ファクタリングとビジネスローンを比較、より効率がいい資金調達を検証します。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

事業の継続には、運転資金・つなぎ資金などの事業資金が必要です。企業や事業者が自己資金だけで用意できれば言うことなしですが、それだけでは足りない場合、どこからか資金を調達してくる必要があります。

資金調達方法にはさまざまありますが、中小零細企業や個人事業主の方に特に利用されているのがビジネスローンとファクタリングです。

今回はファクタリングとビジネスローン、利用者にとってより効率がいい資金調達方法を考えてみましょう。

ビジネスローンで資金調達

ビジネスローンは銀行や信販会社、消費者金融業者などが提供している無担保のローン商品です。一般的に銀行のビジネスローンは上場企業向けで、中小零細企業や個人事業主が利用するには融資条件が厳しく、審査にも時間がかかります。

一方、ノンバンクや信販会社、消費者金融業者は中小零細企業・個人事業主向けに即日融資・少額利用のビジネスローンを提供しています。特にノンバンクや消費者金融のビジネスローンは、銀行と比較して審査が緩いことが特徴です。

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンは中小零細企業、個人事業主にとってどのようなメリットをもたらすのでしょうか?

スコアリングシステムで審査のスピードが早い

スコアリングシステムとは、利用者の申し込み情報や信用情報、決算情報などを入力するだけで、自動的に融資の可否や融資可能額(限度額)が決定される仕組みです。あらかじめシステムに設定されている審査基準をクリアーした利用者が対象となるため、融資の申込み時点で判別されます。

わざわざ担当者が利用者の信用情報や書類等を吟味して融資の可否などを審査する必要がなく、早ければ即日で審査が完了、融資が可能となります。

無担保・無保証人でOK

無担保・無保証人で借りられるケースがあるところも、ビジネスローンが緊急時でもすぐに利用できるメリットと言えるでしょう。

銀行などから事業者がある程度まとまった資金を借り入れるためには、不動産などの担保や保証人を立てる必要があります。審査では利用者の返済能力のほかに不動産の評価や保証人の返済能力なども対象となるため、融資可否が出るまでに時間がかかってしまいます。

無担保・無保証人ということは担保に入れられる不動産がない人でも利用でき、なおかつ審査も短時間で完了します。

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンには銀行融資と比べると審査が緩く、資金調達のスピードも早いというメリットがあります。その反面、ビジネスローンの利用には慎重になるべきデメリットもあります。

金利が比較的高め

公的融資や有担保・有保証人の融資などと比べると、ビジネスローンの金利は高めに設定されています。貸し出す金融機関側からすれば、担保や保証人を取らないというリスクが発生するため、必然的に手数料を高くせざるを得ないからです。

借りる側は返済期間が長くなってしまうと負担する返済額も高額になってしまいます。つなぎ資金の調達に利用したはずが、金利で事業資金が圧迫されるという事態にも陥りかねません。

審査のための必要書類が多い

審査では確定申告書決算書事業計画書など書類の提出が必要です。また、ビジネスローンによっては複数年の所得を証明する書類が必要になるなど、一定以上の業歴が必要になるため、創業から間もない事業者は利用できない可能性もあります。

スピードが肝心の中小零細企業、個人事業の資金調達にとって、審査のための書類集めに事業活動の貴重な時間を奪われることは大きなデメリットとなるでしょう。

ファクタリングとビジネスローンを3つの要素で比較

ファクタリングは企業や個人事業が持っている売掛金をファクタリング業者が買い取り、資金化する売買契約の一つです。

主に中小零細企業や個人事業主のお客様に利用されている2社間ファクタリングは、取引先(売掛先)に通知不要で売掛金を売却、最短即日で資金を調達することができます。

一方のビジネスローンは負債を増やして資金を調達する融資契約ですので、同じ資金調達でも目的やシーンによって使い分けることが重要です。

調達スピードは五分五分

ファクタリングの資金調達にかかる時間は最短即日~5日(営業日)であり、買い取りを行うファクタリング会社や登記の有無、売掛金の種類などによって変わります。また、必要書類を予め揃えておくなどいくつかの条件をクリアすれば、申し込みをしたその日の内に資金を調達することも可能です。

ビジネスローンの場合は、あらかじめ必要書類を揃えた上で、審査にスコアリングシステムを採用しているノンバンクや消費者金融を利用すれば、入金までの期間を短縮することができます。

どちらも事前の準備をしっかりしていれば、申し込みをしたその日のうちに資金調達が可能です。

金利(手数料)も五分五分

初めてファクタリングおよびビジネスローンを利用するという前提に立てば、ファクタリングの手数料およびビジネスローンの金利(年利)の相場は次のとおりです。

2社間ファクタリング2%~20%
ビジネスローン2.5%~10%(銀行)

8%~18%(ノンバンク、消費者金融)

2社間ファクタリングにはノンリコース契約という特性があるため、3社間ファクタリングよりも手数料が高めに設定されています。ファクタリングもビジネスローンも調達コストは高いものの、短期間の資金ショートを脱する目的であれば小回りが効いて利用しやすい資金調達方法と言えます。

また、いずれも利用回数を重ねることで手数料(金利)の引き下げに期待できます。

眠っている資産の有効活用ならファクタリング

融資を簡単に言えば、マイナスの財産(負債)を増やして、金融機関からお金を借りる契約です。負債には返済の義務があるため、調達した資金で返済金利以上の利益を上げられなければ、トータルで見ると赤字が出てしまいます。

もし一時的な資金ショートをビジネスローンによって補うのであれば、短期間の完済が可能な返済計画を立てる必要があります。

一方で、ファクタリングは売掛金という資産をファクタリング業者に譲渡して資金を調達する契約です。数ヶ月先に振り込まれる現金を短期間で現金化できるため、キャッシュフローの安定化を図ることができます。

つまり、もともと会社や事業者が持っている「眠っている資産」をすぐに使える現金にするファクタリングは、利用者にとってきわめて効率的な資金調達方法なのです。

ファクタリングより効率がいい資金調達はBFで。

ファクタリング、ビジネスローンそれぞれに一長一短があり、いずれも使い方を間違わなければ中小零細企業・個人事業主にとって小回りの効く利用しやすい資金調達方法です。

資金ショートや運転資金の不足でまとまった資金が必要となった場合は、回収前の売掛金を活用するファクタリングをご検討ください。

私どもベストファクターはお客様の売掛金を手数料2%~で買い取り、御社の早期の資金調達を実現いたします。

「ファクタリングとビジネスローンのどちらを利用したらよいか?」というお問い合わせでも構いませんので、まずはお気軽にご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります ]

ファクタリングの流れ
お問い合わせ