事業者ローン26選

即日融資も可能な事業者ローンについて、基礎的な解説と人気のローン商品を紹介します。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

事業者ローンは、法人・個人関係なく事業を行っている人を対象としたローン商品のことです。

銀行融資よりも柔軟性があり、なおかつ即日融資も可能な事業者ローンは、中小企業や個人事業主の方の事業資金調達に重宝するでしょう。

今回は事業者ローンについての解説、およびおすすめの事業者ローンを紹介します。

スピーディーな資金調達をお考えの方は、ぜひご参考になさってください。

ビジネスローンと事業者ローンは違う?

事業者ローンとビジネスローンの違い

事業者ローンは事業者向けの無担保ローンで、そのサービス内容はビジネスローンと同じです。

強いて違いを挙げるとするならば、それぞれのサービスが誕生した経緯にあります。

元来、事業者向けの融資サービスは、銀行が行う事業者向け融資サービスを「融資(銀行融資)」、ノンバンクが行う事業者向け融資サービスを「事業者ローン」や「商工ローン」として区別していました。

しかし、銀行が中小企業向けの融資サービス「ビジネスローン」を開発、ノンバンクもこれに追従する形でビジネスローンと名のついたローン商品を扱うようになります。

次第に事業者向けの無担保ローンは、融資元が銀行でもノンバンクでも「ビジネスローン」あるいは「事業者向けビジネスローン」といった呼称が一般的になっていきます。

つまり、ビジネスローンも事業者ローンも誕生の経緯以外に大きな違いは無いのです。

現在では、事業者向け無担保ローンの融資元は信販会社や消費者金融などのノンバンクが中心となっており、銀行は小規模事業者向けに「保証付融資」を開発、ビジネスローンについては積極的に打ち出していません。

銀行融資と事業者ローンの違い

事業者ローンと銀行融資の違い

中小零細企業、個人事業主向けの融資サービスである事業者ローンは、融資額や金利などさまざまなポイントで銀行融資とは異なります。

銀行融資事業者ローン(ビジネスローン
金融機関銀行、信用金庫銀行、信販会社、消費者金融業者
融資限度額数十億円500万円~1,000万円
金利相場1~10%2~18%
審査方法融資担当者によるアナログな審査スコアリングシステム
審査の難易度厳しい比較的ゆるい
審査時間数週間~数ヶ月即日~数週間
業歴3年以上の業歴と3期以上の決算書1期目でも可
担保必要な場合あり原則不要
保証人必要な場合あり(信用保証協会の保証など)原則不要

ノンバンク系の事業者ローンは、銀行融資と比べて事業規模が小さい、創業間もないといった事業者の無担保・無保証人での借入も可能としています。

従って、借りやすさで選ぶなら、銀行融資よりも事業者ローンの方に軍配が上がります。

事業者ローンのメリット

事業者ローンの3つのメリット

一般的な銀行融資と比較した場合の事業者ローンのメリットを解説します。

メリット最短即日の融資が可能

銀行融資の審査は、融資担当者による必要書類の内容の確認、および面談によってなされます。

いわばアナログな審査であるため、融資までに数週間、長ければ1ヶ月以上の機関を要します。

対して事業者ローンは、コンピューターによる自動審査「スコアリングシステム」を採用しています。

スコアリングシステムは、利用者の申し込み情報や信用情報、決算情報などを入力するだけで、自動的に融資の可否や融資可能額(限度額)がわかる仕組みです。

あらかじめ必要書類等を揃えた上で事業者ローンに申し込めば、その日のうちに資金調達も不可能ではありません。

メリット担保・保証人が不要

銀行が提供する中小企業や個人事業主を対象とした保証付き融資の場合、連帯保証人の代わりに信用保証協会の保証が必要となります(保証人を必要としない「プロパー融資」もありますが、審査の難易度が高くなります)。

ノンバンクが提供する事業者ローンは、基本的に担保や保証人を必要としない融資です。

ただし、事業者ローンの中には「不動産担保ビジネスローン」というサービスもあり、こちらは信用情報や必要書類の内容以外に不動産担保力も重視されます。

不動産を活用して、低金利・ゆるやかな返済でまとまった資金を調達したい方は、不動産担保ビジネスローンも選択肢の1つに成りうるでしょう。

メリット利便性が高い

主に大手の消費者金融業者が提供する事業者ローンは、カードローンの仕組みで事業性資金を借りられる「ローンカード型事業者ローン(ビジネスローン」の形式を採用しています。

銀行融資や事業融資型のビジネスローンとの違いは、融資の「枠」の範囲内であれば、何度でも借入・返済ができるという点です。

さらに、消費者金融系の事業者ローンは新規の契約に限り30日~90日の無利息期間があるため、コスト0円で資金調達という利用方法もあります。

カードが発行されればコンビニのATMで24時間、いつでも借入・返済ができ、利用限度額まで繰り返し使うことができます。

事業者ローンのデメリット

事業者ローンの2つのデメリット

事業者ローンには圧倒的なスピード、事業規模に左右されない利用しやすさというメリットがありますが、一方で次のようなデメリットに注意が必要です。

デメリット金利が高い

大手銀行や日本政策金融公庫が提供する事業者向けの融資と比較すると、ノンバンク系の事業者ローンは金利が高めに設定されています。

金利の相場
銀行・日本政策金融公庫の融資1~10%
ノンバンク系事業者ローン2~18%

担保や保証人を必要としない事業者ローンは、金融機関にとって貸し倒れリスクの高い商品であり、その分金利が高めに設定されているというわけです。

金利が高いということは返済が長期になるほど負担が大きくなるということですので、事業者ローンはあくまでも緊急時の資金調達方法と見るべきでしょう。

デメリット利用限度額が低い

ビジネスローンの利用限度額は200万~500万円、高くても1000万円までです。

当然ながら、利用限度額は利用者の事業規模や信用度、返済能力など審査結果によって変わります。

さらに、カードローン型は枠の範囲内で何度も借りられるため、金融機関にとっては貸し倒れリスクの高い商品となり、利用限度額を低くせざるを得ません。

金利が高いというデメリットと同様、一時的につなぎ資金が必要となったときに、事業者ローンで応急処置的に対応するといった利用の方法が無難です。

事業者ローンの賢い使い方

事業者ローンの賢い使い方

ビジネスローンは、事業規模にかかわらず最短即日で資金調達ができるかわりに、利用限度額200万~1000万円以下という少額を、銀行融資よりも高い金利で借りる資金調達方法です。

金利が高く、返済が長期になると資金繰りを圧迫するため、短期で完済できる返済計画を立てる必要があります。

以上の特性から、事業者ローンは早期に返済のめどが立っているという前提で、次のような利用方法をおすすめします。

事業者ローンを利用すべきタイミング
・緊急のつなぎ資金の調達方法として
・銀行の審査が通らないとき
・保証人や担保を利用できないとき
・いざというときに借りられるように枠を作る
・無利息期間を利用してコスト0円の資金調達方法として

即日融資可能な事業者ローン10選

即日融資可能な事業者ローン10社

緊急の資金調達を必要とされる中小企業・個人事業主の方におすすめのノンバンク系の無担保・即日ビジネスローンを紹介します。

ビジネスクト「ビジネスローン」

ビジネスクト「ビジネスローン」

大手消費者金融業者アイフルグループの完全子会社であるビジネクストは、個人事業主・法人経営者向けのローンカード型ビジネスローンを提供しています。

同社の事業者ローンは、最大1000万円までの融資限度額、最短即時の融資、来店不要のオンライン申込、累計10万口座を超える事業者の利用実績など、サービス面、信頼性ともに申し分ないローン商品と言えるでしょう。

さらに、医療機関・介護事業者向けローンは5億円までの融資が可能と、幅広い業種に対応できる柔軟性も魅力です。

金利8.0~18.0%
限度額50万~1000万円(事業者ローン)
事務手数料印紙代(実費)
融資スピード最短即日
返済方式元金一括返済/元利均等返済
その他の申込条件20歳から65歳までで毎月定期収入がある

オリックスクレジット株式会社「VIPローンカード BUSINESS」

オリコ「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」

オリックスクレジット株式会社の「VIPローンカード BUSINESS」は、相場よりお得感のある金利、最短即日融資のスピード感で多くの事業者に選ばれている事業者ローン商品です。

最大500万円までの融資額は資金用途が自由で、事業資金・つなぎ資金の調達、さらにはプライベートにも利用できます。

入会後は事業資金に関する相談を承っている「カウンセリングデスク」が利用可能で、資金調達に限らず事業経営の心強い味方となるでしょう。

金利6.0~17.8%
限度額最大500万円
事務手数料不要
融資スピード最短即日
返済方式リボルビング払い/1回払い
その他の申込条件20歳から65歳までで毎月定期収入がある、業歴1年以上の個人事業主、法人格を有する事業の代表者

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」

株式会社ビジネスパートナーが提供する「スモールビジネスローン」はローンカード型ビジネスローンで、「最大500万円まで」「最短即日審査、翌日融資」「無利息期間あり」という特徴があります。

金利は9.98~18.00%と相場並みですが、申込みの翌日に融資とスピーディーで事務手数料もかかりません。

早期の返済の目処が立っている場合は、無利息期間を利用してコスト0円の資金調達も可能です。

金利9.98~18.0%
限度額50万~500万円
事務手数料不要
融資スピード1日~
返済方式借入時残高スライド元金定額リボルビング返済
その他の申込条件20歳から65歳までで毎月定期収入がある

三菱UFJ銀行「ビジネスローン融活力」

三菱UFJ銀行「ビジネスローン融活力」

三菱UFJ銀行が提供する「ビジネスローン融活力」は、法人経営者向けのビジネスローンです。

メガバンクのローン商品という信頼性の高さは言うまでもなく、資金力を活かした5000万円までの限度額、相場より低い金利、事務手数料無料といった特徴があり、さらに法人会・納税協会会員、商工会議所・商工会の会員企業であれば、メンバービジネスローン融活力の金利優遇制度が受けられます。

ただし、一般の銀行融資と同じく「業績2年以上」「債務超過、税金未納でない」が前提にあり、審査のハードルかなり高めで融資までにある程度の期間を要します。

金利2.35%~9.0%
限度額5,000万円まで
事務手数料無料
融資スピード2週間~6週間
返済方式元金均等返済
その他の申込条件税金の未納がない、業歴2年以上、最寄りの三菱UFJ銀行の窓口に来店が可能など

オリコ「CREST for Biz(クレスト フォービズ)」

オリックスクレジット株式会社「VIPローンカード BUSINESS」

CREST for Biz(クレスト フォービズ)は、株式会社オリエントコーポレーションの個人事業者向けのカードローン型ビジネスローンです。

金利が最大2.0%優遇されるキャンペーンや最長159ヶ月の返済期間、返済方法を残高スライド返済コースor定額返済コースから選べるといった、他社のビジネスローンにはないサービスが利用できます。

金利は相場よりもやや低めですが、事務手数料が融資額の2.0%かかります。

金利6.00~18.0%
限度額最大300万円
事務手数料融資金額の2.0%
融資スピード数日
返済方式元利均等返済/元金均等返済
その他の申込条件20歳から65歳までで毎月定期収入がある、個人事業主

静岡銀行「ビジネスクイックローン」

静岡銀行「ビジネスクイックローン」

「ビジネスクイックローン」は、静岡銀行が提供する個人事業主向けのローンカード型ビジネスローンです。

静岡県、および東京都、神奈川県、愛知県の一部エリアで事業を営む個人事業主、自営業者が対象と限定的ですが、地方銀行が提供する無担保ローンということで抜群の信頼性があります。

最短即日審査で翌日融資というスピード感、相場よりやや低めの金利、50万円~500万円まで融資可能と、静岡銀行の営業エリア内の個人事業主の方であれば選んで損はないローン商品と言えるでしょう。

金利5.0%~14.9%
限度額50万円~500万円
事務手数料無料
融資スピード1日~
返済方式1ヶ月毎元利均等返済
その他の申込条件20歳から65歳までで毎月定期収入がある、静岡銀行の営業区域内、普通預金または当座預金を持っている、個人事業主

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」

東京スター銀行「スタービジネスカードローン」

東京スター銀行が提供する「スタービジネスカードローン」は、法人経営者・個人事業主向けのローンカード型ビジネスローンです。

第二地方銀行のローン商品という信頼性の高さはもちろん、銀行ビジネスローンでありながら柔軟性の高さにも定評があります。たとえば、一般的な銀行ビジネスローンは「業歴2年以上」が利用条件ですが、スタービジネスカードローンは「業歴1年超」であれば利用できます。

全国対応も可能で、信頼性の高さ、利用しやすさを両立するなら選択肢に入れたいローン商品と言えるでしょう。

金利6.5~14.5%
限度額50万~500万円まで
事務手数料無料
融資スピード5日~
返済方式残高スライドリボルビング方式
その他の申込条件20歳から65歳までで毎月定期収入がある、営業年数1年超の法人代表者・個人事業主、保証会社の保証を受けられる

ジャパンネット銀行「ビジネスローン(Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者向け or freee会員専用)」

ジャパンネット銀行「ビジネスローン」

ジャパンネット銀行のビジネスローンは、Yahoo!ショッピング、ヤフオク!出店者、あるいは会計ソフトfreee会員が利用できるローン商品です。

利用対象者は限られますが、金利が相場よりもかなり低めに設定されているため、インターネットを利用したネット事業者には有効な資金調達方法となるでしょう。

金利1.45~8.2%(Yahoo!出店者)

1.45~13.75%(freee会員)

限度額3,000万円まで(共通)
事務手数料無料(共通)
融資スピード最短翌営業日(ビジネス用口座を持っている場合)
返済方式毎月元利定額返済
その他の申込条件20歳から65歳までで毎月定期収入がある、Yahoo!出店者 or freee会員

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

三井住友銀行「ビジネスセレクトローン」

三井住友銀行の「ビジネスセレクトローン」は、担保や第三者保証人が必要なく、最大で3億円の融資額というメガバンクの豊富な資金力を生かしたローン商品です。

金利も2.125%~と相場より低めで、なおかつ返済期間は最長7年、据置期間も設定できるため、余裕を持った返済計画が立てやすいローンと言えるでしょう。

ただし、銀行が提供するビジネスローンであるゆえに「債務超過、税金未納でない」「業歴2年以上」といった条件をクリアする必要があり、審査はかなり厳しめです。

金利6.50~17.80%
限度額1億円以内
事務手数料はじめて同行から借入を行う場合:7万5600円
(ただし、借入金額が3000万円以上の場合:9万7200円)
上記以外:32,400円
(ただし、借入金額が3000万円以上の場合:5万4000円)
融資スピード2週間~6週間
返済方式元金均等返済
その他の申込条件・業歴2年以上
・最新決算期において債務超過でない
・申込時点で税金の未納がない 等

りそな銀行「活動力」

りそな銀行「活動力」

りそな銀行が提供するビジネスローン「活動力」は、事業拡大や新規ビジネス展開、設備投資だけでなく、想定外の支払いの発生時など、事業に関するあらゆるシーンで利用できるローンです。

保証会社は大手消費者金融業者のアイフルで、活動力を利用するためにはアイフルの保証を受ける必要があります。

金利年6.0%、年10.0%、年14.0%
限度額500万円まで
事務手数料無料
融資スピード数日
返済方式定額返済方式
その他の申込条件・りそな銀行との融資取引がない
・りそなCollaborareの会員
・アイフル株式会社の保証を受けられる 等

ノンバンク系事業者ローン26社一覧

ノンバンク系事業者ローン26社

会社名商品名融資額金利
株式会社セゾンファンデックスカードローン(個人事業主専用)1万円~500万円6.5%~17.8%
シンキ株式会社オーナーズセレクトカード300万円13.0%~18.0%
株式会社オリエントコーポレーションCREST for Biz(クレストフォービズ)300万円6.0%~18.0%
アコム株式会社ビジネスサポートカードローン1万円~300万円12.0%~18.0%
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社プロミス自営者カードローン300万円6.3%~17.8%
株式会社アップスアップス15150万円~1,000万円15.0%
株式会社しんわ事業者ローン1万円~1,000万円7.0%~18.0%
アイフル株式会社事業サポートプラン1万円~300万円12.775%~18.0%
株式会社日本保証ビジネスローンエール500500万円9.8%~18.0%
株式会社エム・アール・エフ長期間元金据置プラン100万円~3億円4.00%~9.90%
株式会社アスト個人事業者ローン5万円~95万円14.9285%~17.9215%
株式会社日電社事業者ローン50万円~1億円7.300%~14.60%
三鷹産業株式会社ビジネスローン50万円~1,000万円6.00%~18.00%
三井住友トラスト・ローン&ファイナンス株式会社不動産担保ローン(フリーコース)15.00%300万円~10億円
株式会社アサックス不動産担保ローン300万円~10億円2.98%~8.76%
出光クレジット株式会社不動産担保ローン100万円~5,000万円3.0%~9.8%
セゾンファンディックス不動産担保ローン100万円~1億円未満2.6%~9.9%
SBIエステートファイナンス不動産担保ローン300万円~5億円4.50%~9.50%
日本保証エール500500万円9.8%~18.0%
オリコCREST for Biz300万円6.0%~18.0%
ユニーファイナンススーパービジネスローン100万円~1,000万円12.00%~17.95%
トラストホールディングス事業者ローン100万円~1億円4.0%~9.0%
ニチデン事業者ローン50万円~1億円5.5%~17.52%
晶光商事株式会社事業者ローン100万円~1,000万円5.5%~15.0%
楽天楽天市場出店店舗向けローン50万円~3,000万円3.0%~15.0%
宝鷹商事事業者ローン最高1億円10.95%~18.0%

最短即日の資金調達ならファクタリングも有効

今回は事業者ローンをテーマに、その特徴やメリット・デメリット、おすすめの事業者ローン10選をお伝えしました。

事業者ローンは金利こそ高めですが、最短即日で融資可能という圧倒的なスピードが強みです。

ただし、金利が高いために長期の返済には不向きですので、一時的なつなぎ資金として、短期間で完済ができる返済計画を持って利用されることをおすすめします。

スピーディーに現金を調達できる方法なら、ファクタリングも有効です。

ファクタリングは融資と異なり、赤字決算や債務超過、税金滞納中でも回収前の売掛債権があれば最短即日の資金調達が可能です。

資金繰りでお悩みの中小企業・個人事業主の方は、銀行融資か、事業者ローンか、あるいはファクタリングか、自社の資金調達目的に適した方法をご検討ください。

私どもベストファクターは、お客様の資金調達・資金繰りの相談を承っております。

電話やメールで、ぜひお気軽にご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ