個人事業主・中小企業に最適な資金調達方法

個人事業主や中小企業の資金調達方法として、なぜファクタリングが選ばれているかご紹介します。

中小企業の経営者にとって、資金調達は事業の継続や新規事業立ち上げ、従業員への給料の支払い等に欠かせない重要な課題です。

資金調達にはさまざまな方法がありますが、それぞれのメリット・デメリットを知り、自社にとって最適な方法を選択することが必要となります。

今回はさまざまな資金調達方法にスポットを当てながら、そのなかでもファクタリングが中小企業にとって適した資金調達方法である理由について解説していきます。

最適な資金調達を3つの方法から選ぶ

資金調達と一言で言っても、銀行融資や株式の発行など、その方法は多岐にわたります。

自社にとってどの方法が最適な資金調達方法かを見極めるには、次の3つの大きな分類で理解することが重要です。

  1. 負債を増やす方法
  2. 資本を増やす方法
  3. 資産を現金化する方法

3つの資金調達方法

それぞれの特徴と具体的にどんな方法があるのか、どんなメリット・デメリットがあるのか、詳しく解説していきます。

負債を増やす資金調達方法①

負債を増やす資金調達方法は、金融機関から資金を借り入れ、期日までに元金と利息を返済する方法です。

どの金融機関を利用するかによって審査が通りやすかったり、金利を抑えられたりします。

特に日本政策金融公庫であれば、審査に通りやすく低金利で借り入れできるというメリットがあります。

その反面、会社の信用力が重要視されるため創業期は借りづらく、また審査を通すために不動産や連帯保証人が必要とされることもあります。

さらに、事業計画書を作成する必要もあり、安定した売上が見込める事業計画や経営体制でなければ利用しづらいというデメリットがあります。

負債を増やす資金調達は、融資が実行されるまで時間がかかる資金の利用条件が制限されるという点にも注意が必要です。

資本を増やす資金調達方法②

資本を増やす資金調達方法としては、一般的に「持分(株式)の発行」が挙げられます。

株式は株式会社のみが該当しますが、持分は合同会社や組合などにも該当し、近親者などに出資してもらうという方法がそのひとつです

集めた資金は返済義務がなく、その使い道も限定されません

さらに、出資者(株主)に支払う配当も、会社の経営成績が不振であれば支払う必要もありません。

「株式発行は大企業がやるもの」というイメージも大きいですが、非公開企業や中小企業でも検討することができます。また、上記のようなメリットも大きく、実際に多くの企業で用いられている資金調達手段です。

ただし、投資家やベンチャーキャピタルなどの出資者(株主)は、出資してくれる代わりに決定権を持つ事業のパートナーとなるため、事業主がこれまでと同様の経営権で事業のコントロールができなくなるデメリットがあります。

資産を現金化する資金調達方法③

会社には不動産商品の在庫売掛金などの債権有価証券などさまざまな資産があります。

こうした資産を売却して現金化する方法の場合、帳簿価額や実際の価値よりも少ない買い取り額になるケースが多いものの、借り入れではないため返済の義務がありません。

売却できる資産とは、貸借対照表の資産の部にあるものすべてにその可能性があります。

当然ながら現金化するためには、その資産の買い手がいなければなりませんが、
負債や資産を増やすといった他の2つの方法と比べてリスクが低く、面倒な手続きも不要という点で、
個人事業主・中小企業にとって非常に重要な資金調達方法と言えるでしょう。

なによりも、資産を現金化する資金調達方法の最大のメリットは、資金をすぐに手にすることができるということです。

資産を売却する資金調達方法として、経済産業省などが推進するファクタリングが注目されています。

ファクタリングは中小企業に適した資金調達方法

私どもベストファクターがご提供させていただくファクタリングは、売掛金売掛債権)を買い取って現金化する資金調達方法です。

ファクタリングは「③資産を現金化する方法」のひとつで、資金調達の早さ低リスクという点で、多くの個人事業主様・中小企業様にご利用いただいております。

ここでは、ファクタリングが中小企業の資金調達方法として適している理由をご紹介します。

融資ではないから|理由1

ファクタリングは融資ではなく売掛金の売却に過ぎないため、利息もなければ返済期日もありません。

銀行融資やビジネスローンの場合、
すでに複数の金融機関から借り入れがあったり、延滞や税金の未払い等があったりすると審査が通らない可能性は高くなります。

一方、ファクタリングは融資ではないため、たとえ信用情報がブラックでも資金調達が可能です。

さらに、融資の場合は必要な書類を集めたり、面倒な手続きをしたりと審査が通らなくても手間や時間がかかります。

当社がご提供する2社間ファクタリングなら最短即日の入金が可能で、手数料も「買取額に対して5%~」と低めの設定です。

ファクタリングを利用することで、早期に資金繰りの改善や事業拡大を図ることができます。

売掛先の信用力を重視するから|理由2

金融機関から借り入れする場合は、必ず利用者の信用情報が照会されます。

借り入れ方法によっては不動産を担保に入れたり、連帯保証人を付けたりする必要もあるでしょう。

一方、ファクタリングの審査で重要なのは「売掛先の信用力」です。

ファクタリング会社にとってのリスクは、万が一売掛先の企業が倒産等で債務不履行(デフォルト)に陥った場合に、買取代金の回収ができなくなることです。

そのため、お客様の信用力よりも売掛先の企業の信用力の方を、私たちファクタリング会社は重要視するポイントにしております。

売掛先であるお客様の取引先の企業の経営状態が良好であれば、たとえお客様が

  1. 信用情報ブラックでも
  2. 税金に未払いがあっても
  3. 赤字決算であっても

ファクタリングをご利用いただくことができます。

さらに、2社間ファクタリング であれば取引先の企業にファクタリングの事実を通知することもありませんので、お客様はこれまでどおりのお取引を継続いただけます。

さまざまな業種で利用されているから|理由3

ファクタリングは、「取引先から後日支払いを受ける権利」をファクタリング会社に売却することで現金を得る資金調達方法です。

会社の商品やサービスを取引先に提供することで発生する、売掛金をはじめとした「取引先から後日支払いを受ける権利」をお持ちの企業様であれば、どなたでもファクタリングをご利用いただけます。

実際に私たちベストファクターでは、各種製造業、サービス業、医科(病院やクリニック)、歯科、調剤薬局の経営者様や、介護事業所の経営者様など、様々な方の資金調達を支援させていただいております。

まとめ

資金調達方法は多岐にわたりますが、資金の必要性や資金調達までのスピード、リスク等を慎重に検討し、自社にとって最適な資金調達方法を選択することが重要です。

私どもベストファクターでは、資金調達だけではなく、資金繰りの改善や経営の改善についてのお手伝いもさせていただいております。

ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングの申し込みPC
他社との手数料比較表
ファクタリング手数料比較表
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取