事業資金の調達方法としてファクタリングが経営者の方に選ばれる理由をご説明します。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

経営者にとって最も重要な業務のひとつである「資金繰り」。資金繰りが悪化すると会社が立ち行かなくなるため、経営者は常に資金繰りに気を配らなければなりません。しかし、ときには納税や賞与など、まとまった支払いのタイミングが重なって資金繰りが悪化するケースもあります。

資金繰りの改善方法としては金融機関からの借入が代表的ですが、最近では中小企業の経営者の方を中心にファクタリングの利用も増えています。

今回は、なぜファクタリングが資金調達方法として選ばれているのか、資金繰りを改善するためには何をすべきかについて解説していきます。

そもそも資金繰りとは

資金繰りで現金の流れを管理する

資金繰りとは経費などの支払いのために、会社に入ってくる資金(収入)と出ていく資金(支出)の流れを管理することです。営業活動では事業所の家賃、仕入代金、従業員の給与、外注費などさまざまな支払いがありますが、経営者は会社の資金の流れを把握し、支払いが滞りなくできるよう資金繰りをコントロールしていかなければなりません。特に納税と年に2回の賞与のタイミングは資金不足に陥りがちです。

資金繰りが上手くいかないと営業活動をするうえで必要な支払いができないために、銀行など金融機関から借入をして資金調達をすることになります。しかし、借入を断られてしまうと支払いもできなくなり、事業の継続ができません。最悪の場合、倒産に陥ることも考えられます。

さらに、企業が利益をあげていたとしても、売掛金や手形など売上債権が回収できないでいると資金難に陥ってしまい、売上があるのに資金が不足する「黒字倒産」の可能性も出てきます。

借入による事業資金調達

借り入れのメリット・注意点

資金繰りの悪化により手元の現金で支払いができなくなった場合、外部からの資金調達が急務となります。事業資金調達の代表的な手段が、取引のある銀行や信用金庫、あるいは公的金融機関からの借入です。最近ではノンバンクや消費者金融などが提供する無担保・短期間のビジネスローン商品も広がりをみせています。

借入で事業資金を調達するメリット

銀行や信用金庫、公的金融機関からの融資を受ける場合の最大のメリットは、金利が低いことです。借入金にもいくつかの種類がありますが、とりわけ銀行や日本政策金融公庫の事業者向け融資であれば、金利1%未満で借入も可能です。

ただし、業暦が浅かったり業績に不安があったりする中小企業の場合は、信用保証協会の保証を受けることが求められるケースが少なくありません。この場合、借入金利とは別に信用保証料が必要となり、また借入を受けるまで10日前後の時間がかかってしまいます。

借入で事業資金を調達する際の注意点

融資を受ける際には、資金使途事業計画等を金融機関に説明する必要があります。たとえ黒字の会社でも資金使途が不明瞭では、銀行はお金を貸してくれません。

さらに、赤字補填のように回収の見込みがない資金使途でお金を借りることはできません。売上が減少している場合は資金繰り表を作成して、返済能力に問題がないことをアピールする必要があります。

ファクタリングによる事業資金調達

ファクタリングのメリット・注意点

融資を断られた方でも回収前の売掛金があれば、ファクタリング会社に売却して事業資金の調達が可能です。ファクタリングで調達した資金は設備投資や各種経費の支払い、つなぎ資金など会社の資金繰りの改善に役立てることができます。

ファクタリングで事業資金を調達するメリット

ファクタリングのメリットのなかでも特筆すべきは「審査の緩さ」と「最短即日の入金スピード」です。赤字経営や債務超過、税金滞納など融資の審査では不利とされる状況でも、ファクタリングなら資金調達が可能で、なおかつ必要書類を事前に揃えておくなどの条件をクリアすれば、最短即日で事業資金を調達できます。

さらに、利用者とファクタリング会社の2社間で契約する「2社間ファクタリング」であれば、売掛先の企業、取引のある金融機関など第三者にファクタリングの事実を知られることが一切ありません。

わが国のファクタリングの普及率は高いとは言い難い状況ですが、借入に依存しがちな中小企業の新たな資金調達方法として、経済産業省もファクタリングの利用を推奨しています。

ファクタリングで事業資金を調達する際の注意点

ファクタリングを利用する際にネックとなるのが手数料率です。「3社間ファクタリング」と「2社間ファクタリング」の手数料率の相場はそれぞれ次のとおりです。

契約形態手数料率の相場
3社間ファクタリング1%~9%
2社間ファクタリング10%~20%

ファクタリングの手数料率は何パーセントまでだったら自社の資金繰りの改善に有効かの指標となります。これが売掛債権の粗利益率営業益率を上回るようであれば、利用会社はファクタリングに依存する体質かつ業績悪化から抜け出せなくなってしまいます。

財務コンサルティングで資金繰り悪化の根本原因を解決

金融機関からの借入やファクタリングで不足する事業資金を充当することはできても、それでは資金繰り悪化の応急処置に過ぎず、根本的な解決にはなっていません。資金繰りを改善し、会社の財務体質を強化するのであれば、資金繰りを悪化させている根本原因の究明と改善を試みる必要があります。

弊社を含むファクタリング会社の多くは、売掛債権の買い取りのみならず、ファクタリング利用会社の資金繰り改善と事業再生をサポートする財務コンサルティングを提供しています。

ファクタリングで調達した資金を如何に活用して資金繰り改善につなげるか。ファクタリング会社を選ぶ際は、優良か悪徳か、仮審査で提示された手数料は許容範囲かといった要素はもちろん、自社の資金繰り改善についてどこまで真摯にサポートしてくれるかという点に目を向けることも大切です。

ファクタリング会社への投資

ファクタリングの投資リターン

いま、ファクタリング会社は非常に魅力的な投資商品として欧米圏を中心に注目を集めています。なぜなら、ファクタリング会社に投資することで、投資家は大きなリターンを得られ、他方、ファクタリング会社も資本が増えればそれだけ利益を上げられるからです。仮にファクタリングの利益を10%、投資家への分配を2%とすれば、投資家は出資額に応じて年24%のリターンを得る可能性があります。

ファクタリングによって資金繰りを改善したうえで、さらに「得られるお金を如何にして増やすか」をお考えであれば、ファクタリング会社への投資がその一手となるでしょう。

資金繰り改善はベストファクターにご相談ください

コンサルティング・バックオフィスサービス

私どもベストファクターは、売掛先にファクタリングの事実を知られたくない中小企業や個人事業主様向けに「2社間ファクタリング」を提供しております。

業界最低水準の手数料率「2%~」、あらかじめ必要書類を揃えていただければ最短即日のご入金も可能です。

ご契約いただいたお客様には無料の財務コンサルティングバックオフィス代行業務も提供しております。資金繰りにお悩みの方はぜひ弊社にご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ