キャシュフローを改善し、事業収支に好循環のバランスを解説します。
ファクタリングは経営に向上サイクルをもたらします。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

ファクタリングを利用することにより、眠っている売掛債権を現金化して支払期日前にまとまった資金を調達することができます。

調達した資金は仕入先や外注先への支払い、従業員の給与、設備投資など事業使途であれば自由にお使いいただけますが、ファクタリングの真価はキャッシュフローを改善することにあります。

本稿では事業のキャッシュフローが悪化する原因にフォーカスして、ファクタリングが如何にキャッシュフロー改善に役立つかを解説します。

事業のキャッシュフローが悪化する原因

キャッシュフローの悪化原因

事業のキャッシュフローが悪化する原因はさまざまですが、大きく分けて次の6つが考えられます。

キャッシュフローが悪化する主な原因
  1. 売上債権の増加
  2. 商品在庫の増加
  3. 過剰な設備投資
  4. 売上債権の回収と支払債務のタイムラグ
  5. 収益の減少
  6. 費用の増加

このうち、売上債権売掛債権)にかかわるキャッシュフロー悪化の原因は「1.売上債権の増加」と「4.支払サイトと入金サイトのバランスの悪化」です。

売上債権の増加

売掛金受取手形など、後日現金の受け取りができる権利のことを売上債権と言います。

売上債権の増加は売上が伸びているとも言えるのですが、売上債権が早いペースで増加しているということは、売上アップのために資金力が乏しい取引先と強引に契約をしている可能性があります。取引先が経営難に陥ると代金回収が滞り、連鎖倒産黒字倒産と言ったリスクが発生します。

収支のバランスの悪化

売上債権は取引が発生してから実際に入金されるまでに数ヶ月の時間(支払サイト)を要します。その間に仕入先への支払いや人件費、外注費などの支出が重なれば、収支のバランスが崩れてキャッシュフローが悪化してしまいます。つまり、支払サイトが長ければ長いほど、キャッシュフロー悪化のリスクがあるということです。

ファクタリングでキャッシュフローの改善

キャシュフロー改善策

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却することで、支払期日前にまとまった資金を調達できるサービスです。

売掛債権は通常、支払い期日が訪れるまで現金化することができません。売掛先に入金のタイミングを早めてもらえるよう交渉もできますが、長い付き合いのある売掛先ほど関係悪化につながるリスクがあります。

ファクタリングによって売掛債権を支払い期日前に現金化すれば、手元に使える資金が増えてキャッシュフローを改善させることができます。

売掛先との関係を保ったままファクタリングで資金調達も可能

ファクタリングの「売掛債権を売却する」という仕組みについて、ご利用を検討されている方のなかには、「売掛先にファクタリングの事実を知られそうで不安」という懸念をお持ちかの方もいらっしゃるかと思います。

ファクタリングの事実を売掛先に知られると、「あの会社は経営が厳しいのではないか」などと信用不安を招く可能性は無きにしもあらずです。

利用者とファクタリング会社の2社間で債権の売買を行う「2社間ファクタリング」を利用すれば、最短即日の資金調達が可能で、なおかつ売掛先に債権譲渡の事実を知られることもありません。

さらに、利用者さまの要望に従って債権譲渡登記を行わないファクタリング会社もあります。

利用者さまの状況に応じて柔軟に対応できるファクタリング会社を選べば、売掛先との関係を保ったままで売掛債権の現金化も可能なのです。

財務コンサルでCF改善&事業再生

利用者さまの本業に加え、キャッシュフロー改善のための資金調達や債権回収業務などを並行することは大きな負担となります。

ファクタリング会社は債権を買い取るだけでなく、利用者さまの会社の経営をサポートするバックオフィス代行業務財務コンサルティングを提供しています。

バックオフィス代行業務を利用すれば、煩雑な事務作業に費やすリソースを本業に注力できます。また財務コンサルティングでは、資金繰り改善のご提案、金融機関への対策など事業再生のためのサポートも受けられます。

ファクタリングでキャッシュフローを改善した事例

実際にベストファクターのファクタリング・サービスと財務コンサルティングで、キャッシュフローを改善された利用者さまの事例を紹介します。

埼玉エリア 介護事業者E様 資金調達200万円

E様はデイサービスを立ち上げられてから順調に利用者を増やしておられましたが、介護報酬制のため受注が増えるほど資金不足になる月もあり、キャッシュフローがうまくいかないとお悩みでした。

介護報酬は介護サービスを提供した約2ヶ月後に入金されるため、急に受注が増えると報酬の入金を待ちながら通常どおり営業を続けなければならない期間ができてしまいます。

すでに借り入れのある取引銀行からの追加融資が見込めなかったE様は顧問税理士さんの紹介を受け、ベストファクターに資金調達のご相談をいただきました。

介護事業のいわゆる「売掛先」は国保や社保が該当します。つまり、国の機関であるため報酬の遅れや未払いといったリスクが極めて低いため、債権の買取率の面で優遇できることをお伝えしました。

E様はファクタリングで200万円の資金を調達、弊社の財務コンサルの効果もあってキャッシュフローを改善、手元の営業資金も増資されました。

現在は資金不足の心配もなくない、売上も順調に上がっておられることのことです。

ファクタリングと財務コンサルで事業運営をサポート

業績向上を徹底サポート

ファクタリングは1ヶ月~2ヶ月後に入金される売掛債権を現金化、支払期日前にまとまった資金を調達できるため、売掛債権が原因のキャッシュフローの悪化を改善する一手となります。

私どもベストファクターは、売掛先にファクタリングの事実を知られたくない中小企業や個人事業主様向けに「2社間ファクタリング」を提供いたします。

業界最低水準の手数料「2%」、あらかじめ必要書類を揃えていただければ最短即日のご入金も可能です。

ご契約いただいたお客様には無料財務コンサルティングバックオフィス代行業務も提供しておりますので、資金繰りにお悩みの方はぜひ弊社にご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ