できる緊急時の対応に非常に優れたファクタリング会社だといえます。

緊急の資金調達先として頭に入れておきたい1社です。

手数料の上限は15%とオンライン完結型のファクタリング会社とすれば平均的ですので、安心して利用できるとともに審査も柔軟に行なってもらえるでしょう。

TRY

ファクタリングのTRY

取り扱いサービス 2社間
契約方式 対面
手数料 3%〜
審査 365日
入金 365日
入金スピード 最短即日
買取限度額 10万円〜5,000万円
公式サイトURL https://factoring-try-sko.co.jp/

ファクタリングのTRYは365日電話での申し込みを受け付けているファクタリング会社ですので、土日や祝日でも申し込みを行い審査を受けられます。

ただし、契約には来店かTRYの担当者による訪問での面談が必要になるため、即日資金調達したい場合には、TRYの窓口へ訪問しなければなりません。東京上野のTRYの事務所へ訪問できる方は土日祝日でも即日資金調達できるでしょう。

なお、TRYはアフターフォローを徹底しているファクタリング会社です。

ファクタリング実施後のコンサルティングやビジネスマッチングなどのBtoBサービスも実施しているため、相談先としても長く付き合えるでしょう。

えんナビ

えんナビ

取り扱いサービス 2社間・3社間
契約方式 対面・郵送・オンライン
手数料 表示なし
審査 365日
入金 365日
入金スピード 最短1日
買取限度額 50万円〜上限なし
公式サイトURL https://ennavi.tokyo/

えんナビは24時間365日営業しているファクタリング会社としてラボルと並んで有名な業者です。

電話受付は24時間365日受け付けているため、いつ電話しても専門知識を持った担当者が対応してくれます。

ただし、契約方法は原則的に面談が必要になるため、すぐに入金を受けたい場合には、東京上野のえんナビの事務所まで訪問する必要があります。

遠方の場合には出張買取を実施していますし、場合によっては郵送やオンラインでの契約にも対応してくれます。

契約方法についてはかなり柔軟に対応しているため、事務所まで訪問できない場合には気軽に相談してみましょう。

事業資金エージェント

事業資金エージェント

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 1.5%〜
審査 平日・土曜日
入金 平日・土曜日
入金スピード 最短2時間
買取限度額 10万円〜2億円
公式サイトURL https://js-agent.com/

事業資金エージェントはオンライン完結型のファクタリング会社です。

平日と土曜日に営業しており、利用者お8割の方が最短2時間での資金調達に成功しているため、高い確率で土曜日にも当日中に資金調達できる可能性が高いでしょう。

なお事業資金エージェントは日曜と祝日は営業していないため注意してください。

年間取扱件数は3,000件以上と、非常に多くの人が利用しているファクタリング会社です。

10万円からの買取に対応しているため、売上規模の小さな個人事業主ややフリーランスの方も安心して利用できます。

土曜日に資金が必要な方は利用を検討するとよいでしょう。

ファクタリングベスト

ファクタリングベスト

取り扱いサービス
契約方式
手数料
審査 365日
入金 365日
入金スピード 最短3時間
買取限度額
公式サイトURL https://factoringbest.com/

ファクタリングベストは、ファクタリング会社ではなく、ファクタリング会社をマッチングする法人専用のサービスです。

サイトに以下の情報を入力すると、自社のニーズに合ったファクタリング会社とマッチングでき、土日祝日であっても最短3時間で資金調達できます。

  • お持ちの売掛金
  • 希望調達金額
  • 会社名
  • 担当者名
  • 都道府県
  • 携帯番号
  • 会社電話番号
  • メールアドレス

法人専門のサービスですが「どのファクタリング会社を利用したらよいかわからない」という場合でも、ファクタリングベストの基準に合格した優良なファクタリング会社と取引できます。

土日祝日でも対応しているため、気軽に相談してください。

土日に即日ファクタリングを利用する際のポイント

土日にファクタリングで即日入金をする場合には以下の点に注意してください。

  • 2社間ファクタリングを選択する
  • 土日に審査を実施しているファクタリング会社か
  • 必要書類は土日でも揃えられるか
  • 審査で有利になる売掛債権を売却する
  • 個人事業主でも利用できるか
  • 対応額で希望額を調達できるか

土日に即日ファクタリングを利用する際の6つのポイントを詳しく解説していきます。

2社間ファクタリングを選択する

土日であろうと平日であろうと、即日入金を希望するのであれば、必ず2社間ファクタリングを選択するようにしてください。

ファクタリングには契約当事者の違いによって2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

3社間ファクタリングはあらかじめ売掛先企業からファクタリングを利用することについて同意を得た上で手続きする方法です。

売掛債権の代金が売掛先企業からファクタリング会社へ直接入金されるため、ファクタリング会社のリスクが低く、低い手数料で利用できる点が大きな特徴です。

ただし、売掛先企業の同意を得て契約手続きをするのに時間がかかるため、申込から入金までには数日から2週間程度の時間がかかります。

一方、2社間ファクタリングであれば、契約するのは利用者とファクタリング会社の2者だけですので、審査に通過すればすぐに契約完了できます。

2社間ファクタリングの方が即日入金の可能性が圧倒的に高いため、即日資金が必要な場合には2社間ファクタリングを選択してください。

土日に審査を実施しているファクタリング会社か

土日に審査を実施しているファクタリング会社かどうかという点は土日に資金調達を希望する上で最も重要です。

ファクタリング会社の中には「オンラインで24時間365日申し込み受付」と明記されている会社が数多く存在します。

しかし、このようなファクタリング会社は、単に「オンラインでいつでも申し込みができる」というだけで、審査は翌月曜日に行うのが一般的です。

大切なのは土日であっても営業して、審査を実施しているかどうかです。

審査を実施しているファクタリング会社であれば、土日に資金調達できる可能性があります。

土日に即日資金調達したい場合には、土日に申し込めるかではなく、土日に審査を実施しているかでファクタリング会社を選択してください。

必要書類は土日でも揃えられるか

必要書類を土日でも揃えられるファクタリング会社を選択しましょう。

ファクタリングの契約には印鑑証明書や住民票や商業登記簿謄本などの書類が必要になることがあります。

今は印鑑証明などはコンビニでも取得できる場合がありますが、法人の印鑑証明書や納税証明書は平日の役所が空いている時間でないと取得できません。

必要書類が揃わないと契約ができないため、できる限り必要書類が少なく、土日でも書類を揃えられるファクタリング会社を選択しましょう。

審査で有利になる売掛債権を売却する

土日にスムーズに審査に通過できるように、審査で有利になる売掛債権を売却しましょう。

ファクタリング審査では、売掛債権について主に以下の4点を確認されます。

  • 売掛先企業の安全性
  • 売掛債権の入金サイト
  • 売掛先企業との取引歴
  • 売掛債権の金額

これらのポイントを押さえている売掛債権であれば、スムーズに審査に通過でき、土日でも即日資金調達できる可能性が高いでしょう。

審査で有利になる可能性が高い売掛債権の4つの特徴や審査ポイントを解説していきます。

売掛先企業の安全性

ファクタリングで主に審査されるのは売掛先企業です。

売掛先企業の支払能力に問題がないのであれば、ファクタリングで売却する売掛債権の安全性は非常に高いと判断できるため、審査に通過しやすくなります。

中小企業などに対する売掛債権よりも、大手企業、上場企業、官公庁に対する売掛債権の方がファクタリング会社にとってリスクが低いため、審査に通過しやすいでしょう。

売掛債権の入金サイト

売掛債権の入金サイトは短い方が審査には通過しやすくなります。

入金サイトとは売掛債権が入金になるまでの期日のことです。

期日までの時間が長い場合には、期日になるまでに売掛先企業の経営状況が悪化して、売掛債権が未回収になる可能性があります。

入金サイトが短ければ、期日までに売掛先企業の経営状況が悪化するリスクは低くなります。

できる限り入金サイトが短い売掛債権を売却しましょう。

売掛先企業との取引歴

売掛先企業との取引歴は長ければ長い方が審査で有利です。

取引歴が長く、支払履歴に遅れがない売掛先企業に対する売掛債権であれば、ファクタリング会社は「今回も期日通りに入金されるだろう」とポジティブに判断します。

一方、取引歴が短い企業や初めて取引するような企業に対しては、期日通りに支払う企業か否かの判断ができないため審査で不利になります。

土日祝日などに審査に通過したいのであれば、できる限り取引歴の長い売掛先企業に対する売掛債権を売却しましょう。

売掛債権の金額

売掛債権の金額が利用者の売上規模に見合ったものかどうかも確認されます。

売上規模から見てあまりに高額な売掛債権は審査に通過できないことがあります。

例えば、年商1,000万円の会社が800万円の売掛債権を売却しようとしても、売上規模から見て年商の8割もの金額をファクタリングすることは不自然です。

このような場合は、ファクタリング会社から架空債権を疑われて審査に通過できない可能性があります。

利用者の売上規模などから見て自然な金額かどうかもファクタリングの審査では重要なポイントです。

個人事業主でも利用できるか

個人事業主の方は、個人事業主でも利用できるファクタリング会社かどうかを確認してください。

個人事業主は債権譲渡登記ができないため、法人のみを取扱対象と限定しているファクタリング会社は数多く存在します。

いくら土日祝日に即日入金できるファクタリング会社で合ったとしても、個人事業主利用不可と決められている場合は利用できません。

個人事業主の方は、まず利用対象が法人のみでないかという点を確認しましょう。

対応額で希望額を調達できるか

ファクタリング会社が対応している買取額で希望金額を調達できるかどうかという点も確認しましょう。

ファクタリング会社は、買取額の下限と上限を定めています。

例えば「100万円以上」と買取額を定めている会社に対して、100万円未満の売掛債権を持ち込んでも審査に通過するのは不可能です。

申し込み段階から、ファクタリング会社の対応額が自社が希望する金額に合致しているかどうかを確認してください。

土日に即日ファクタリングを利用する際の注意点

土日に即日ファクタリングを利用したいのであれば、次の3つの点に注意して利用しましょう。

  • 業者の安全性
  • 長期的な資金繰り
  • 土日は選択肢が少ない

土日に即日のファクタリングを利用する際には平日よりも選択肢が少なく、金銭的にも切羽詰まった状況で申し込むケースも多いことが予想されます。

そのため、平日に利用する際よりも注意を払ってファクタリングを利用してください。

業者の安全性

土日に緊急で資金が必要になった場合には、利用している業者が安全な業者かどうかを必ず確認してください

緊急でお金が必要なときほど、「審査なし」「100%入金」などの甘い言葉に乗せられて、悪徳業者や違法業者へ申し込みをしてしまう可能性があります。

しかしファクタリング会社の中には法外な手数料を要求する悪徳業者や、償還請求権ありの実質的な貸付行為をファクタリングを偽装しておこなう違法業者が一定数存在するため、いくら急いで資金が必要だと言っても業者は慎重に選ばなければなりません。

金融庁も違法・悪徳なファクタリング会社について以下のように注意喚起をおこなっています。

中小企業の経営者などを狙い、貸金業登録を受けていない者が、ファクタリングを装って、業として、貸付け(債権担保貸付け)を行っている事案が確認されています。

ファクタリング業者から受け取る金銭(債権の買取代金)が、債権額に比べて著しく低額である

といったケースは、偽装ファクタリングの疑いがありますので、ヤミ金融を利用しないよう、十分注意してください。
ファクタリングとして行われ、契約書に「債権譲渡契約(売買契約)」であることが定められた取引であっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものについては、貸金業に該当するおそれがあります。
(中略)
ファクタリングを利用する事業者の方も、ファクタリングを提供する事業者の方も、少しでも心配な点があれば、法律の専門家である弁護士に相談するなど、違法な取引が行われないよう、ご留意ください。
引用:金融庁|ファクタリングの利用に関する注意喚起

急いでいるときでも、「安全な業者かどうか」という確認は決して怠らないようにしてください。

長期的な資金繰り

ファクタリングを利用する際には、必ず長期の資金繰りについても考慮した上で利用しましょう。

ファクタリングは1〜2ヶ月程度先に入金になる予定の資金を、前倒しで受け取っているだけです。

ファクタリングを利用したことによって当初の入金期日に予定されていた入金は無くなってしまうため、当初の入金期日になる頃には再び資金繰りが苦しくなることが予想されます。

そのため、ファクタリングで調達した資金が手元にある間に経営改善をおこなうか、金融機関から長期借入金を借りるなど、根本的に資金繰りを改善する方法を検討する必要があります。

長期的な資金繰り改善の計画を立てずにファクタリングを理由することで、ファクタリングから抜け出せなくなり、延々と高額な手数料を負担し続けなければなりません。

安易にファクタリングを利用するのではなく、ファクタリングはあくまでも緊急かつ短期的な資金調達手段とし、根本的な資金繰り改善計画も別途検討してください。

土日は選択肢が少ない

ご紹介したように土日に対応しているファクタリング会社の数はそれほど多くないため、土日に資金調達しようとすると、自ずと選択肢が狭まってしまいます。

弊社は土日には対応しておりませんが、平日にご相談いただければ、財務コンサルティングを実施し、お客様にベストな資金調達手段を丁寧かつ迅速にご提案させていただけます。

また、他のファクタリング会社にもより手数料が低い業者も存在するため、無理に土日に資金調達することで、選択肢が狭まってしまう可能性があるのです。

翌月曜日以降まで資金調達のタイミングを延ばせるのであれば、延ばした方がより広範な選択肢の中からお客様にとってベストな資金調達手段を選べます。

土日は選択肢が狭いということを認識した上で、土日の申し込みを検討しましょう。

土日の即日ファクタリング利用についてよくある質問

土日に即日で利用できるファクタリング会社について、よくある質問をご紹介していきます。

ベストファクターは土日の入金に対応していますか?

ベストファクターは土日の入金には対応しておりません。

ベストファクターの営業時間は平日の10時〜19時までとなっております。

時間内にお申し込みいただければ即日のご入金も可能です。

土日は入金に対応しておりませんが、平日であればスピーディーに入金対応させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

QuQuMoは土日に即日入金できるのでしょうか?

QuQuMoは土日には即日入金できません。

QuQuMoの営業時間は平日10時〜17時となっているため、土日に申し込みをしても翌月曜日の10時にならないと審査をおこなってくれないためです。

QuQuMoは最短2時間で資金調達できる利用者からの評判が良好なファクリング会社です。

平日であれば、実際に多くの人が2時間程度で資金調達に成功していますが、土日の資金調達は不可能ですので、平日に利用しましょう。

土日に入金対応してくれる業者の中で最も速度が速い会社を教えてください。

入金までの時間は売掛債権の信用やタイミングによって異なるため、一概にどのファクタリング会社が早いということはできません。

ただし、ファクタリング会社のホームページに記載されている入金までの時間だけを比較すると「最短60分入金」とはっきりと明記しているラボルが最も速いといえます。

ラボルは最短60分入金に24時間365日対応してくれるファクタリング会社ですので、入金スピードだけでなく対応力にも優れています。

祝日に営業しているファクタリング会社はありますか?

ラボル、GoodPlus、えんナビ、TRY、みんなのファクタリングの5社は365日の申し込みに対応しています。

そのため、祝日に申し込みをおこなっても当日中に審査に通過できる場合があります。

請求書の入金期日が土日だった場合は土日にファクタリング会社へ送金しなければなりませんか?

ファクタリング会社の対応によって異なりますが、基本的には売掛先企業との契約によって左右します。

入金期日が「毎月末(月末日が休日の場合は翌営業日)」と決められていた場合には、休日の次の営業日が入金期日であると考えてよいでしょう。

なお、ファクタリング会社のほとんどが、売掛債権の入金期日から3〜5日程度を入金期日としているケースが多いため、入金期日が土日であっても、そこから数日程度の余裕があるため問題ではありません。

入金日と土日祝日が被ってしまった場合の対応はファクタリング会社によって異なるため、詳しくはファクタリング会社へ相談するようにしてください。

まとめ

土日でも即日入金対応してくれるファクタリング会社はいくつか存在します。

しかし、土日対応のファクタリング会社でも、印鑑証明書や納税証明書など、平日に公的機関の窓口へ訪問して取得しなければならない書類が必要な場合があります。

あらかじめどのような書類が必要になるのかを明確にしたうえで、確実に土日や祝日に資金調達できる業者を選びましょう。

なお、土日に資金調達できる業者は限られていますし、「土日でも資金を用意できる」と言って近づき、実は悪徳業者であったというケースも少なくありません。

平日であれば多数の安全な業者から自分に合った業者を選択できるため、時間に余裕があるのであれば、土日ではなく平日に数多くの選択肢の中から最も条件のよいファクタリング会社を選択しましょう。

 

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

インタビュー記事

interview article

インタビュー記事

請求書を最大98%買取ります
img
logo A社 B社
手数料 2〜20%
売掛金300万円の場合
振込金額240〜294万
15〜30%
売掛金300万円の場合
振込金額210〜255万
7〜25%
売掛金300万円の場合
振込金額225〜279万
申込方法 電話、WEB、出張訪問申込 来店申込 オンライン申込
審査通過率 92.25% 70% 40%
振込までの日数 最短当日 最短翌日 最短4日
ファクタリング
利用額
30万円以上の売掛金が必要 50万円以上の売掛金が必要 200万円以上の売掛金が必要
審査時の
必要書類
  • 身分証明書
  • 入出金の通帳
  • (WEB通帳含む)
  • 請求書
  • 見積書
  • 決算書
  • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
  • 売掛先との契約書類
  • 発注書、納品書、請求書など
  • 身分証明書
  • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
  • 決算書(税務申告済の押印必須)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛債権の因果資料
  • 入出金の確認事項
コメント 柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。 審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。 銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
お電話でのお問い合わせ

img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

無料相談はこちらから

お問い合わせ