ファクタリングの歴史

ファクタリングの歴史

実はファクタリングは、権利や信用による金銭の融通という形で、遥か紀元前より何世紀にもわたって存在してきました。

しかし長い年月を経た現代でも、依然として多くの企業では、売掛金が未利用の財源としてま眠ったままとなっています。

売掛金をすぐに何にでも使える現金に変える資金調達方法として注目を集めているファクタリングですが、日本ではその言葉すら知らない方が多いのも事実です。

しかし、ファクタリングは歴史上、遥か昔より利用されてきた商習慣のひとつであり、多くの発展を伴い現代でも利用されている資金調達法です。

ファクタリングの起源は古代メソポタミアまで遡ります。

そして大航海時代が幕を開け、国家間の海外貿易を契機に現代的なファクタリングが利用され始めます。

ファクタリング会社は、1400年代の早い時期に英国で事業を営み、1620年に巡礼者と共にアメリカにやってきました。

すべての金融ツールと同様にファクタリングは、長年にわたって進化発展してきたのです。

そしてまた米国で、企業が資金調達を図る際に、より多くのキャッシュフローを構築するための効果的な手段として成長しました。

今回は、起源からファクタリングの歴史に迫ってみましょう。

古典的ファクタリング

メソポタミア文明のファクタリング

ファクタリングを通じて企業のキャッシュフローをスピードアップするという考えは新しいものではありません。

ファクタリングの事始めは、文明の初期の段階にまで遡ります。ファクタリングが何年にも亘って進化したかについて見てゆきます。

紀元前1772年のファクタリング

古代メソポタミア(現代のイラク、クウェート、シリア)のトレーダー(タムカルム)は、ビジネス取引にファクタリングを取り入れています。

古代メソポタミアの時代、まだ紙幣などの「貨幣(お金)」は発明されておらず、穀物と銀が通貨として流通していました。

それでも高度な貸借の法律が既に存在しており、ハムラビ法典では以下のように利子率を定めています。

  • もし商人が穀物を貸借契約に供した時には、穀物1クールにつき60クーの利息を徴収する。
  • もし銀を貸借契約に供した時には、銀1シケルにつき6分の1シケルと6シェの利息を徴収する。
  • もし商人が違反して、穀物1クールに対し60クーの利息あるいは銀1シケルに対して6分の1シケルと6シェの利息を超過して徴収した時には、商人は与えたものを失うだろう。

新バビロニア時代になると、手広く金融取引を行う銀行のような業態が登場しました。

記録に残る有名な銀行家は、マーチャント・バンクの起源ともいわれ後年のロスチャイルドとも比較されるエジビ家や、ユダヤ系のムラッシュ家などです。

彼らは王に対する資金の貸付、小切手、為替手形、不動産ローンの買い取り、ベンチャー投資などを手広く行っていたようです。

参考
http://ningyocho.blogspot.jp/2011/06/blog-post_22.html
https://americanreceivable.com/evolution-invoice-factoring/

1300~1400年代のファクタリング

現代的なファクタリングは、1300年代に衣料品商人のための資金調達法のひとつとして、イングランドで形を取り始めます。

主に衣料商人や交易人によって利用されていました。

当時は、「ファクター」は物品を所有し、商人に現金の前貸しを提供する一方、「ファクター」は、信用による資金提供を購入者にまで広げ、購入者の信用力を保証する。といった方法がとられていたようです。

また、ユダヤ人のビジネスマンが輸出穀物を売却するために安全保障として発行された請求書を使って輸出業者に資金を貸していたと言われています。

現代的ファクタリング

1600年代欧米圏のファクタリング

現代的なファクタリングの特徴は、植民地主義の拡大に一役を買った、請求書を信用の担保としたインボイスファクタリングにあげられます。

1600年代のファクタリング

ファクタリングは新世界に到達します。アメリカの植民地主義者は、大西洋を渡ってイギリスに出荷された木材、たばこ、綿などの原材料に前払いを求めています。

ロンドンに本拠を置く商業銀行家は、1620年にアメリカに航海するための請求書による資金調達(インボイスファイナンス)を使って植民地主義者に資金を提供したと言われています。

植民地主義者は、彼らが大西洋を横断してイギリスに出荷された原材料の輸出量の増大を望んでいたため、素早くファクタリングの考え方を採用しました。

17世紀のアメリカの植民地化は、部分的にはファクタリングに起因すると考えられています。

 

ファクタリングは、結果的に何世紀にもわたって代替的な資金調達形態として存在していました。

1800年代のファクタリング

産業革命はヨーロッパとアメリカを席巻します。

産業革命が始まったとき、ノンリコース・ファクタリングは信用力のあるクライアントにとって人気のある資金調達の選択肢になりました。

1910年代のファクタリング

米国の衣料品および繊維会社は、原材料を購入し続ける手段として請求書ファクタリングを使用しています。

原材料を購入・投入して中断することなく連続的に商品を生産するためにファクタリングを利用していた繊維産業および縫製産業は急速に成長を果たしました。

1940年代のファクタリング

米国の銀行は、ファクタリングの必要性が繊維産業と製造業で急速に高まったため、ファクタリングサービスを提供し始めました。

1948年には、買取額は25億ドルに達しました。

この間、銀行と「ファクター」は、現物商品を保有するのではなく、会社の請求書または債権を購入していました。

このアイデアは、今日、インボイスファクタリングまたは債権ファクタリングと呼ばれるものに業界を変えました。

1970年代と1980年代のファクタリング

金利上昇と銀行規制により、ファクタリングがより一般的な資金調達形態になっていきます。

1980年代に貯蓄・融資の危機が高まり始めると、銀行は顧客の支援を必要とし、支援のファクターに変わりました。

ファクタリングは、すべてのビジネス業界で引き続き人気を集めました。

1990年代のファクタリング

主要銀行やGEキャピタルやGMACのような金融巨人は、ファクタリングに参入している。より小さいファクタリング企業が特定の産業をターゲットにして立ち上がります。

2000年代のファクタリング

インターネットアクセスやクラウドベースのプラットフォームなどの技術革新により、あらゆる規模の企業にとって、ファクタリングはより迅速かつアクセスしやすくなります。

まとめ:ファクタリング歴史

会社のキャッシュフローを増加させるこの素晴らしいファクタリングは、歴史上、数世紀にもわたり利用されてきました。

ファクタリングは多くの企業の資金調達手段であるとともに、ビジネスを拡大させ、世界貿易を進展させるためにはなくてはならないものでした。

今日でもファクタリングは、引き続き資金調達の大きな選択肢です。ファクタリングは、売掛債権 を実際に使える資金に変える方法として、その人気は多くの産業に拡大しています。

ファクタリングを利用された多くの企業は、キャッシュフローを改善するメリットを体験しています。

経済が成長し続け、新しいビジネスが出現するにつれて、ファクタリングは今後も歴史を刻み、今後も何世紀にもわたって多くの企業の財政的支援の源泉となるでしょう。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ファクタリングで資金調達
他社との手数料比較表
他社との手数料比較表最低2%
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取
お問い合わせ
インタビュー記事一覧