ファクタリングを理解するために6つの誤解を知ろう!

ファクタリングを正しく理解するのに役立つ誤った知識を紹介します。

お世話になっております。ベストファクターの班目でございます。

ファクタリングは、多くの企業の財務状況を改善するのに役立ちます。

しかし、経営者様の中には、ファクタリングに関して否定的な考えを持たれている方もいます。

それはなぜでしょうか。

ファクタリングを利用した債権による資金調達は、何世紀も以前から行われており、欧米経済圏をはじめ、様々な業界で利用されています。

また大手銀行もファクタリングサービスの提供を行っています。

利用が進む一方で、ファクタリングについて誤った情報がたくさんあることもまた事実です。

以下の6つの否定について、ファクタリングに対する理解を深めるために批判的な見解とともにご紹介させていただきます。

ファクタリングの6つ誤解

ファクタリングは、売掛金を売却することにより、その支払い期日前に現金を調達する方法で、経済産業省などが推奨している売掛債権の流動化施策のひとつです。

しかし、日本においてはその利用が浸透していないため、さまざまな誤解が生まれているようです。

次に、お客様よりよくいただく6つの誤解について、順を追ってご説明させていただきます。

小規模企業や創業企業だけが利用するわけではない

ファクタリングにより未払いの売掛金を売却して早期資金化をすることは、創業間もないスタートアップ企業がより速いペースで成長するためにも有効な方法です。

しかし、多くの長寿企業や中堅企業にも同様の事が言えます。

理由は簡単です。

ファクタリングによる資金調達は迅速低コストだからであり、融資などのように煩雑な承認プロセスを必要としません。

例えば或る企業は、スタートアップ段階でファクタリングを利用し、その後銀行融資に移行し、次にファクタリングに戻ります。

なぜ再びファクタリングを利用するのでしょうか。

それは、従来の銀行融資とは異なり、ファクタリングは、企業の成長に合わせて調達額をスケールアップすることができるからです。

堅実で評判の良いファクタリング会社は、あらゆる規模の企業に対して、毎月の売掛金から数千万円の資金調達を提供しています。

ファクタリング会社は銀行ではない

確かに銀行がファクタリングサービスを提供しているケースもあります。

しかし今日、日本では60社以上の銀行系ではないファクタリング会社が営業を行っています。

残念ながらこれらの ファクター の中には、貧しい顧客サービスや時代遅れのサポート技術を提供していたり、また顧客を不利な契約に拘束させようとする会社もあります。

しかし、私が知るほとんどのファクターは、顧客との長期的な関係を構築し、最も競争力のあるファクタリングサービスを提供したいと考えています。

どのような業界とも同様、一部のファクタリング会社は、その他のファクタリング会社よりも優れたサービスを提供しています。

ファクタリング会社は、特に信用の面において、銀行や信用金庫などとは異なります。

ファクタリングを検討される場合、自社ビジネスに最善のファクターを見つけるために、時間をかけてリサーチする必要があります。

ファクタリングは高コストではない

コストとは、手数料として売掛金額面から割り引かれる額面のことです。

ファクタリングのネックは、通常、銀行融資の金利よりもコストがかかることです。

しかし、ファクタリング会社によって、それは異なります。

一部のファクタリング会社は、売掛金額の30%を超えるさまざまな管理手数料を要求します。

しかし、多くのファクターは、顧客の毎月売掛金に応じて、低コストな手数料率にてファクタリングを提供しています。

そのため、ファクタリング手数料を、ビジネスの目標に合ったレベルに交渉することや、ファクタリング会社を選ぶことにも積極的であることが望ましいです。

掛け取引のすべてをファクタリングする必要はない

ファクタリング会社との契約する場合、多くのファクターは、お客様との継続的な関係を期待しています。

しかし、一部のファクタリング会社では、すべての売掛金のファクタリングを要求されます。

多くのファクターは、お客様の売掛金のうち特定の取引先の売掛債権をファクタリングの対象としています。

お客様のビジネスの大部分を占める取引先であれば、支払いまでに長めの期間を待つ傾向があります。

ファクターが提供できるバックオフィスサービスは、信用調査から回収サポートまで、売掛先からの支払いをより迅速にすることになります。

ファクタリングは、最後の手段ではない

ファクタリングは、企業自身の信用度ではなく、企業の取引先の信用度に依存するため、利用しやすい資金調達方法です。

ファクタリングは、創業間もない企業や新興企業、閉業を考えている企業にとっては必要なサービスと考えられています。

確かにそれは、事実から遠くはありません。

ファクターは、資金繰りを考えている企業に役立ちます。しかし、成功し、急速に成長することを計画している企業にもメリットがあり、協力関係を築きたいと考えています。

前述のように、事業を確立された多くの中堅企業の経営者は、ローンの信用枠を確保する代わりに、柔軟な資金調達が可能なファクタリングを選択しています。

ファクタリング契約は柔軟性があり、長期的ではない

一部のファクタリング企業は、固定料金や解約手数料、期間を半年~2年間とする契約にお客様を拘束します。

しかし、最も評判の良いファクターは柔軟性があります。

お客様がより多くの売掛金をファクタリングするにつれ、手数料や買取率を調整しています。

ファクタリング1回ににつき一契約を基本とし、固定料金などはありません。

とはいえ、ファクタリング会社と長期契約するには利点があります。

例えば、お客様が1ヶ月間ではなく1年契約を結ぶ場合、ほとんどのファクターがより低い手数料にて買い取りを行います。

最良のファクタリング会社は、高いレベルの顧客サービスを提供することが、お客様との関係を維持するための最良の戦略であることを理解しています。

同時に、継続的利用によって調整される手数料率は、お客様がファクタリグを考慮される場合、そのファクタリング会社を選ぶインセンティブとなります。

まとめ

ファクタリングを利用している会社の規模について
ファクタリングは、小規模企業やスタートアップ企業だけが利用するものではなく、成熟した中堅企業のさらなる成長など、円滑な資金調達を目的として利用されています。

ファクタリング会社の運営体制や選ぶことについて
しかし、ファクタリング会社の多くは、銀行ではなく一般企業であるため、一部のファクタリング会社については、運営体制に疑問を呈するものもあります。

ファクタリングは、継続して中長期的に利用することにメリットのあるサービスであるため、ファクタリングの利用に際し、会社をしっかりとリサーチする必要があります。

ファクタリングのコストについて
一般的に、高コストであると思われがちなファクタリングですが、銀行融資と変わらない手数料率にてサービスを提供しているファクターも少なくありません。
手数料は継続的な利用によって調整可能なものであるため、手数料自体の交渉にも積極的である事が望ましいです。

売掛金の売却量について
また、ファクタリングを検討している売掛金について、そのすべてを売却する必要はありません。ファクター にとっても、条件の良い売掛金を買い取り、未回収リスクを低下させることが、お客様との関係を構築していく上で重要と考えています。

ファクタリングのもう1つのメリットについて
ファクタリングを使った資金調達により、急な支払いを賄得ることはもちろん、新たな事業機会に投資が可能となるため、会社経営の質的向上にも資することとなります。

 

私たちベストファクターは、お客様に寄り添ったファクタリングサービスを提供しております。

資金の必要は何でしょうか。新たなビジネスチャンスはあるでしょうか。アカウンタビリティ(会計責任) の構築はされていますでしょうか。

ベストファクターは、ファクタリングを通じ、資金の調達に責任を持ちます。

どうぞお気軽に、資金調達や経営改善についてご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングで資金調達
他社との手数料比較表
他社との手数料比較表最低2%
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取
お問い合わせ
インタビュー記事一覧