ケアハウス(軽費老人ホーム)の資金調達は介護報酬ファクタリングが有効

ケアハウス(軽費老人ホーム)の資金調達は、最短即日・格安手数料で利用できる介護報酬ファクタリングがおすすめです。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

日本の高齢化、介護事業の増加に伴い、ケアハウスの需要が高まりつつあります。

介護サービスの対価として支払われる介護報酬は、高齢者介護の現状や経済情勢を鑑み、3年に1度見直しが行われています。

2018年度の介護報酬改定では2012年度以来のプラス改定となったものの、サービスの種類や規模によっては報酬が引き下げられ、厳しい資金繰りの中で経営されているケアハウス事業者の方も少なくありません。

本稿では、ケアハウスを経営されている方の資金需要や資金繰りを解決する方法として、介護報酬ファクタリングをご紹介します。

四ツ柳
ファクタリングは、介護事業主様にとって資金繰りの安定化の選択肢の1つです。

ケアハウスの資金繰りの課題

ケアハウスを経営していくうえで、どのような資金繰りの課題に直面することになるのでしょうか?

介護報酬の支払いが約2ヶ月後

ケアハウスの売上の大部分は、施設の利用料と国保連に対する介護報酬の請求から構成されています。

国保連からの介護報酬が入金されるタイミングは、介護サービスを提供してから約2ヶ月先です。たとえば、8に提供した介護サービスの介護報酬が国保連から入金にされるタイミングは10末となります。

一方、入金日までの間に職員の給料や施設の光熱費、食事提供の食材費、借入金と利息の支払いなど、ケアハウスの経営に必要な出費は支払い続けなければなりません。

介護報酬が支払われるまでの期間が長いことは、ケアハウスの資金繰りの大きな課題なのです。

「売上はあるのに手元に現金が入ってこない」という状況が続けば、職員の給料日を遅らせたり、老朽化した設備を使い続けたりといった事態に陥り、引いては介護サービスの質の低下にもつながります。

ケアハウスは入所者が増えれば安定した収入が見込まれますが、入出金のタイムラグについてしっかりと対策を講じておく必要があります。

四ツ柳
資金繰りの安定こそが経営の基盤となります。

設備投資や従業員の給与アップができない

昨今のケアハウスは入所者の重度化やプチ特養化が進み、設備投資の必要性や従業員の業務レベルが高まっています。

競合の施設との差別化や職員の継続的雇用のためにはまとまった資金が必要となりますが、資金繰りの厳しい状況で実現できていないケアハウスがほとんどではないでしょうか。

ケアハウス経営についての課題をまとめた公開資料を見ると、「老朽化した設備をそのまま使っている」「管理職が賞与を辞退している」など、多くの事業者が資金の捻出の目途が経っていないと報告しています。

設備の老朽化や人件費の問題は、引いては介護サービスの質の低下にもつながるため早急な解決方法が必要です。

四ツ柳
長期的視点から短期的に起こりうる問題を、私たちは解決します。

銀行はなかなか資金を融通してくれない

事業の運転資金の調達は銀行融資がもっともメジャーな方法ですが、「すでに数社から借り入れがある」「節税対策のために赤字経営」「各種税金の滞納がある」などの理由で借入ができない事業者の方は多いようです。

さらに、「職員の給料日まで」や「仕入先への支払日まで」といった急ぎの資金調達が必要なときに、5~7営業日ほどかかる銀行融資では間に合わないこともあります。

銀行は大きなリターンが望める大手企業の事業投資などには積極的でも、中小零細企業や個人事業主のつなぎ資金を融通してくれるほど協力的ではありません。

ケアハウスを経営されている方は、いざというときの資金需要に第二、第三の資金調達方法を持っておくことが大切です。

四ツ柳
資金の調達源泉の多様化は、経営にとって最重要課題です。

ケアハウスの資金調達は介護報酬ファクタリング

ファクタリングによる資産変動

介護報酬ファクタリングとは、介護事業者が国保連に対して持っている介護報酬債権を売却、最短即日で現金化する資金調達方法です。

介護サービスを提供してから約2ヶ月後に受け取れる介護報酬を最短即日で現金化、職員の給料や月々の光熱費などケアハウスの運転資金に充てることができます。

ファクタリングは銀行融資よりも審査が緩く、現金化までのスピードも早いため、たとえば赤字経営や債務超過であっても、入金前の介護報酬債権があれば利用できます。

ケアハウスの早く確実な資金調達は、介護報酬ファクタリングがおすすめです。

四ツ柳
ファクタリングは、資金調達とリスクヘッジという2つの側面があります。

介護報酬ファクタリングのメリット

介護報酬ファクタリングが、介護事業者の方の資金調達として重宝する理由をご紹介します。

最短即日で資金調達が可能

ファクタリングの最大のメリットは、申し込みから入金までのスピードが早いことです。

契約の種類や業者によっても異なりますが、弊社が得意としている2社間ファクタリングであれば平均1日~5日以内に現金を調達することができます。

お申し込みの前に即日希望のご連絡をいただいたり、あらかじめ必要書類を揃えていただいたりすることで最短即日の現金化も可能です。

さらに、弊社の2社間ファクタリングは売掛先への通知や承諾が不要なため、秘密厳守で資金調達をしたい事業者の方におすすめしています。

介護報酬債権の買取手数料を安く抑えられる

2社間ファクタリングの手数料相場は2%~20%ですが、介護報酬ファクタリングの手数料は相場よりもさらに安くなる可能性があります。

ファクタリングの可否や手数料は「売掛先の信用力」と「売掛債権の種類」が大きく影響します。つまり「誰に対して、どんな売掛債権を持っているかが重要」ということです。

介護報酬債権
売掛先の信用力 → 国保連は倒産などのリスクが極めて小さい
売掛債権の種類 → 支払い遅れや貸し倒れのリスクが極めて小さい

国の機関である国保連が倒産するとは考えにくく、介護報酬は支払い遅れや貸し倒れなく決まった日に必ず入金されます。

つまり、介護報酬ファクタリングの売掛先と債権そのものの信用力は申し分なく、弊社のようなファクタリング業者にとっては「手数料を抑えてでも買い取りたい債権」なのです。

ケアハウスの資金調達のご相談はベストファクターへ

弊社の介護報酬ファクタリングは、あらかじめ必要書類を揃えておくなどしていただければ、最短即日の現金化が可能です。

さらに弊社では、お客様のケアハウスの売上を伸ばしつつ、介護利用者の方に質の高いサービスを提供していただくための「財務コンサルティング」も提供しております。

お客様が本来注力すべき業務に集中していただけるようバックオフィス業務を代行、経営改善や売上アップも視野に入れたコンサルティングサービスです。

ファクタリングをご利用いただいた方にサービスを提供しており、実際に資金繰りやケアハウス経営を改善されたお客様もいらっしゃいます。

資金調達や資金繰りでお悩みの方は、ぜひ私どもベストファクターまでお気軽にご相談くださいませ。

「介護報酬ファクタリング」関連記事
[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ