事業資金の調達方法
即日で少額調達できるおすすめファクタリング 会社10選|業者選びのポイントも紹介
logo
ファクタリング【即日スビード資金調達】

「今日中に資金を用意しないと手形が不渡りになる」「取引先からの入金が遅れて月末資金が支払えない」

事業をしていれば、このように緊急でお金が必要になった経験をお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?

ファクタリングを利用すれば、数万円〜数十万円程度の少額でも即日調達が可能です。

しかしファクタリング業者の数は多いうえに即日利用できる業者の数は限られているため、少額の資金調達を即日でおこないたいのであれば、安全でスピーディーな業者を選択する必要があります。

そこでこの記事では、少額に対応したおすすめのファクタリング業者を10社ご紹介するとともに、業者の選び方をご紹介していきます。

即日資金調達を確実にするための準備などについても解説していますので、いざ緊急で資金が必要になったときに備えてぜひご覧ください。

2024年6月最新!少額対応のおすすめ即日ファクタリング10選

少額の資金調達におすすめの即日入金に対応したおすすめのファクタリング会社は以下の10社です。

  • ベストファクター
  • ペイトナーファクタリング
  • OLTA
  • ラボル
  • PAYTODAY
  • ビートレーディング
  • フリーナンス
  • 日本中小企業金融サポート機構
  • QuQuMo
  • ウィット

これらのファクタリング会社であれば、数十万円程度の少額の資金調達を問題なくおこなえますし、審査スピードも優れているため即日入金も可能です。

最短即日で少額資金を調達できるおすすめファクタリング会社をご紹介していきます。

ベストファクター

取り扱いサービス 2社間・3社間
契約方式 対面
手数料 2%〜
入金スピード 最短即日
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://bestfactor.jp/

弊社ベストファクターは取扱金額の下限はありません。

そのため数万円単位の少額でも買取を実施させていただいております。

実際に個人事業主やフリーランスなどの小規模な事業者様がご来店されることも非常に多いため、売掛債権の金額が小さい場合も遠慮なくご相談ください。

弊社はまずお客様の財務状況や取引状況などをお伺いし、お客様にとって最適な資金調達手段をご提案いたします。ファクタリングの手数料は高額です。そのため、無理にお客様にファクタリングをすすめるようなことは致しません。

お客様にとってファクタリングが最適な資金調達手段であると判断できた場合のみ、ファクタリングをご提案させていただきます。

また、審査では財務コンサルティングを実施させていただいております。

短期的な資金繰りではなく、長期的な資金繰り改善を実施したいと考える方に、弊社の担当者が専門的な見地からアドアイスをさせていただきます。

弊社はお客様との対話を重視しているため面談が必須です。そのため、当日中に弊社までご来店いただければ即日で資金をご用意させていただくことが可能です。

もしもご来店が難しい場合には、弊社の担当者がお客様のところまで訪問し、買取を実施させていただくことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリング

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 10%
入金スピード 最短10分
買取限度額 〜100万円
(初回25万円迄から徐々に拡大)
公式サイトURL https://paytner.co.jp/factoring

「すぐに数万円が必要」というような緊急時に、数万円程度の少額の資金が必要になる場合におすすめなのが、ペイトナーファクタリングです。

ペイトナーファクタリングは業界最速の最短10分で資金調達できるファクタリング会社として知られています。

大手消費者金融のカードローンよりも入金速度が早いため「あと1時間後には集金に来るので、それまでにお金を用意しなければならない」というような緊急時に活用できるファクタリング会社です。

あらかじめアカウントを作成しておけば、請求書のアップロードから最短10分で審査が完了し、そのまま登録した口座へ振り込みを受けられます。

利用限度額は100万円(初回は25万円)とかなり低いため、まさに少額利用を希望する事業者の方に最適なファクタリングサービスであるといえます。

また、ペイトナーファクタリングは個人事業主やフリーランス宛の請求書を売却できる唯一の主要ファクタリング会社です。他のファクタリング会社は法人宛の請求書しか売却できないため、手持ちの請求書が個人事業宛のものしかない方もおすすめです。

手数料も10%固定と安心ですので、すぐに少額の資金が必要という方はペイトナーファクタリングの利用を検討しましょう。

OLTA

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 2%〜9%
入金スピード 最短即日
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://www.olta.co.jp/

OLTAは利用額に下限はありませんし、完全オンライン完結にて最短即日で資金調達が可能です。

急いで少額の資金が必要な方におすすめです。

何よりもOLTAは業者の安全性が圧倒的に優れています。日本で最初にオンライン完結型のファクタリングサービスを広げた会社として注目を集め、多くの大手企業やベンチャーキャピタルから出資を受け、今や資本金は44億円を超えています。

また、日本中の銀行と提携し、銀行の顧客向けにファクタリングを販売しています。大手企業や銀行が出資をしたり提携するほどの企業ですので信頼度は抜群だといえるでしょう。

オンライン完結の効率的な経営を実施しているため、手数料の上限は9%と業界最低水準となっています。

リスクの低い売掛債権であればさらに低い手数料になる可能性もあるため、コストを抑えて資金調達したい方にもOLTAはおすすめです。

ラボル

labol(ラボル)

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 10%
入金スピード 最短60分
買取限度額 1万円〜上限なし
公式サイトURL https://labol.co.jp/

ラボルは土日祝日や深夜などに少額の資金調達したい方におすすめのファクタリング会社です。

ラボルは最短60分入金に24時間365日対応しているためです。

休日や夜間や早朝でも資金調達できるため、金融機関が空いていないタイミングでお金が必要になった方の強い味方になるでしょう。

運営会社の株式会社ラボルは東証プライム上場企業である株式会社セレスの100%子会社ですので安心感があります。

手数料は10%固定で安心ですし、1万円から利用できるため数万円程度の資金調達も容易です。

少額から高額まで、いつでも最短60分で資金調達できる優良ファクタリング会社だといえるでしょう。

PAYTODAY

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 1%〜9.5%
入金スピード 最短30分
買取限度額 10万円〜上限なし
公式サイトURL https://paytoday.jp/

PAYTODAYはオンライン完結型のAIファクタリングサービスです。審査はシステムがおこなうので非常に早く、最短15分で審査が完了します。資金化まで最短30分と業界最速水準ですので、急いで資金調達したい方におすすめです。

10万円から買取を実施しているため、少額の資金調達時にも活用できるでしょう。

また、オンラインでシステムを使った審査や契約をおこなうため、効率的な運営を実施しており、手数料の上限は9.5%と業界最低水準になっています。

サービス開始から1年半で買取累計額50億円を突破し、現在は100億円を超える買取実績をほこっています。

オンライン完結で使いやすく、手数料も低いため、即日で少額の資金調達を希望するファクタリング初心者の方にはおすすめのファクタリングサービスです。

ビートレーディング

取り扱いサービス 2社間
3社間
契約方式 対面・オンライン
手数料 2社間:4%~12%
3社間:2%~9%
入金スピード 最短2時間
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://betrading.jp/

ビートレーディングは店舗型の独立系ファクタリング会社として最も有名で実績のある会社です。

「有名な店舗型のファクタリング会社」と聞くと、ある程度高額の売掛債権でなければ売却できないと考える方も多いですが、ビートレーディングには買取額の下限はないため少額の資金調達も可能です。

また、店舗はもちろんオンライン契約も実施しているため、オンラインであれば最短2時間で日本全国のから非対面で資金調達できます。

担当者の専門性が非常に高いため、審査では財務コンサルティングも実施しています。

ファクタリングだけでなく、資金繰りや財務状況を全体的に改善したいと考える方にとっては頼もしい相談先となるでしょう。

信頼できるファクタリング会社と長く付き合いたい方はビートレーディングの利用を検討してください。

フリーナンス

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 2%〜10%
入金スピード 最短即日
買取限度額 〜1,000万円
公式サイトURL https://freenance.net/

フリーナンスはGMOグループのGMOクリエイターズネットワークが運営するフリーランス・個人事業主向けのサービスです。

さまざまなサービスを実施していますが、その中の1つに2社間ファクタリングサービスの「即日払い」を取り扱っています。

フリーナンス「即日払い」は買取金額の下限がないため、1万円程度の少額でも資金調達が可能です。

あらかじめアカウントを作成しておけば、請求書のアップロードから最短30分で審査が完了し、最短即日で資金調達が可能です。

また、フリーナンスはアカウントを作成するだけで、業務上生じた損害賠償責任を保証される「あんしん保証」や、屋号やペンネームなどで口座を作成できる「フリーナンス口座」を作成可能です。

ファクタリングを利用しない方にもメリットのあるサービスです。

いざというときに備えて、あらかじめアカウント作成だけしておくとよいでしょう。

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構online

取り扱いサービス 2社間・3社間
契約方式 対面・オンライン
手数料 1.5%〜10%
入金スピード 最短3時間
買取限度額 下限・上限なし
公式サイトURL https://chushokigyo-support.or.jp/scomplete/

日本中小企業金融サポート機構は、コンサルティング機能に強みのある、即日ファクタリング会社です。

ファクタリング業とともにコンサルティング業務にも力を入れており、中小企業支援の専門家として国が認定する認定経営革新等支援機関にもなっています。

国が中小企業の専門家として認定しているほどですので、日本中小企業金融サポート機構は非常に専門性を有している業者です。

ファクタリングについても買取額には下限がありません。少額買取にも対応してもらえるでしょう。

また、日本中小企業金融サポート機構onlineというオンライン完結型のファクタリングサービスを展開しており、オンラインであれば最短3時間で資金調達が可能です。

日本中小企業金融サポート機構は非営利の一般社団法人ですので、手数料が低く設定される傾向があります。

専門性の高い業者から低コストで即日資金調達したい方におすすめです。

QuQuMo

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 3%〜
入金スピード 最短2時間
買取限度額 下限上限なし
公式サイトURL https://ququmo.com/

QuQuMoは少額買取に強い、即日対応のオンライン完結型のファクタリング会社です。

最短2時間で資金調達でき、実際に「当日中に資金が用意できた」という口コミが非常に多くなっています。

買取限度額に下限はないため、数万円程度の少額でも問題なく資金調達できるでしょう。

申込から入金まで全てオンライン完結です。

契約手続きは弁護士ドットコムが監修するクラウド契約システムの「クラウドサイン」を使用するため、個人情報の漏洩などの心配なく安心して利用できます。

「最短即日」と謳っていながら、入金までには数日程度の時間がかかるファクタリング会社が多い中でQuQuMoであれば、高い確率で即日入金が期待できます。

スピードや口コミを重視する方にはおすすめです。

ウィット

ファクタリング ウィット

取り扱いサービス 2社間
契約方式 オンライン
手数料 表記なし
入金スピード 最短2時間
買取限度額 20万円〜500万円
公式サイトURL https://witservice.co.jp/

ウィットは最短2時間入金のオンライン完結型のファクタリング会社です。

20万円〜500万円の買取を実施しており「少額買取」を謳っています。そのため、少額の売掛債権でも20万円以上であればスムーズに買取を実施してくれるでしょう。

手数料の表記はありませんが、リスクの低い売掛債権は低い手数料で買取をしてくれますし、リスクが高くても高めの手数料を設定することで柔軟な審査を実施します。

他社で断られた人でもウィットであれば審査に通過できるかもしれません。

建設業専門のファクタリングサービスである「けんせつくん」も運営しています。建設業者はファクタリング審査に不利な業界ですので、審査については高い柔軟性と専門性を誇っています。

少額の資金調達を希望する方の中で、審査に自信のない方や他社で断られてしまった方はウィットへ相談するとよいでしょう。

少額の即日ファクタリング業者を選ぶポイント

少額に対応したファクタリング業者を選ぶには以下の5つのポイントで業者を比較することが重要です。

  • オンラインに対応しているか
  • 必要書類は少ないか
  • 買取可能額に問題ないか
  • 業者は安全か
  • 個人事業主は利用可能か

少額でも利用できる即日対応のファクタリング業者を選択するポイントを解説していきます。

オンラインに対応しているか

即日資金調達したいのであればオンライン完結型のファクタリング会社を選んだ方がよいでしょう。

店頭でも即日入金に対応したファクタリング会社は数多く存在しますが、店頭契約の場合には、即日入金できるのは即日来店できる人に限られます。

忙しい方や地方在住の方は、当日中にファクタリング会社の事務所へ訪問できない限りは即日入金は不可能です。

自宅や会社にいながらでも即日資金調達できるオンライン完結型のファクタリング会社の方がより確実に当日中に必要な資金を調達できるでしょう。

必要書類は少ないか

スムーズに資金調達したいのであれば、できる限り必要書類の少ないファクタリング会社を選択した方がよいでしょう。

ファクタリング会社の中には「請求書」と「通帳の写し」の2点だけで審査を受けられる会社は数多くあります。

審査の際に納税証明書や登記簿謄本を取得しなければならないと、当日中に役所を訪問しなければ資金調達ができません。

また、必要書類が多いということはそれだけ書類をアップロードするのに時間がかかるということですので、申込手続きに要する時間も長くなってしまいます。

特に数万円程度の少額の資金を調達するためにそれだけの手間をかけるのは効率的とはいえません。

少額の資金をスムーズかつスピーディーに調達するためには、必要書類の少ないファクタリング会社を選ぶのがよいでしょう。

買取可能額に問題ないか

少額の資金調達を希望する方は、ファクタリング会社の買取可能額も必ず確認するようにしてください。

ファクタリング会社によって最小買取金額は決められています。

例えば100万円以上と決められているファクタリング会社で数十万円単位の資金調達はできません。

自社が売却したい売掛債権の金額にファクタリング会社が対応しているかどうか、必ず申込前に調べ、必要額が調達できる業者へ申し込みましょう。

業者は安全か

申し込みを検討している業者が安全な業者かどうかという点も必ず確認してください。

ファクタリング業には登録や許認可や免許が必要ないため、さまざまな業者が混在しています。

そして中には、実質的な貸付をおこなう違法業者や、法外な手数料を設定する悪徳業者も混じっています。

このような業者と取引しないため、安全な業者かどうかを見極めたうえで申し込みをすることが重要です。

  • 手数料が相場の範囲内であることを
  • 償還請求権がないこと

少なくともこれら2つの条件を満たしている業者であることを確認した上で申し込みをしてください。

なお、手数料の相場は2社間ファクタリングで5%〜20%程度ですので、20%を超える手数料を要求する業者とは取引しない方が無難です。

また、償還請求権とは万が一売掛債権が回収不能になった際に、ファクタリング会社が元の所有者であるファクタリング利用者に代金を請求したり、売掛債権の買い戻しを請求する権利のことです。

償還請求権ありの取引は実質的には貸付です。ファクタリングは償還請求権なしで実施されるのが大前提ですので、必ず「償還請求権なし」の契約であることを確認してください。

個人事業主は利用可能か

個人事業主やフリーランスの方は、個人事業主でも利用できるファクタリング会社であることを確認したうえで申し込みましょう。

当然のことながら、法人のみの取り扱いと決められているファクタリング会社へ個人事業主やフリーランスの方が申し込みをしても審査に通過することはできません

そして、ファクタリング会社の中には「取り扱いは法人のみ」と定めている業者も少なからず存在します。

個人事業主やフリーランスの方は、個人事業主に利用資格のあるファクタリング会社であることを確認した上で申し込みをおこなってください。

少額のファクタリングを即日で利用するためのポイント

少額のファクタリングを即日で利用したいのであれば、利用者側でも次の6つのポイントを押さえて業者や売掛債権の選定をおこなってください。

  • 優良な売掛先企業の売掛債権を売却する
  • サイトが短い売掛債権を売却する
  • 取引歴が長い売掛先の売掛債権を売却する
  • 2社間ファクタリングを選択する
  • 過去に利用したことのあるファクタリング会社を利用する
  • 必要書類をもれなく用意する

少額のファクタリングを即日利用するための6つのポイントを解説していきます。

優良な売掛先企業の売掛債権を売却する

即日資金調達をしたいのであれば、優良な売掛先企業に対する売掛債権を売却してください。

ファクタリング審査で重視されるのは売掛先企業の信用です。

そのため、売掛先企業の支払能力に問題がないと判断されれば審査はスムーズに通過できます。

具体的には、優良企業、上場企業、官公庁などに対する売掛債権であれば、ファクタリング会社が「期日通りに支払われる可能性が高い」と判断しやすいためスムーズに審査に通過できるでしょう。

信用力の乏しい売掛債権の場合、審査に時間がかかり当日中の資金調達に間に合わないこともあります。

スムーズに審査に通過したいのであれば、できる限り優良な取引先に対する売掛債権を売却してください。

サイトが短い売掛債権を売却する

支払サイトが短い売掛債権の方が審査に通過しやすく審査に時間もかからないでしょう。

支払サイトは売掛債権の入金期日までの日数です。

期日までの日数が長くなればなるほど、期日までに売掛先企業の経営状況や資金繰りが悪化するリスクが高まるため審査は厳しくなります

一方、サイトが短ければ売掛先企業の経営悪化のリスクは低いためスムーズに審査に通過できます

サイトが短い方が手数料が低くなる傾向もあるため、少額の資金を短期間だけ必要としている場合には、できる限りサイトの短い売掛債権を売却した方が効率的です。

取引歴が長い売掛先の売掛債権を売却する

ファクタリングに利用する売掛債権はできる限り取引歴の長い企業に対するものの方がスムーズに審査に通過できます。

取引歴が長ければこれまでと同じように期日を守って入金されると判断されるため、スムーズに審査に通過できます。

一方、取引歴が浅い企業や初めて取引する企業に対する売掛債権は、期日通りに入金されるかどうか不透明であるため、審査に時間がかかる傾向があります。

毎月継続的に取引があり、毎月期日を守って入金される取引先に対する売掛債権は審査でかなり有利です。

複数の売掛債権を手元に保有しているのであれば、取引歴が長く入金実績が良好な売掛債権を売却するとよいでしょう。

2社間ファクタリングを選択する

即日資金調達を希望しているのであれば、必ず2社間ファクタリングを選択してください。

2社間ファクリングは売掛先企業には知らせずに、利用者とファクタリング会社の2社だけで契約する方法です。

審査通過後に利用者とファクタリング会社が契約するだけですので、スムーズに契約が完了でき、即日入金の可能性が高い方法です。

一方、3社間ファクタリングはあらかじめ売掛先企業の同意を得て、売掛先企業とも契約手続きが必要な方法です。売掛先企業同意のもとで契約するためファクタリング会社にとってはリスクが低く、その分2社間ファクタリングよりも低い手数料で利用できます。

しかし売掛先企業から同意を得たり契約するためには時間がかかるため、基本的には3社間ファクタリングで即日入金は不可能です

急いでいるのであれば、必ず2社間ファクタリングを選択してください。

過去に利用したことのあるファクタリング会社を利用する

過去にファクタリングを利用したことがあるのであれば、過去に取引をしたことがあるファクタリング会社を利用することで、スムーズに審査に通過できます。

過去の取引でファクタリング会社は利用者に対する審査を終えているため、2回目以降は売掛先企業に対する審査のみと資金調達ができます。

初めて利用するファクタリング会社では「信頼できる利用者かどうか」という視点から、利用者の審査もおこなうため、どうしても審査に時間がかかりますし、多くの書類の提出も必要です。

スムーズに審査に通過したいのであれば、過去に利用実績のあるファクタリング会社を選択してください。

必要書類をもれなく用意する

ファクタリングの申し込みに必要な書類はもれなく用意しておくようにしてください。

ファクタリング審査では必要書類に漏れがあると、基本的にはそれ以上審査を進めることはできません。

業者によって異なるものの、ファクタリングの審査に必要な書類として以下のようなものがあります。

  • 決算書・確定申告書
  • 請求書
  • 本人確認書類
  • 売掛先との取引基本契約書
  • 納税証明書など

オンライン完結型のファクタリングの場合には、これらの書類を全てPDF化してアップロードしなければならないという大きな手間も発生するため、必ず必要書類を手元に用意したうえでスムーズな申し込みを心がけましょう。

少額のファクタリングを即日利用する際の注意点

少額のファクタリングを即日利用する際には以下のポイントに注意してください。

  • 業者の安全性を確認する
  • 手数料が相場の範囲内か確認する
  • 少額買取の場合審査に落ちることもある
  • 必要最低限の金額を利用する

少ない金額を急いで利用したいからこそ、業者選びに注意するとともに、計画的に利用してください。

業者の安全性を確認する

急いでいるときほど業者の安全性を確認したうえでファクタリングの申し込みをしてください。

ファクタリング業を営むためには許認可も届出も免許も必要ないため、悪徳業者や違法業者が混じっています。

金融庁もファクタリングの利用について以下のように注意喚起をおこなっています。

一般に「ファクタリング」とは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス(事業者の資金調達の一手段)であり、法的には債権の売買(債権譲渡)契約です。
しかし、近時、ファクタリングを装った高金利の貸付けを行うヤミ金融業者の存在が確認されています。また、ファクタリングとして行われる取引であっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものは、貸金業に該当するおそれがあります。
事業者の皆様におかれては、こうした偽装ファクタリングを利用することのないよう、十分注意してください。
引用:金融庁|ファクタリング利用に関する注意喚起

  • 手数料が相場の範囲内であること
  • 償還請求権がないこと

最低限、これら2つのポイントを満たしている業者とのみ取引するようにしましょう。

手数料が相場の範囲内か確認する

手数料が相場の範囲内であることも必ず確認してください。

ファクタリングには業務内容を詳細に取り決めたいわゆる業法が存在しません。

手数料の上限も決められていないため、業者が自由に手数料を決められます。

そして悪徳業者は法外な手数料を設定します。

  • 2社間ファクタリング:5%〜20%程度
  • 3社間ファクタリング:1%〜5%程度

これが手数料の相場ですし、オンライン完結型のファクタリング会社であれば手数料はさらに低くなります。

利用する前に手数料が相場の範囲内であるかどうかを確認するとともに、時間に余裕があるのであれば複数の業者から相見積をとるようにしましょう。

少額買取の場合審査に落ちることもある

少額の売掛債権の場合、審査に落ちてしまうことがあります。

ファクタリング会社にとっては、売却代金が低ければ発生する手数料も低いため、リスクを負ってまで買取をおこなわないことがあるためです。

そのため、少額の場合は審査に通過できないことを認識し、もしも審査に落ちたら別のファクタリング会社へ申し込めるよう準備をしておきましょう。

ファクタリングの申し込みをしても信用情報には何も記録されないため、1つの売掛債権で何度でも申し込めます。

審査落ちを気にすることなく、複数社へ申し込めるようにしておきましょう。

必要最低限の金額を利用する

ファクタリングを利用する際には、必要最低限の金額に申し込みをするようにしてください。

ファクタリングの手数料は高額です。

必要もない金額の売掛債権をファクタリングするということは高額の手数料を負担するということでもあります。

また、ファクタリングは数ヶ月先には入金になる予定の代金を前倒しで受け取っているだけですので、利用することによって当初の入金期日には再度資金繰りが苦しくなることが予想されます。

ファクタリングで利用する金額が大きければ大きいほど、当初の入金期日に資金繰りが苦しくなるリスクが高まるため、この意味でも利用する金額は必要最低限の方が無難です。

少額が必要なのであれば必要最低限の利用とし、不必要な金額の資金調達は行わないようにしてください。

少額ファクタリングの即日利用についてよくある質問

少額のファクタリングを即日で利用する際によくある質問をご紹介していきます。

  • ファクタリングの審査にはどの程度の時間がかかりますか?
  • 高額の売掛債権の方が審査に通りやすいですか?
  • 審査なしのファクタリングは利用しない方がいいですか?
  • 請求書なし通帳なしで利用できるファクタリングはありますか?
  • すでに他社を利用していますが別のファクタリング審査には通過できますか?

ファクタリングの審査にはどの程度の時間がかかりますか?

ファクタリング審査にかかる時間は業者によって異なります。

早い業者であれば10分〜15分程度で審査が完了しますが、時間のかかる業者の場合には数日程度の時間がかかることがあります。

「最短〇〇分」などと審査完了までの具体的な時間を記載しているファクタリング会社の方が素早く審査が完了する可能性が高いため、時間をかけずに審査に通過したい方はオンライン完結型で具体的な時間の記載があるファクタリング会社を選択しましょう。

高額の売掛債権の方が審査に通りやすいですか?

高額の売掛債権の方がファクタリング会社の手数料収入が大きくなるため、審査に通過しやすいと言われることがあります。

しかし実際には金額の大小だけで審査の難易度が大きく変わるわけではありません。

大切なのは、利用者にとって適した金額かどうかです。

例えば、月商100万円の企業が200万円の売掛債権をファクタリングした場合、月商の倍もの金額の売掛債権に対して「偽造かもしれない」と疑われる可能性が高いでしょう。

一方、月商100万円の企業が30万円程度の売掛債権をファクタリングするのであれば、「金額的に適正」と判断されます。

ファクタリング審査で重要なのは、金額の大小ではなく、売掛債権の金額が事業規模に見合ったものかどうかという点です。

大きければ審査に通過しやすいというものでもないため、スムーズに審査に通過したいのであれば、毎月継続的に発生している程度の金額の売掛債権をファクタリングするようにしてください。

審査なしのファクタリングは利用しない方がいいですか?

利用しない方がよいでしょう。

ファクタリングでは必ず審査があります。

適正なファクタリング会社はもしも売掛債権が回収不能になった際にはファクタリング会社が損失を負う「償還請求権なし」でファクタリングを実施するため、審査なしであればファクタリング会社のリスクが高くなるためです。

つまり「審査なし」でファクタリングを実施する業者は償還請求権ありの実質的な貸付をおこなう闇金である可能性が高いでしょう。

審査なしのファクタリングは危険ですので、絶対に利用しないください。

請求書なし通帳なしで利用できるファクタリングはありますか?

初回の利用時には請求書や通帳は必ず提出しなければならない書類です。

請求書が手元にない場合も納品書や発注書などの売掛債権を証明する書類は必ず必要です。

そのため、請求書なしで利用できるファクタリング会社は基本的には存在しないと理解しておきましょう。

なお、前回と同じ売掛先企業に対する売掛債権をファクタリングする場合、通帳の提出は省略できる業者もあります。

最初から「請求書なし通帳なし」で利用できる業者は審査をしっかりとおこなっていない悪徳業者の可能性が高いため、取引を控えた方がよいでしょう。

すでに他社を利用していますが別のファクタリング審査には通過できますか?

異なる売掛債権を売却するのであれば、別のファクタリング会社の審査にも通過できるでしょう。

借入金とは異なるため、同時に複数社を利用しても借入金における「多重債務者」のようにネガティブに審査される心配はありません。

同じ売掛債権を複数社に売却してしまったら二重譲渡で犯罪になる可能性がありますが、異なる売掛債権を別々のファクタリング会社へ売却することは全く問題ないため、資金繰りに困ったら利用を検討するのもよいでしょう。

まとめ

少額で即日資金調達できるおすすめのファクタリング会社をご紹介しました。

書類が少なく、審査が早い業者がおすすめです。

しかし、お金に困っているときほど悪徳業者には十分注意しなければなりません。

悪徳業者は困っている人につけ込んで高い手数料を要求し、場合によっては闇金と取引してしまうリスクもあります。

少額であっても「手数料が相場の範囲内であること」「償還請求権なし」この2点を守っている業者かどうかは必ず確認してください。

少額の資金調達が即日でできるファクタリング会社は多いため、時間がない時でも安全な業者を選びましょう。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

インタビュー記事

interview article

インタビュー記事

請求書を最大98%買取ります
img
logo A社 B社
手数料 2〜20%
売掛金300万円の場合
振込金額240〜294万
15〜30%
売掛金300万円の場合
振込金額210〜255万
7〜25%
売掛金300万円の場合
振込金額225〜279万
申込方法 電話、WEB、出張訪問申込 来店申込 オンライン申込
審査通過率 92.25% 70% 40%
振込までの日数 最短当日 最短翌日 最短4日
ファクタリング
利用額
30万円以上の売掛金が必要 50万円以上の売掛金が必要 200万円以上の売掛金が必要
審査時の
必要書類
  • 身分証明書
  • 入出金の通帳
  • (WEB通帳含む)
  • 請求書
  • 見積書
  • 決算書
  • 売掛先との取引内容履歴の確認事項
  • 売掛先との契約書類
  • 発注書、納品書、請求書など
  • 身分証明書
  • 登記簿贈本(履歴事項証明書)
  • 決算書(税務申告済の押印必須)
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛債権の因果資料
  • 入出金の確認事項
コメント 柔軟に買取利率を指定させていただいている為、業界最高水準の審査通過率と、最高水準の買取額と口コミサイトで高評価を頂いております。最大98%で買取が可能です。 審査基準は緩いが、買取手数料が割高なため、調達できるしきんが減少する傾向がある。 銀行系信用情報期間への信用審査あり。黒子決算など業績良好でないと利用できない為、審査経過はなかなか難しい。
お電話でのお問い合わせ

img 0120-772-898 平日 10:00~19:00

無料相談はこちらから

お問い合わせ