ファクタリング会社選び
2020年最新|優良ファクタリング会社おすすめランキング|中小企業・個人事業主向け
logo
ファクタリング【即日スビード資金調達】

2010年代以降、新たな資金調達方法として「ファクタリング」が浸透していくにつれて、ファクタリング会社も増加傾向にあります。

ファクタリングを専門に扱う会社、銀行やノンバンクの子会社など、100社近いファクタリング取り扱い業者の中から、優良会社を選ぶのは至難の業です。

この記事では、優良ファクタリング会社を厳選する方法、優良会社の中から自社に合った1社を見極める方法を中心にお伝えします。

ファクタリング会社が選ぶ、優良ファクタリング会社25社をランキング形式で一覧化しましたので、ぜひご参考になさってください。

優良ファクタリング会社選びのヒント

一口で「ファクタリング会社」と言っても、それぞれ運営母体や会社規模、契約方式などである程度分類することができます。

ここでは、中小企業や個人事業主の方向けに、優良ファクタリング会社選びのヒントをご紹介します。

中小企業・個人事業主は「独立系ファクタリング会社」がおすすめ

ファクタリング会社は、運営母体や会社規模によって、以下の3つの系統に分けられます。

独立系ファクタリング会社運営母体が銀行やノンバンクではない、独立した中小のファクタリング会社
銀行系ファクタリング会社運営母体がメガバンクや地方銀行のファクタリング会社。
ノンバンク系ファクタリング会社運営母体が証券会社や消費者金融会社のファクタリング会社。

3つの系統うち、中小企業や個人事業主の資金調達におすすめのファクタリング会社は、「独立系」です。

独立系は最短即日の圧倒的なスピード感があり、数十万円の小口取引から数千万円規模の大口取引まで、幅広く対応できる柔軟性があります。

さらに、売掛先(取引先、クライアント)の同意が不要な「2社間ファクタリング」の実績が豊富なため、中小企業や個人事業主の緊急性の高い資金調達向きと言えます。

四ツ柳
銀行系・ノンバンク系は、年商や債権買取額で高いハードルを設けていることが多く、小規模事業者では利用条件を満たすのが難しくなっています。

スピード・調達コストの安さで選ぶなら「非対面式」がおすすめ

「非対面式」とは、申し込みから入金まで郵送やオンラインで完了する新たなファクタリングの契約方式です。

従来のファクタリング(対面式)は、経営者とファクタリング会社の担当者が面談で契約を結ぶプロセスが必須で、とくに初回の契約は時間がかかるというデメリットがありました。

非対面式は書類提出から郵送やオンラインで手続きを進めるため、パソコンやスマホがあれば、いつでも・どこでもファクタリングが利用できます。

さらに、非対面式を採用しているファクタリング会社は人件費を削減できるので、ファクタリング手数料を安く抑えています。

四ツ柳
従来型の2社間ファクタリングの手数料は10~20%が相場ですが、オンライン完結型のファクタリング手数料は、10%以下に抑えられています。

最短即日のスピード感、圧倒的手数料の安さで選ぶなら、非対面式がおすすめです。

長期スパンで資金繰り改善を希望するなら「対面式」がおすすめ

「対面式」は、経営者がファクタリング会社に来社するか、ファクタリング会社の担当者が事業所に出張するか、いずれかの方法で面談を行ってから契約を結ぶ、従来型のファクタリングの方式です。

面談が必須となるため、申し込みをしたその日のうちに資金を受け取りたい場合は、予め必要書類を揃えたうえで、出張や面談の時間も考慮して、なるべく午前中までに申し込みを済ませておく必要があります。

四ツ柳
ファクタリング会社の担当者が事業所に出張する場合は、その出張にかかった費用も手数料に組み込まれます。

以上のように、対面式は非対面式に比べて時間的コスト、資金的コストがかかりますが、契約に際しての面談で利用金額や手数料について交渉の余地があり、事と次第によっては、審査時よりも有利な条件で契約が結べる可能性もあります。

さらに、対面式を採用しているファクタリング会社の多くが、アフターフォローとして、財務コンサルティングサービスや資金調達支援など、長期スパンで経営を改善する無償サポートを提供しています。

一時的な資金調達にとどまらず、長期スパンで資金繰り改善を希望するなら「対面式」がおすすめです。

OLTA|第1位

系統・契約方式独立系・非対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービスクラウドファクタリング(2社間)
ファクタリング手数料2~9%
入金スピード最短即日
買取限度額無制限
URLhttps://www.olta.co.jp/

OLTA(オルタ)は、オンライン完結型「クラウドファクタリング」の豊富な実績があり、現在もっとも勢いのあるファクタリングサービスです。

クラウドファクタリングは、取引先の同意が不要、最短即日可の2社間取引でありながら、3社間取引並みに手数料が抑えられる点を強みとしています。

さらに、同社のサービスを使い続けることで利用者のグレードが上がっていき、利用金額や手数料で取引が有利になる独自の優遇システムも魅力です。

最短即日のスピードと調達コストの安さを重視される方は、OLTAのクラウドファクタリングが最適な資金調達方法となるでしょう。

ビートレーディング|第2位

系統・契約方式独立系・対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス2社間、3社間、医療・介護報酬債権買取、Beトレペイメント、財務コンサル等
ファクタリング手数料【2社間】5%~

【3社間】2%~

入金スピード最短即日
買取限度額10万~7億円(過去の実績から)
URLhttps://betrading.jp/

ビートレーディングは豊富な取引実績、業界最安水準の手数料、圧倒的スピードの三拍子揃って、業界トップを走る大手ファクタリング会社です。

とくに、同社の「2社間ファクタリング」は手数料5%から、必要資料提出から査定結果の提示まで
最短30分以内のスピード感で、業種を問わず多くの中小企業・個人事業主から高い支持を得ています。

さらに、ファクタリングに限らない多彩な資金調達方法の提案や、資金繰り支援、経営が安定するまでの長期的なサポートなど、アフターフォローも充実しています。

初めてファクタリングを利用する方、長期スパンの経営改善まで視野に入れている方は、同社のファクタリングサービスを選べば間違いないでしょう。

日本中小企業サポート機構|第3位

系統・契約方式社団法人・非対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス郵送ファクタリング(2社間・3社間)、財務コンサル等
ファクタリング手数料要確認
入金スピード最短即日
買取限度額100万円以下OK
URLhttps://www.chushokigyo-support.or.jp/lp02/

日本中小企業金融サポート機構は、業界では珍しい非営利の一般社団法人で、忙しくてなかなか時間をつくれない経営者でも、安心して資金調達ができる「郵送ファクタリング」を提供しています。

郵送ファクタリングなら、書類提出や契約など全て手続きが郵送で完結、時間的負担および交通費などの金銭的な負担を大幅に削減することができます。

さらに、郵送ファクタリングの他にも、資金調達の専門家や税理士・弁護士などと提携して、助成金・補助金の紹介、在庫買取や事業再生に関するアドバイザリー業務、コンサルティング業務なども行っています。

同サービスの利用者は、資金調達にかかる時間的リソースを大幅に削減、コンサルティング業務で支援を受けながら、本業にリソースを注力できるでしょう。

ウィット|第4位

系統・契約方式独立系・非対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス2社間、財務コンサル等
ファクタリング手数料5%~
入金スピード最短即日
買取限度額30万円~
URLhttps://witservice.co.jp/

ウィットのファクタリングサービスは、債権額面500万円以下の小口専門で、過去には最小30万円を95%で買い取った(手数料5%)実績もあります。

中小企業・個人事業主向けの2社間ファクタリングに特化しており、すべての手続きがオンラインで完結します。

さらに、非対面式では珍しい財務コンサルティングサービスも提供、利用者は資金調達から経営改善計画の実行まで、幅広いサポートが受けられます。

売上が入金されるまでのつなぎ資金を必要とされる方、資金調達後の自社の資金繰りを改善したい方におすすめです。

ベストファクター|第5位

系統・契約方式独立系・対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス2社間、3社間、医療・介護報酬債権買取、財務コンサル等
ファクタリング手数料【2社間】5%~

【3社間】2%~

入金スピード最短即日
買取限度額30万円~
URLhttps://bestfactor.jp/

弊社ベストファクターは、法人・個人事業者の方に向けた2社間・3社間ファクタリング、医療・介護報酬債権買取サービス、さらに利用者の方に財務コンサルティングサービスを提供しております。

最短即日のスピード(2社間取引)、業界最安水準の手数料は当然のこととして、弊社の強みは財務コンサルによる利用会社様の資金繰り改善、企業価値向上の実績です。

これまでの実績は、キャッシュフロー改善率69.7%、企業価値改善率59.2%で、ファクタリングサービスと併せて、業界最高レベルのコンサルであることを自負しております。

単なる資金調達先にとどまらず、長くお付き合いいただける経営パートナーとして、中小事業者様の資金繰りを親身にサポートいたします。

anew|第6位

系統・契約方式独立系・非対面
利用条件法人のみ
取り扱いサービスクラウドファクタリング(2社間)
ファクタリング手数料2~9%
入金スピード最短即日
買取限度額無制限
URLhttps://www.a-new.co.jp/

anew(アニュー)は、新生銀行とOLTAの共同事業として、2020年にリリースされたばかりの新しいファクタリングサービスです。

同社のクラウドファクタリングは、OLTAの同サービスを中小企業・小規模事業者のニーズに合うよう対応させており、条件によってはOLTAよりも利用金額・手数料が優遇される場合があります。

手数料は業界最低水準の2~9%で、1,000万円規模の売掛金にも対応可能です。

なお、個人事業主の方の申し込みに対しては、OLTAのクラウドファクタリングを案内しています。

インボイスPay|第7位

系統・契約方式独立系・非対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービスインボイスPay(2社間)
ファクタリング手数料0.9~8.0%
入金スピード最短即日
買取限度額要確認
URLhttps://invoice-pay.jp/

一般的なファクタリングは、売掛先の信用調査の後に手数料がわかる「審査先行型」で、最短即日をうたうファクタリング会社でも、初回は審査に1日以上を要する場合があります。

インボイスPayは「ファクタリングを超えた資金調達」と自称するように、審査の前の見積もり段階で手数料がわかる「見積先行型」を強みとしています。

さらに、2社間ファクタリングと同じスキームを採用していながら、手数料8%以下の驚異的な調達コストの低さも大きなメリットです。

通常の申し込みで売掛金300万円以下まで資金化ができ、300万円を超える請求書は「インボイスPayプレミアム」への登録が必要となります。

アクセルファクター|第8位

系統・契約方式独立系・対面(非対面も可)
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス2社間、3社間、医療・介護報酬債権買取
ファクタリング手数料2~10%
入金スピード最短即日
買取限度額最大1億円
URLhttps://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターは、「原則即日で対応」をモットーに、買取依頼のあった債権の約半数以上を即日で買い取るという取引実績があります。

通常のファクタリングがスピードを重視しているのに加え、数千円から1億円まで買取可能、手数料も業界最安水準の2~10%で設定されています。

さらに、緊急性が依頼の場合は面談が省略され、メールやFAX等による書類確認・審査が可能です。

申込時に必要書類が足りず、当日中に揃えられない場合でも、同社に相談すれば代用書類を提案するなど、スピード感を失わないよう柔軟に対応しています。

とにかくスピードを重視したい利用者の方におすすめです。

PMG(ピーエムジー)|第9位

系統・契約方式独立系・対面(非対面も可)
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス2社間、3社間
ファクタリング手数料2%~
入金スピード最短即日
買取限度額最大2億円まで
URLhttps://p-m-g.tokyo/

PMG(ピーエムジー)は、GMリサーチのファクタリング会社10社を対象にしたアンケートで、顧客満足度、対応スピード満足度、スタッフ対応満足度で3冠を達成した実績を持つファクタリング会社です。

アンケート調査の結果に違わず、同社のファクタリングは業界最高水準の買取率98%~(手数料2%~)で、最大2億円まで最短即日で資金調達ができます。

さらに、同社の財務コンサルティングは、資金不足に陥る問題の特定から問題の原因を特定、利用者に合った資金調達方法を提案してくれます。

資金調達のみならず、自社の資金不足の課題を根本的に解決したい事業者の方におすすめです。

FREENANCE(フリーナンス)|第10位

系統・契約方式独立系・非対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービスあんしん補償、即日払い(2社間)
ファクタリング手数料3~10%
入金スピード最短即日
買取限度額要確認
URLhttps://freenance.net/

FREENANCE(フリーナンス)は、個人事業主・フリーランス向けのお金と保険のサービスを提供しています。

アカウント開設で、自己負担0円、最高5,000万円まで仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故の補償「あんしん補償」が受けられます。

さらに、フリーナンスの振込専用口座を開設することで、最短即日・手数料3~10%の2社間取引「即日払い」が利用できるようになります。

仕事上の万が一に備える「あんしん補償」と、資金繰り改善の「即日払い」とを併せて、個人事業主・フリーランスの方の心強い味方となるでしょう。

トップ・マネジメント

系統・契約方式独立系・対面(非対面も可)
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス2社間、3社間
ファクタリング手数料3.5~12.5%
入金スピード最短即日
買取限度額最大3億円
URLhttps://top-management.co.jp/

トップ・マネジメントは、創業から10年め、累計買取額100億円を突破した実績豊富なファクタリング会社です。

従来型の2社間・3社間ファクタリングに加え、助成金申請とファクタリングを同時にスタートできる「ゼロファク」、広告業界限定の支払い代理サービス「ペイブリッジ」と、多彩なサービスで中小企業の資金調達・資金繰りを支援しています。

さらに、最近では新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、対面での面談が不要なオンライン完結型ファクタリングを導入しています。

従来型のファクタリングも手数料3.5~12.5%と非常にリーズナブルですので、自社に合ったサービスを選びましょう。

ファクタリングのTRY

系統・契約方式独立系・対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス2社間
ファクタリング手数料5%~
入金スピード最短即日
買取限度額最大3億円
URLhttps://sko-tokyo.com/

ファクタリングのTRYは、2社間取引に特化、業界最安手数料5%~で最短1日のスピーディーな資金化を提供しています。

同社のサービスは非常に間口が広く、赤字決算や債務超過、税金滞納など厳しい経営状況を理由に他社で断られた方も、信用力の高い売掛債権があれば、柔軟に対応してもらえるでしょう。

また、経験豊富なスタッフが資金調達や資金繰りの悩みに親身に対応してくれるため、初めてファクタリングを利用される方でも安心です。

ジャパンマネジメント

系統・契約方式独立系・対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス2社間、3社間、医療・介護報酬債権買取
ファクタリング手数料要確認
入金スピード最短即日
買取限度額最大5,000万円
URLhttps://japan-management.com/

ジャパンマネジメントは福岡と東京にオフィスを構え、来店不要・全国出張対応で契約が可能なファクタリングを提供しています。

2社間、3社間ともに実績が豊富で、最小20万円から最大5,000万円までの資金調達が最短即日で審査完了、翌日には資金調達可能です。

個人事業主の方であっても、法人との継続した取引があれば、同社のファクタリングが利用できます。

問い合わせは19時までの電話受付、24時間受付のメールおよび仮審査申請書類から可能です。

電子請求書早払い

系統・契約方式独立系・非対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス2社間、3社間、医療・介護報酬債権買取
ファクタリング手数料1.0~6.0%
入金スピード最短2営業日
買取限度額最大3,000万円(1債権あたり)
URLhttps://www.infomart.co.jp/btobfinance-hayabarai/lp2.asp

「電子請求書早払い」は、安く・早く・安心・実績を最大の特長とするファクタリングサービスです。

2者間ファクタリングでありながら、業界最安水準の手数料1.0~6.0%という「安さ」。

最短2営業日で請求書を現金化する「早さ」。

東証一部上場企業2社が協同で提供するファクタリングサービスという「安心」。

90%以上の高い審査通過率の「実績」。

さらに、請求書を電子化することができるため、毎月の請求作業が圧倒的に効率化されます。

まずは公式ページの「かんたん無料査定」で、調達可能額、手数料を確認しましょう。

JTC

系統・契約方式独立系・非対面
利用条件年商7,000万円以上の法人・個人事業主
取り扱いサービス入金前払いシステム(2社間・3社間)、経営コンサルティング
ファクタリング手数料要確認
入金スピード最短即日
買取限度額100万円~
URLhttps://j-t-c.info/

JTCは名古屋本社と東京、大阪の3拠点で、入金前払いシステム(ファクタリング)と財務コンサルティングを提供しています。

「年商7,000万円以上・契約金額100万円」という高いハードルはありますが、利用条件の敷居を高く設定しているからこそ、信頼性の高いファクタリング、改善率の高い財務コンサルを提供していることの証左と言えるでしょう。

なお、同社の入金前払いシステムは債権譲渡登記が前提となっているため、登記ができない個人事業主の方は、必然的に売掛先の承諾が必要となります。

西日本ファクター

系統・契約方式独立系・対面(非対面可)
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス2社間、3社間、医療・介護報酬債権買取
ファクタリング手数料要確認
入金スピード最短即日
買取限度額1,000万円まで
URLhttps://nishinihonfactor.jp/

西日本ファクターは福岡と大阪を拠点に、主に九州・関西エリアの事業者の資金調達をサポートするファクタリング会社です。

従来型の対面式のファクタリングに加え、最近ではオンライン完結型でスピーディーな資金調達が可能なクラウド契約も取り扱っています。

ファクタリングの買取手数料は2.8%から、1,000万円までであれば即日の資金化が可能です。

西日本エリアで資金調達をお考えの事業者の方は、同社のファクタリングを検討されてみてはいかがでしょうか。

日経フィナンシャルトライ

系統・契約方式独立系・対面
利用条件年商5,000万円以上の法人・個人事業主
取り扱いサービス2社間、3社間
ファクタリング手数料要確認
入金スピード最短即日
買取限度額1,000万円まで
URLhttps://nishinihonfactor.jp/

日経フィナンシャルトライ東京のファクタリングサービスは、年商5,000万円以上の法人・個人事業主という利用条件のハードルがあるものの、対面式では最低水準の手数料3~8%で利用できます。

利用限度額は50万円からで、5,000万円までであれば最短即日の資金化が可能です。

また、同社は元銀行員が資金調達のサポートを行っており、安心のサポートが受けられます。

他社からの乗り換えの場合は手数料の優遇もありますので、資金調達コストにお悩みの方は、同社を検討されてみてはいかがでしょうか。

MF KESSAI アーリーペイメント

系統・契約方式独立系・非対面
利用条件法人のみ
取り扱いサービス2社間
ファクタリング手数料1.0~10.0%
入金スピード最短2営業日後
買取限度額買取1回あたりの合計金額が100万円以上
URLhttps://mfkessai.co.jp/lp/factoring/

MF KESSAI アーリーペイメントは、最短2営業日後、手数料率1.0%~の業界最安水準で売掛金を早期資金化するファクタリングサービスです。

オンライン完結型ならではの取引の簡潔さで、1営業日以内に契約条が提示され、件取引先への事前通知・債権譲渡登記もありません。

マザーズ上場グループ企業が提供するサービスですので、初めてファクタリングを利用される経営者の方も安心です。

ただし、当サービスは法人のみで、個人事業主の方は利用できません。

freee 請求書ファイナンス

系統・契約方式独立系・非対面
利用条件法人・個人事業主(要freee登録)
取り扱いサービス2社間
ファクタリング手数料2~9%
入金スピード最短1営業
買取限度額要確認
URLhttps://www.freee.co.jp/finance/invoice-finance/

freee 請求書ファイナンスは、freeeに登録済みの方が利用できる請求書買取サービスです。

利用にあたっては、freeeに登録されている財務データ、売掛債権データをもとに、買取可能性の高い売掛債権をfreee側が自動試算し、買取オファーを出します。

申し込みから24時間以内に審査が行われ、振込みまでは最短で1営業日以内に完了します。

買取手数料は2~9%と、オンライン完結ならではの低コストが強みですので、freee登録済みで資金調達を検討されている方におすすめです。

LENDY(レンディ)ファクタリング

系統・契約方式独立系・非対面
利用条件法人・個人事業主(要freee登録)
取り扱いサービス2社間
ファクタリング手数料2~9%
入金スピード最短1営業
買取限度額10万~1,000万円
URLhttps://factoring.lendy.jp/

LENDYファクタリングは、オンライン融資サービスを提供する「LENDY株式会社」のオンラインファクタリングサービスです。

未精算の売掛債権10万~1,000万円まで買取可能、二者間取引でありながら、手数料が2~9%という調達コストのやすさが目を引きます。正午までに申し込みが完了すれば、即日での資金かも可能です。

サービスを利用するには、新規にアカウントを開設する必要があります。必要書類の提出はオンラインで完結、来店や郵送の必要はありません。

三菱UFJファクター

系統・契約方式銀行系・対面
利用条件法人のみ
取り扱いサービス3社間
ファクタリング手数料要確認
入金スピード2週間~
買取限度額残高合計1億円程度から
URLhttps://www.muf.bk.mufg.jp/settle/saiken01.html

三菱UFJファクターの買取ファクタリングは、信用に不安のない販売先、かつ原則買取限度設定額合計1億円以上から利用可能です。

債権買取に際して、譲渡対象となる販売先1社ごとにUFJファクターが買取限度額を設定、買取限度額の範囲内で債権の譲渡が実施されます。

中小企業にとっては利用のハードルが極めて高いサービスですが、メガバンクの子会社との取引ということで、信頼性の高さは言うまでもありません。

みずほファクター

系統・契約方式銀行系・対面
利用条件法人のみ
取り扱いサービス売上債権流動化(3社間ファクタリング
ファクタリング手数料要確認
入金スピード2週間~
買取限度額要確認
URLhttp://www.mizuho-factor.co.jp/service/saiken/

みずほファクターの売上債権流動化(ファクタリング)は、譲渡対象債権となる販売先1社ごとに、みずほファクターが買取極度を設定、設定された極度額の範囲内で、反復的に利用できるサービスです。

売上債権」には、売掛金のほか、手形、電子記録債権も含まれます。売掛金を譲渡する場合は、第三者対抗要件・債務者対抗要件の具備が必要となります。

銀行系なので中小事業者の利用のハードルは高くなりますが、元請企業が絡む売上債権については、比較的柔軟に対応してくれるようです。

リコーリース

系統・契約方式ノンバンク系・対面
利用条件法人・個人事業主可
取り扱いサービス介護報酬債権買取
ファクタリング手数料要確認
入金スピード1週間~
買取限度額要確認
URLhttps://www.r-lease.co.jp/kaigo/

リコーリースの介護報酬ファクタリングは、通常2ヶ月ほどかかる国保連からの介護報酬を、最短5営業日で資金化するサービスです。

前払い額を介護保険給付費請求額の80%上限として、残額は翌月の国保連からの給付費支払い後に支払われる仕組みとなっています。

初期審査料0円、契約期間中の毎年の更新料も0円です。新設法人、新設事業者の申込可能、介護ソフトの使用制限もありません。

借入に頼らず、スピーディーな資金調達を希望する介護事業者の方におすすめです。

ビジネクスト

系統・契約方式ノンバンク系・対面
利用条件法人のみ
取り扱いサービス2社間
ファクタリング手数料月率2.0%以下(前払手数料1.2%、事務手数料0.8%)
入金スピード要確認
買取限度額上限1億円まで
URLhttps://www.aiful-bf.co.jp/products/factoring/

ビジネクストが提供するファクタリングサービスは、同社提携先の収納代行業者が請求書発送・入金管理を実施するため、売掛債権の買い取りに際し、売掛先企業の債権譲渡承諾が必要ありません。

つまり、この仕組みは売掛先に知られずに売掛債権の売買ができる、実質的な2社間ファクタリングとなるのです。

買取手数料率は月率2.0%以下ですので、支払いサイトが1ヶ月の債権であれば、コストを抑えた資金調達ができます。

ただし、ファクタリング契約にあたっては債権譲渡登記が必須となるため、個人事業主は利用できません。

三田証券

系統・契約方式ノンバンク系・対面
利用条件医療報酬債権・介護報酬債権・調剤報酬債権
取り扱いサービス3社間
ファクタリング手数料事務手数料 当初事務手数料:30万円~
月次事務手数料:0.4%~
掛目 85%~95%
入金スピード要確認
買取限度額要確認
URLhttps://mitasec.com/business/81/

三田証券は、投資銀行業務の一環として、医療機関・介護事業者・調剤薬局向けに診療報酬債権等の流動化を活用した資金調達の支援を行っています。

最大で診療報酬等請求額の4ヵ月分相当を最短1週間のスピードで現金化可能、利用時に最大95%の掛目を乗じた金額が支払われ、残り5%相当額は、支払担当機関から入金された後に支払われます。

利用にあたっては、原則2年間(更新可能)の契約期間が定められていますが、更新料や審査料などはかかりません。

通常2ヶ月かかる医療報酬債権の現金化を短縮し、資金繰りを見直したい医療機関の方におすすめです。

重要ポイントごとのおすすめファクタリング会社

同業者から見ても優良と言えるファクタリングサービスを提供する全25社を紹介しました。

ここでは、紹介した25社のなかから、利用者のニーズに合ったファクタリング会社を選ぶポイントを解説します。

調達コスト・手数料の安さ BEST3

  1. 電子請求書早払い
  2. インボイスPay
  3. OLTA

「ファクタリングで資金繰りを改善する」のカギを握るのが、ファクタリング手数料です。

たとえば、100万円の売掛債権をファクタリングで資金化する場合、手数料5%で売却して95万円を調達するか、手数料率20%で売却して80万円を調達するかで考えれば、どちらが資金繰りに有利かは明白です。

「電子請求書早払い」「インボイスPay」は最短2営業日と、資金化までやや時間はかかるものの、2社間取引でありながら、3社間並の5%前後の極めて低い手数料で利用できます。

OLTAは最短即日のスピード感に加え、10%以下の手数料が強みです。

手軽さ・スピード BEST3

  1. OLTA
  2. ウィット
  3. anew

手続きの手軽さ、申し込みから入金までのスピードを重視するなら、オンライン完結型のファクタリングサービスを選びましょう。

OLTAは先ほどの手数料の安さと併せて、入金スピードにおいても業界トップクラスで、一刻を争う緊急性の高い資金調達を必要とする事業者におすすめです。

ウィットは500万円以下の小口取引に特化しており、「売上入金までの数日間を耐え抜く資金さえあれば」という小規模事業者のニーズに応えるファクタリングサービスを提供しています。

anewはOLTAのクラウドファクタリングを法人向けに限定したサービです。

資金繰り支援サービス BEST3

  1. ベストファクター
  2. 日本中小企業サポート機構
  3. ウィット

ファクタリングは売上入金までの一時的なつなぎ資金として役立ちますが、それだけで自社の資金繰りや経営までも改善することはできません。

事業を立て直し、安定させるには、長期スパンでの資金繰り支援、根本的な財務体質の改善が重要です。

ファクタリング会社を選ぶ際に、資金調達のみならず、資金繰り改善などのアフターフォローまで視野に入れるならば、財務コンサルティングサービスに注目しましょう。

財務コンサルについては詳細を明かしていないファクタリング会社も多いなか、ベストファクターはキャッシュフロー改善率69.7%、企業価値改善率59.2%と、資金繰り支援においても確固たる実績を残しています。

取引実績・信頼性・安全性 BEST3

  1. ビートレーディング
  2. ベストファクター
  3. アクセルファクター

ファクタリングには、銀行法や貸金業法といった規制法がありません。

とくに独立系ファクタリング会社は、銀行やノンバンクといった著名な経営母体がなく、ファクタリング会社の取引実績や信頼性は、取引の安全性を担保するうえで非常に重要です。

ビートレーディングはファクタリング業界のパイオニア的存在で、開業8年の豊富な取引実績、取引の信頼性・安全性の高さは業界随一です。

ベストファクターは2017年創業と業界では後発ながら、中小企業・個人事業主向けの2社間ファクタリングで実績を積み、財務コンサルティングサービスも高く支持されています。

優良ファクタリング会社に関するQ&A

優良ファクタリング会社について、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.ファクタリング会社はどんな債権を買い取ってくれるのですか?
A.独立系ファクタリング会社は、法人向けの検収済みで支払日・支払金額が確定している「確定債権」を買い取ります。個人向けの債権、支払期日が超過しても決済されていない「不良債権」、将来的に支払われる予定はあるが検収が済んでいない「将来債権」は買取対象となりません。銀行系やノンバンク系の中には、個人向けの確定債権を買い取っているところもあります。
Q.「償還請求権がない」とはどういう意味ですか?
A.「償還請求権」とは、ファクタリング会社が買い取った売掛債権が、売掛先の倒産等で回収できなかった場合、譲渡した利用者に買い戻しを請求できる権利のことです。ファクタリングには原則として償還請求権がないため、万が一、売掛債権が回収できなかったとしても、利用者に買い戻し義務は生じません。これを「ノンリコース契約」といいます。なお、ファクタリングの手数料は、この売掛先の貸し倒れリスクも考慮して設定されています。
Q.個人事業主は2社間ファクタリングを利用できないのですか?
A.2社間ファクタリングは、売掛債権の譲渡に際して、売掛先の同意が不要な代わりに、ファクタリング会社が確かに債権を譲渡されたということを証明する「債権譲渡登録」が必要です。この債権譲渡登記は法人に限られているため、個人事業主は原則として登記ができず、2社間ファクタリングを断られる場合があります。一方で、個人事業主に対して、登記不要の2社間ファクタリングを提供しているファクタリング会社も少なくありません。
Q.他社からすでに借入があり、返済中なのですが、ファクタリングの審査には影響しますか?
A.影響しません。ファクタリングは金銭消費貸借契約ではないため、審査では利用者の返済能力や経営状況よりも、売掛先の信用力が重視されます。他社からの借入があって返済中でも、また赤字決算や税金滞納中であっても、売掛先の信用力が高いと判断されれば、ファクタリングで資金調達ができます。
Q.ファクタリング会社の財務コンサルティングは、具体的にどのようなサポート内容ですか?
A.基本的にあ新たな資金調達先の提案、銀行リスケの交渉の支援、資金繰り表など書類作成のサポート、バックオフィス業務代行など、利用会社の経営状況に合わせたサポートが受けられます。具体的な支援の中身については、各ファクタリング会社にお問い合わせください。
Q.ファクタリング会社は、どのような法律の規定のもとで営業しているのですか?
A.ファクタリング(債権の売買)は、民法第555条の「売買」、同法466条「債権の譲渡性」、467条「指名債権の譲渡の対抗要件」で規定されています。ファクタリングは貸金業ではないため、ファクタリングを業として営むものは、貸金業許可を得る必要がありません。したがって、ファクタリング会社を選ぶ際は、過去の実績や利用者からの評価などで、信頼性や安全性を判断しましょう。
Q.違法なファクタリング業者の手口を教えて下さい。
A.ありがちな手口としては、ファクタリングをうたっておきながら、実際には売掛債権を買い取らず、担保として扱い、実質的な高利貸しを行う「偽装ファクタリング」が横行しています。先ほど回答したように、ファクタリングは貸金業許認可が不要ですが、認可を得ていないものによる融資行為は貸金業法で禁止されているため、明らかな違法行為です。

優良業者の中から自社に合った1社を見極めるポイント

100社近くあるファクタリング会社の中から、とくに優良と言える会社をご紹介しました。

中小企業や個人事業主の方で、初めてファクタリングを利用される場合は、小規模事業者との取引実績が豊富な独立系ファクタリング会社がおすすめです。

ファクタリング会社を1社に絞る際は、まず自社が以下のどの要素を重視するのか、事前に明確にしておきましょう。

  • 調達コスト(手数料)の安さ
  • 申し込みから入金までのスピード
  • 資金繰り支援

そのうえで、事前に2~3社ほど候補を挙げ、サービス内容や取引実績、見積もりを比較することが大切です。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

インタビュー記事

interview article

インタビュー記事

請求書を最大98%買取ります
img
logoA社B社
手数料2〜20%
売掛金300万円の場合
振込金額240〜294万
15〜30%
売掛金300万円の場合
振込金額210〜255万
7〜25%
売掛金300万円の場合
振込金額225〜279万
申込方法電話、WEB、出張訪問申込来店申込オンライン申込
審査通過率92.25%70%40%
振込までの日数最短当日最短翌日最短4日
ファクタリング
利用額
30万円以上の売掛金が必要50万円以上の売掛金が必要200万円以上の売掛金が必要
審査時の
必要書類
  • 身分証明書
  • 入手金の通帳
  • (WEB通帳含む)
  • 請求書
  • 見積書
  • 決算書
  • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
  • 売掛先との契約書類
  • 発注書、納品書、請求書など
  • 身分証明書
  • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
  • 決算書(税務申告済の押印必須)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛債権の因果資料
  • 入出金の確認事項
コメント柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
お電話でのお問い合わせ

img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

無料相談はこちらから

お問い合わせ

この記事が気に入ったらフォローしよう