資金繰りと経理の効率化
資金繰りコンサルとはどんなサービスなのか?経営支援の具体的な中身を解説
logo
ファクタリング【即日スビード資金調達】

日々の業務で忙しい経営者と一緒に、企業の資金繰り改善と事業再生に責任を持って取り組む専門家が資金繰りコンサルタントです。

中小企業や個人事業主の「資金繰り改善」といえば、銀行と交渉してリスケをしてもらったり、追加融資を受けたりといったことがイメージされるかと思います。

しかし、経営者の方が本業と並行して資金調達に奔走するのは困難と言わざるを得ず、企業によってベストな資金繰り悪化の対処法も異なるため、資金繰りコンサルタントと連携して、資金繰り悪化の根本原因を突き止めることが先決です。

今回は資金繰りコンサルというサービスの具体的な中身や、資金調達や資金繰り改善のサポートを提供しているファクタリング会社について解説します。

そもそもコンサルとは

コンサルタント(consultant)とは、「ある分野について、クライアントの相談に乗って、解決策を提案する人」のことです。

「ある分野」には、経営、投資、融資、建設、キャリア、ITなど多岐にわたります。資金繰りコンサルタントと言う場合は、企業の資金繰りに関する課題や悩みの解決策を提案、改善計画に基づいた支援を行う専門家を指します。

コンサルタントには個人、法人があり、法人のコンサルティング会社を一般的に「コンサルティングファーム」と呼びます。

クライアントは相応のコンサル料を支払う代わりに、コンサルタントの深い知識と経験による改善提案や支援を受けられます。

ファクタリング会社の中には、ファクタリング利用者に無償で資金繰りコンサル、財務コンサルを提供しているところもあります。

資金繰りコンサルの具体例

資金繰りコンサルの具体的な活動をご紹介します。

経営改善計画の提案と支援

資金繰りを改善するためには、一時的な資金調達だけでなく、そもそも資金繰りが悪化してしまった根本原因を突きとめ、原因の解決と経営改善を行うことが重要です。

資金繰りのコンサルタントは経営者の右腕となり、経営に関する問題の悩みを一緒に解決し、経営者の目標達成をサポートします。

経営改善のサポートは、具体的に

  • 決算書や資金繰り表などの資料から資金繰り悪化の原因の洗い出し
  • 経営者や経営幹部からヒアリング、具体的な経営改善計画の検討
  • 経営改善計画書の作成と実行プランの策定
  • 経営改善計画書の実行、実績のモニタリング
  • 計画実行の状況に応じたアドバイス

といったものがあります。

「良い資金繰りコンサルタント」は、経営に関する問題や悩みに対して、一方的に改善策を提案するだけではありません。

しっかりと経営者や経営幹部、現場で働くスタッフにヒアリングして、具体的な経営改善計画の作成と実行プランを策定し、計画を実行に移してからも状況に応じてアドバイスをする、経営者とともに汗をかいて経営改善に取り組む専門家こそが、良い資金繰りコンサルタントなのです。

このような経営者におすすめです
  • 赤字が2期以上続いている
  • 仕入先や外注先に支払いを待ってもらっている
  • 税金や社会保険を滞納している
  • 資金繰り対策に時間を取られ、本業に集中できていない
  • 複数の借入先への返済で首が回らない
  • 財務面で自社の将来に不安を感じる

金融機関との交渉

業績が好調かどうかにかかわらず、多くの中小企業は常に資金繰りの悩みが付きまといます。

資金繰りの悪化で手元のキャシュが不足しても、仕入れ費用や従業員の給与などの支払いは通常どおり発生するので、それらを補填するための資金調達が経営者を悩ませる課題のひとつなのです。

しかし、金融機関と良好な信頼関係を築けていないために、資金調達やリスケの交渉をうまく進められないという経営者も少なくありません。

資金繰りコンサルタントは、経営者が銀行からの資金調達をスムーズに進めるためのサポートや、金融機関との交渉に関するサポートも行います。

このような経営者におすすめです
  • 取引銀行とは特に付き合いがない
  • 銀行の担当者が来社してくれない
  • メインバンクから追加融資を断られてしまった
  • リスケの交渉に不安がある
  • 資金調達のあてがない

書類作成の支援

「企業経営は資金繰りが重要」ということがわかっていても、経営計画書や資金繰り表を作っていない経営者は少なくありません。

そのような経営者の多くが、「現実を見るのが怖い」「他人に相談するのが恥ずかしい」という理由で、自社の財務状況を具体的な数字で可視化しておらず、コンサルに相談してからようやく、取り返しのつかない深刻な状態になっていることに気づくケースが非常に多いのです。

資金繰りコンサルタントは、事業計画書や資金繰り表の作成をサポートし、経営改善の具体的なプランの立案や銀行との追加融資、リスケの交渉を支援します。

このような経営者におすすめです
  • 資金繰り表の作り方がわからない、作ったことがない
  • 決算書のチェックやアドバイスが欲しい
  • 自社の資金の流れを把握していない

資金繰りコンサルを提供しているファクタリング会社

資金繰りコンサルを提供しているファクタリング会社をご紹介します。

ビートレーディング

ビートレーディング

ビートレーディングはファクタリング利用者へのアフターフォローとして、担当営業者による経営が安定するまでの長期的なサポートを提供しています。

同社はファクタリング業と並行して財務コンサル業も提供しているため、ファクタリングだけでは足りない部分や中長期的な資金繰り改善にも積極的に相談に乗ってくれます。

資金繰り改善のために、ファクタリングを継続したほうが良いのか、他の資金調達を検討したほうが良いのかなど、具体的なアドバイスを受けられるでしょう。

株式会社No.1

株式会社No.1

株式会社NO.1は、借入金や赤字決算で資金繰りに悩まされている事業主と一緒に事業を見直し、問題点を解決していく経営支援コンサルティングを提供しています。

同社のコンサルは資金繰りの調整やリスケの交渉にとどまらず、「キャッシュフローの正常化」「融資正常化」「債務超過解消」「3期連続黒字化」を経営支援の4つのポイントと定め、本当の事業再生を実現するまで徹底的にサポートします。

株式会社三共サービス

三共サービス

株式会社三共サービスは、銀行やノンバンクなどで業務経験のある、金融業界に精通したスタッフが、さまざまな経営状況に合わせた最適な経営コンサルティングを提供しています。

2019年は一度の利用で経営改善率92.7%を達成した実績があるため、ファクタリングとコンサルティングの両軸で上質なサポートに期待できるでしょう。

PMG

PMG

PMGの資金調達コンサルティングは、金融機関との交渉、財務戦略、資金調達先の拡大など、資金不足の原因を特定して、顧客企業に合った資金調達方法を提案しています。

目先の状況に限らず長期的な視点で、本当の意味での事業再生を目標として、資金繰りの支援が受けられます。

「金融のプロフェッショナル集団」を自負する同社のコンサルティングなら、自社が抱える資金繰りの悩みに真摯に取り組み、サポートしてくれることでしょう。

ファクタリングジャパン

ファクタリングジャパン

ファクタリングジャパンは買取最少額20万円から、個人事業主の小口利用も積極的に受け入れるファクタリング会社です。

同社のコンサルは「3期連続黒字化」「債務超過の解消」「融資の正常化」「キャッシュフローの正常化」を経営支援のポイントに据え、経営課題の解決に向けた徹底的なサポートを強みとしています。

さらに、顧客の要望に応じて「業務提携」「事業提携」「資本提携」のパートナーシップ契約を結び、自らリスクを取りながら現経営陣と共に会社を再生、向上させていきます。

資金繰りコンサルに関するQ&A

資金繰りコンサルに関して、ベストファクターに寄せられる「よくある質問」と、その回答をQ&A形式にまとめました。

Q.金融機関から追加融資を引き出すポイントは何でしょうか?
A.融資によって経営改善が実現できることを資金繰り表や経営計画書で示し、返済原資を明確にすることが重要です。審査を有利に進める書類作りは、資金繰りコンサルタントがサポートします。 >>「書類作成の支援」について詳しく見る
Q.コンサル料はどれくらいかかりますか?
A.多くのファクタリング会社は、ファクタリング利用者に対して無償の資金繰りコンサルを提供していますが、詳しい料金プランについては各ファクタリング会社にお問い合わせください。
Q.コンサルを利用するのはどのような人ですか?
A.弊社の場合は、「経営や資金繰りのことを相談できる専門家がいない」「金融機関との交渉の仕方がわからない」「赤字が続いて悩んでいる」といったお悩みをお持ちの方が多くご相談くださいます。
Q.コンサルはどのような依頼をされるケースが多いのですか?
A.コンサルにご相談くださる経営者の方の多くが、取引銀行に対する追加融資の交渉、リスケの交渉など、交渉事についてお悩みです。金融機関との交渉と併せて、資金繰り表の作成や、銀行交渉のアドバイスをご希望の方も多く見られます。
Q.個人事業主で少額利用でも、コンサルに相談できますか?
A.もちろんできます。経営や資金繰りについて、何なりとご相談ください。

ベストファクターの財務コンサルティングサービス

ベストファクターでもお客様のご希望があれば、資金繰りの問題を根本的に解決する財務コンサルティングサービスをご提案いたします。

弊社の財務コンサルは、お客様の企業の貸借対照表(バランスシート)を分析・管理することにより、資金繰りの安定化から経営改善の実行までをサポート。さらに、経営改善にとどまらず、事業を成長させるために欠かせない売上や利益の「目標設定」、目標を実現するための「行動指針」を、徹底的かつ具体的にご提案いたします。

弊社の財務コンサルをご利用になった契約者様の中には、黒字倒産寸前の状態からご利用6ヶ月目で資金繰りを劇的に改善、事業再生に成功された方もいらっしゃいます。

資金繰りや資金調達にお悩みの方は、「資金繰り表の作り方をサポートしてほしい」でも構いません。お気軽にベストファクターにご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

インタビュー記事

interview article

インタビュー記事

請求書を最大98%買取ります
img
logoA社B社
手数料2〜20%
売掛金300万円の場合
振込金額240〜294万
15〜30%
売掛金300万円の場合
振込金額210〜255万
7〜25%
売掛金300万円の場合
振込金額225〜279万
申込方法電話、WEB、出張訪問申込来店申込オンライン申込
審査通過率92.25%70%40%
振込までの日数最短当日最短翌日最短4日
ファクタリング
利用額
30万円以上の売掛金が必要50万円以上の売掛金が必要200万円以上の売掛金が必要
審査時の
必要書類
  • 身分証明書
  • 入出金の通帳
  • (WEB通帳含む)
  • 請求書
  • 見積書
  • 決算書
  • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
  • 売掛先との契約書類
  • 発注書、納品書、請求書など
  • 身分証明書
  • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
  • 決算書(税務申告済の押印必須)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛債権の因果資料
  • 入出金の確認事項
コメント柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
お電話でのお問い合わせ

img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

無料相談はこちらから

お問い合わせ