個人事業主向けのスピーディーで確実な資金調達方法に、今、低リスクなファクタリングサービスが選ばれているのはなぜなのでしょうか。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

フリーランスや職人、一人親方など、個人で事業をされている方にとって事業の資金繰りは、取引先1件の支払いの遅れがビジネス全体に影響を与えることもあり不安定な状況に置かれ方もいらっしゃいます。

資金繰りが苦しい時はどうにかしてお金を用意する必要がありますが、個人は法人に比べて資金を調達することが容易ではなく、崩せる自己資産がなければ調達方法も限られてきます。

そんな個人事業主の方にぜひご検討いただきたい資金調達方法が、ファクタリングです。

本稿では、個人事業主の資金調達にファクタリングが向いている理由から審査に通りやすくするポイントまで、急な資金需要の対策を解説します。

「銀行から融資を断られた」「今すぐまとまった資金が必要」といった個人事業主の方は、ぜひご参考になさってください。

個人事業主の資金調達にファクタリングが向いている理由

個人事業主の資金調達に今選ばれているファクタリング

「売上の入金が先延ばしになってしまった」「外注に支払うお金が足りない」など、急な資金需要でお悩みの事業主の方も多いでしょう。

個人事業主の資金調達と言えば、銀行やノンバンクからの借入がほとんどで、ファクタリングを利用している方はまだまだ少数派です。

しかし、ファクタリングは「早さ」「低コスト」という観点から、個人事業主の方の急な資金需要に最も適した資金調達方法と言えます。

なぜファクタリングは個人事業主の資金調達に向いているのでしょうか。

銀行融資は急ぎの資金調達に向かない

銀行融資は低金利でまとまった現金が借りられるというメリットがありますが、「一日も早く現金が必要」といった急ぎの資金調達には向いていません。

なぜなら、審査のための確定申告書や事業計画書といった書類集めの手間に加え、多くの場合が信用保証付き融資(マル保)となるため、審査に時間がかかるからです。信用情報に赤字決算債務超過税金滞納等があれば、もちろん審査で不利になります。

さらに、資金使途が融資のリターンに期待できる大手企業の設備投資などであればまだしも、つなぎ資金や他の返済目的などである場合、銀行が融資をしてくれるとは限りません。

ファクタリングは保証人・担保不要で即日の資金調達も可

ファクタリングとは、個人事業主の方が保有する売掛金をファクタリング会社が買い取り、資金化するサービスです。より簡潔に言えば、「1ヶ月後100万円の支払いを受けることのできる権利を売却して、その日のうちに手数料分を除いた95万円の現金を受取る」ということになります。

ファクタリングは融資と異なる資金調達方法であるため、利用者の返済能力・経営状況・事業規模は問われず、負債が増えることもありません。経営が苦しい、税金滞納がある、節税対策で赤字決算にしているというケースでも、保有している売掛金があれば担保・保証人が不要で資金調達ができます。

さらに、審査に必要な書類を事前に揃えておくなどのいくつかの条件をクリアすれば、最短即日の資金調達も不可能ではありません。「今月末までに業者に支払いを済ませなければならない」といった急ぎで資金が必要なケースでも、ファクタリングなら対応可能です。

ファクタリングによって調達した資金は、仕入先への支払い代金従業員の給与など、臨時の事業資金として活用できます。

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点

個人事業主のファクタリング利用時に留意すべき事

個人事業主の方がファクタリングを利用する際に、いくつか注意すべきポイントがあります。

個人事業主に対応していないファクタリング会社がある

ファクタリング会社の中には、次のような理由で個人事業主の取り扱いがないところも少なくありません。

  • 経営が不安定で債権回収不能となるリスクが高い
  • 債権譲渡登記制度が利用ができない
  • 100万円以下の少額利用が多い

ホームページなどで「少額利用OK」「個人事業主可」といった記載のあるファクタリング会社であれば、個人事業主との取引実績があり、その資金繰り事情にも精通している可能性が高いです。

審査は売掛先の信用(支払い能力)が重視される

個人事業主に限ったことではありませんが、ファクタリングの審査は売掛先の信用力が重視されます。

ファクタリングの仕組み上、売掛先から支払われる売掛金は最終的にファクタリング会社が回収します。たとえば、売掛先が個人事業主である、貸し倒れのリスクが高い、経営が不安定といった要素があると、ファクタリング会社は債権回収不能に陥る可能性が高いため、審査に通りにくくなります。

したがって、売掛金は売掛先の信用力の高いものを売却、さらに請求書や銀行の入金のフローを明確化しておくと審査が有利に進みます。

個人事業主がファクタリングの審査を通過するためのポイント

ファクタリング審査通過の7つのポイント

たとえ「個人事業主OK」としているファクタリング会社であっても、個人事業主の方は法人の利用に比べてファクタリングの審査に通りにくくなっています。

しかし、次の「売上債権・売掛先の観点」「職業形態の観点」のそれぞれのポイントを踏まえて審査に望めば、その通過率を高めることも不可能ではありません。

売上債権・売掛先の観点

(1)十分な売上債権を所有している

売上債権とは、売掛金や受取手形など、後から支払いを受ける権利のことです。ファクタリングを利用する以上、利用者である個人事業主の方が十分な売上債権を所有している必要があります。

(2)安定的な売上債権を確保している

十分な売上債権があったとしても、それがたびたび支払い遅れのある債権だったり、1回きりの取引で発生したものだったりした場合、審査に通りにくくなります。

先に述べたように、ファクタリング会社は債権回収不能に陥らないように、審査では安定的な売上債権であることを重視します。

ただし、個人事業主であっても継続的・定期的な取引を証明できれば審査に通りやすくすることは可能です。

(3)売上債権の信用力が高い

大手企業や国の機関といった、支払い遅れや未払いのリスクがきわめて低い売掛先との取引で発生した売上債権であれば、審査の通過率は高くなります。

(4)売掛金の入金サイトが短い

通常、売掛金は発生から1~3ヶ月後に支払われます。支払期日までの期間を入金サイトと言い、これが長期化すると売掛先の業績不振や倒産等で回収不能に陥る可能性が高くなります。したがって、売掛金の入金サイトが短い(=回収率が高い)ほど、ファクタリングの審査で有利です。

職業形態の観点

(5)帳簿や取引内容、資金使途を明確にする

個人事業主はどうしても社会的信用度が低く扱われてしまいがちです。しかし、ファクタリング会社の中には直接の面談や契約を通して、利用者の人柄を重視するファクタリング会社もあります。

社会信用度の低さをカバーするためにも、帳簿や取引内容、調達した資金の使途を明確にするなど、ファクタリング会社の担当者が信頼に足ると判断できる材料を増やしましょう。

(6)税理士などに依頼する

初めてファクタリングを利用される方は、検討の段階で税理士などの金融の専門家に相談しましょう。税理士はファクタリングで資金調達に成功するアドバイスをしたり、資金調達目的に合ったファクタリング業界を紹介してくれたりします。

(7)税金等の滞納がない

社会保険料や税金等の滞納がある個人事業主の方は、ファクタリングが利用できないことがあります。たいていのファクタリング会社は「税金滞納OK」としていますが、滞納額が多いと「回収した売掛金を税金の支払いに充てるのではないか」などと疑われる可能性が高いからです。税金等の滞納が無いに越したことはなく、あったとしてもしっかりと事情を説明するようにしましょう。

ファクタリング審査に通りやすい業種・通りにくい業種

個人事業主の職種とファクタリングの審査基準

個人事業主の方の職種によっても、ファクタリングの審査に通りやすい業種と通りにくい業種があります。

審査に通りやすい個人事業の職種

ファクタリングは売掛先の信用力が重視されると述べたとおり、信用力の高い売掛先と安定的・継続的に取引のある職種は、個人事業主であっても審査に通りやすくなります。

具体的には、売掛先(報酬支払機関)が国保や社保など国の機関である病院、クリニック、調剤薬局、ホームヘルパーやデイケアなどの医療・介護です。

国が運営する機関であれば、売掛金(報酬)の未払いや倒産といった債権回収不能のリスクが極めて低いため、ファクタリング会社にとっては手数料を抑えてでも取引したい相手と言えるでしょう。

また、製造業建設業などは親会社が大企業・中小企業であるケースも多いため、これらの職種も審査に通りやすくなります。特定の職種を得意とする、あるいは特化したファクタリング会社もありますので、一度お調べになることをおすすめします。

審査に通りにくい個人事業の職種

逆にファクタリングの審査に通りにくい個人事業主の職種には、飲食業や小売業が挙げられます。

これらの職種は、売掛先が個人やクレジットカード会社である、まとまった(安定した)売上債権を持っていないといった理由で審査が通りにくい職種と言えます。

個人事業主様のファクタリングを即日対応可能です。

個人事業主のファクタリング即日対応可能

私どもベストファクターは、個人事業主の方のご利用に対応、30万円の少額の売掛金から買い取るファクタリングサービスを提供しております。手数料は業界最低水準の2%で、最短即日の現金化も可能です。

さらにファクタリングをご利用いただいたお客様には、個人事業の経理(バックオフィス)を代行するバックオフィス代行業務、資金コンサルタントが資金繰り改善を徹底サポートする財務コンサルティングも提供しております。過去には、従業員の方の給料を支払うことすらままならないという事業主の方が、ご相談から3ヶ月で劇的に資金繰りを改善した事例もございます。

弊社は個人事業主の方でも利用できるファクタリング会社です。まずは電話か問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ