ファクタリングで与信管理・信用リスクを回避

ファクタリングを利用すれば、早急な資金調達のみならず、売掛金の未回収リスクを完全に回避することができます。

運送業や製造業を営む企業にとって、「商品やサービスを取引先に納品・提供した後、ちゃんと代金(売掛金)が支払われるかどうか?」とは、事業を進めていく上で常に付きまとう悩みではないでしょうか。

ファクタリングは売掛金をファクタリング会社に売却、早期の現金化を可能にする方法として紹介されますが、実はそれだけでなく「売掛金未回収のリスクヘッジ」という大きな役割も果たします。

今回は企業間の取引では避けて通れない取引先との掛け取引について、さらに売掛金の未回収リスクを回避する有効な方法としてのファクタリングについて解説していきます。

信用取引=与信とは

個人事業であれ中小企業であれ、何らかの取引をしたことがあれば「与信」という言葉はご存知でしょう。

銀行などで融資の審査を受ける際によく使われる言葉ですが、企業が商品やサービスを巡って取引するときにも「与信」が大きく関わります。

企業間における取引のほとんどは、都度現金と商品・サービスを交換する現金取引ではなく、商品やサービスを納品・提供した1ヶ月後から1年後に代金を受け取る取引を行います。

このように、取引先が後から商品・サービスの代金を支払ってくれると信用を供与することを「与信」と言い、商品やサービスを納品・提供した後に代金の支払いを受ける取引を「信用取引」と言います。

信用リスクとは「与信管理の必要性」

与信取引には、取引先が倒産などで商品・サービスの代金を払えず、売掛金が回収できないために自社の事業資金がショートしてしまうかもしれないという「信用取引」が常に伴います。

これが「信用リスク」であり、取引先が大企業や国の機関であれば支払いが遅れたり倒産したりする心配も少ないため、売掛金の未回収=与信リスクは低くなりますし、逆に新規や小規模な取引先であれば与信リスクは高くなります。

取引先の経済状況によっては、売掛金の回収が遅れたり、回収不能に陥ったりして自社の現金が不足、仕入先への仕入れ材料費や従業員の給与が支払えなくなる事態にもなりかねません。

信用取引で売掛金を回収し、自社の資金繰りを正常に保つためには、与信を継続的に管理する必要があります。

与信管理で売掛金回収リスクを回避

与信管理とは、取引先の信用力に応じて、取引可否や取引の規模(売掛金の額)をコントロールすることです。

たとえば、倒産する可能性の高い取引先とは、未回収となっても自社にとって大きな損失とはならない範囲の売掛金の額で取引する、あるいは取引自体を見送るなどが考えられます。

売掛金未回収のリスクヘッジのためには、取引先の信用力や将来的な動向を予測したり分析したりしながら、取引額を調整し、損失を抑えながら売掛金を回収できるよう管理することが重要です。

しかし、大企業であれば与信管理部門といった債権管理の部署を組織することはできても、規模の小さい会社では与信管理にまで人員や人件費を回すことは難しいのではないでしょうか?

また、売掛金などの債権の回収ができないとなると、どうしても法的処置を取らざるを得ず、これにも費用や時間がかかりますし、法的措置を取ったからと言って確実に回収できるとは限りません。

そのような状況があるからこそ、個人事業や中小企業の与信管理・売掛金未回収のリスクヘッジにファクタリングは有効な手段だと言えるのです。

ファクタリングが売掛金回収の保険となる理由

では、なぜファクタリングが個人事業・中小企業の与信管理・売掛金未回収のリスクヘッジに有効なのか、その理由を解説していきます。

ファクタリングは早期の資金調達で自社の資金繰りを改善するサービスとしてクローズアップされることが多いのですが、信用リスクを回避する方法としてもご活用いただけます。

売掛金を先に支払ってもらうことができる|理由①

ファクタリングを活用することで得られる最大のメリットが、未回収の売掛金をファクタリング会社に売却して現金を調達できることです。

これは言い換えれば、取引会社(売掛先企業)の未回収の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、売掛金を先に支払ってもらう方法とも言えます。

ファクタリング会社に売掛金を売却した際は手数料がかかるため、満額の売掛金を受け取ることはできませんが、それでも未回収リスクは無くなります。

信用リスクをファクタリング会社に移せる|理由②

2社間ファクタリングの多くが「償還請求権なし(ノンリコース)」の契約です。

償還請求権とは取引先の企業の倒産などにより売掛金が回収不可となった場合、ファクタリング会社が利用者に対して支払いを請求できる権利のことを言います。

つまり、2社間ファクタリングで売掛金を売却して現金を調達した後、万が一取引先が倒産して売掛金が回収不可となっても、ファクタリング会社が損失を背負うため、お客様に支払い義務は発生しません。

そのため、売掛金の種類と取引先の信用力によっては、ファクタリング会社が負うリスクが大きいと判断され、手数料が高めに設定される可能性があります。

私どもベストファクターでは、ご依頼主様と当社との2社間ファクタリングを手数料「2%~20%」で提供しております。

取引先を審査することで与信管理ができる|理由③

ファクタリングの審査は、取引先の信用力と売掛金の種類を重視します。

なぜなら、ファクタリング会社にとって、取引先から確実に売掛金が回収できるかどうかが重要だからです。

審査によって取引先の与信リスクが高ければ買取額は少なく(手数料が高く)なりますし、あまりにも信用力の少ない取引先・売掛金では買い取り自体がお断りされる場合があります。

つまり、与信管理は安全な会社とは取引を拡大していく一方で、危ない会社とは取引を小さくして与信リスクを回避・低減することですので、ファクタリングの審査結果が格好の判断材料となるのです。

このように、ファクタリングの活用は資金調達のみならず、未回収リスクによる資金ショートから自社を守ることにもつながるのです。

ファクタリングで与信管理・信用リスクを回避するには

改めて、与信管理・売掛金未回収のリスクヘッジとしてのファクタリングの有効性をまとめると次のとおりです。

  • 未回収の売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらえる
  • 信用リスクをファクタリング会社に移せる
  • 与信管理ができる

ファクタリングが個人事業や中小企業にとって、資金調達以外にも効果的な活用方法があることがおわかりいただけたかと思います。

私どもベストファクターは、運送業や製造業をはじめとするお客様のビジネスパートナーとして、または財務コンサルティングのプロとして、資金繰りのお悩みから解放され、主事業へと注力していただくことを目的としております。

ぜひお気軽にご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングで資金調達
他社との手数料比較表
他社との手数料比較表最低2%
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取
お問い合わせ
インタビュー記事一覧