【緊急ファクタリング】でスピード資金調達「来店不要オンライン審査」

緊急の資金調達は、来店不要のオンライン審査を提供するファクタリング会社がおすすめ!

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

ファクタリングがスピーディーな資金調達を可能とする要因のひとつに「オンライン審査」があります。

オンライン審査はファクタリング会社の担当者のヒアリングと必要書類の情報により、短時間で売掛金の買取可否、手数料が確認できるサービスです。

本稿では、他の資金調達方法と比較したファクタリングの利点とファクタリングを利用したスピーディーな資金調達について解説していきます。

緊急性を伴う資金調達はファクタリングで

ファクタリング最大のメリットは、最短即日で資金調達ができることです。

「今すぐ運転資金の調達が必要」「下請けへの支払い期日が迫っている」など、緊急性を伴う資金調達はファクタリングのご利用をおすすめします。

企業が抱える資金繰りの悩み

企業間の取引では、商品を取引先に引き渡し、代金は後払いの信用取引(掛取引)が主流となっています。

商品の引き渡しから代金が入金されるまでの期間に納入企業が保有する「支払日までに代金を受け取る権利」売上債権売掛債権代金そのものを売掛金と呼びます。

通常、売掛金は決済までに1ヶ月~3ヶ月ほどの期間を要しますが、このタイムラグが企業のキャッシュフローを圧迫する要因のひとつとなっています。

回収前の売掛金を多く抱える企業は、決済日までの間、手元に資金が入ってこない状態で事業を回さなければなりません。

資金力に乏しい中小零細企業にとって売掛金のタイムラグは、資金ショートなどのリスクをはらんでいるのです。

そのため、事業資金不足や資金ショートを回避するためには、早急な資金調達が欠かせません。

借入は資金調達までに時間がかかる

企業の資金調達といえば、銀行や公的金融機関からの借入が第一に挙げられます。

しかし、借入の審査に必要な2期以上の決算書や事業計画書を揃える手間がかかるうえ、審査を経て手元に現金が入ってくるまでにも、最短で1週間ほどの時間がかかります。

もちろん債務超過赤字決算などがあれば審査は通りにくくなり、担保や保証人の用意がなければ借りられない場合もあります。

一方、ファクタリングは回収前の売掛金があれば、借入を断られた企業でも無担保・無保証人で資金調達できる可能性があります。

四ツ柳
ファクタリングの審査は、売掛先からしっかり支払ってもらえるかが重視されます。

「来店不要オンライン審査」でスピード資金調達

ファクタリング最大のメリットであるスピード調達を可能にしているのが、来店不要のオンライン審査です。

地方を拠点に事業されている方、日々の業務で忙しい方でも、電話やネットだけで資金調達の可否が確認できます。

オンライン審査に必要な書類

ファクタリングの審査に必要な書類は次のとおりです。

  • 本人確認書類(免許証・パスポートなど)
  • 通帳の入出金(WEB通帳含む)
  • 請求書・見積書・基本契約書(取引先との契約関連書類)

審査時に必要となる書類の多くは、既にお客様の手元にあるものと思われます。

これらを書類アップロードフォームよりベストファクターに送信いただければ、その場で審査結果がわかります。

四ツ柳
資金調達を急がれる場合、書類の用意や送付の早さも重要です。

最短即日で資金調達をするためのポイント

ファクタリングは最短即日で現金化の可能ですが、次のポイントを押さえておく必要があります。

①2社間ファクタリングを利用する

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングとがあります。

資金調達のスピードを重視するなら、最短即日の現金化が可能で、なおかつ売掛先(取引先)の通知・同意が不要な2社間ファクタリングがおすすめです。

ただし、2社間ファクタリングはファクタリング会社の貸し倒れリスクが高まるため、3社間ファクタリングに比べると手数料が高めに設定されています。

売掛金の売却先を選ぶ際は、ファクタリング各社が提供している無料診断等で見積もりを比較検討しましょう。

②信用力のある売掛金を売却する

ファクタリングの審査では、一般的に売掛先の信用力が重視されます。

たとえば上場企業や国の機関と継続的に行われている取引の売掛金であれば、資金調達までのスピードはもちろん手数料もお得になります。

また、ファクタリング会社によっては得意とする業種も違う場合があるため、なるべく業界に精通しているファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらうことをおすすめします。

③なるべく決済日が近い売掛金を売却する

ファクタリングの審査では売掛金の決済日も重要なポイントです。

たとえば決済日までのタイムラグが1ヶ月後と3ヶ月後では、後者のほうが決済日までに売掛先の業績が悪化したり、倒産のリスクが高まったりするおそれがあります。

つまり、複数の売掛金を保有している場合、なるべく決済日が使い売掛金を売却したほうがは現金化までのスピード、買い取り手数料の点で有利になるのです。

契約は来店不要の対面契約がおすすめ

オンライン審査によって売掛金が買取可能とわかれば、続く手続きは債権譲渡の契約です。

ファクタリング会社によっては、審査から契約まですべてオンラインで完結するところもあり、通常の業務が忙しいという方にとっては、オンライン完結型は便利なサービスです。

しかし、ファクタリングは契約者の方の人柄も重要視されます。手数料の交渉の余地もあるため、対面契約のファクタリング会社をおすすめします。

対面契約はファクタリング会社の担当者が来社して手続きを進めます。契約者の方は来店不要で余計な手間がかかりません。

四ツ柳
審査は速やかに、契約は説明責任を果たすことを大切にしています。

緊急ファクタリングはベストファクターで

ファクタリングのオンライン審査と最短即日の資金調達のポイントを解説しました。

私どもベストファクターはスピード審査全国出張対応を強みとするファクタリング会社です。

特に秘密厳守の2社間ファクタリングを得意とし、最短即日のファクタリングを業界最低基準の手数料「2%~で承っております。

緊急の資金調達が必要なお客様については、事前にその旨をお伝えいただくことで柔軟に対応いたします。

さらに、資金調達や資金繰りのアドバイス、お客様の会社のバックオフィス業務の代行等コンサルティングサービスも充実しております。

売掛金の買い取り手数料診断も無料でできますので、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ