大阪で即日資金調達ファクタリング|大阪府内のファクタリング会社

大阪府を拠点に事業をされている中小企業・個人事業主のお客様におすすめの2社間ファクタリング会社をご紹介いたします。

こんにちは、ベストファクターの四ツ柳と申します。

ファクタリングは、企業が所有する売掛金をファクタリング会社が買い取り、現金化するサービスです。負債を増やして資金を得る借入と異なり、元々企業が持っている売掛金という流動資産を活用する資金調達方法として注目されています。

大阪府を拠点に事業を行われている事業者の方の急な資金需要に、売掛金を最短即日で現金化するファクタリングを活用しませんか?

本稿では大阪府の経済状況および資金繰り事情を確認しつつ、事業者様におすすめする優良なファクタリング会社を紹介いたします。

大阪のファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛金、つまり請求書をその支払日前にファクタリング会社に売却することで現金化し、資金繰りの安定を図る資金調達の方法です。

大阪ではこのファクタリングを利用される事業主様が増加しています。それはなぜなのでしょうか。

大阪の中小企業の経済状況

古くから商業都市として発展してきた大阪。

現在でも数多くの企業が立地しており、在阪企業317,103社のうち99.6%が中小企業であり、全国の中小企業の約8%が大阪に集積しています。

なかでも在阪の製造業事業所数は全国1位、従業員数2位、出荷額は3位であり、全国有数の工業地域と言えます

そんな大阪の経済状況を「業況判断DI」で見ていきましょう。

業況判断DI
「景気が良い」と感じている企業の割合から「景気が悪い」と感じている企業の割合を引いた数値のこと。

近畿地方の中小企業の業況判断DIを見てみると、平成30年(2018年)は夏場に相次いだ自然災害で一度の落ち込みがあるものの、全体で見ると緩やかな上昇傾向にあります。つまり、近畿地方全体では景気が拡大傾向にあるということです。

一方、近畿地方7府県の府県別業況判断DIを見ると、平成30年の夏場の台風被害で大きな打撃を受けた大阪府は7-9月期で大きく落ち込んでいます

府県別業況判断DI

参考:第 154 回中小企業景況調査―近畿版―|経済産業省 近畿経済産業局

次に大阪府の産業別の業績を見ると、製造業では平成29年(2017年)に比べて平成28年でマイナス幅が拡大し、借入難易度DIは近畿全産業で悪化しています。

借入難易度DI

大阪府の商工労働部大阪産業経済リサーチセンターが公表している「大阪経済の情勢(2019年1月指標を中心に)」では、大阪府の生産動向を「弱い動きが続く」と評価されており、平成30年6月期は全国平均、近畿平均からも大阪府は大きく落ち込んでいることが見受けられます。

参考:大阪経済の情勢(2019年1月指標を中心に)|商工労働部大阪産業経済リサーチセンター

全国有数の工業地域である大阪において製造業の伸び悩みは、今後も中小企業の景況感にも影響を及ぼすと考えられるでしょう。

大阪の中小企業の資金繰り事情

では、続いて大阪の中小企業の資金繰り事情を見ていきましょう。

企業が設備投資や事業開拓などで銀行から借り入れをする、銀行も中小企業に融資をするといった資金の循環は「銀行貸出残高」という数値で表されます。

つまり、銀行貸出残高が上昇傾向にあれば企業の資金調達が上手くいっている、あるいは銀行は企業に対して積極的に融資をしているということです。

日本銀行の「貸出・預金動向(速報)」によると、2018年12月時点国内銀行の貸出残高は7年3カ月連続で前年を上回っています。これには電力・ガス関連を中心に、中小企業の設備投資向けの融資が牽引したという背景があります。

参考:貸出・預金動向|日本銀行

一方、主要都市の銀行貸出残高の推移を見てみると、大阪市は他の都市と比べて2012年以降伸び悩みが続いている状況です。

このデータからは、大阪の中小企業は設備投資等の資金調達をしたくても銀行がなかなか融資してくれない、あるいは銀行融資以外の資金調達を利用する傾向にあるといったことが考えられます。

参考:2018年版 大阪の経済|大阪市経済戦略局

ファクタリングは大手企業も利用する新しい資金調達方法

具体的なデータを基に大阪の中小企業の経済状況、資金繰り事情を見てきました。

大阪府では企業の景況感は全体的に高まりがあるものの、5年以上にわたって銀行の貸出残高が伸び悩んでいることから、厳しい資金繰りを余儀なくされている中小企業も多いということが推測できます。

実際に「銀行に融資をお願いしたが断られた」「赤字経営のために銀行からの融資を諦めている」といった事業主の方も少なくないでしょう。

短期間で返済できる見込みがあればノンバンクや消費者金融のビジネスローンなども有効な資金調達方法であるものの、資金繰りに悩む中小企業では低金利でまとまった資金を借りることが難しいという問題もあります。

そんな資金繰りに悩む事業者の方に注目していただきたい資金調達方法がファクタリングです。

冒頭でも説明したように、ファクタリングは負債を増やして資金を得る借入と異なるため、赤字経営や債務超過で融資が厳しい事業者でも、売掛金があれば利用できる可能性が大いにあります。

さらに、銀行融資や手形割引などと異なり、資金調達までのスピードが最短即日と抜群に早いことも、中小企業の資金繰り改善に役立つメリットの一つです。

経済産業省も借入依存になりがちな日本の中小企業の新しい資金調達方法として、債権譲渡のファクタリングを推奨しています。

大阪府のファクタリング会社の選び方

大阪には東京に次いで中小企業の数が多く、企業の資金需要も非常に高いことが容易に想像できます。

しかし、銀行は高いリターンに期待できる大手企業の事業投資などには積極的でも、中小企業の一時的なキャッシュ不足を解消するつなぎ資金の融資には消極的です。

ファクタリングは融資と異なり、企業が所有している売掛金をファクタリング会社が買い取る「売買取引」ですので、赤字経営返済リスケ税金滞納のある企業であっても利用できる可能性があります。

大阪府のファクタリング会社は関西エリア・西日本エリアを中心に展開しているところが多く、地域密着型で地元の経済事情に精通していることが特徴です。

さらに、次に掲げる4つが優良なファクタリング会社を選ぶポイントとなります。

ファクタリング会社選びのポイント
  • 資金調達までのスピード
  • 良心的な手数料
  • 少額利用に対応
  • 信頼できる実績がある

資金調達までのスピード

ファクタリングの最大のメリットは、1ヶ月~3ヶ月先に回収となる売掛金を最短即日で現金化できることです。

売掛金の支払いサイクルが長ければ長いほど、企業は手元に資金が入ってこない状態で経営を続けていかなくてはなりません。早期に売掛金が回収できなければ企業のキャッシュフローが悪化するだけでなく、売上はあるのに倒産に追い込まれてしまう黒字倒産のおそれもあります。

よって、最短即日で売掛金を現金化できるファクタリングは、企業のキャッシュフローを改善する有効手段なのです。

ファクタリングの契約の種類や業者によって異なりますが、平均して1日~5日で売掛金を現金化することができます。なかでも利用者とファクタリング会社の2社間で契約する「2社間ファクタリング」は、取引先(売掛先)の通知や承諾が不要で、なおかつ条件次第では「最短即日の入金」が可能です。

ただし、最短即日の現金化を実現するためにはいくつかの条件があります。ファクタリング会社を選ぶ際は、「資金調達までのスピード」と「申し込みや契約に必要な書類」を必ずチェックしましょう。

良心的な手数料

2社間ファクタリングの場合、売掛金の額面に対し「2%~20%」が買取手数料の相場です。

たとえば100万円の売掛金をファクタリングで現金化する場合、手数料2%98万円と手数料20%80万円とでは、調達できる現金に大きな差があります。

一般的な買取手数料の審査基準は次のとおりです。

  1. 売掛先の信用が高い
  2. 買取債権額が大きい
  3. 売掛金の支払い期日が短い
  4. ファクタリングの利用回数が多い

同じ売掛金でもファクタリング会社によって手数料は異なりますので、複数の会社で見積もりすることをおすすめします。

さらに、業者によっては買取手数料以外にも登記に関わる印紙代や担当スタッフの出張費用の負担もあります。買取手数料を含めたトータルの調達コストを検討したうえで、信頼できるファクタリング会社を選びましょう。

少額利用の可否

売掛金の買取限度額はファクタリング会社によって異なります。たとえば10万円からの少額買取に対応しているところもあれば、100万円未満の買取には対応していないところもあります。

「まずは数十万円でファクタリングを試してみたい」「あと50万円あれば今月は乗り切れる」ということであれば、100万円以下の少額利用に対応しているファクタリング会社を選びましょう。

弊社のような独立系ファクタリング会社は、中小企業・個人事業主の利用者の方向けに数十万円単位の少額から対応しています。

信頼できる実績がある

売掛金はお客様にとって大切な「資産」です。現金化する際はしっかりとした実績があり、信頼に値するファクタリング会社を選びたいものです。

ファクタリング会社が信頼できるかどうかは公式ホームページや口コミサイトなどの「買取実績」や「お客様の声」をチェックしましょう。特に「同業の売掛金の買取実績があるかどうか」は、ファクタリング会社によって得意とする業種があるため要チェックです。

さらに、初めてのファクタリングでオンライン完結型が不安な方は、担当者と膝を突き合わせて契約を行う「対面契約」を実施している会社をおすすめします。

大阪府の事業者様におすすめのファクタリング会社

大阪府で事業をされている中小企業・個人事業主の方におすすめのファクタリング会社をご紹介します。

資金調達スピード・手数料・限度額、あるいは買取実績などをチェックして、利用目的に合ったファクタリング会社をお選びください。

株式会社ビートレーディング

ビートレーディング

ビートレーディングはわが国のファクタリングのパイオニア的存在です。東京、大阪、福岡にオフィスを持ち、全国各地で多くの買取実績を誇ります。

調達スピード・手数料・信頼性とバランスの取れたサービスを提供しており、資金繰り問題を解決したい中小企業のお客様の心強い味方となるでしょう。

東京を中心にした全国対応のファクタリングで培ったノウハウと実績があるため、初めてファクタリングを利用される大阪の事業主の方でも安心です。

取扱いサービス2社間/3社間/診療・介護報酬
資金調達スピード即日~
手数料非公開
限度額100万円~3億円
大阪府から近い店舗大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル903号室

アルシエ株式会社

アルシエは大阪に拠点を置く地域密着型のファクタリング会社で、最短即日~3日以内の2社間ファクタリングを得意とし、手数料は2.5%~と良心的です。

大阪市北区にオフィスがあるためアクセスの利便性が良く、利用者が来社できない場合も担当スタッフが訪問、対面での説明や契約、現金買取等を実施してくれます。

貴重な大阪拠点で出張対応のファクタリング会社ですので、大阪の事業者の方は多少手数料が高くなっても利用する価値があります。

取扱いサービス2社間/3社間/診療報酬
資金調達スピード即日〜3日
手数料2.5%~
限度額50万円~1億円
大阪府から近い店舗大阪市北区東天満2丁目9番2号 AXIS南森町ビル別館 6階

株式会社西日本ファクター

西日本ファクター

西日本ファクターは福岡を拠点とする会社ですが、関西を含む西日本エリア全域でファクタリングサービスを展開しています。

買取限度額30万円~1000万円の中小規模の2社間ファクタリングを強みとして、大阪を始めとする関西エリアの地元企業の資金調達をサポートしてきた実績があります。

業界最低水準の手数料2.8%〜、なおかつファクタリング会社としては珍しい土曜日営業という柔軟性は注目に値します。

取扱いサービス2社間/3社間
資金調達スピード即日~
手数料2.8%~
限度額30万円~1000万円
大阪府から近い店舗福岡県福岡市中央区薬院2丁目2-18大地ビル2F

その他地域の地元のファクタリング会社一覧

ベストファクターは大阪府のお客様にも即日対応

ファクタリングを利用する際は、資金調達までのスピード、手数料、買取限度額と、利用目的にマッチしたファクタリング会社を選ぶことが大切です。

私どもベストファクターは「全国出張対応」「全業種対応」で、大阪府を拠点とされている事業者様の売掛金を買い取りいたします。

弊社に2社間ファクタリングは最短即日入金手数料2%~30万円からの少額利用に対応しておりますので、初めての方でもご安心・ご納得してご利用いただけます。

ファクタリングのことならお気軽にご相談ください。

[ ¥請求書を最大98%で買取ります ]

ファクタリングの流れ他社との手数料比較表最低2%お問い合わせ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう