資金ショート回避にはファクタリングが効果的

資金ショートの回避対策としてなぜファクタリングが効果的なのかをご紹介します。

企業経営において避けなければならないことのなかに、資金ショートがあります。

ファクタリングを利用すれば、資金ショートを回避できます。

いくら利益が出ていても手持ちのお金がなければ、経営に大きな支障が出てしまい、黒字倒産につながりかねません。

この点で資金ショートは、経営の急所の1つといえます。

資金ショートが起きる主な原因として、支払いサイトが長い売掛金があります。

売掛金は経営を悩ませる原因である一方、ファクタリングを利用することで早期の現金化も可能です。

ここでは資金ショートを回避するためにファクタリングを活用するポイントについて、解説していきます。

資金ショートは経営の急所

資金ショートは黒字倒産につながる経営の急所であるため、経営基盤が強くない個人・中小企業は、資金不足を確実に回避する対策を取る必要があります。

多くの商取引では、サービスや製品を納入したからといって、その場で現金がもらえる訳ではありません。

取引の多くは「月末締めの翌月末払い」といったように、後払い方式が多いものです。

また最近ではクレジットカードや電子マネーの普及により、これまで現金決済が主体であった個人向けの取引においても、事業者への入金が後払いとなるケースが増えてきています。

後払い方式の場合、売上が上がった時点で 売掛金 はあります。確かにそれは資産です。

しかし、支払日までの間は、実際に使えるお金を手にすることができません。

このため、どれだけ儲かっていても企業の運転資金に使うお金が無いといった、いわゆる資金ショートが起きる可能性があります。

特に支払いサイトが長い売掛金を多く抱えている場合、企業の運転資金の確保にはより注意が必要であり、経営の主な悩みどころともなります。

また資金ショートに陥ると、以下のような支払いの遅延を引き起こす原因となり、会社の信用を落とすことにつながります。

  • 取引先への代金の支払いの遅延
  • 税金の不払い、または遅延
  • 従業員への給料の遅配

特に売上を拡大したいがためにキャッシュフローを考慮しない経営を行うと、資金ショートに陥る恐れがあります。

倒産につながる可能性もありますから注意しなければなりません。

資金ショートの回避にはファクタリングが効果的

どんなに黒字経営をしていても、資金ショートが発生してしまえば経営上の危機に直面することとなります。

資金ショートを解決するには融資を受けること以外に、売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらう「ファクタリング」を利用する方法があります。

ここでは資金ショートの際にファクタリングを利用するメリットについて、解説します。

売掛金の譲渡なので、審査が緩い

ファクタリングを利用する際の審査は、売掛先がきちんと売掛金を支払えるかという点が主なポイントとなります。

従って金融機関から融資を受ける場合の審査とは大きく異なり、利用企業の経営状態は審査に大きな影響を与えません。またファクタリングの審査自体も、短い時間で行うことが可能です。

社歴が浅くても赤字企業でも利用できる

ファクタリングは売掛金を現金化するものですから、融資ではありません。

そのため以下のような企業でも、確定した売掛金さえあれば利用することができます。

  • 創業したばかりの企業
  • 赤字決算の企業
  • 債務超過に陥った企業

負債を増やさずに資金調達

ファクタリングは売掛金の譲渡であり、借入ではありません。

売掛金」という資産を売却して、普通預金という流動性の高い資産を増やすことになりますから、会計上の負債額が増加しないというメリットがあります。

オフバランス化により経営指標が向上

オフバランス化 とは、経営指標で分母となる総資産を増やさずに資金調達をすることで、総資産事業利益率などの経営指標が向上することを指し、融資や増資などによる資金調達と対照して使われます。

ROAなどの経営指標は現在のすべての資産でどれだけの利益を生み出したかという点が考慮されます。

以下、表を使って説明いたします。

負債による資金調達

負債100万円が増えることで、総資本が100万円増加します。

資産の増加負債の増加
現金:100万円短期借入金:100万円

経営成績が向上しても分母である負債が増加しているため、経営指標が低下するケースがあります。

ファクタリングによる資金調達

使えない資産100万円が減少することで、使える資産が95万円増加します。

資産の減少負債の変動なし
売掛金:-100万円-
資産の増加負債の変動なし
現金:95万円
支払手数料:-5万円
-

経営成績が向上した場合、負債による調達と比べて分母が小さいため、経営指標の向上が期待できます。

経営指標が良ければ、銀行からの融資や、投資家からの投資を集めやすくなるため、実際の経営に好循環をもたらす効果を与えます。

入金までの日数が短い

ファクタリングの審査は短い時間で行うことが可能であるため、必要書類がそろっていれば、入金までの日数も短くて済みます。

入金までの期間
2社間ファクタリング即日~1週間
3社間ファクタリング1~2週間

ベストファクターでは、最短即日~3日以内での入金が可能です。

金融機関からの融資よりも優れている点

ファクタリングは金融機関からの融資と比べて、さまざまなメリットがあります。

金融機関からの融資を受けることは、会社にとって負債の増加となります。従って未来にかけて確実に返済できるかどうか、金融機関などによる審査が行われます。

特に創業したばかりの会社や経営状態の悪い会社は、融資を断られる場合も多いでしょう。

また融資の審査には、時間がかかる場合もあります。

しかしファクタリングの場合は確定した売掛金さえあれば、現金化することで資金ショートの解消に役立ちます。特に2社間ファクタリングの場合は、速やかな現金化も可能です。

ベストファクターを利用するメリット

現在ではさまざまな会社が、ファクタリングのサービスを提供しています。そのなかでもベストファクターを利用することには、さまざまなメリットがあります。

ファクタリングの利用が売掛先に知られずに済む

ベストファクターは、2社間ファクタリングに特化したファクタリングを運営する会社です。

2社間ファクタリングは、ベストファクターと利用する会社との2社だけで契約を行います。

売掛先の企業には知られることはありませんから、自社の信用を下げるなどの心配をすることなく資金調達をすることができます。

とにかく手数料が安い

ファクタリングの手数料は、2社間の場合は15~30%、3社間の場合は1~9%が一般的です。

しかし、ベストファクターでは2社間ファクタリングでありながら、最低5%の手数料率からファクタリングサービスを提供することができます。

またファクタリング会社によっては、債権譲渡の登記が必須の場合もあり、10万円~20万円の費用が追加でかかる場合もあります。

ベストファクターでは債権譲渡登記をしなくてもファクタリングの利用ができますから、他社よりも確実に低い手数料で利用できることがメリットです。

30万円以上からの少額利用が可能

ファクタリング会社では、ファクタリングを利用できる最低金額を設定しています。一般的に2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方が最低額が高く、最低200万円以上の売掛金が必要という業者もあります。

ベストファクターでは、中小企業や個人事業のお客様でも利用しやすい最低30万円から売掛金の買取りを行っています。

まとめ

現代では、どのような企業であってもキャッシュフローを重視した経営が必要であり、とりわけ資金ショートには注意が必要です。

会社の運転資金が無い状態での経営は、大変苦しいものです。

しかし、売掛金が多い場合は、ファクタリングを利用することで早期の現金化が可能となり、キャッシュフローの改善が図れます。

もっともファクタリングの利用には手数料がかかります。

手数料率があまりに高いと、入金される額はそれだけ少額となりますから、結果として経営を圧迫することとなります。

ベストファクターでは2社間ファクタリングでありながら、最低5%の手数料率を実現していますので、最小限の負担で健全な経営をするための手助けとなります。

困ったときは相談だけでもお気軽に、ベストファクターへお問い合わせください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングで資金調達
他社との手数料比較表
他社との手数料比較表最低2%
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取
お問い合わせ
インタビュー記事一覧