「手形割引」と「ファクタリング」を比較して、その違いや、よりメリットのある売上債権の活用法をご紹介します。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

企業同士の取引は、商品やサービスと直接現金を交換する現金取引が行われることはまれで、ほとんどが後日支払いを約束する形で行われます。

しかし、商品やサービスを納入してから支払いを受け取るまでの支払いサイトが遅いために、資金繰りに悩む中小企業や個人事業は少くありません。

そこで支払期日前に手形売掛金などの売上債権を活用して資金を調達する方法に「手形割引」ファクタリングが挙げられます。

売掛金の早期現金化といえば「手形割引」を思い浮かべますが、目的は同じでもファクタリングは手形を譲渡して資金化する「割引」や「融資」とは性格が異なるのです。年々減少する手形割引に対し、増加するファクタリングの優れた点とは何なのでしょうか。

今回は手形割引とファクタリングを比較し、より有益な資金調達方法を見極めます。

手形は「期日までに決められた金額の支払いを約束する」証書

手形とは、振出人(支払人)が期日までに決められた金額の支払いを代金の受取人に金融機関を介して約束する証書のことで、「約束手形」とも呼ばれます。

指定の支払期日にならなければ現金化ができず、手形を振り出してから支払われるまでの期間はおよそ1~6ヶ月間です。

手形の振出人からすれば、手元に現金がなくても商品やサービスを購入、支払いを延期することができるというメリットがありますが、
受取人からすると支払い期日まで受け取ることができないというデメリットがあります。

手形割引の最大のデメリット

さらに、売掛金よりも支払期日を先延ばしにできる点も手形の特徴と言えます。

これは手形の受け取り側にとって大変なデメリットとなり、キャッシュフローの悪化原因となります。

最近では企業間の取引は売掛金が主流で、手形による取引数は年々減少傾向にあるものの、建設業や製造業の一部では今でも手形による取引が行われています。

手形割引は「約束手形を担保に融資を受ける」資金調達方法

手形による取引において、手形を受け取った企業は支払い期日までの数ヶ月の間、入金を待たなくてはなりません。

当然ながら、期日までの間にも仕入先への支払いや従業員への給与などの事業資金は必要となります。

資金に余裕のある企業ならまだしも、零細や中小規模の企業に支払いを待ち続ける経済的体力はありません。

手形割引率

そこで利用される資金調達方法が、振り出された約束手形を担保に融資を受ける「手形割引」です。

手形割引は形式上、融資であるため、年利に相当する「手形割引率」を受け取り金から差し引かれた分の現金が入金されます。

金融機関による手形割引率は次のとおりです。

メガバンク1.5〜3.5%
地方銀行・信用金庫2.5〜5.0%

手形割引とファクタリングの違い

手形割引とファクタリングは、どちらも回収前の売上金を早期に現金化できるサービスという点は同じでも、サービスやリスクの面でそれぞれ明確な違いがあります。

資金調達スピードは圧倒的にファクタリングが早い

手形割引

手形割引は「手形の信頼性」「受取人の企業の信頼性」について、金融機関の審査があります。

ただし、融資の可否が出るまでに時間がかかり、審査に通らなかった場合は、手形割引で資金を得ることはできません。

ファクタリング

一方で、ファクタリングは銀行融資に比べてはるかに審査が緩く、資金調達までのスピードも最短で申し込み即日に入金という早さです。

仕入先への支払いや従業員への給与など、早期の入金を望む中小企業・個人事業からすれば、資金調達スピードにすぐれたファクタリングが推奨されます。

私どもベストファクターでは、事前に必要書類を揃えていただいてからお申し込みいただければ、最短即日で売掛金を買い取り、買取代金を指定のお口座に入金させていただきます。

手形割引には「不渡りのリスク」がある

手形割引

手形割引は「金融機関が手形を担保に現金を貸す」というサービスですので、形式上は融資と見なされます。

手形割引の利用者は金融機関に手形の換金を依頼、借入の年利に相当する1.5〜5.0%程度の「手形割引率」を手形の金額から差し引かれた(割引かれた)現金を受け取ります。

また、金融機関側は担保となる手形が期日通りに支払われるか、手形が焦げ付く「不渡り」の可能性がないかを審査したうえで融資の可否を判断します。

万が一、取引先の企業が倒産などで手形が不渡りとなった場合、手形=担保の価値がなくなったと同然ですので、利用者は手形を買い戻さなくてはなりません。

手形割引を利用する場合は、手形が不渡となるリスクを十分に考慮する必要があります。

ファクタリング

一方、ファクタリングは売掛金という資産を売買するサービスですので、売掛先の会社が未払いや破綻を起こしたとしても、利用者には支払い義務が発生しません。

このような契約を専門用語で、償還請求権が無い「ノンリコース契約」と呼んでいます。

つまり、手形の場合は不渡りを出したら最悪倒産、ファクタリングの場合は支払わなくても問題ないということで、ファクタリングの方が利用者にとってリスクの少ない資金調達方法です。

弊社は、償還請求権が無い2社間ファクタリングを手数料「5%~」よりご提案、中小企業・個人事業のお客様にご好評いただいております。

手形割引は融資、ファクタリングは資産の売買

手形割引

融資契約である手形取引は、万が一手形が不渡りとなった場合は利用者に支払い義務があります。

事前の審査では利用者の信用力が重要視されるため、審査から換金までに時間を有するだけでなく、利用者に債務超過税金の滞納赤字決算などマイナス要素が多い場合、審査に通過する可能性が極めて低くなります。

すでに金融機関から借入があったり、融資を断られていたりする状況では、手形割引を申し込んでも審査にすら通過できず、資金調達もままなりません。

ファクタリング

一方、ファクタリングは売掛債権の種類や売掛先の信用力が重視されるため、たとえ金融機関から融資が断れていても、税金の滞納や赤字決算などでも利用できる可能性があります。

さらに、2社間ファクタリングの場合は売掛先の会社に売掛債権の売買について通知したり、承諾を得たりする必要がないため、第三者にファクタリングの事実を知られることなく、しかも最短即日の資金調達が可能なのです。

弊社では、取引先の信用不安を招きたくないお客様より多くご相談をいただいており、秘密厳守で早期の資金調達が可能な2社間ファクタリングをご提案させていただいております。

簡単・早さで選ぶならファクタリング

手形割引とファクタリングは、いずれも支払期日前に資金を調達する方法という点で似通っていますが、比較してみるとファクタリングの実用性がおわかりいただけるかと思います。

銀行融資などの審査に通過できる安定した業績のある会社であれば、手形割引を利用した資金調達も可能です。

しかし、急な資金の調達が必要な会社が、融資や手形割引の審査を通過することはほとんどありません。

同じ資金調達なら、リスクが低く入金までがスピーディーファクタリングのご活用をおすすめします。

弊社では資金繰りにお悩みの中小企業・個人事業のご利用者様に、支払い前の売掛金を活用した独自のファクタリングをご提案いたします。

ぜひお気軽にご相談ください。

[ 売掛金を高額で買取ります!! ]
ベストファクターCTA
他社との手数料比較表
ファクタリング手数料比較表
QA
よくあるご質問
Q.他の業者で審査に落ちましたがファクタリングを利用することは可能ですか?
弊社でも審査基準を設けておりますが、回収見込みの売掛金をお持ちであれば、 基本的にファクタリングをご利用いただけます 。
Q.前期の決算で赤字が出ていますが利用することはできますか?
はい。ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。また負債があっても利用するお申込みやご利用は可能です、安心してご利用ください。
Q.税金の滞納がありますが利用することはできますか?
はい。ご利用いただけます。
Q.起業して間もないのですが利用できますか?
ご安心ください、起業して間もないお客様でもご利用いただけます。
Q.個人事業者でも大丈夫ですか?
個人、法人を問わず、売掛金をお持ちであればご利用いただけます。
Q.債務超過していますが、利用できますか?
ご安心ください、ファクタリングは融資ではないのでご利用いただけます。
Q.売掛先への通知や連絡は必要ですか? または連絡されますか?
通知や連絡はしておりませんのでご安心ください。
Q.登記は必要ですか?
ご安心ください。 ご相談いただければご対応いたします。
Q.プライバシーは守られますか?
お客様の個人情報、取引上の秘密事項は厳守致しますのでご安心ください。
3ステップでスピード資金調達
ファクタリングの申し込みの流れ
ファクタリングの必要書類
ご相談・お問い合わせ
スピード審査
本審査・ご契約
必要書類

売掛金高額買取

Twitterでフォローしよう